同棲

同棲の挨拶で心がけたい
30のマナー

  • 親への挨拶も同棲の一環。
    同棲するなら、
    パートナーのご両親に挨拶をしよう。
同棲の挨拶で心がけたい30のマナー

もくじ
  1. 親への挨拶も同棲の一環。
    同棲するなら、パートナーのご両親に挨拶をしよう。

    同棲をするなら、パートナーのご両親に挨拶をしましょう。
    「挨拶するには、早すぎるのではないか」
    「結婚するわけでもないのに挨拶は必要なのだろうか」

  2. ご両親への挨拶の前に大切なのは、良好な人間関係。

    同棲の挨拶をする前に大切なのは、事前の人間関係です。
    同棲の挨拶では、交際相手のご両親と対面することになります。
    初対面で挨拶をするのもいいですが、やはり初めて会う状態は緊張も強くなります。

  3. 先に同棲の具体的な準備を進めないこと。

    同棲の意志が固まれば、同棲の挨拶が必要です。
    挨拶前に考えるのが、同棲の準備。
    「挨拶前に同棲の準備をある程度済ませておけば、挨拶もスムーズに進むのではないか」

  4. 同棲の挨拶の基本的な流れ。

    同棲の挨拶の基本的な流れを確認しておきましょう。
    交際相手の実家で挨拶をする場合のパターンをご紹介します。
    ルールとして決まっているわけではありませんが、社会慣例として以下のような流れが一般的です。

  5. あらかじめご両親の好みや考え方などを確認しておく。

    あなたはパートナーのご両親について、どれだけ知っているでしょうか。
    予備知識がゼロの状態は注意が必要です。
    ご両親の人柄を何も知らないままでは、挨拶のとき、どう話し始めていいか分かりません。

  6. 同棲の挨拶のシミュレーションは必須。

    同棲の挨拶前には、シミュレーションをしておきましょう。
    同棲の挨拶がどんな流れで進むのかイメージしておき、必要な準備をしておきます。
     

  7. 同棲に反対されることが予想されるなら、前もって説得を考えておく。

    すべてのご両親が、同棲に賛成とは限りません。
    反対するご両親もいるでしょう。
    もしくは、賛成と反対の中間で迷っているご両親もいるはずです。

  8. 事前に話を進めておくと、本番がスムーズ。

    用件を伝えずご両親に会いに行き、突然同棲の話を持ち出すのは要注意です。
    当日いきなり同棲の話を持ち出すこともできますが、ご両親を驚かせることになるでしょう。
    急に話を持ち出しても、わが子の人生に関わることなので、ご両親は返事に困るはずです。

  9. 同棲の挨拶に行くなら、男性の場合、スーツがベスト。

    同棲の挨拶では、服装にも注意が必要です。
    結婚の挨拶なら服装はスーツで決まりですが、同棲の挨拶では迷う人も多いのではないでしょうか。
    普段着でいいのではないかと思いますが、要注意です。

  10. 同棲の挨拶で心がけたい身だしなみ。

    身だしなみは、第一印象に関わります。
    身だしなみにも幅はありますが、同棲の挨拶では「不快感を与えないこと」が第一です。
    こだわりがあったとしても、主張の強い身だしなみは控えます。

  11. 挨拶に行く際の手土産に関するマナー。

    パートナーのご両親に挨拶しに行くとき、手土産は必要でしょうか。
    「結婚の挨拶ではないのだから必要ない」と思うかもしれませんが、同棲は結婚前提にして行われるのが一般的です。
    ご両親の気持ちを十分考えた上で、慎重になる必要があります。

  12. 同棲の挨拶の場所には、どこがいいのか。

    同棲の挨拶は、どこで行うのがよいでしょうか。
    基本は、パートナーの自宅です。
    同棲の挨拶は、許可をもらいに行く行為です。

  13. 「同棲」という言葉は使わないほうがいい。

    同棲の挨拶は、言葉の選び方で印象が変わります。
    ご両親との挨拶では、慎重に言葉を選びましょう。
    注意したい言葉の1つが「同棲」です。

  14. ご両親の前では、愛称や呼び捨てで呼ばないこと。

    パートナーを普段、どう呼んでいますか。
    交際関係なら、愛称や呼び捨てで呼んでいることが多いのではないでしょうか。
    もちろん普段ならいいのです。

  15. 同棲の挨拶では、緊張をしてもいい。

    同棲の挨拶に緊張しない人はいません。
    ご両親に同棲の挨拶をするのは、フォーマルな場面の1つです。
    パートナーのご両親に会って、同棲の挨拶をするのは誰でも緊張します。

  16. 同棲の挨拶で最も大切なのは、同棲の理由。

    同棲の挨拶で最も大切なことは何か。
    それは、同棲の理由です。
    どんな状況であろうと、必要不可欠と考えてください。

  17. 同棲の理由として不適切な4つのパターン。

    同棲の挨拶で最も大切なのは、同棲をする理由です。
    「なぜ同棲をするのか」
    同棲する理由をきちんと説明できなければ、ご両親は納得してくれないでしょう。

  18. ご両親からの質問は、正直に答えるのが基本。

    同棲の挨拶では、必ず質問タイムがあります。
    このとき、少しでも自分を立派に見せようとして、嘘をつきたくなる瞬間があるかもしれません。
     

  19. パートナーの悪口は禁句。

    ご両親との会話では、パートナーの悪口は禁句です。
    当然のことですが、あらためて意識しておきたい注意点です。
    事実であっても、言ってよいことと悪いことがあります。

  20. 挨拶中に心がけたい5つの話し方。

    挨拶中は、どんな話し方を心がければいいでしょうか。
    同棲の挨拶では「話す内容」に注意が向きがちです。
    もちろん「話す内容」も大切ですが「話し方」も忘れてはなりません。

  21. 自宅で注意したい7つの振る舞い。

    「礼儀作法には人柄が表れる」と言います。
    同棲の挨拶でパートナーの自宅を訪問するときは、礼儀作法の1つとして、室内での振る舞いに注意しましょう。
    あくまで他人の家に上がることになるため、自由な行動は慎むべきです。

  22. パートナーを大切にしていることだけは、しっかり伝えること。

    ご両親との挨拶では、しっかり伝えておきたいことがあります。
    それは「パートナーを大切にしていること」です。
    あなたにとって当然のことかもしれませんが、あらためてご両親に伝えておくほうがいいでしょう。

  23. パートナーを苦労させるような発言は控える。

    パートナーを苦労させるような発言には注意しましょう。
    ご両親との会話が弾むと、調子に乗ってうっかり言いすぎることがあります。
    「○○さんにも、しっかり家事を手伝ってもらいます」

  24. 食事にお酒が登場したときのマナー。

    同棲の挨拶中、お酒が登場することがあります。
     
    たとえば、レストランで食事をしながら話をする場合もあるでしょう。

  25. 親への挨拶は、やりすぎくらいがちょうどいい。

    同棲のため、親への挨拶が必要になった。
    同棲の挨拶は「やりすぎではないか」と思うくらいを意識しておきましょう。
    礼儀と誠意は、不足することなく、十二分を心がけることです。

  26. 結婚に関する質問は、曖昧に答えないこと。

    同棲の挨拶でご両親が最も気にするのは、結婚です。
    「結婚前提なのか」
    「将来、結婚する気はあるのか」

  27. 同棲の挨拶は、両家に必要なのか。

    「同棲の挨拶」といえば「彼氏が彼女のご両親にするもの」と思われがちです。
    彼氏が彼女のご両親に会い、挨拶をして、同棲の許可をいただきます。
    親にとっては、娘は宝です。

  28. 離婚歴がある人に、同棲は必要なのか。

    離婚歴がある人に、同棲は必要でしょうか。
    離婚歴があると、再婚したい相手がいても、途中のプロセスを省略する傾向があります。
    「すでに離婚を経験している。今さら慎重になっても仕方ない」と考える人もいるでしょう。

  29. 親同士の挨拶は必要か。

    親同士の挨拶は必要でしょうか。
    まず親同士の挨拶は、結婚の挨拶とは違い、必須ではありません。
    結婚前提とはいえ、同棲の時点では、まだ正式に結婚が決まっているわけではありません。

  30. 数回必要な同棲の挨拶を、1回で済ませてしまう方法とは。

    同棲の挨拶は、両家それぞれに必要です。
    まず男性が女性側のご両親に挨拶をして、次に女性が男性側のご両親に挨拶をします。
    それに加えて親同士が挨拶をしたい希望があれば、別途食事をしながら対面する機会を設けたほうがいいでしょう。

同じカテゴリーの作品