人生の教科書



同棲
同棲解消をしたいが、実家に帰れない事情がある場合の対処。
同棲
同棲の9つのメリット。
同棲
同棲解消するときに、余計なものを盗んでいかない。
同棲
喧嘩をするのも、同棲の大切な仕事。
同棲

同棲解消と引っ越しをスムーズにする
30の方法

  • 同棲とは、
    タバコのようなもの。
    始めるのは簡単でも、
    やめるのが難しい。
同棲解消と引っ越しをスムーズにする30の方法

もくじ

1
★0

同棲とは、タバコのようなもの。
始めるのは簡単でも、やめるのが難しい。

タバコを始めるのは簡単です。 普通に吸い始めればいいだけ。 最初は少し違和感があっても、しばらくすると慣れてきます。 慣れてしまえば、ニコチンの影響で習慣化します。 しかしタバコは、始めるのは簡単でも、やめるのが難しい。 タバコをやめようとしても、強い意志がないと、なかなか実行できない。 「また今度、また今度」と思って先延ばしにしがちです。 たとえタバコをやめたとしても、しばらく禁断症状に悩まされます。 震え・しびれ・いらいら。 個人差はありますが、完全にタバコの習慣を断ち切るまでには、何カ月もかかります。 1年以上かかる人も珍しくありません。 単なるタバコとはいえ、そのくらいやめるのは大変なことなのです。 同棲も、タバコと似たようなものです。 「始めるのは簡単でも、やめるのが難しい」という共通点があります。 同棲を始めるのは、比較的簡単です。 愛し合っている状態なので、一緒に暮らす話も調子よく進みます。 仲がいいときは、細かい話し合いもしやすくて楽です。 ところが同棲は、やめるときが大変です。 同棲をやめる状況は、不仲になっていて、険悪な雰囲気が漂っているでしょう。 「話をしたくない」「顔すら見たくない」という状況では、なかなかスムーズに話し合えない。 同棲解消が決まったとしても、引っ越しがあったり、住所や名義の変更をしたりなど、面倒な作業の連続です。 同棲解消後も、しばらくの間は孤独感や無力感、不安や寂しさなどに悩まされます。 完全に同棲を解決させるまでには、意外なほど労力と時間がかかります。 同棲を解消させるのは、それくらい大変なこと。 タバコをやめるようなものだと考え、強い意志と行動力を持って、油断せず取り組むことが大切です。 同棲とタバコの共通点に気づく。

2
★0

同棲解消を防ぐために、十分努力をしたか。

同棲解消を考える前に、あらためて考えておきたいことがあります。 「同棲解消を防ぐために、十分努力をしたか」です。 同棲解消と交際解消は、一部の例外を除き、同時に行われるのが一般的です。 安易な考えで同棲解消に踏み切るのはよくありません。 同棲解消は2人の人生を左右すること。 時間や労力がかかり、まとまったお金も必要です。 同棲とは、結婚相手としてふさわしいか見極める手段。 誤解をすることもあれば、勘違いをすることもあります。 誤解や勘違いなら、きちんと話せば解決できます。 喧嘩をしたとしても、普通に謝れば仲直りもできるでしょう。 考え方や価値観がずれていても、お互いが思いやって理解する気持ちで話し合えば、解決への道筋を見いだせるはずです。 話し合いなり仲直りなり、必要な努力をしてもダメなら、同棲解消も分かります。 可能性がないと分かれば、早期の同棲解消もあっていい。 しかし、見極めるにも、それだけの時間・努力・試行錯誤が必要です。 最初から仲直りの努力もせず「不仲になったからすぐ同棲解消」という考えなら、誰と付き合ってもうまくいきません。 ましてや結婚して夫婦生活を続けることも厳しいでしょう。 同棲解消は、すべての可能性をなくして行き詰まったときの最後の手段。 安易な考えで同棲解消に踏み切るのではなく、まず必要な努力をした上で取り組みましょう。 同棲解消を言い出す前に、同棲を続けるために、あらゆる手段を尽くしておくことが大切です。 ささいなことですぐ同棲解消するのではなく、まず必要な努力を尽くす。

3
★1

何度も同棲解消の夢を見るなら、すでに追い詰められている。

「同棲をやめて、別々に暮らしたい」と言う私。 「ダメだ。やり直そう」と引き止めてくる同棲相手。 「それは無理。もう決めたこと。1カ月後に出て行きます」と言い切る私。 はっと気づくと、実は夢だった。 体中に汗をかき、心臓は激しく鼓動している。 ときどき現実であるかのような夢を見て、驚かされることがあります。 最近、同棲解消の夢を見ていませんか。 もちろん同棲解消の夢を見るだけならいいのです。 単なる偶然で、同棲解消の夢を見ることもあるでしょう。 日中、同棲解消について考えた一瞬が、睡眠中の夢に影響することはよくあります。 しかし、たまたま同棲解消の夢を見ることはあっても、何度も見るなら要注意。 何度も同棲解消の夢を見るなら、すでに追い詰められている可能性が高い。 よほど同棲解消について悩んでいなければ、何度も夢に出てくることもありません。 しかも夢の内容がうなされる内容なら、なおさらです。 気持ちの上では「まだ同棲を続けたい」と思っていても、実際は「もう同棲をやめたい」という本心があるのかもしれない。 「何度も同棲解消の夢を見るくらい、追い詰められている」と考えてみてください。 客観的に見て、だいぶ余裕がなくなり、心配な状況に陥っていると言えます。 夢は、自分の本心に気づくきっかけになります。 夢を通して自分の本心に気づくことも、同棲解消の決意を促すポイントの1つになるでしょう。 何度も同棲解消の夢を見るなら、同棲解消をしたい本心に気づく。

4
★0

同棲解消の3つのメリット。

同棲解消はつらいと思われがちですが、メリットもあります。 同棲解消にはどんなメリットがあるのでしょうか。 (メリット1)自由が手に入る 最大のメリットは、やはり自由が手に入ることでしょう。 精神的にも時間的にも自由。 言葉では言い表せないくらいの開放感が味わえるでしょう。 自由に使える時間を使って趣味を楽しむのも、仕事に集中するのも自由。 しばらくぼうっとするのもよし。 一人旅に出かけてみるのもよし。 圧倒的な自由を満喫できるようになるのは、同棲解消の最大のメリットと言えるでしょう。 (メリット2)新しい刺激が増える 同棲解消では、引っ越しなどが伴います。 大変である一方、見方を変えれば、新しい刺激が増えることになります。 引っ越しの後の生活が一人暮らしであれ共同生活であれ、新しい環境から新鮮で豊かな刺激を楽しめるでしょう。 引っ越しのおかげで新しい人間関係が増えれば、ますます新鮮な刺激を満喫できます。 (メリット3)新しい恋人と付き合えるようになる 同棲解消に伴って交際も終われば、別の人と付き合えるチャンスに恵まれます。 どんな人と出会えるかは、あなたの行動力しだい。 もちろん前の恋人よりすてきな人を見つけられる可能性があります。 同棲解消したおかげで、もっと幸せになるチャンスも十分あるのです。 同棲解消をしたメリットを把握する。

5
★0

同棲解消の4つのデメリット。

同棲解消はメリットばかりではありません。 よかれと思った同棲解消でも、やはりデメリットがあります。 前もってデメリットを把握して、本当に同棲解消をしていいのかよく考えておきましょう。 (デメリット1)大きな手間暇がかかる 一番大きなデメリットは、やはり大きな手間暇がかかることでしょう。 まず同棲解消の話し合いが必要です。 スムーズに話し合えるとは限らず、引き止められたら説得も必要です。 物件探し・賃貸契約・名義変更・引っ越しなど、大変な作業の連続です。 時には同棲相手だけでなく、自分の親や相手の親に説明しなければいけない場合もあります。 準備に時間がかかるため、完全に同棲解消するまでに数カ月間はかかるのが一般的です。 (デメリット2)お金がかかる 引っ越し費用・敷金・礼金など、大きなお金がかかります。 家賃や通信費などを折半していた場合、新しく一人暮らしを始めると、すべて自分が負担しなければなりません。 単純に計算すると、生活維持費が2倍になります。 同棲解消をしたくても、お金がないためできない話も珍しくありません。 同棲解消をするなら、前もってまとまった貯金を準備しておくのが賢明です。 (デメリット3)寂しい気持ちに悩まされやすい 同棲解消してしばらくは、不安や寂しさに襲われやすい傾向があります。 涙が止まらなかったり、情緒不安定な日々に悩まされたりなどです。 いずれ時間が解決することですが、失恋・同棲解消のショックは、ある程度覚悟しておく必要があるでしょう。 (デメリット4)「同棲解消」という過去が残る 同棲解消は、退職でもなければ、離婚でもありません。 当然ですが、戸籍に残るわけでもなければ、履歴書に書く必要もありません。 それぞれ状況も異なります。 しかし人によっては、退職や離婚歴と似た印象を抱いたり、抱く環境があったりします。 自分がそう思ってしまうこともあれば、他人からそう思われることもあり、さまざまです。 「途中で解消した」という印象が強調されると、新しい恋愛の妨げになることもあります。 同棲解消のデメリットを把握しておく。

6
★1

好きなら、同棲を続けたほうがいいのか。
好きでも、同棲を解消したほうがいいのか。

「同棲を解消したいけど、まだ相手が好きだから踏み切れない」 同棲解消でありがちな悩みの1つです。 もともと相手が好きだから、付き合い始めました。 真剣な交際の末、もっとお互いを理解したいと思い、同棲を始めることになりました。 同棲を始めてから、さらにお互いを深く理解することができたでしょう。 そのため多くの人は同棲の継続を「相手が好きかどうか」で判断する傾向があります。 相手が嫌いになって別れることになれば、同棲解消も早く決断できますが、相手がまだ好きなら判断の難しいところ。 好きなら、同棲を続けたほうがいいのか。 好きでも、同棲を解消したほうがいいのか。 ここが要チェックです。 実は、同棲の継続・解消を、好きかどうかで判断するのは不適切です。 同棲を解消したくても「好きだから」という理由で続けていると、曖昧な関係がずるずる続きます。 「結婚することも別れることもできない」という中途半端な状況になり、出口が見えない状況に陥ります。 では、どこで判断すればいいのか。 同棲の基本を思い出してください。 同棲は、結婚相手としてふさわしいか見極める手段。 すなわち、同棲を続ける判断は「好きかどうか」ではなく「結婚相手としてふさわしいかどうか」で考えるのが正解です。 そのため、結婚相手としてふさわしくないと分かれば、たとえまだ好きであっても、同棲を解消するのが得策です。 恋愛感情を中心に考えがちですが、同棲を始めた時点で結婚に片足を突っ込んでいる状態です。 自分の気持ちに反する行動のため抵抗感に苦しみますが、真剣に将来を考えるなら賢明な判断と言えるでしょう。 同棲の継続は「好きかどうか」ではなく「結婚相手としてふさわしいかどうか」という基準で判断する。

7
★0

「気持ちが冷めた」という理由による同棲解消には、2つのパターンがある。

「気持ちが冷めた」という理由で同棲解消をしたい人もいるでしょう。 一緒にいてもどきどきしなくなった。 燃え上がるような関係もなくなった。 お互いが無関心になってしまった。 たしかに気持ちが冷めたなら、同棲を続けるのも難しいように思えます。 さて、ここが注意ポイントです。 気持ちが冷めたとはいえ、同棲解消をしていいパターンと、そうでないパターンがあります。 その切り分けを考える重要ポイントは「マンネリの影響かどうか」です。 ●マンネリのせいで、気持ちが冷めている場合 気持ちが冷めたのは、マンネリになっているだけではないでしょうか。 熱烈な恋愛感情がずっと続いてほしいですが、なかなか現実では難しい。 どんな交際であっても、時間が経つにつれて慣れが出てくるため、感情も生活も落ち着くようになります。 マンネリになったくらいで同棲解消を考えるなら、誰とも同棲は続きません。 ましてや結婚も難しいでしょう。 気持ちが冷めた原因がマンネリなら、同棲解消よりマンネリ解消に取り組むのが先決です。 喧嘩をして不仲というわけでなければ、良好な関係が復活する可能性は十分あります。 たとえば、デートや生活のパターンに変化を作り、新鮮な刺激を取り入れてみましょう。 「挑戦」や「初めて」という要素を取り入れてみます。 慣れない刺激がきっかけで昔の雰囲気が戻れば、あっさりマンネリが解消されるかもしれません。 マンネリが解消されると、再び同棲生活が順調に進み始める可能性があります。 ●マンネリではなく、本当に気持ちが冷めてしまった場合 会話もない。 目も合わせない。 好きという感情のかけらもない。 恋愛が復活する兆しは、0パーセント。 マンネリではなく、本当に気持ちが冷め切った場合なら、なかなかやっかいな問題です。 完全にお互いが無関心になれば、改善とはいえ、限界もあります。 状況にもよりますが、2人の将来が描けないほど絶望的な関係に陥ったなら、同棲解消も検討したほうがいいでしょう。 気持ちが冷めたのか、マンネリの影響かを基準に、今後の取り組みを考える。

8
★0

いびきが原因で同棲解消はありか。

「いびきがひどくて、同棲を解消したい」 面白い事例ですが、珍しいことではありません。 ほかの人から見れば、ささいに思えることでも、当事者にとっては深刻な問題。 毎日恋人の大きないびきに悩まされれば、睡眠を妨げられ、日常生活にも支障を来します。 一緒に暮らしているなら、簡単に逃げられません。 本人も悪気があっていびきをかいているわけではないので、なかなか責めにくいところ。 あまりにいびきがひどいと、ふと「同棲解消」の文字が頭をよぎるのです。 さて、いびきが原因で同棲解消はありでしょうか。 もちろんどうしてもいびきが我慢できないなら、生活上の不一致の1つとして、同棲解消の理由にもなりえるでしょう。 しかし、いびきは多くの人に起こること。 限界があるとはいえ「いびきがあるからすぐ同棲解消」と考えるのは、少し軽率と言えるでしょう。 その人は、将来の結婚するかもしれない相手です。 相手を愛する気持ちや心配する心があるなら、同棲解消の前に、できるかぎり改善に取り組むのが賢明です。 たとえば、次のような改善策をいくつか試してみてください。 ●いびきで悩んでいることを伝える まずいびきで悩んでいることを伝えなければ、改善に取り組めません。 言いにくいかもしれませんが、いびきのせいで眠れないことを正直に打ち明けて、改善を促しましょう。 ●寝室を分ける 部屋の構造が許すなら、寝室を分けてみましょう。 一緒に寝られないのは残念ですが、物理的に寝室を分けることで大幅に悩みから解消されます。 ●敷居を作る 部屋の構造上、寝室を分けられなければ、敷居を作るだけでも変わります。 特に音を吸収する素材を使った敷居なら、たった1枚でも、大きな効果が期待できるはずです。 ●耳栓を活用する シンプルな方法ですが、耳栓の活用も悪くありません。 耳栓と言えば、仕事に集中するとき使うイメージがありますが、使い方は自由。 耳栓をしたまま寝るのに少し違和感はありますが、慣れてしまえば自然に感じるでしょう。 ●何らかの疾患を疑う 普通のいびきで済めばいいのですが、中には何らかの疾患が関わっている可能性もあります。 たとえば、睡眠時無呼吸症候群です。 いびきが悪化すれば、本人の睡眠時間が減り、日中の仕事に悪影響が出てくることがあります。 いびきに不自然な様子があるなら、耳鼻科や睡眠外来などに通うことを勧めてみるといいでしょう。 いびきが原因で同棲解消する前に、できるかぎり改善に取り組む。

9
★0

家事をしてくれない理由で、同棲解消はあっていいのか。

「自分ばかりに押し付けないで!」 同棲を始めたところ、相手が家事をしてくれなくてトラブルになるケースは少なくありません。 料理も掃除も洗濯も、すべて自分任せ。 家事を手伝ってほしいとお願いしても、まったく無視。 強くお願いすると、逆に怒り出してしまう。 もはやハウスキーパーと同じ状態です。 家事をしてくれないせいで2人の関係が悪くなれば、同棲解消を検討する人もいるのではないでしょうか。 さて、家事をしてくれない理由で、同棲解消はあっていいのでしょうか。 まず前提として考えたいのは、同棲の意義についてです。 同棲は、結婚相手としてふさわしいか見極める手段。 そのため「結婚相手としてふさわしいかどうか」という価値観は、人によって異なります。 家事をしてくれなくても気にしない人もいれば、家事を手伝ってくれることが必須条件という人もいるでしょう。 あらかじめ正解が決まっているわけではなく、2人の価値観・考え方の問題です。 そのため、まったく家事をしてくれず、それが自分にとって許せないことなら「結婚相手としてふさわしくない」と言えます。 だからとはいえ、すぐ同棲解消に踏み切るのは早計です。 実際に結婚すれば、想定外の困難も出てきます。 簡単に諦めるのではなく、まず協力してもらえるような改善に取り組んでみるといいでしょう。 たとえば、お願いするときの言い方を工夫してみる。 たまには役割分担を入れかえるルールを作ってみる。 知恵と工夫しだいで、さまざまな改善があるでしょう。 対策をやり尽くして、それでも改善が見られなければ、残念ながら大きな決断をしなければいけない場合もあります。 家事をしてくれなくてすぐ同棲解消に踏み切るのではなく、知恵を振り絞って、相手に協力してもらえる努力をしてみる。

10
★1

同棲解消をしたいが、実家に帰れない事情がある場合の対処。

同棲解消をしたいが、実家に帰れない事情がある場合があります。 実家に戻ることができれば、家賃は楽になりますが、複雑な事情を抱えているところもあるでしょう。 実家に帰れないとはいえ、不毛な同棲をずるずる続けるのもよくない。 さて、実家に帰れない事情のある人が同棲を解消する場合、選択肢が2つあります。 「共同生活」と「一人暮らし」です。 (選択肢1)共同生活 同棲解消後の暮らし方として最もおすすめなのは、共同生活です。 たとえば、ルームシェアやシェアハウスです。 同棲解消をした後は、寂しく不安な日々が続くでしょう。 ルームシェアやシェアハウスなら、少なくとも人と接する機会はあるので、寂しさを紛らわせやすくなります。 ちょっとした話し相手がいるだけでも、精神的に助けられるでしょう。 家賃も低く抑えられるので経済的です。 精神的にも経済的にも、同棲解消直後の生活にうってつけと言えるでしょう。 (選択肢2)一人暮らし どうしても一人暮らしをしたい人もいるでしょう。 もちろん一人暮らしもいいですが、家賃の設定には注意してください。 場所や広さにこだわって家賃の高い物件に引っ越しするのは要注意。 見栄を張っても、自分の首を絞めることになるだけです。 同棲解消後の一人暮らしによって経済状況が悪くなり、貧困に陥ったケースもあります。 同棲解消後に一人暮らしをするなら、できるだけ家賃の低い物件に引っ越すのが得策です。 敷金や礼金のかからないアパートを探すのもいいでしょう。 駅から離れていても、経済事情を最優先に考えるのが現実的です。 徒歩や自転車であっても健康につながると思えば、魅力的とも言えます。 毎日体を動かす機会があれば、同棲解消直後の落ち込みも早く回復するはずです。 実家に帰れない事情のある人が同棲を解消する場合、精神的・経済的な事情を考慮した場所に引っ越す。

11
★1

本当に実家に帰れないのか。

「同棲解消をしたくても、一人暮らしをするお金がない。実家にも帰れない」 諸事情があって、実家に帰りたくても帰れない人がいます。 同棲解消のときにネックとなるのが、やはりお金。 一にも二にもお金です。 お金さえあれば、同棲解消はどれだけ楽になることでしょう。 費用を抑えたければ、やはり実家に帰って暮らすのが最も賢明な選択です。 ところが諸事情があって、実家に帰れない人が少なくありません。 実家に帰るのを諦めそうになりますが、このとき立ち止まって考えてほしいことがあります。 「本当に実家に帰れないのか」ということです。 完全に不可能なら仕方ありませんが、実際のところ、見栄やプライドが邪魔している場合があります。 「親に笑われたくない」 「親に心配されたくない」 「親には頑張っているところを見せたい」 そのほか、親との確執や約束などが関係している場合もあるでしょう。 気持ちは分かりますが、人生に行き詰まっているときまで、見栄やプライドに固執するのはよくありません。 自分で自分の首を絞めるだけ。 つまらない見栄やプライドが邪魔しているだけなら、さっさと捨てたほうがいい。 自分の評価を気にして、未来に進めないのは大きな不利益です。 同棲解消は、人生がかかっています。 親に笑われたとしても、自分の人生を正直に生きるほうが大事。 「実家に帰れない」と思ったなら「本当に実家に帰れないのか」と、重ねて自分に問いかけてみてください。 きちんと親と話すだけで、同棲解消の道筋ができると思えば、たやすいもの。 親との確執があれば、恥を承知の上、きちんと謝ればいい。 親との約束があるなら、事情を説明して、例外を認めてもらえばいい。 恥も外聞も捨てて親と話せば、実家に帰る選択肢が得られる可能性が出てきます。 本当に実家に戻れないのか、よく考えてみる。

12
★0

同棲解消の相談相手は、慎重に選ぼう。

同棲解消の相談相手は、誰を選びますか。 話を聞いてくれるなら、誰でもいいと思うかもしれませんが、要注意です。 相談相手によっては、頼りになるとは限らず、逆に妨げてくることもあります。 適当な人に相談しても、適当な答えしか返ってきません。 責任を持たずに言いたいことを言ってくるだけでは、なかなか適切なアドバイスが聞けません。 自分に味方してくれない人に相談しても、否定的なアドバイスをされ、落ち込むだけになることもあります。 秘密を漏らしやすい人なら、相談した内容が同棲相手の耳まで届いてしまい、話がこじれる場合もあります。 そのため、相談相手は慎重に選ぶことが大切です。 まず注意したいのは、相手の親です。 相手の親に相談すると、わが子の味方になる可能性が高いでしょう。 落ち度が自分にあれば、責められたり責任を追及されたりして、話が不利な方向に発展する可能性もあります。 たとえ落ち度が相手にある場合でも、わが子の立場を心配して、公平・公正に考えてもらいにくいはずです。 同棲解消の問題を減らす相談のつもりが、かえって問題を増やす結果になることがあります。 相談するなら、真剣に自分のことを考えてくれる人がいいでしょう。 たとえば、自分の親や親しい友達などです。 信頼できる人なら、上司や先生などもOKです。 信頼できる人なら、話もじっくり聞いてもらえるはずです。 自分の立場を説明すれば、あなたの将来を心配して、役立つアドバイスをもらえるでしょう。 きちんと秘密を守ってくれる人なら、外部に漏れることもありません。 場合によっては、第3者として、話し合いの仲介をお願いすることもできるはずです。 同棲解消の相談相手は、軽い気持ちではなく、慎重に選ぶ。

13
★0

勉強に集中したいなら、一定期間の別居から始めればいい。

勉強に集中するため同棲を解消するのは、大げさでしょうか。 たしかに大切な試験を控えていれば、ささいなことにも敏感になります。 デリケートな時期は、小さな物音や動きだけでも、集中力を妨げるでしょう。 静かにしてほしいとお願いをしても、同棲なら限界もあります。 勉強に行き詰まっていると、いらいらして、相手にも八つ当たりしてしまうこともあるかもしれません。 そんなとき、ふと「同棲解消」という文字が頭をよぎるのではないでしょうか。 もちろんすでに冷め切った関係なら、同棲解消もまだ分かります。 「勉強に集中したい」という口実なら、比較的穏便に別れられるでしょう。 しかし、同棲も恋愛もうまくいっているなら、勉強の都合だけで同棲を解消させるのは少し大げさと言えるでしょう。 いきなり同棲解消に踏み切るのではなく、もっと手軽な方法から取り組んでみてはいかがでしょうか。 たとえば、一時的な別居です。 別居にはネガティブなイメージを持たれがちですが、あくまで「一時的」なら問題ないでしょう。 しばらく実家に帰るのもいいでしょう。 親に事情を説明すれば、納得してもらえるはずです。 実家に帰れない事情があるなら、格安のホテルに泊まる方法も悪くありません。 短期賃貸マンションなら、1週間単位で契約が可能です。 贅沢さえしなければ、都合のいいところが見つかるでしょう。 予算にも限りがあるため、思うようにいかないこともあるかもしれませんが、自分に合った選択を諦めず探してみてください。 ただし、例外もあります。 将来の職業に関わる大切な国家資格など、重要度の高い勉強なら、思いきって同棲解消をしたほうがいい場合もあります。 無理に同棲を続けて、将来に悪影響が及んでは意味がありません。 なかなか思考が進まないなら、同棲相手と相談した上で判断すれば、正しい道を選びやすくなるでしょう。 勉強に集中したいなら、いきなり同棲解消に踏み切るのではなく、もっと手軽な方法から取り組んでみる。

14
★0

同棲解消をしたいが、自分から言い出せない。

「同棲解消をしたいが、自分から言い出せない」 そんな悩みは少なくありません。 一緒に暮らしているなら自分で言えるだろうと思いますが、一緒に暮らしているからこそ言えないこともあります。 「怖い」 「恥ずかしい」 「勇気が出ない」 お互いの距離が近すぎて、きっかけがつかめないこともあれば、心理的な抵抗があって言い出せないこともあります。 だからとはいえ、ずるずる同棲解消を先延ばしするのも、2人の将来にとってよくありません。 そんなときに頼りたいのが、第3者です。 第3者といえば、別れ話でこじれたときの仲介役をイメージしますが、同棲解消を自分から言い出せないときも頼りになります。 本来、同棲解消の話は自分で切り出したほうがいいのですが、どうしてもできない場合は他人に頼るしかありません。 ぐずぐず先延ばしするくらいなら、多少誠実さに欠けたとしても、同棲解消に踏み切りたい。 告白するとき、自分の代わりに別の人を頼ることがあるように、同棲解消も、別の人を頼ることもあるでしょう。 困ったときは、自分の代わりに同棲解消の考えを伝えてもらいましょう。 第3者に事情を話してもらうことで、話に客観性が加わるため、相手も冷静に受け止めやすくなるでしょう。 ただし、注意点もあります。 第3者を選ぶなら、次の3つの条件をクリアしていることがポイントです。 (条件1)2人にとって面識のある人 見ず知らずの人が急に現れて事情を説明するのは、相手を驚かせます。 第3者に代弁してもらうとはいえ、2人にとって面識のある人であることが条件です。 (条件2)自分の味方になってくれる人 相手の見方になる人を選べば、同棲解消を引き止められて、かえってこじれることがあります。 第3者に代弁をお願いするなら、自分の味方になってくれる人を選びましょう。 (条件3)同棲相手にとって権威のある人 同棲解消の話は、相手から反発されやすい内容です。 同棲相手にとって権威のある人なら、心理的な作用がプラスに働き、話が円滑に進みやすくなるでしょう。 以上の3つの条件が揃っているなら、親でも友達でもかまいません。 できるだけ頼りになる第3者を選び、スムーズな話し合いをお願いしましょう。 自分から言い出せない場合、第3者に代弁をお願いする。

15
★0

同棲解消の決意は、慎重になる。
同棲解消の行動は、大胆になる。

同棲解消を切り出す前のキーワードは「慎重」です。 同棲解消を切り出す前なら、いくら迷ったり悩んだりしてもいい。 愛があって続けているのか、惰性で続けているだけなのか、慎重に考える。 将来をイメージしながら、結婚相手としてふさわしいのか慎重に見極める。 本当に同棲解消していいのか、誤解や間違いがないよう、何度も考えておきたい。 自分の気持ちをはっきりさせるために時間がかかってもかまいません。 同棲解消を決意するまでは、時間をかけて何度も考えましょう。 しかしひとたび決意が固まれば、もう迷いません。 同棲解消の決意が固まった後のキーワードは「大胆」です。 いざ決意が固まれば、後は目標に向かって突き進むのみ。 パワーと勢いを持って、大胆に行動します。 必要な貯金は、できるだけ短期間でためる。 次の住まいを見つけるために行動する。 具体的に話し合うタイミングを考える。 同棲を解消するには大きなパワーが必要です。 自分が決めた道を実現させるため、パワーと勢いを持って突き進むようにします。 一度同棲解消を切り出した後は、撤回しないつもりでいることが大切です。 もちろん実際は相手に引き止められたり説得されたりすることもありますが、切り出す時点で覚悟と決意だけは必要です。 相手から引き止められても、振り払って当然と考えたい。 相手から説得されたくらいでは、簡単に考えを曲げないくらいの覚悟で大胆に行動します。 パワーと勢いがあってこそ、壁があっても貫けるのです。 一度同棲解消を切り出したら、簡単に撤回しないようにする。

16
★0

同棲解消の話し合いは、生理周期も考慮したい。

女性は月に一度、体調や気分が不安定になる時期があります。 生理です。 もし同棲解消の話し合いをするなら、生理周期も考慮しておくといいでしょう。 生理中も大変ですが、特に生理前はいらいらしやすくなります。 生理が難しいのは、自己管理に限界がある点です。 男性の場合、いらいらしても呼吸を整えれば、すぐ気持ちを落ち着かせられますが、女性の場合は難しい。 生理による体調不良・情緒不安定は、ホルモンバランスによる影響です。 体の内部から発生している生理現象のため、呼吸を整えたくらいでは、すぐ気持ちを落ち着かせにくい状況があります。 生理による体調不良・情緒不安定には、個人差があります。 中には立っていられないほどひどい生理に悩まされる女性もいるでしょう。 精神論も方法論も通用しにくく、ひたすら耐えるしかない。 いらいらしやすい時期に、わざわざ同棲解消の話し合いをするのは、火に油を注ぐようなもの。 防げる失敗は確実に防いでおきたい。 話し合いの時期さえ調整すれば、未然に防ぎやすいトラブルです。 生理の影響がひどくなりやすい体質なら、あらかじめ話し合いのタイミングとして避けたほうがいいでしょう。 必須ではありませんが、できるだけ考慮しておくほうがトラブルを防げます。 同棲の話し合いは、生理周期を考慮しておく。

17
★0

同棲解消を話し合う直前、しっかり深呼吸をする。

同棲解消の話し合いは、しっかり深呼吸をしてから始めましょう。 鼻から大きく息を吸い込んで、ゆっくり吐く。 たった1回の深呼吸でも、心身にプラスの効果があります。 話し合いは言葉を選びながら話しますが、言葉を選ぶときには頭を使います。 大きく息を吸い込むことで脳に酸素が行き渡り、集中力と思考力がアップします。 また、きちんとした話し合いを進めるには、心の状態も大切です。 深呼吸をする動作が、自分に対して気合を入れることにもなります。 「これから大事なことを始める」という自覚と責任を促すことができ、身も心も引き締まります。 心が落ち着き、冷静な状態を維持できます。 心が安定した状態に整うことで、話し合いをスムーズにさせてくれます。 深呼吸だけで、話し合いの成り行きに影響すると言っても過言ではありません。 人生に関わる大事な場面ですから、きちんと深呼吸をしてから話し合いを始めましょう。 同棲解消を話し合う直前、しっかり深呼吸をしておく。

18
★2

はっきり意味を伝えつつ、できるだけ傷つけない言い方を考える。

同棲解消を話し合う時点で、すでに交際関係が悪くなっている場合が多い。 同棲をやめたいというより「一緒にいたくない」という本音があるかもしれません。 しかし、たとえそうであっても、包み隠さずストレートに言うのはやめたほうがいいでしょう。 相手を傷つけ、話がこじれやすくなるからです。 「一緒にいたくない」と言われた相手の気持ちを考えてみてください。 自分の存在を否定されたように感じ、不快な気持ちになるでしょう。 相手の反抗心を刺激して、怒りや憎しみを覚えるかもしれません。 同棲解消の意図は理解できても、素直に納得できない気持ちが強くなり、揉めやすくなるのです。 では、どうするか。 できるだけ傷つけない言葉に言い換えてください。 たとえば「一緒にいたくない」という一言は「1人になりたい」と言い換えると、響きが和らぎます。 どちらも意味は同じですが、ずいぶん聞きやすい表現に変わります。 「1人になりたい」という言い方なら、相手を傷つけることはありません。 あくまで自分の状態を言い表した言葉なので、納得してもらいやすくなるでしょう。 工夫すれば、さまざまな言い方が思いつきます。 「あなたが嫌い」より「もう好きになれなくなった」。 「あなたが悪い」より「自分の努力が足りなかった」。 「近寄らないで」より「1人にさせてほしい」。 「別れたい」より「前の関係に戻りたい」。 「同棲をやめたい」より「同棲に疲れた」。 それぞれ同じ意味ですが、表現が変わるだけ印象もよくなります。 相手の立場を考えながら傷つけない表現を考えると、いくらでも応用ができるでしょう。 これが「言葉を選ぶ」ということです。 ちょっとした言葉遣いで、相手に与える印象は変わります。 はっきり意味を伝えつつ、できるだけ傷つけない言い方を考えてください。 言葉を発する前に、一呼吸を置いて考える癖をつけるだけでいい。 少し意識するだけで、同棲解消の話し合いがスムーズになります。 相手の立場になって、はっきり意味を伝えつつ、できるだけ傷つけない言い方を考える。

19
★0

同棲解消では、原因にあまりこだわりすぎないほうがいい。

同棲解消には原因があるはずです。 相手にあることもあれば、自分にあることもあるでしょう。 もちろん同棲解消の話し合いでは、原因にも触れるはずですが、注意したいことがあります。 原因の話をするのはよくても、あまりこだわりすぎないように注意してください。 原因にこだわると、立場に偏りが生まれやすいからです。 相手に原因があれば、相手を責めることになります。 自分に原因があれば、自分を責めることになります。 誰でも責められると、いい気持ちはしません。 不快な気持ちになれば、同棲解消の話し合いがこじれやすくなるだけでなく、いい別れ方も妨げます。 また、どちらが悪いかにこだわるのもよくありません。 「相手が悪い」と言えば「自分は悪くない」と言っているのと同じになります。 立場に上下関係が生まれ、公平・公正な話し合いの妨げになります。 原因について話すときは、感情を刺激しないよう、軽い程度がいいでしょう。 「お金の価値観が合わなかったね」 「私よりいい人が見つかったみたいだね」 「お互いの考え方に譲れないところがあったよね」 「お互い忙しくて、すれ違うことが多かったね」 「一緒にいても、お互い先が見えなくなってしまったね」 たとえ相手に原因があったとしても「お互いに原因があったね」とまとめておくのが無難でしょう。 原因に触れることはあっても、深く追求したり強く責めたりすることがないよう注意してください。 穏便な言い方であっても、相手は察してくれ、意味を理解してくれるはずです。 原因の話をするときは、あまりこだわりすぎないように注意する。

20
★0

同棲解消の話し合いは、反対されてからが始まり。

同棲解消の際、周りから反対されることが少なくありません。 同棲相手から反対される。 自分の親や相手の親から反対される。 相手に同意してもらえないと、話が前に進みません。 強く反対されると、自分の気持ちを無視されたように感じ、つい感情的になりがちです。 しかし、話し合いで感情的になると、ますます話はこじれるばかり。 理性と自制心を失うと、考えの整理がしにくくなり、うまく相手を説得できなくなります。 こうしたことを防ぐため、落ち着きを保ちやすい考え方があります。 「同棲解消の話し合いは、反対されてからが始まり」と考えましょう。 もともと同棲は「始めるのは簡単でも、やめるのが難しい」という特徴があります。 同棲解消を切り出して、スムーズに話が進むほうがまれです。 普通は反対されたり引き止められたりして、思うように話が進みません。 自分の意志を貫くなら、困難があっても負けてはいけません。 反対されるくらいで同棲解消を諦めるなら「その程度の考え」と言えます。 ですから「同棲解消の話し合いは、反対されてから始まり」と考えたい。 反対される覚悟を決めておけば、いざ反対されても、落ち着きを保ちやすくなります。 困難があっても想定内であるため、へこたれずに対応できるはずです。 新しい人生に進む選択肢を、簡単に諦めないこと。 「反対されてから始まり」と考え、粘り強く説得を続けてください。 「同棲解消の話し合いは、反対されてからが始まり」と考えておく。

21
★1

泥沼になったときこそ、冷静な行動を心がける。

注意をしても、同棲解消が泥沼になることがあります。 同棲解消を切り出したとたん、相手の態度が急変する。 ささいなことで口喧嘩を始めてしまう。 お金・名義・契約・財産分与のことで、話がこじれる。 いくら説得しても、相手が納得してくれない。 浮気問題や暴力問題が絡んで、スムーズに別れられない状況に陥る。 複雑な事情のため、同棲解消が泥沼化するケースがあります。 複雑な感情が絡むと、公平・公正に考えることが難しくなります。 泥沼になれば、いらだちも大きくなりがちです。 しかし、泥沼になって感情的になったまま行動すると、ますます事態を悪化させます。 火に油を注ぐようなことになり、泥沼からアリ地獄へと発展していくでしょう。 あまりに悪化すると、最終的には事件や裁判に発展する可能性もゼロではありません。 泥沼になったときこそ、冷静な行動を心がけてください。 腹が立ってそれどころではないかもしれませんが、理性や自制心を失ったまま行動しても、事態は悪化する一方です。 泥沼になったのは仕方ありません。 泥沼になった後が大切と考え、落ち着いた対処を心がけましょう。 とにかく気持ちを落ち着かせ、冷静を心がけます。 「落ち着け、落ち着け」と自分に言い聞かせます。 一気に解決させようとせず、1つずつ解決するようにする。 感情的に話し合うのではなく、理性的に話すよう心がける。 自分のペースで進めるのではなく、相手のペースで進める。 冷静な対処を心がければ、それ以上悪化するのを防げます。 どうしても落ち着けない状況なら、話し合いを延期する勇気も大切です。 落ち着いて対処すれば、泥沼になったとしても、最小限の苦労で抑えることができるでしょう。 泥沼になったときこそ、冷静な行動を心がける。

22
★1

雰囲気が息苦しくなったとき、思い出話に触れると、場が和む。

同棲解消の話し合いは、堅苦しくなりやすい。 話のテーマそのものが、暗くてネガティブな内容です。 話し合いの最初から最後まで「別れ」と「同棲解消」の話ばかりでは、堅苦しいでしょう。 できるだけ普通に話を進めたくても、だんだん雰囲気が苦しくなり、息苦しくなることがあります。 雰囲気が暗かったり、思考がぼんやりしたりする状態では、建設的な話し合いがしにくい。 息苦しいほどの緊張感が漂っている中、無理に話を進めようとしても難しい。 さて、そんな状況になれば、少し話題を変えてみると、いい気分転換になります。 その話題とは「2人の思い出話」です。 「同棲中、一番いい思い出は何だった?」 「一番印象的だったデートは何?」 「一緒に○○にデートしたの覚えている? 楽しかったよね」 一緒に過ごした話を思い出すと、懐かしさや初々しさが湧いてくるでしょう。 「覚えているよ。楽しかったね」と思い出を共有すれば、雰囲気が和やかになりやすい。 今までお世話になったことに気づけば、感謝の気持ちも出てくるかもしれません。 思い出話を楽しんでから本題に戻ると、雰囲気が和んでいるため、行き詰まっていた話がスムーズに進みやすくなります。 ただし、思い出話はほどほどが大切です。 あまり深く話しすぎると、未練が出やすくなります。 思い出話をするときは、あくまで軽く触れる程度にするのがいいでしょう。 雰囲気が息苦しくなったときは、思い出話で場を和ませる。

23
★0

話し合いが終わった後、だらだら話を続けない。

同棲解消の話し合いがまとまっても、話を終えるタイミングは難しい。 変な話の終わらせ方をすると、相手の気分を害させてしまいます。 話の本題が終わった後、同棲とは関係のない雑談が続くことがあります。 もちろん友達との飲み会の場ならいいのです。 とりとめのない話を延々と続けるのも、友達同士なら面白い。 終電ぎりぎりまで目的のない雑談を楽しむのも、友情を育む一環です。 しかし、同棲解消は違います。 同棲解消の話がまとまった後にも、だらだら話し続けるのはよくありません。 同棲解消は、友達との歓談とは違い、めりはりが必要です。 だらだら話し続けると、余計な情が出てくる可能性が出てきます。 「もう少し一緒にいたい」という未練が出てきて、せっかくまとまった話に悪影響が出やすくなる。 同棲解消の話し合いは、目的が達成すれば、早めに終えるようにしましょう。 少しドライかもしれませんが、未練がましい態度は不要です。 必要な話がまとまれば、ぱっと話し合いも終える。 「話が決まりましたね。今日の話し合いはこれで終わりにしましょう」 あっさりした態度ですが、同棲解消ではちょうどいいのです。 話し合いが終われば、だらだら話を続けず、ドライに区切る。

24
★0

同棲解消が原因で鬱になったら、誰の責任か。

同棲解消が原因で鬱になった場合、責任の所在が問われるところ。 話し合いがこじれて落ち込み、鬱を発症する。 同棲解消後の不安や寂しさによって、鬱になる。 同棲解消に伴って発症したと思われる鬱の場合、責任の所在が難しいと言えるでしょう。 とりわけ相手の働きかけが原因と思われるふしがあれば「相手に責任がある」と思いたくなるかもしれません。 さて、同棲解消が原因で鬱になった場合、誰の責任になるのでしょうか。 ここで重要な争点になるのは「同棲の意義」についてです。 一般的に同棲は、正式に婚約している場合を除き「自由恋愛」と見なされます。 同棲を解消すれば、誰でもショックを受けるのが当然です。 自由恋愛における基本的なトラブルは「日常生活の範囲」と見なされ、それだけで責任を追及するのは難しいでしょう。 そのため悪意はなく、普通の同棲解消に伴って鬱が発症した場合「どちらの責任でもない」と考えるのが妥当と言えます。 相手の責任として損害賠償や慰謝料を請求するのは、なかなか難しいのが現実です。 ただし、相手の悪意によって肉体的・精神的苦痛を受け、結果として鬱が発症した場合は、そのかぎりではありません。 そのときの状況を具体的に説明できる証拠があれば、損害賠償や慰謝料などを請求できる可能性があります。 状況によって判断が変わるため、詳しくは弁護士と相談することをおすすめします。 鬱になった原因が普通の同棲解消の場合「どちらの責任でもない」と考える。

25
★0

同棲解消の話し合いをした後の接し方とは。

同棲解消の話し合いをした後は、接し方には注意しましょう。 注意するとはいえ、特別なことは不要です。 同棲解消の話し合いをした後も、普段どおり接したい。 ところが、同棲解消の話し合いをした後は、普段とは違った態度になりやすい。 たとえば、同棲解消の話し合いの後から、急に態度が冷たくなったとします。 無表情で無視され、無関心に扱われる。 同棲相手は「もうあなたと接しても意味がない」と言われているようで、心が傷つくでしょう。 たしかにもう関係が終わる2人ですが、明らかに態度が冷たくなるのも相手を悲しませます。 では、いつもより明るく振る舞えばいいかというと、それも要注意です。 明るく振る舞うと、嫌みたらしい様子に見えます。 同棲相手は「やっと同棲から解放される。せいせいする」と言われているように感じるでしょう。 自分は嫌みのつもりはなくても、誤解される可能性があります。 あまり明るく接していると、情が出てきて、せっかくまとまった同棲解消に影響する可能性もあります。 いつもより暗く接するのもよくない。 いつもより明るく接するのもよくない。 同棲解消の話し合いをした後は、普段どおり接するようにしましょう。 いがみ合うこともなく、普通に生活したい。 同棲解消が決まったとしても、あくまで口約束。 引っ越しが終わるまでは、急展開や想定外など、何があるか分かりません。 余計なトラブルを増やさないためにも、普段と同じ接し方を心がけるのが得策です。 同棲解消の話し合いをした翌日も、普段どおり接する。

26
★0

一緒に食事をして、険悪な雰囲気を防ぐ。

同棲解消の話し合いをした直後は、険悪な雰囲気になりがちです。 別々の住まいならいいですが、同棲中なら、話し合いの後もしばらく一緒に暮らす日々が続きます。 会いたくなくても会わなければなりません。 堅苦しい雰囲気では、自分の住まいであってもリラックスできません。 完全に無視を貫くのも疲れます。 暮らしにくく、荷造りもしにくいでしょう。 そこで同棲解消の話し合いの後、一緒に食事に行くのはいかがでしょうか。 同棲解消の話し合いの直後は、一緒に食事をするどころではないかもしれませんが、大切な意味があります。 おいしい食事には、気持ちをリラックスさせる力があります。 一緒においしい食事を楽しむと、気分がよくなり、2人に漂っていた緊張感が緩みます。 余計な未練が出ないよう深入りには注意しますが、一緒に食事をするくらいなら問題ないでしょう。 だんだん2人の間にある壁が崩れ、話しやすくなるはず。 結果として、同棲解消の後に漂いがちな険悪な雰囲気を防ぐことができるのです。 居酒屋でもよし。 行きつけのレストランでもよし。 お別れの意味として、格式のあるレストランで豪華にフルコースを楽しむのもいいでしょう。 一度でも一緒に食事をするだけで、険悪だった2人の関係が改善されます。 「無意味」「面倒」「手間がかかる」と思わず、ぜひ挑戦してみてください。 険悪な雰囲気を防ぐだけでなく、同棲を気持ちよく締めくくるためにも有効です。 同棲解消の話し合いの後、一緒に食事をして、険悪な雰囲気を防ぐ。

27
★0

引っ越し業者を頼るなら、延期やキャンセルに注意する。

同棲解消で引っ越しをする際、引っ越し業者に頼ることもあるでしょう。 引っ越し業者を頼るのはいいですが、このときうっかり見落としやすい落とし穴があります。 引っ越しの延期やキャンセルに伴う費用です。 一般的に引っ越し業者は、決められた期日に応じて、延期やキャンセルに費用を設けているのが一般的です。 引っ越し業者にも事前の準備があります。 依頼者の都合で延期やキャンセルする場合、申告期限に触れていれば、費用の一部を請求されることがあります。 一般的に結婚式ほど厳しくはありませんが、油断はできません。 引っ越し業者に依頼してから、事情があって延期やキャンセルをすることになると、経済的にダメージです。 直前にキャンセルすれば、大きなキャンセル費用を請求されることに変わりありません。 ただでさえ経済的に苦しい中、余計な費用がかかることだけは避けたいところ。 引っ越し業者に依頼するなら、日程の設定は慎重になっておくことが大切です。 特に事情がなければ、同棲解消と引っ越し日が正式に決まってから依頼するのが無難です。 事情があれば、延期・キャンセルの期限が緩い業者を選ぶのも1つの方法です。 引っ越し業者によって、延期・キャンセルに関する費用や期日が異なります。 あらかじめ確認しておくと安心です。 引っ越しの延期やキャンセルに伴う費用を確認しておく。

28
★0

「引っ越し大作戦」と名付けると、暗い印象が改善される。

同棲解消は、暗い印象が伴いやすい。 結婚相手としてふさわしくないと分かって、同棲を終えるわけですから、どんより雰囲気が漂うでしょう。 2人にとって残念な結果なので、険悪な雰囲気があります。 引っ越しするときは、どことなく逃げるような印象もあり心苦しい。 しかし、同棲解消が暗いままでは、引っ越しもしにくい。 そこで1つ、アイデアがあります。 同棲解消の引っ越しを「引っ越し大作戦」と名付けてみてください。 普通に「引っ越し」と呼ぶのもいいですが「引っ越し大作戦」と名付けたほうが、立派に感じませんか。 これから大きなことを成し遂げようという雰囲気が出るでしょう。 難しい取り組みに、勇気を持って立ち向かうイメージがあるでしょう。 映画の主人公になったつもりで、大きな作戦に取りかかってください。 できるだけ引っ越し費用を抑えましょう。 できるだけスマートに引っ越しましょう。 滞りなく計画が進むよう、主人公であるあなたがしっかり取り組まなければなりません。 さあ、どんな引っ越し大作戦をしますか。 人生の次のステージに向けて、勇気を持って大胆に行動しようではありませんか。 せっかくの大作戦ですから、しっかり楽しみながらやり遂げましょう。 同棲解消の引っ越しは「引っ越し大作戦」と名付けてみる。

29
★1

余裕があれば、最後にお別れ会を開きたい。

余裕があれば、最後にお別れ会を開いてみませんか。 余計な未練が出るから、やりたくない人もいるでしょう。 そもそも深刻な不仲であり、お別れ会を開けるような雰囲気ではない人もいるはずです。 もちろん無理に開く必要はありません。 ひどく険悪な関係だったり未練が出そうな不安があったりするなら、そのまま静かにお別れをするのもいいでしょう。 しかし、お互い険悪な雰囲気のまま同棲解消をするのも寂しいもの。 同棲解消が終わった後、悪い余韻が続きます。 そこで最後くらいは、同棲の締めくくりとしてお別れ会を開いてみてはいかがでしょうか。 会社で異動や退職する人がいれば、送別会を開くように、同棲解消することになれば、お別れ会を開いてもいいはずです。 少しでもいい終わり方ができれば、いい思い出として締めくくれるでしょう。 2人にとって気持ちよく新しい人生をスタートできるはずです。 行き慣れた居酒屋で、わいわい騒ぎながらお話をするのもよし。 少しランクの高いレストランで、食事するのもよし。 同棲している自宅で、お気に入りのお酒をしみじみ酌み交わすのもいいでしょう。 最後くらいは思い出話や将来の話など、明るい話だけを楽しむようにします。 あくまで余裕がある場合ですが、人生のよい区切りになるのは間違いありません。 お互いの労をねぎらうイベントになると同時に、お互いの新しい門出を祝うイベントにもなるでしょう。 相手に未練が出ないように注意しつつ楽しめば、最後によい思い出を作ることができるはずです。 余裕があれば、同棲解消の最後にお別れ会を開いてみる。

30
★0

同棲解消するときに、余計なものを盗んでいかない。

同棲解消するときに、余計なものを盗んでいかないように要注意です。 たとえば、相手の所有物や、最初から部屋に設置されていた生活用品などです。 これらは人の所有物。 あえて言うまでもないことですが、ふと悪い考えが起こりやすい場面なのであらためて再認識です。 同棲解消のとき「どさくさに紛れて盗んでしまえ」「どうせばれないだろう」などと思うかもしれません。 同棲相手に恨みがあれば、最後に何か嫌がらせをしたくなる。 しかし、悪意があって相手の持ち物を持ち去るのは絶対いけません。 本人は簡単な手土産のつもりかもしれませんが、完全な犯罪行為。 分からないようにこっそり盗むのもNGです。 たとえばれないとしても、犯罪は犯罪です。 悪質な場合、被害届を提出され、警察ざたになる可能性もあります。 また、最初から部屋に設置されている生活用品についても、勝手に持ち去るのは厳禁です。 最初から部屋に設置されているのは、他人の所有物です。 引っ越しのとき一緒に持ち去ると、後から弁償義務が発生します。 部屋に残る人がいれば、相手に迷惑がかかり、面倒なトラブルに発展する可能性もあります。 邪念に振り回されてはいけません。 悪い考えが起こりそうになっても、それを自我でしっかり抑えること。 別れ際や同棲解消には、その人の本性が現れます。 自分の良心に恥じない同棲解消をしてください。 最後まで理性を保ち、社会人としてふさわしい行動を心がけることが大切です。 家を出るときに、余計なものを盗んでいかない。

同じカテゴリーの作品