同棲

同棲の挨拶で心がけたい
30のマナー

読んだ お気に入り1
25

親への挨拶は、
やりすぎくらいがちょうどいい。

親への挨拶は、やりすぎくらいがちょうどいい。 | 同棲の挨拶で心がけたい30のマナー

同棲のため、親への挨拶が必要になった。

同棲の挨拶は「やりすぎではないか」と思うくらいを意識しておきましょう。

礼儀と誠意は、不足することなく、十二分を心がけることです。

礼儀や誠意をしっかり見せることには意味があります。

親の気持ちを想像してみましょう。

大事なわが子が異性と一緒に暮らし始めると分かれば、心配でたまらないでしょう。

わが子を他人に預けることになります。

ましてや異性と2人で暮らすのですから、結婚前提とはいえ、落ち着かないはずです。

賛成していたとしても、心の中は不安でいっぱいでしょう。

反対したとしても、内心は応援したい気持ちがあるでしょう。

親としては、同棲相手の人柄や考え方に強い興味関心を持っているはずです。

そのため、ご両親の不安や心配を少しでも和らげるため、同棲の挨拶はやりすぎくらいでちょうどいいのです。

きちんとシミュレーションをしておく。

身だしなみを整えておく。

手土産を持参する。

言葉遣いや態度には、十分注意する。

予想される質問は、きちんと答えられるようにしておく。

自分ができる範囲のことは、すべて整えておきましょう。

少し堅苦しい雰囲気にはなりますが、礼儀作法に抜かりがないよう、十分心がけておくのが賢明です。

敬語を言い間違えたとしても、丁寧な間違いなら、大きな失礼にはなりません。

ミスや失敗があったとしても、誠実や丁寧さが感じられれば、むしろ好印象につながることもあります。

同棲の挨拶は、同棲の許可だけでなく、ご両親との関係にも影響します。

ご両親は、挨拶の様子を通して、あなたの育ちや人柄を確認しようします。

「この人なら、うちの子供を預けても大丈夫だろう」と思ってもらわなければなりません。

できるかぎりの誠意を見せるつもりで挨拶に向かいましょう。

挨拶の内容しだいで、同棲の成り行きが決まると言っても過言ではありません。

まとめ

同棲の挨拶で心がけたいマナー その25
  • 同棲の挨拶は「やりすぎではないか」と思うくらいを意識する。
結婚に関する質問は、曖昧に答えないこと。

もくじ
同棲の挨拶で心がけたい30のマナー
親への挨拶は、やりすぎくらいがちょうどいい。 | 同棲の挨拶で心がけたい30のマナー

  1. 親への挨拶も同棲の一環。
    同棲するなら、パートナーのご両親に挨拶をしよう。
  2. ご両親への挨拶の前に大切なのは、良好な人間関係。
  3. 先に同棲の具体的な準備を進めないこと。
  4. 同棲の挨拶の基本的な流れ。
  5. あらかじめご両親の好みや考え方などを確認しておく。
  6. 同棲の挨拶のシミュレーションは必須。
  7. 同棲に反対されることが予想されるなら、前もって説得を考えておく。
  8. 事前に話を進めておくと、本番がスムーズ。
  9. 同棲の挨拶に行くなら、男性の場合、スーツがベスト。
  10. 同棲の挨拶で心がけたい身だしなみ。
  11. 挨拶に行く際の手土産に関するマナー。
  12. 同棲の挨拶の場所には、どこがいいのか。
  13. 「同棲」という言葉は使わないほうがいい。
  14. ご両親の前では、愛称や呼び捨てで呼ばないこと。
  15. 同棲の挨拶では、緊張をしてもいい。
  16. 同棲の挨拶で最も大切なのは、同棲の理由。
  17. 同棲の理由として不適切な4つのパターン。
  18. ご両親からの質問は、正直に答えるのが基本。
  19. パートナーの悪口は禁句。
  20. 挨拶中に心がけたい5つの話し方。
  21. 自宅で注意したい7つの振る舞い。
  22. パートナーを大切にしていることだけは、しっかり伝えること。
  23. パートナーを苦労させるような発言は控える。
  24. 食事にお酒が登場したときのマナー。
  25. 親への挨拶は、やりすぎくらいがちょうどいい。
  26. 結婚に関する質問は、曖昧に答えないこと。
  27. 同棲の挨拶は、両家に必要なのか。
  28. 離婚歴がある人に、同棲は必要なのか。
  29. 親同士の挨拶は必要か。
  30. 数回必要な同棲の挨拶を、1回で済ませてしまう方法とは。

同じカテゴリーの作品