人生の教科書



同棲
同棲は、3年すれば十分。
同棲
同棲でうまくいかないカップルは、結婚してもうまくいかない。
同棲
同棲の2大条件「期限付き」「結婚前提」を拒む人の心理とは。
同棲
同棲と結婚の違いとは。
同棲
同棲に失敗はない。
同棲
同棲が長く続くほど安定とは限らない。
同棲

同棲から結婚に進むための
30のポイント

お気に入り0 読んだ
22

急いで結婚しても、
離婚になっては意味がない。

急いで結婚しても、離婚になっては意味がない。 | 同棲から結婚に進むための30のポイント

同棲に失敗したくないなら、結婚です。

ゴールインさえできれば、堂々と「同棲に成功した」と誇れるように思われます。

 

たしかに一緒に暮らすことができても、破局になれば「同棲は失敗した」と言えるでしょう。

一緒に暮らした結果、価値観や生活習慣に致命的な不一致があれば、やはり結婚は難しい。

そのため同棲中は、結婚に向かう意識が強くなりがちです。

  • 「とにかく結婚」

  • 「少しでも早く結婚」

  • 「期限どおりに結婚」

結婚を急ごうとする人も多いのではないでしょうか。

ここに落とし穴があります。

結婚への意識が強くなったばかりに、いつの間にか同棲の目的がすり替わることがあるのです。

同棲の本来の目的を思い出してください。

同棲の本来の目的は、結婚の失敗を防ぐためにするもの。

 

ところが常に結婚を意識していると、同棲の目的が「結婚の失敗を防ぐためのもの」から「とにかく結婚すること」にすり替わる。

そのため「何が何でも結婚をする」という近視眼的な考えに陥りやすくなるのです。

この現象の怖いところは「本人が気づかないうちに起こりやすい」という点です。

自分でも目的がすり替わっていることに気づかないまま「結婚、結婚、結婚」と念仏のように唱えていることがあります。

同棲は、とにかく結婚できればいいわけではありません。

急いで結婚しても、離婚になっては意味がありません。

無理やり結婚しても、結局は離婚になって「こんなはずではなかった」となります。

一度立ち止まって、あらためて同棲の目的を思い出してください。

結婚に執着しすぎていないでしょうか。

結婚ありきになっていないでしょうか。

同棲の目的は「あくまで離婚を防ぐこと」にあります。

もし同棲の目的がずれている場合、同棲中の今なら、まだ間に合います。

本来の目的に修正することが大切です。

まとめ

同棲から結婚に進むためのポイント その22
  • 同棲の目的を見失って、
    無理やり結婚することがないようにする。
結婚資金を貯めてばかりで喧嘩別れになっては、意味がない。

もくじ
(同棲から結婚に進むための30のポイント)

同じカテゴリーの作品