同棲
先に同棲の具体的な準備を進めないこと。
同棲
同棲の挨拶で最も大切なのは、同棲の理由。
同棲

同棲の挨拶で心がけたい
30のマナー

読んだ お気に入り0
15

同棲の挨拶では、
緊張をしてもいい。

同棲の挨拶では、緊張をしてもいい。 | 同棲の挨拶で心がけたい30のマナー

同棲の挨拶に緊張しない人はいません。

ご両親に同棲の挨拶をするのは、フォーマルな場面の1つです。

パートナーのご両親に会って、同棲の挨拶をするのは誰でも緊張します。

「絶対失礼があってはいけない」「好印象を持ってもらわなければならない」などのプレッシャーを感じます。

慣れない場面のため、心は張り詰め、体はこわばるでしょう。

 

たしかに過度の緊張は避けるべきです。

緊張の程度がひどくなると、発汗・赤面・震えが起こり、自然な様子を妨げます。

顔が青ざめたり会話がたどたどしくなったりすると、頼りない印象を与えることもあります。

 

しかし、同棲の挨拶は本来、緊張して当然の場面です。

すでにご両親と面識があったとしても、きちんと挨拶する場面では、そわそわした気持ちになるはずです。

同棲の挨拶では、緊張をしてもいい。

少々の緊張なら問題ありません。

むしろ適度な緊張は、プラスに働きます。

緊張して気持ちが引き締まれば、注意力が高まるため、失言や失態を防ぎやすくなります。

緊張しているのは、物事を重く受け止め、真剣になっている証拠でもあります。

「真面目な性格だな」「責任を感じているのだな」と感心されれば、好印象にもつながるでしょう。

緊張を感じることもマナーです。

緊張を前向きに受け止めたほうが、心のリラックスが促され、適度の範囲で収まります。

まとめ

同棲の挨拶で心がけたいマナー その15
  • 少しくらいの緊張は気にせず、前向きに受け止める。
同棲の挨拶で最も大切なのは、同棲の理由。

もくじ
同棲の挨拶で心がけたい30のマナー
同棲の挨拶では、緊張をしてもいい。 | 同棲の挨拶で心がけたい30のマナー

  1. 親への挨拶も同棲の一環。
    同棲するなら、パートナーのご両親に挨拶をしよう。
  2. ご両親への挨拶の前に大切なのは、良好な人間関係。
  3. 先に同棲の具体的な準備を進めないこと。
  4. 同棲の挨拶の基本的な流れ。
  5. あらかじめご両親の好みや考え方などを確認しておく。
  6. 同棲の挨拶のシミュレーションは必須。
  7. 同棲に反対されることが予想されるなら、前もって説得を考えておく。
  8. 事前に話を進めておくと、本番がスムーズ。
  9. 同棲の挨拶に行くなら、男性の場合、スーツがベスト。
  10. 同棲の挨拶で心がけたい身だしなみ。
  11. 挨拶に行く際の手土産に関するマナー。
  12. 同棲の挨拶の場所には、どこがいいのか。
  13. 「同棲」という言葉は使わないほうがいい。
  14. ご両親の前では、愛称や呼び捨てで呼ばないこと。
  15. 同棲の挨拶では、緊張をしてもいい。
  16. 同棲の挨拶で最も大切なのは、同棲の理由。
  17. 同棲の理由として不適切な4つのパターン。
  18. ご両親からの質問は、正直に答えるのが基本。
  19. パートナーの悪口は禁句。
  20. 挨拶中に心がけたい5つの話し方。
  21. 自宅で注意したい7つの振る舞い。
  22. パートナーを大切にしていることだけは、しっかり伝えること。
  23. パートナーを苦労させるような発言は控える。
  24. 食事にお酒が登場したときのマナー。
  25. 親への挨拶は、やりすぎくらいがちょうどいい。
  26. 結婚に関する質問は、曖昧に答えないこと。
  27. 同棲の挨拶は、両家に必要なのか。
  28. 離婚歴がある人に、同棲は必要なのか。
  29. 親同士の挨拶は必要か。
  30. 数回必要な同棲の挨拶を、1回で済ませてしまう方法とは。

同じカテゴリーの作品