執筆者:水口貴博

同棲の挨拶で心がけたい30のマナー

27

同棲の挨拶は、両家に必要なのか。

同棲の挨拶は、両家に必要なのか。 | 同棲の挨拶で心がけたい30のマナー

「同棲の挨拶」といえば「彼氏が彼女のご両親にするもの」と思われがちです。

彼氏が彼女のご両親に会い、挨拶をして、同棲の許可をいただきます。

親にとっては、娘は宝です。

同棲は、結婚の第一歩。

大切な娘を、家族ではない男性に預けるわけですから、彼氏が彼女の家まで出向いて挨拶をするのは当然でしょう。

ましてや結婚前提に同棲をするなら、交際相手の真剣度を確認したいはずです。

挨拶を通して、交際相手の育ち・人柄・考え方などを確認したいはずです。

誠意をしっかり見せて、ご両親から許可をいただかなければなりません。

同棲の挨拶は、必須ではありませんが、誠意を見せるためにも、礼儀正しく済ませておくのが得策です。

しかし、同棲の挨拶は彼氏だけ必要なのかというと、そうではありません。

彼女も、彼氏のご両親に挨拶をする必要があります。

「大事なわが子を他人に預ける」という意味では、両家の親とも事情は同じです。

また彼氏だけが彼女のご両親に挨拶をして、彼女は何もしないのは不公平でしょう。

同棲は、2人が一緒に協力して実現するものです。

事情がないかぎり、彼女も彼氏のご両親に挨拶をしたほうがいいでしょう。

お互いがそれぞれの親に挨拶を済ませれば、気持ちよく同棲を始めることができます。

挨拶の順番

挨拶の順番について、心がけたいマナーがあります。

女性を尊重する意味として、まず彼氏が彼女の親に挨拶をしたほうがスムーズです。

彼氏が彼女のご両親に挨拶を済ませた後、彼女が彼氏のご両親に挨拶をします。

同棲の挨拶で心がけたいマナー(27)
  • 彼氏側だけでなく彼女側も、きちんと同棲の挨拶をする。
  • 事情がないかぎり、まず彼氏から同棲の挨拶をする。
離婚歴がある人に、同棲は必要なのか。

同棲の挨拶で心がけたい30のマナー

  1. 親への挨拶も同棲の一環。
    同棲するなら、パートナーのご両親に挨拶をしよう。
  2. ご両親への挨拶の前に大切なのは、良好な人間関係。
  3. 先に同棲の具体的な準備を進めないこと。
  4. 同棲の挨拶の基本的な流れ。
  5. あらかじめご両親の好みや考え方などを確認しておく。
  6. 同棲の挨拶のシミュレーションは必須。
  7. 同棲に反対されることが予想されるなら、前もって説得を考えておく。
  8. 事前に話を進めておくと、本番がスムーズ。
  9. 同棲の挨拶に行くなら、男性の場合、スーツがベスト。
  10. 同棲の挨拶で心がけたい身だしなみ。
  11. 挨拶に行く際の手土産に関するマナー。
  12. 同棲の挨拶の場所には、どこがいいのか。
  13. 「同棲」という言葉は使わないほうがいい。
  14. ご両親の前では、愛称や呼び捨てで呼ばないこと。
  15. 同棲の挨拶では、緊張をしてもいい。
  16. 同棲の挨拶で最も大切なのは、同棲の理由。
  17. 同棲の理由として不適切な4つのパターン。
  18. ご両親からの質問は、正直に答えるのが基本。
  19. パートナーの悪口は禁句。
  20. 挨拶中に心がけたい5つの話し方。
  21. 自宅で注意したい7つの振る舞い。
  22. パートナーを大切にしていることだけは、しっかり伝えること。
  23. パートナーを苦労させるような発言は控える。
  24. 食事にお酒が登場したときのマナー。
  25. 親への挨拶は、やりすぎくらいがちょうどいい。
  26. 結婚に関する質問は、曖昧に答えないこと。
  27. 同棲の挨拶は、両家に必要なのか。
  28. 離婚歴がある人に、同棲は必要なのか。
  29. 親同士の挨拶は必要か。
  30. 数回必要な同棲の挨拶を、1回で済ませてしまう方法とは。

同じカテゴリーの作品

2:33

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION