同棲

同棲の挨拶で心がけたい
30のマナー

読んだ お気に入り1
1

親への挨拶も同棲の一環。
同棲するなら、
パートナーのご両親に挨拶をしよう。

親への挨拶も同棲の一環。同棲するなら、パートナーのご両親に挨拶をしよう。 | 同棲の挨拶で心がけたい30のマナー

同棲をするなら、パートナーのご両親に挨拶をしましょう。

「挨拶するには、早すぎるのではないか」

「結婚するわけでもないのに挨拶は必要なのだろうか」

「いちいち挨拶に行くのが面倒」

挨拶の必要性に疑問を感じる人も多いのではないでしょうか。

 

たしかにまだ結婚が決まったわけではないですから、挨拶が必要とは限りません。

あくまで交際は2人の問題ですから「わざわざご両親に挨拶する必要はない」と考える人もいるでしょう。

実際のところ、ご両親への挨拶をしないで同棲を始めるカップルは少なくありません。

 

しかし、ご両親の立場になって考えてみてください。

親にとって同棲とは、愛するわが子を他人に預ける行為。

わが子が異性と暮らし始めると分かれば、交際相手のことが気になるところではないでしょうか。

許可も挨拶もなく勝手に同棲を始めると、ご両親は不安や心配が助長されます。

「紹介できないような人なのか」

「挨拶できないくらい非常識な人なのか」

非常識な行動のため、悪印象につながる可能性があります。

同棲中にトラブルがあっても、積極的に協力してもらえないかもしれません。

余計な誤解を防ぎ、同棲をスムーズにするためにも、きちんと挨拶を済ませておくのが得策です。

挨拶は、お互いがそれぞれの親にすることが大切です。

きちんと同棲の挨拶を済ませておけば、気持ちよく同棲を始めることができます。

「親への挨拶も同棲の一環」と考えてください。

「挨拶は必要」と考えたほうが、誠実な同棲ができ、成功率も高くなります。

誠実に段取りを踏むことで、同棲中に困ったことがあっても、ご両親が協力的になってくれる可能性が高くなります。

まとめ

同棲の挨拶で心がけたいマナー その1
  • 同棲することを決めたら、パートナーのご両親に挨拶をする。
ご両親への挨拶の前に大切なのは、良好な人間関係。

もくじ
同棲の挨拶で心がけたい30のマナー
親への挨拶も同棲の一環。同棲するなら、パートナーのご両親に挨拶をしよう。 | 同棲の挨拶で心がけたい30のマナー

  1. 親への挨拶も同棲の一環。
    同棲するなら、パートナーのご両親に挨拶をしよう。
  2. ご両親への挨拶の前に大切なのは、良好な人間関係。
  3. 先に同棲の具体的な準備を進めないこと。
  4. 同棲の挨拶の基本的な流れ。
  5. あらかじめご両親の好みや考え方などを確認しておく。
  6. 同棲の挨拶のシミュレーションは必須。
  7. 同棲に反対されることが予想されるなら、前もって説得を考えておく。
  8. 事前に話を進めておくと、本番がスムーズ。
  9. 同棲の挨拶に行くなら、男性の場合、スーツがベスト。
  10. 同棲の挨拶で心がけたい身だしなみ。
  11. 挨拶に行く際の手土産に関するマナー。
  12. 同棲の挨拶の場所には、どこがいいのか。
  13. 「同棲」という言葉は使わないほうがいい。
  14. ご両親の前では、愛称や呼び捨てで呼ばないこと。
  15. 同棲の挨拶では、緊張をしてもいい。
  16. 同棲の挨拶で最も大切なのは、同棲の理由。
  17. 同棲の理由として不適切な4つのパターン。
  18. ご両親からの質問は、正直に答えるのが基本。
  19. パートナーの悪口は禁句。
  20. 挨拶中に心がけたい5つの話し方。
  21. 自宅で注意したい7つの振る舞い。
  22. パートナーを大切にしていることだけは、しっかり伝えること。
  23. パートナーを苦労させるような発言は控える。
  24. 食事にお酒が登場したときのマナー。
  25. 親への挨拶は、やりすぎくらいがちょうどいい。
  26. 結婚に関する質問は、曖昧に答えないこと。
  27. 同棲の挨拶は、両家に必要なのか。
  28. 離婚歴がある人に、同棲は必要なのか。
  29. 親同士の挨拶は必要か。
  30. 数回必要な同棲の挨拶を、1回で済ませてしまう方法とは。

同じカテゴリーの作品