人生の教科書



同棲
短期間で同棲を解消することもあっていい。
同棲
同棲するかどうかを最後に決めるのは、2人。
重大な判断を他人に委ねないこと。
同棲
同棲が長く続くほど安定とは限らない。
同棲
同棲の2大条件「期限付き」「結婚前提」を拒む人の心理とは。
同棲
結婚前に同棲をしておくべきか。
同棲
急いで結婚しても、離婚になっては意味がない。
同棲

同棲解消のトラブルを防ぐ
30のポイント

  • 同棲は、
    3年すれば十分。
同棲解消のトラブルを防ぐ30のポイント

もくじ

1
★0

同棲は、3年すれば十分。

同棲のゴールは結婚です。 「同棲は、結婚を前提としてするもの」というのが世間一般の認識です。 同棲とは、相手が結婚相手としてふさわしいかを見極める手段。 同棲が長く続けられるにつれて、結婚も夫婦生活も安心できますが、延々と同棲を続けるのも問題です。 延々と同棲を続けていると、年ばかりとってしまいます。 同棲生活もマンネリになって、かえって結婚に踏み切る勇気も出にくくなります。 2人に共通の目的もなく、なれ合いの関係になったままの同棲は、もはやシェアハウス。 結婚を前提とした同棲なら「目的と意味のある同居生活」を送ることが大切です。 同棲して一定期間が経てば、将来についての意識合わせをしておくのがいいでしょう。 では「一定期間」とはどのくらいなのか。 「同棲は、3年すれば十分」と考えてください。 3年という歳月は、2人の生活の相性を確かめるには十分な期間です。 もちろん世の中には、3年以上同棲をして結ばれたカップルも大勢います。 10年以上の同棲生活を経た上で結婚したカップルもいます。 しかし、目的を持たないまま3年以上同棲を続け、最終的に別れてしまえば、お互いにとって痛手です。 同棲を3年も続ければ、付き合い始めたころの新鮮さがなくなり、平々凡々の生活を営んでいるでしょう。 結婚していなくても、もはや夫婦さながらの生活になっているはずです。 そのため、もし3年以上同棲しているなら、将来について一度話し合っておくのが得策です。 いつまで同棲を続けるつもりなのか。 本当に結婚する気があるのか。 いつまでに結婚するのか。 きちんと約束してくれるか。 きちんと同棲の意味と目的を共有できていれば、3年以上の同棲を続けても安心です。 同棲を3年以上続けるなら、将来についての意識合わせをしておく。

2
★0

同棲を解消する6つの理由。

一言で「同棲解消」とはいえ、その理由はさまざまです。 同棲解消をするときには、どんな理由があるのでしょうか。 (1)別れるため 同棲解消の理由として最も一般的なのは、やはり別れでしょう。 同棲を始めたころは仲良くても、一緒に暮らし始めると、今まで気づかなかった相手の癖や習慣に気づかされます。 その結果、相手に幻滅してしまうことも珍しくありません。 お互いの不一致が目立ち始めて仲が悪くなれば、別れることになり、同時に同棲も解消されます。 結婚相手としてふさわしくないと分かれば、早めに同棲を解消します。 (2)お互いの関係を見直すため 別れるから同棲を解消するわけではなく、お互いの関係改善のために、同棲を解消することがあります。 たとえば、マンネリです。 ずっと一緒に暮らしていると、お互いの距離が近すぎて、新鮮味がなくなります。 お互いの関係を見直すため、前向きな意味で、もう一度別々に暮らすことがあります。 (3)就職・転勤・転職のため 仕事の都合で同棲をやめなければいけないことがあります。 恋人関係も重要ですが、仕事も重要です。 仕事の都合の場合、恋人関係を保ったまま引っ越しすることになるため、遠距離恋愛になるのが一般的です。 (4)海外留学のため キャリアのために海外留学をすることになれば、同棲を続けるわけにはいきません。 この場合、国をまたいだ超遠距離恋愛になります。 お金も手間暇もかかりますが、2人がきちんと協力すれば、乗り越えられます。 (5)夢に専念するため 夢を目指すなら、同棲より別居のほうが専念しやすいでしょう。 一緒に暮らしていると、集中力に影響したり、恋人に迷惑が及んだりすることがあります。 恋人と2人で過ごす時間も大切ですが、1人で過ごす時間も大切です。 1人のほうが、自分の夢に専念しやすい人もいるでしょう。 自分の夢に専念するため、あえて別居に戻ることがあります。 (6)家庭の事情のため 家庭の事情で、同棲をやめなければいけないことがあります。 たとえば、親が入院して、つきっきりで看病が必要になったとします。 同棲したままでは病院に通うのが厳しいため、仕方なく同棲をやめなければいけないことがあります。 同棲を解消する理由を確認する。

3
★0

孤独と寂しさを恐れて、同棲解消が遅くなってはいけない。

同棲解消後の孤独と寂しさを恐れていませんか。 たしかに同棲解消後、一人暮らしを始めるなら、生活のギャップは大きいでしょう。 今まで2人で暮らしていた生活が、急に1人だけになります。 寂しく感じて当然。 慣れるまでは、孤独と寂しさに耐えられず、涙を流す日もあるかもしれません。 しかし、孤独と寂しさがつらいから同棲解消をしないと考えるのは、本末転倒です。 同棲は、結婚相手としてふさわしいかを見極める機会。 同棲中に、結婚相手としてふさわしくないと分かれば、一緒に居続けても意味がありません。 むしろ新しい出会いを妨げ、新しいステップがどんどん遅れ、人生に悪影響です。 別れた後も同棲を続けたままでは、新しい恋人と付き合うのは難しいでしょう。 新しい恋人に「元恋人と一緒に暮らしている」と話せば、間違いなく驚かれます。 同棲している部屋に新しい恋人を招くのも気まずいでしょう。 あらためて考えると、孤独も寂しさも、自分の努力しだいでコントロールできる要素。 孤独感や寂しさでつらくなれば、趣味に打ち込んだり映画を見たり友達に電話したりすればいい。 新しい恋人ができれば、ネガティブな感情もすぐ解決します。 同棲して意味がないと思えば、同棲生活にピリオドを打ち、新しいステージに進んでください。 寂しさに負けないでください。 孤独を乗り越えましょう。 同棲を解消しなければ、いつまで経っても前に進みません。 勇気を出して新しい1歩を踏み出すことで、新しい人生が切り開けます。 「孤独と寂しさがつらい」という理由で、同棲解消を先延ばしにしない。

4
★0

同棲の意味にもやもやしたら、早めに解決させておくほうがいい。

「2人にとって同棲とは何だろう」 「同棲している意味が分からなくなってきた」 「将来が見えない。このまま続けていてもいいのだろうか」 「別れたほうがいいかな。やめておくほうがいいかな」 「相手は、将来や私のことをどう思っているのだろう」 同棲の意味にもやもやしたら、きちんと解決させておくのがいいでしょう。 少なくとも同棲に満足しているなら、もやもやした感情は出てきません。 もやもやした感情が出てくるのは、同棲に何らかの問題が発生している証拠。 体に違和感があるのは何らかの兆候であるように、同棲に違和感があるのも何らかの兆候です。 違和感は、そのままにせず、早めに解決しておくほうがいい。 「気のせいだろう」とほうっておくと、知らないうちに問題が大きくなります。 もちろん確認を焦ったりせかしたりする必要はありませんが、早めに解消しておくのが賢明です。 同棲を続けるなら、続ける。 同棲を解消するなら、解消する。 うやむやにせず、同棲の方向性をはっきりさせておくのがいいでしょう。 同棲は、人生の貴重な時間を使います。 もやもやしていても、時間が過ぎるばかり。 一度進んだ時間は、戻ることができません。 中途半端な同棲は、前にも後ろにも進まず、人生の停滞を招くことがあります。 自分だけで解決できなければ、恋人と話し合う場を設け、同棲の意味について意識合わせをしておくのがいいでしょう。 話し合える雰囲気でないなら、なおさら話し合う必要があります。 何とか時間を作ったり機会を見つけたりして、同棲の意義をきちんと確かめておくのが賢明です。 同棲の意義にもやもやしたら、早めに解決しておく。

5
★1

相手が嫌いであっても、円満な同棲解消を目指したい。

相手が嫌いであっても、円満な同棲解消を目指しましょう。 一般的に同棲解消をする場面では、険悪な雰囲気になりがちです。 嫌いだから別れる。 別れるから同棲も解消です。 トラブルがあって愛情が冷め、修復の見込みもなければ、一緒に暮らしていても意味がありません。 別れ話と同時に同棲解消を切り出し、同棲生活にピリオドを打ちます。 しかし、不仲であったとしても、険悪な雰囲気で同棲解消をするのはよくありません。 別れ話がこじれると、同棲解消もこじれます。 引っ越し・名義変更・共有財産など、デリケートな話し合いがしにくくなります。 ただでさえ別れ話は大変ですが、その上に引っ越し関係の手間が加わると、ますます大変です。 喧嘩をすることもあったでしょう。 憎むこともあったでしょう。 話すことどころか、顔すら見たくないかもしれません。 たとえそうであったとしても、最後くらいは2人の関係を美しく締めくくりたい。 人生の一時期を一緒に過ごした関係です。 別れ話が円満に進めば、同棲解消もスムーズになります。 トラブルを増やさないためだけでなく、交際を美しく締めくくるためにも、円満な同棲解消を目指しましょう。 たとえ相手が大嫌いであっても、できるだけ円満な同棲解消を目指す。

6
★0

短期間で同棲を解消することもあっていい。

同棲とは、結婚相手としてふさわしいかを見極める手段。 同棲を始めてしばらく経てば、今まで見えなかった相手の癖や習慣などが見えてくるでしょう。 そのため、同棲中に結婚相手としてふさわしくないと判断できれば、早めに解消するのが得策です。 たとえそれが、同棲を始めてわずか1カ月であっても同じです。 同棲を始めてすぐ「結婚相手としてあり得ない」と分かることがあるでしょう。 「1カ月で同棲をやめるのは早すぎるのではないか」と思うかもしれません。 同棲するとき、親に挨拶したり、手続きに手間暇をかけたりすれば、短期間で終わらせるのは申し訳ない気がします。 しかし、むしろ早いほうがいいのです。 ずるずる先延ばししていると、不毛な時間が過ぎていくだけ。 1カ月で同棲解消することもあっていい。 もちろん勢いの行動はよくありませんが、よく考えた結果なら、判断に間違いはないでしょう。 結婚相手としてふさわしいのか、はっきりさせることができた。 無駄な同棲を最小限に食い止めることができたので、よかったと言えます。 我慢ばかりの同棲生活では、生活が停滞したり新しい恋人を見つけにくかったりなど、人生に悪影響です。 短期間で同棲を終わらせることに、罪悪感を抱く必要はありません。 結婚相手としてふさわしくないと分かれば、同棲を始めたばかりであっても、先延ばしにせず解消する。

7
★0

同棲をやめるのは、大変。
同棲をやめないのは、もっと大変。

同棲をやめるのは大変です。 愛情のなくなった人と、同棲解消について話し合うのは面倒でしょう。 相手の納得を得るためには時間もかかる。 家賃・水道光熱費・通信費の日割り計算も面倒。 引っ越し先も探さなければいけません。 引っ越しには、大金と労力が必要です。 名義や住所の変更も一仕事。 精神的なストレスも大きく、考えるだけでため息が出るでしょう。 誰もが「できれば避けたい」と考えるはずです。 たしかに同棲をやめるのは大変です。 しかし、同棲をやめないのは、もっと大変です。 結婚するつもりのない人と一緒に暮らし続けても仕方ありません。 男女が一緒に生活する状態は、シェアハウスのつもりであっても、周りから見ると同棲です。 別れにくい。 新しい恋人もできにくい。 新しい人生も始めにくい。 早く別れて同棲も解消したほうが、本来の自分らしい生き方を取り戻せます。 同棲解消は、自然に実現できることではありません。 相談なり手続きなり、意図的に行動しなければ進展しません。 解決しなければいけない問題を放置していると、年をとるだけでなく、新しい人生を切り開くチャンスまで失います。 苦労や面倒から逃げて同棲を続けたままでは、後からつけがやってきます。 同棲の意味がなくなれば、余計な先延ばしをせず、勇気を出して同棲解消に踏み切ることです。 自分の人生を正直に生きることが大切です。 同棲の意味がなくなれば、余計な先延ばしをせず、勇気を出して同棲解消に踏み切る。

8
★0

最悪の状況になってから同棲解消するのは、遅い。

最悪の状況になってから、同棲を解消しようとする状況が目立ちます。 我慢の限界に達して、あるとき感情が爆発します。 「もう嫌だ。別れる。家から出て行く!」 限界に達すれば、話をするのも顔を見るのも嫌になり、同棲を続けるのが嫌になります。 最初は愛し合っていても、同棲の結果、憎み合うことになるパターンは珍しくありません。 思いきって同棲解消を切り出して、新しい道を歩もうとします。 しかし実際のところ、最悪の状況になってから同棲解消を切り出すのは遅い。 最悪の状況では、お互いの仲も最悪になっているでしょう。 会話がない。 顔すら見たくない。 殺意さえ芽生える。 同棲生活が生き地獄のようになっている状況で、冷静に話し合うのは難しい。 デリケートなことを話し合う必要があっても、冷静さを欠いている状態できちんと話し合うのは無理難題です。 そのため同棲解消は、最悪の状況の前に切り出すのが正解です。 未来がないまま同棲を続けていても仕方ありません。 「もう限界が見えている」という疑いが確信に変われば、早めに行動するのがいいでしょう。 ぎりぎり2人の仲が続いている状況のほうが、別れ話も同棲解消もしやすくなります。 限界に達してから、動き始めるのではありません。 限界に達する前に、動き始めるのが正解です。 2人の関係が最悪になる前に、同棲解消を切り出す。

9
★0

同棲解消のメリットを思い浮かべると、切り出す勇気が出てくる。

「同棲解消を切り出す勇気が出ない」 それは、同棲解消のデメリットばかり考えているからではないでしょうか。 たしかに同棲解消には、いくつものデメリットがあります。 ・同棲解消の話し合いをしなければいけない ・引っ越しには、お金と手間暇がかかる ・折半ができなくなり、生活費が増える ・足りない家具や家電を買い直さなければいけない ・失恋して、孤独になる ・寂しい日々が増える ・周りから「不幸せ」と思われ、恥ずかしくなる ・「同棲に失敗した」という過去が残る デメリットばかり考えていれば、ネガティブ思考に陥り、同棲解消をためらって当然です。 しかし、同棲解消はデメリットばかりではありません。 同棲解消の勇気を出すには、同棲解消のメリットを思い浮かべてみましょう。 ・愛のない人と一緒に生活しなくて済む ・束縛がなくなる ・1人の自由が手に入る ・行動範囲も広がる ・やりたいことに集中しやすくなる ・自立心が養われ、生活力が鍛えられる ・新しい家具や家電を買い換えるチャンスになる ・新しい恋人と付き合うことができる 同棲解消には、デメリットもありますが、メリットもたくさんあります。 目的のない同棲を続けていても、人生に悪影響です。 たしかに同棲解消にはお金も手間暇もかかりますが、あなたに必要なことなら、結果として自分のためになります。 同棲解消のメリットを思い浮かべ、勇気を持って行動しましょう。 大切な場面で勇気を出して行動できる人は、幸せになれます。 同棲解消のメリットを思い浮かべて、切り出す勇気を出す。

10
★1

同棲解消で罪悪感に悩んだときの考え方とは。

罪悪感があって、同棲を解消したくてもしにくい状況があります。 たとえば、相手が失業や病気をしているときです。 相手が最悪の状況のときに同棲解消を切り出すのは、相手を見捨てるように思えます。 前々から「別れたい」「同棲をやめたい」と思っていることもあるでしょう。 相手がトラブルに陥ってから別れや同棲解消を切り出せば「心のない人間」と思われるかもしれない。 逃げるように別れと同棲解消を切り出せば、相手から「鬼」「悪魔」と呼ばれても仕方ありません。 罪悪感があって、自分でもどうしていいか分からなくなります。 なかなか難しい場面ですが、基本的な考え方があります。 罪悪感に悩んだときこそ「後悔しない選択」を基準に考えるのが一番です。 失業や病気のことは一度忘れ、そもそも結婚相手としてふさわしいか考えてみてください。 相手が失業や病気をしていないと仮定したとき、自分はどう考え、どう行動するかです。 交際も同棲も、その先にあるのは結婚です。 失業や病気がなかったとしても、結婚相手として考えられないなら、勇気を持って決断することも必要です。 相手の事情に巻き込まれて、自分の人生まで台無しにしてはもったいない。 結婚相手として考えられないなら、鬼と呼ばれようと悪魔とののしられようと、大きな決断も必要です。 しかし、その一方で、本気で結婚を考えている人なら、やはり協力が必要です。 相手が困っているときこそ、あなたの出番。 温かく応援したり、献身的な看病をしたりなど、将来の結婚相手として、できることを尽くすことが必要です。 相手がどんな状況であっても、協力して、困難に立ち向かわなければなりません。 1つ言えるのは、後悔しない選択をすることです。 どちらを選んでも後悔するなら、より後悔が小さいほうを選びます。 罪悪感のせいで、人生が停滞してはいけない。 相手の人生も大切ですが、自分の人生も大切です。 最終的に決めるのは、自分です。 罪悪感があっても流されないことです。 同棲の本来の目的を思い出し、自分にとって後悔が小さい選択をすることが必要です。 罪悪感があって悩んだときは、後悔しない選択を基準に考える。

11
★0

高圧的な態度になってはいけない。
むしろ丁寧な態度を心がける。

同棲解消を切り出すとき、高圧的な態度には要注意です。 同棲解消の決意が固まっていれば、話し合いのとき、強い口調になりがちです。 もちろん自分の意思を伝えることは必要ですが、このとき、相手の感情を傷つける態度はよくありません。 相手のプライドをずたずたにする。 相手の言い分には、強い口調で反論する。 相手の欠点や短所を鋭く指摘して、徹底的に批判する。 憎しみがあると「最後だから強く言ってやりたい」と思うかもしれません。 しかし、高圧的な態度をとると、相手は反抗心が芽生え、同棲解消もこじれやすくなります。 相手をいらいらさせたりプライドを傷つけたりすると、普通にできるはずの相談も難しくなる。 相手は非協力的になり、ますます同棲解消が難しくなります。 同棲解消を切り出す側は、高圧的な態度にならないよう注意しましょう。 むしろ丁寧な態度を心がけることです。 同棲は、始めるのは簡単で、やめるのが難しい。 だからこそ、同棲解消の話し合いでは、丁寧を心がけることが大切です。 同棲解消をお願いするような言い方のほうが、素直に言い分を聞いてもらえます。 丁寧な言い方を心がければ、相手の納得を得られやすくなります。 同棲解消の話し合いは、高圧的な態度ではなく、丁寧な態度を心がける。

12
★0

できるだけ自分のことは、自分でするようにする。

同棲解消にあたり、できるだけ自分のことは自分でするようにしましょう。 もちろん中には、自分だけでは作業が難しいこともあるでしょう。 たとえば、大きな家具や重い荷物を運ぶとき、肉体的にも物理的にも、自分だけでは対処できないことがあります。 やむを得ない場合は手伝ってもらうしかありません。 ずうずうしくお願いするのではなく、丁寧にお願いするようにしたほうがいいでしょう。 しかし、そうした場合を除けば、基本的に自分でするようにするのが賢明です。 引っ越し先を探したり、荷物をまとめたり、住所変更の電話をかけたりなど、自分のことは自分でするようにします。 自分が出す粗大ごみも、責任を持って処理するようにします。 金銭面でも、自分が関係していることは、自己負担が基本です。 名義変更の手続きがあれば、自分の権限が及ぶ範囲で対処するようにします。 同棲解消を言い出したのは自分です。 自分の要求をお願いしたことになるため、できるだけ相手に迷惑をかけないようにするのがマナーです。 できるだけ自分のことは自分で対処するのがいいでしょう。 ただし、相手から手伝いを名乗り出てくれた場合は、そのかぎりではありません。 2人で協力したほうが速くてスムーズに作業が進むこともあるので、状況に応じた判断が必要です。 自分のことは、自分でするようにする。

13
★0

同棲解消のとき、一番揉めやすい話とは。

同棲解消のとき、一番揉めやすい話は何でしょうか。 「別れられない」「同棲を解消できない」などのトラブルもありますが、もっと揉めやすいテーマがあります。 ずばり、金銭トラブルです。 家賃の日割り計算はどうするのか。 賃貸契約のときに折半した敷金はどうするのか。 修理費用が必要になればどうするのか。 粗大ごみの回収費用はどうするのか。 2人の間にあるお金の貸し借りはどうするのか。 そのほか、家賃・水道光熱費・通信費・修理費用など、お金の話は数多くあります。 同棲解消の際、今まで使った食事代やデート代を請求されるなど、非常識なトラブルも珍しくありません。 同棲解消で裁判や訴訟に発展する事例もあります。 その内容を見ると、やはり金銭トラブルが大半です。 実際のところ同棲解消の話し合いは、お金が中心になると言っても過言ではありません。 2人の関係が、金銭トラブルで終わるのは美しくありません。 金銭トラブルが大きくなると、新しいステップの足かせにもなります。 同棲解消の話し合いの中でも、とりわけお金に関することは注意してください。 同棲解消を切り出した側が、ある程度譲歩するのがマナーですが、すべてを譲歩するわけにもいきません。 たった一言で相手を不快にさせ、話がこじれることもあります。 言葉遣いに注意して、一言ずつ言葉を選びながら話し合うことが大切です。 同棲解消の話し合いでは、とりわけお金に関する話に注意する。

14
★0

裁判ざたになる可能性もある。
同棲解消の話し合いは、一方的になってはいけない。

同棲解消といえば、どんな場面を想像するでしょうか。 我慢の限界に達した一方が、急に別れを切り出し、当日中に発狂状態で荷物をまとめて家を出て行く。 おそらくそうした一方的な場面を想像する人が多いのではないでしょうか。 同棲解消でよくありがちな場面ですが、実は最もよくないパターンです。 話し合いが一方的になると、同棲解消の詳しい手続きについて話ができなくなります。 同棲解消には、名義の取り決めや共同財産の所有権など、デリケートな話をしなければなりません。 デリケートな話とは、突き詰めると「お金」が関係します。 金銭トラブルは、長く尾を引きやすい特徴があります。 感情的になって一方的に「今すぐ出て行く」となれば、デリケートな話ができないため泥沼になります。 たしかに相手が大嫌いになり、一緒に暮らすのが耐えられない事情があったのでしょう。 たとえそうだとしても、話し合いでは落ち着いた状態でいることが大切です。 一方的な話し方をすると、ますます相手を不快にさせ、別れも同棲解消もこじれます。 最悪の場合「一方的な同棲解消をされた」と主張して、慰謝料や損害賠償に発展する可能性もゼロではありません。 実際のところ、同棲解消で揉めた結果、裁判ざたになった事例もあります。 結婚していなければ、同棲であっても「自由恋愛」という認識が一般的ですが、弁護士の力量によって解釈が変わる場合もあります。 特に婚約している場合は要注意です。 一方的に同棲解消を主張すると、思わぬトラブルを招きかねません。 余計なトラブルを避けるためにも、話し合いでは冷静な対応を心がけ、相手の納得を得るよう努めてください。 爆発しそうなほどいらいらしていても、冷静な対応を心がけます。 冷静な対応で話し合えば、相手からの納得を得られやすくなり、同棲解消もスムーズになります。 同棲解消の話し合いは、一方的にならず、相手の納得を得るよう努める。

15
★0

波乱の展開が予想できるなら、第3者に仲介してもらうのも方法。

同棲解消の話し合いでは、大きなリスクを伴うこともあります。 たとえば、日頃相手から暴力を振るわれている場合です。 同棲解消の話を持ち出せば、相手を憤慨させ、殴られたり蹴られたりする暴行を受ける可能性があります。 まさしく同棲解消にも命がけ。 だからとはいえ、結婚する気のない相手とずっと同棲を続けるわけにもいきません。 波乱の展開が予想できるなら、第3者に立ち会ってもらう手段も検討してください。 親や共通の先輩などに同席してもらい、仲介役として話をまとめてもらいましょう。 立場の高い人に仲介してもらえば、暴力や口出しを防ぐ効果があります。 法律が絡む場合は、弁護士に仲介してもらう方法もあります。 少し大げさな話ですが、実際ここまでしないと別れられない事例もあります。 第3者がいれば、証人としての役割も果たすため「言った・言わない」というすれ違いを防ぐ効果もあります。 「そこまでしなくてもいいではないか」と思うかもしれませんが、暴力が関わるなら、そこまでしておくのが普通です。 「2人の問題だから2人で解決する」という姿勢は立派ですが、心や体に深い傷を負うのはよくありません。 波乱の展開が予想できるなら、抜かりなく準備をしておくのが得策です。 家の出て行き方も少し慌ただしくなりますが、少しでもスムーズに進められるよう準備しておきましょう。 2人で同棲解消の話し合いが難しい場合は、第3者に仲介してもらう。

16
★0

一時的な同棲解消から始めてみるのも悪くない。

「別れたくなった。早めに同棲解消を切り出そう」 そう思って、別れ話を切り出し、同棲解消を踏み切る人もいるでしょう。 もちろん「結婚相手としてふさわしくない」と確信したなら、最初から大胆な行動に出ることもあっていいでしょう。 行動が早いに越したことはありません。 しかし実際は、相手が嫌いになったのではなく、誤解や勘違いをしているだけかもしれません。 お互いが誤った思い込みをして、ありもしない問題に悩まされているだけかもしれない。 お互いの距離が近すぎて、かえって大事なことが見えなくなっているだけかもしれない。 そのとき別れたいと思っていても、別れてから相手の存在価値に気づき、考えが変わるのはよくあること。 関係改善に期待の余地があるなら、段階を作ってみるのも悪くありません。 いきなり完全な同棲解消ではなく、2人の関係を見直すため、一時的な同棲解消から始めてみてはいかがでしょうか。 つまり、恋人関係を保ったまま、一時的に同棲解消をしてみます。 離れて暮らし始めると、冷静になれ、自分の誤解に気づかされることもあります。 今まで気づかなかった存在価値に気づかされる可能性もあるでしょう。 実際のところ世の中には、同棲解消をした後に復縁して、結婚に至った事例もあります。 お互いの誤解や価値観に気づけば、また再び同棲に戻ればいいだけです。 もし心境に変化がなければ、そのまま別れてしまえばいいだけですから、やってみて損はありません。 別れて完全に同棲解消した後では、復縁が大変です。 場合によっては、復縁ができなくなることもあります。 2人の関係に改善の余地があるなら、最初から大胆な行動に出るより、段階を作ってみるほうが得策でしょう。 いきなり完全な同棲解消ではなく、一時的な同棲解消から始めてみる。

17
★0

円満な同棲解消に最も強く影響する要因とは。

円満な同棲解消に最も強く影響する要因とは何か。 それは、態度です。 態度とは、言葉・表情・振る舞いなどのすべてを言います。 もちろん計画や準備も大切ですが、それ以上に態度のほうが大切です。 同棲解消がうまくいくかどうかは「態度がすべて」と言っても過言ではありません。 態度によって、同棲解消がこじれることもあれば、スムーズになることもあります。 別れ話にも通じることですが、態度だけで印象は180度変わります。 相手を傷つけながら別れを切り出すのと、相手に感謝しながら別れを切り出すのでは、印象も難易度も変わります。 同棲解消でも同じこと。 同棲解消の話し合いでは、とにかく態度に注意してください。 丁寧な言葉遣いを使って、同棲解消を切り出します。 早口で話すのではなく、ゆっくり話す。 威圧的な話し方ではなく、丁寧な話し方になる。 相手が聞きやすく受け止めやすい言葉遣いを心がけます。 できれば今まで交際してくれたことへの感謝も伝えると好印象です。 言葉・表情・振る舞いなど、下手であってもいいので、丁寧を心がけることが大切です。 特に気をつけたいのは、感情的になったときです。 人間ですから、時には感情を揺さぶられ、理性を失いそうになるときもあります。 しかし、話が平行線になっても、いらいらした態度は見せないこと。 不快な気持ちになっても、表には出さないようにします。 丁寧な態度を心がければ、別れ話にも同棲解消にも納得してもらいやすくなります。 同棲解消も美しく締めくくれるのです。 同棲解消の話し合いでは、常に丁寧な言葉遣いを意識する。

18
★0

重要事項を話すときは、事務的な対応を心がけたほうがスムーズ。

重要事項の話し合いのときは、事務的な対応を心がけましょう。 たとえば、金銭・名義・所有に関する話です。 なれなれしい雰囲気では、余計な甘えや遠慮が出てしまいがちです。 だらだらしたりなれ合ったりする雰囲気では、突き詰めた話し合いがしにくくなります。 金銭・名義・所有の話は、財産に関係した重要なテーマ。 曖昧にすることはできません。 個人的な感情が強すぎると、正確な判断や決断にも悪影響。 財産に関係することは、恋人関係であっても余計な感情を交えず、形式的に対応しなければなりません。 そのため重要事項については、あえて事務的な対応を心がけておくのが賢明です。 YESなのか、NOなのか。 できるのか、できないのか。 誰なのか、何なのか、いつなのか、どこなのか、いくらなのか。 堅苦しさにはネガティブなイメージを持たれがちですが、時と場合によっては必要です。 事務的な対応のほうが、言いにくいことでも言いやすくなったり、細かい話をしやすくなったりします。 込み入った話でもスムーズに進めやすくなるため、重要事項を話すときは効果的です。 重要事項を話し合うときは、あえて事務的になる。

19
★0

引っ越し業者を利用するときに注意したい3つのこと。

同棲解消で引っ越しをする際、引っ越し業者を利用する人も多いでしょう。 お金さえあれば、日付を伝えるだけで、自分の代わりに作業をしてくれます。 引っ越し業者は便利ですが、利用するなら注意したいことが3つあります。 ●必ず見積もりをとる どんな状況であっても、必ず見積もりをとりましょう。 引っ越し料金は、作業日時・荷物量・輸送距離・搬送難易度によって変わります。 基本的に見積もりには、立ち会いが必要です。 電話や書面でできる見積もりもありますが、正確に見積もりを出してもらいたければ、立ち会いが最も確実です。 オプションが1つあるかどうかで、料金もずいぶん変わります。 手間暇はかかりますが、面倒であっても、必ず見積もりを出してもらうようにしましょう。 ●複数社から見積もりをとること 同じ住所への引っ越しであっても、引っ越し業者によって金額が変わります。 複数社から見積もりを出してもらい、サービスと料金の兼ね合いを考えながら、自分に合った業者を選びましょう。 ●本当に引っ越し業者が必要なのか 「引っ越しには引っ越し業者が必要」と思い込んでいませんか。 手間を抑えたいなら、引っ越し業者を頼るのも分かりますが、安く済ませたければ、ほかにも手段があります。 自分の車やレンタカーを使って、引っ越しを済ませる方法があります。 親・友達・同僚に引っ越しを手伝ってもらう方法もあるでしょう。 自前で済ませば、大幅に引っ越し費用を抑えられます。 本当に引っ越し業者を頼る必要があるのか、よく考えておくことが必要です。 引っ越し業者を選ぶときには、十分注意する。

20
★0

飼っているペットを取り合いになったとき。

同棲解消の際、ペットの取り合いで問題になることがあります。 2人が大事に育てたペットは、もはやわが子。 家具や家電は買い直せても、愛着のあるペットだけは代わりがいません。 たっぷり愛情を注いだペットは、世界にただ1つの存在。 お互いにとって愛着があれば「自分が育てる」「自分が引き取る」と主張するのも当然です。 離婚する夫婦が、子供の親権を争っているのと似た状況です。 人間の子供なら言葉で自分の意思を主張できますが、ペットの場合は難しい。 ペットがなついているほうを基準に考えるのも、スムーズに納得できないでしょう。 話し合いが平行線になって、なかなか決着がつかないことがあります。 さて、こうした場合、どう解決すればいいのでしょうか。 まず絶対やってはいけないのは、強引に引き取ってしまうことです。 相手の同意がないまま無理に引き取ると、問題に発展します。 相手は怒って当然ですが、それだけでは終わらないでしょう。 法律的な解釈では、強引にペットを引き取ると「窃盗罪」に触れる可能性があります。 相手を脅して引き取れば「脅迫罪」にも触れる可能性もゼロではありません。 ペットの取り合いで問題になっても、強引な手段を使えば、さらに大きな問題に発展します。 ペットにとっても、飼い主が争う姿を見たくないはず。 そのため決着がつかなくても、決着がつくまで話し合う姿勢が必要です。 いかにペットに愛着があるのかしっかり理解してもらいます。 これからも大事に育てていく話を伝えます。 相手から納得が得られるまで、根気よく説得を続ける姿勢が必要です。 場合によっては、金銭的な解決策も検討してみてください。 ペットの取り合いは、相手に納得してもらうまで、話し合う。 状況によっては、金銭的な解決策も検討する。

21
★0

出て行くまでは、険悪な雰囲気であっても、挨拶くらいはしておく。

同棲解消の話し合いの末、出て行くことが決まった。 当日中や翌日に出て行くこともありますが、普通は準備に時間がかかります。 引っ越し関係の準備は一仕事。 都合によっては、引っ越しが数週間先になることもあるはずです。 さて、問題なのは出て行くまでどう過ごすかです。 出て行くまでは、一緒に暮らさなければいけません。 別れや同棲解消が決まった2人が一緒に暮らすとき、険悪な雰囲気になりがちです。 会っても、目を合わせない。 話すことはおろか、挨拶すらない。 むしろできるだけ会わないようにしている。 たしかに事情はあるものの、会っても挨拶すらないのも寂しいものです。 お互い完全に無視を貫くのも寂しいでしょう。 険悪な雰囲気がますます険悪になるばかり。 以前愛し合っていた2人が、無視を貫く関係に変わってしまうのは、あまりに寂しい終わり方ではないでしょうか。 もちろん無理に会話をする必要まではありませんが、せめて挨拶くらいはしておきましょう。 別れと同棲解消が決まったとはいえ、お互い元恋人同士であることに変わりありません。 会っても目を合わせなかったり、話もしなかったりでは、息苦しいだけでしょう。 2人の仲が険悪であっても「おはよう」という挨拶くらいはできるはずです。 目を合わせられないなら、声だけでもいい。 微妙な雰囲気が漂う期間ですが、自分から雰囲気を和らげる働きかけくらいはあって損はありません。 自分の人間性が試される時間と考えましょう。 大人なら、未熟な行動は慎み、最後まで礼儀正しい対応を貫くことが大切です。 同棲解消が決まっても、出て行くまでは挨拶くらいしておく。

22
★0

引っ越し先の住所は、伝えておくべきか。

同棲解消のとき、引っ越し先の住所は伝えておくべきでしょうか。 別れて同棲を解消しても「後から用事があるかもしれない」と思えば、伝えたほうがいい気もします。 今まで交際していた義理を感じて「せめて住所くらい教えてもいいのではないか」と思うこともあるでしょう。 しかし、ここは大切な場面です。 基本的に伝える必要はないでしょう。 住所を教える意味がないからです。 別れてしまえば、もうお互い関係ありません。 完全に縁を切るなら、むしろ教える必要がありません。 友達関係に戻るとしても、新しい住所を教える意味がないでしょう。 普通は連絡先だけ伝えていれば十分。 用件のやりとりは、電話番号やメールアドレスなどで事足ります。 うっかり教えてしまうと、後で未練を持たれたとき、引っ越し先に来られる可能性が出てきます。 ストーカーに発展する可能性もゼロではありません。 実家や仕事先など、すでに知られている住所は仕方ありませんが、新しい住所は慎重になってください。 伝えるとしても、地域名までにしておくのが得策です。 余計なトラブルを防ぐためにも、必要がないかぎり、詳しい住所は伏せておくのが賢明です。 相手から聞かれたときは、断る言い方にも注意してください。 「絶対教えない!」 「あなたに答える義務はない」 強い口調で拒むと、相手は不快な気持ちになるでしょう。 余計に相手は知りたくなって、トラブルにも発展しやすくなります。 断るときには、配慮した言い方を心がけます。 「未練が残りそうだから、控えたい」 「いい別れ方をしたいから、それは聞かないでね」 丁寧に断れば、相手も理解を示してくれるはずです。 必要がないかぎり、引っ越し先の住所は伝えない。

23
★0

同棲解消が決まれば、速やかに名義と住所の変更をする。

同棲解消の際に見落としがちなのが、名義と住所の変更の手続きです。 別れと同棲解消で頭がいっぱいになると、うっかり忘れがちです。 1つや2つは覚えられても、すべてをきちんと覚えるのは難しい。 忘れることがないよう、きちんとチェックリストを作っておくのが得策です。 ●変更が必要な手続き 名義の変更が必要なら、前もって話し合っておきます。 一般的に必要とされるのは、以下の項目です。 ・電気 ・水道 ・電話 ・ガス ・NHK ・プロバイダー ・インターネットサービス関連 ・銀行 ・保険 ・運転免許証 ・クレジットカード ・新聞 ・定期購読関係 ・住民票 ・勤め先 空き時間を使って1つずつ変更するのもいいですが、日をまたぐと漏れが生じやすくなります。 変更手続きは、できれば1日でまとめて行うと効率的です。 手続きの種類によっては、役所や警察署に出向かなければいけないものもあるため、注意が必要です。 ●手続きを変更するタイミング 都合がよければ、引っ越し前に連絡するのがいいでしょう。 住所変更の際には転居先も聞かれるため、転居先が決まってから連絡するようにするとスムーズです。 変更の連絡を入れても、変更が反映されるまでに時間がかかる場合もあるため、注意が必要です。 都合があって引っ越し前にできなくても、できるだけ早めに連絡を心がけましょう。 引っ越しの際は、名義と住所の変更を済ませる。

24
★0

相手に出て行ってもらうときの、4つのポイント。

同棲解消では、相手に出て行ってもらいたいときがあります。 「出て行くだけではないか」と思うかもしれません。 しかし、自分が出て行くより相手に出て行ってもらうほうが、はるかに難しいと考えてください。 自分の都合で急に相手の生活を変えてしまうわけですから、スムーズにいかないのが普通です。 相手に出て行ってもらうときには、次の4つのポイントを意識してください。 (ポイント1)引っ越しまでに十分な時間を作る 同棲解消が決まって、次の日に出て行くのは無理な話です。 引っ越しにはお金も手間暇も必要で、出て行く側にとっては一大事です。 まだ引っ越し先も決まっていない状態では行き先がありません。 相手に出て行ってもらうなら、猶予期間を3カ月ほど作るのがいいでしょう。 どんなに短くても、1カ月は猶予期間を作るのが賢明です。 (ポイント2)引っ越し費用を援助する 相手は出て行きたくても、引っ越し費用が不十分で難しい場合もあるでしょう。 自分の都合で相手に出て行ってもらうのですから、引っ越し費用を援助することも検討してください。 引っ越し費用を援助すれば、相手も経済的に助かり、引っ越しがしやすくなります。 余裕があれば、一部援助ではなく、全額援助も選択肢に入れておくといいでしょう。 (ポイント3)時には第3者に仲介してもらう なかなか相手が応じてくれないときは、自分の親に仲介してもらうのも1つの方法です。 親を通して説得してもらえば、自分が説得するより納得してもらいやすくなるでしょう。 ただしお願いするのは、あくまで自分の親であり、相手の親にお願いするのは避けたほうが賢明です。 相手の親なら、当然相手に味方します。 「出て行かせるなんてひどい」という話に発展して、かえって問題が大きくなる場合があります。 (ポイント4)どうしても出て行ってくれなければ、自分が出て行く どうしても相手が出て行かないときは、自分が出て行くことも検討してください。 強引に追い出すのは、トラブルが大きくなるだけでおすすめしません。 不本意かもしれませんが、問題を最小限に抑えるためには仕方ありません。 相手に出て行ってもらうときは、猶予期間・引っ越し費用の援助・説得方法などに注意する。

25
★0

別れたまま、同棲を続けるのはありなのか。

恋人関係は解消して、同棲だけは続ける。 そんなことはあっていいのでしょうか。 別れてしまえば、普通の友達関係です。 別れたまま同棲を続けるなら「シェアハウス」と同じ状態です。 もちろん2人が納得しているなら問題はありません。 元恋人同士であっても、あくまで友達として男女が一緒に暮らすことは十分可能です。 賃貸契約上も問題ありません。 家賃・光熱費・通信費などを折半できるメリットもあり、魅力的ではあります。 ただし、デメリットを覚悟する必要はあるでしょう。 それは「世間から厳しい目で見られやすい」という点です。 誰かと生活環境の話になったとき「元恋人と一緒に暮らしている」と聞けば、どう感じるでしょうか。 元恋人と一緒に暮らしていれば、周りから驚かれるでしょう。 やはり違和感があり、関係を疑ってしまうはずです。 「もう別れている。今は普通の友達関係」と説明しても、素直に納得してもらいにくいでしょう。 表向きは友達関係としていても、客観的に見れば、恋人関係と思われても仕方ありません。 その印象が影響して、新しい恋愛を妨げやすくなります。 新しく恋人ができたとしても、自分の部屋に呼びにくいはずです。 世間的には、男女が一緒に暮らしていれば、結婚を前提とした同棲と考えるのが普通です。 別れることになれば、同棲も解消するのが一般的。 暮らし方は自由ですが、別れた後も同棲を続けるなら、デメリットを覚悟しておくことが必要です。 別れた後も同棲を続けるなら「新しい恋愛を妨げやすい」というデメリットを覚悟しておく。

26
★0

家に残した荷物は、早めに取りに行く。

引っ越しの際、事情があって、荷物の一部を残していくことがあります。 一度では移動しきれず、後日取りに行くことにします。 このときよくあるトラブルが、相手の家に荷物を残したままになることです。 後から取りに行こうと思っても、日が経つにつれて関心がなくなり、放置してしまうのです。 荷物を残したままでは、相手の部屋が保管庫です。 他人の私物で貴重な生活領域が制限されれば、相手は迷惑でしょう。 家の中に元恋人の私物が残っていれば、見るたびに思い出してしまい、余計な感情にも悩まされるはずです。 荷物を残したままになると、同棲解消も中途半端になります。 「時間があるときに取りに行く」という言い方はよくありません。 抽象的な言い方は自分を甘えさせます。 「次の週末に取りに行く」「10日以内に連絡して取りに行く」など、あえて自分に厳しい言い方のほうがいいでしょう。 具体的な日程を言ったほうが、相手も安心できます。 忙しくても面倒であっても、何とか時間を作って、早めに取りに行くようにしましょう。 場合によっては、有給休暇を使ってでも取りに行くことを検討してください。 後になればなるほど取りに行くのがおっくうになるため、早めに取りに行くようにしましょう。 どうしても都合が悪くて取りに行けないなら、相手に手間賃を支払った上で、着払いの郵送をお願いするのも一案です。 家に残した荷物は、そのままにせず、早めに取りに行く。

27
★0

同棲を解消したのに、荷物を取りに来ない人の心境とは。

「同棲を解消したにもかかわらず、荷物を取りに来ない」 そんな状況で困ってしまうことがあります。 処分したくても他人のものですから、勝手に触るわけにはいきません。 自分の判断で処分すれば、後からトラブルに発展する可能性もあるでしょう。 では、荷物を取りに来ない人は、どんな心境なのでしょうか。 まず思い浮かぶ原因としては、やはり「面倒」という事情でしょう。 「取りに行かなければいけない」と頭で分かっていても、煩わしいので先延ばしにしている状態です。 荷物が多いと、手間も時間もかかります。 「また今度。余裕ができてから」と思っているうちに、月日が過ぎている状況が考えられます。 しかし、面倒だけが理由とも限りません。 病気やけがの都合で取りにいけないのかもしれません。 仕事が忙しくて、取りに行きたくても取りにいけないこともあるでしょう。 取りに行きたいが、何らかの外部圧力のため会えない状況もあり得ます。 さまざまな可能性が考えられますが、結局のところ、相手に聞いてみないことには分かりません。 最終的には、やはり相手に確認するのが確実です。 ずっと保管し続けるわけにもいきません。 余計な荷物があると、部屋の掃除がしにくい。 ずっと取りに来ないまま、うっかり傷つけたり壊したりして責任を問われても困ります。 すでに別れた関係なら、相手の荷物が自分の家に置いてあるのは不自然です。 少なくとも同棲を解消してから1カ月経っても取りに来ないのは、イエローカードです。 相手と連絡を取り、できるだけ早く取りに来てもらうことを促しましょう。 相手が忙しくて取りに来る余裕がないなら、郵送の着払いという方法も選択肢に入れてください。 相手と連絡が取れないときは、相手の親や友達を通してお願いしてもらう方法も検討します。 できるだけ早く取りに来てもらうようにお願いをして、取りに来てもらいましょう。 いつまでも別れた人の荷物を部屋に置いたままにせず、きちんと取りに来てもらうように促す。

28
★0

同棲中に婚約破棄された場合、慰謝料は請求できるのか。

婚約している2人が、同棲中に婚約破棄する事例があります。 普通の同棲解消とは違い、婚約までしているなら、慰謝料の有無が気になるところ。 同棲中に婚約破棄をされた場合、慰謝料は請求できるのでしょうか。 まず慰謝料が認められるのは、婚約を不当に破棄した場合です。 「不当かどうか」という点に注目すれば、慰謝料の必要性を判断しやすくなります。 たとえば、一方的な婚約破棄は、相手の納得が得られていないため、慰謝料が発生する可能性があります。 話し合いもしないで、同棲解消・婚約破棄を強制されたなら、相手から慰謝料を求められる可能性があるでしょう。 一方、正当な理由があるなら、慰謝料が必要になる可能性は下がります。 「一緒に暮らし始めた結果、お互いの価値観が合わなかった」というのは、正当な理由です。 同棲は、結婚相手としてふさわしいかを見極めるための手段。 同棲中であれ婚約中であれ、別れの理由が正当であり、お互いが納得しているなら、慰謝料は不要と考えるのが妥当です。 こうしたことから、婚約中の同棲解消は一方的にならないよう心がけることが大切です。 普通の同棲解消でも注意しながら切り出しますが、婚約中の場合は、さらに慎重な対応が必要と考えていいでしょう。 話や手間を省くようなことはせず、きちんと1つずつ整理しながら話し合います。 せかすようなことも避け、ゆっくり時間をかけるようにします。 相手に納得してもらってから同棲を解消させるのが得策です。 ただし「不当かどうか」という解釈は、立場によって異なる場合があります。 個別の事例について判断が曖昧なら、弁護士に相談すると安心です。 「不当かどうか」という点に注目して、慰謝料の必要性を判断する。

29
★0

同棲を反対していた親に、同棲解消をどう伝えるか。

同棲を反対していた親に、同棲解消は伝えにくい。 親の反対を押し切って同棲を始めた結果、同棲解消することになれば、非常に恥ずかしく思うはずです。 「だから言ったでしょう」「情けない」など、親から小言を言われるのは明らか。 恋人との話し合いより、親に報告するほうが、心理的な抵抗が大きいかもしれません。 しかし、同棲解消を黙ったままでいるわけにもいきません。 同棲を反対していた親に、同棲解消をどう伝えるか。 そのポイントは、2つあります。 (ポイント1)事前に報告する 事後報告はよくありません。 同棲を解消するなら、前もって報告しておくのが賢明です。 事後報告になると、親は「存在を軽く見られている」と誤解して、不快にさせる可能性があります。 そもそも新居の契約の際、連帯保証人として親の協力が必要になるでしょう。 家族は最も重要な人間関係です。 同棲解消をするなら、前もって親に報告しておくのがいいでしょう。 (ポイント2)言い訳がましい発言は控える 「親の考え方は古くさい」 「たまたま今回は相手が悪かっただけ」 「同棲がうまくいかなかったのは、親が反対していたせい」 言い訳がましい言い方をすれば、親との関係まで悪くなります。 自分を理解されたいなら、まず先に相手を理解することが、円滑な人間関係の鉄則です。 自分の過ちを認める発言はしにくいかもしれませんが、親との関係まで悪くなれば、頼れる人がいなくなります。 この場面では「親の考えが正しかった」と潔く認めておくのが賢明です。 素直に親の考えを認めておいたほうが、今後の関係がうまくいきます。 親の考えを認めた上で詳しいいきさつを話せば、冷静に話を聞いてもらえ、親も理解してくれるはずです。 同棲に反対していた親に報告するときは、前もって伝え、言い訳がましい発言も控える。

30
★1

同棲解消後の喪失感は、何かに打ち込んで紛らわそう。

同棲解消後は、喪失感に悩む人が少なくありません。 恋人と別れられて解放感に喜ぶ人もいますが、やはり急に生活環境が変わることで、喪失感に悩むことがあります。 喪失感に悩んだときは、何かに打ち込んで紛らわしましょう。 たとえば、趣味です。 せっかく自由な時間を手に入れたのですから、今まで我慢していた趣味を思いきり楽しみます。 読書・映画鑑賞・スポーツなど、何でもOK。 趣味に熱中していれば、楽しむ気持ちで心が満たされ、喪失感はすぐ吹き飛びます。 やるべき仕事に専念するのもいいでしょう。 仕事に集中すればするほど、喪失感も忘れられる上、結果も出しやすくなります。 生活環境が一変した機会に傷心旅行をするのもいいでしょう。 歴史・自然・文化を通して新鮮な刺激を受ければ、視野や見識も広がり、くよくよしている場合ではなくなります。 もちろん友達と遊んで、ストレスを発散させてもいいでしょう。 見方を変えれば、こういうときこそ友情を育むチャンスでもあります。 喪失感があっても、自分しだいでコントロールできる要素。 本気で取り組めば、喪失感は怖くありません。 むしろ「喪失感を利用してやろう」という気持ちになるのがいいでしょう。 乗り越えるべき試練として生かせば、自分を成長させるきっかけになるはずです。 同棲解消後の喪失感は、何かに打ち込んで紛らわせる。

同じカテゴリーの作品