人生の教科書



同棲
同棲に適した5つのタイミング。
同棲
同棲の2大条件「期限付き」「結婚前提」を拒む人の心理とは。
同棲
離婚歴がある人に、同棲は必要なのか。
同棲
最も結婚できない同棲のパターンとは。
同棲

同棲を始める前に知っておきたい
30のこと

お気に入り0 読んだ
22

同棲は、
離婚率を下げる働きはあっても、
ゼロにはできない。

同棲は、離婚率を下げる働きはあっても、ゼロにはできない。 | 同棲を始める前に知っておきたい30のこと

同棲を始めて数カ月。

役割分担ができ、きちんとお互い協力ができた。

お互いを励まし合い、助け合い、支え合えた。

お互いを尊重し合い、仲良く暮らすことができた。

以前より思い出も増え、絆も愛着も深まった。

数カ月の同棲がうまくいって結婚したカップルは、夫婦生活も安泰と思うでしょう。

 

ところが、現実は甘くありません。

残念ですが、同棲がうまくいって結婚しても、離婚するカップルが存在します。

同棲すれば、パートナーの価値観や生活習慣をより深く確認できますが、完全ではありません。

同棲していても、パートナーのすべてを理解するのは難しい。

未確認の何かがある可能性を考慮に入れてください。

 

たとえば、同棲中ずっと本性を隠して、行儀よく振る舞うこともあるでしょう。

ずっと借金問題を隠し続け、結婚後に発覚することもあるでしょう。

仲良く協力ができていても、結婚したとたん緊張が切れて、急変することもあるでしょう。

同棲は、あくまで結婚の予行演習であり、まだ本番ではありません。

結婚してどうなるかは、実際に結婚してみないと分からない部分があります。

隠していることがないかもしれませんが、あるかもしれない。

同棲は、離婚率を下げる働きはあっても、ゼロにはできません。

たとえ同棲を1年続けたとしても、完璧とは言い切れないのです。

「それなら同棲をしても意味がない」と思うかもしれませんが、無駄とは言い切れません。

同棲をしないで離婚すれば「あのとき同棲しておくべきだった」と後悔するはずです。

離婚経験者に「同棲をしたほうがいいか」を聞けば、誰もが「したほうがいい」と答えるはずです。

同棲は、完全に離婚を防げるものではありませんが、離婚率を下げるプロセスであるのは事実です。

その点を理解した上で、あらためて同棲の必要性を判断するといいでしょう。

まとめ

同棲を始める前に知っておきたいこと その22
  • 同棲は、
    完全に離婚を防げるものではないことを理解しておく。
「絶対トラブルは起きない」と思って始めるのではない。
「何かトラブルが起きるだろう」と思って始めたほうがいい。

もくじ
(同棲を始める前に知っておきたい30のこと)

同じカテゴリーの作品