同棲

同棲の挨拶で心がけたい
30のマナー

読んだ お気に入り1
2

ご両親への挨拶の前に大切なのは、
良好な人間関係。

ご両親への挨拶の前に大切なのは、良好な人間関係。 | 同棲の挨拶で心がけたい30のマナー

同棲の挨拶をする前に大切なのは、事前の人間関係です。

同棲の挨拶では、交際相手のご両親と対面することになります。

初対面で挨拶をするのもいいですが、やはり初めて会う状態は緊張も強くなります。

相手のことが分からないと、接し方や距離感が分かりません。

「初めて会う状態」と「何度か会ったことがある状態」とは、緊張感も雰囲気も違います。

一度でも会ったことがあれば、お互いをある程度分かっているため、親しみを持って話しやすくなります。

そのため、同棲の挨拶では、事前に良好な人間関係を築いておくことが大切です。

 

たとえば、前もってパートナーを通して交際相手として紹介してもらいます。

「初めまして。○○さんと交際をさせていただいております○○と申します」

きちんと挨拶をして面識を作り、良好な人間関係を築いておきましょう。

またデートの帰りに少し実家を訪ねるだけでも、印象はずいぶん違います。

短時間の訪問でも、何度も繰り返し会っていれば、印象も信頼も向上するでしょう。

機会があれば、ご両親と一緒に食事に行くのも、良好な人間関係の構築に役立ちます。

前もって交際相手のご両親と良好な人間関係を築いておけば、同棲の挨拶もスムーズに進めやすくなります。

ご両親と会って話すときは、普通に世間話を楽しむだけで十分です。

結婚前提で同棲をするなら、ゆくゆく末永い人間関係になる可能性があります。

パートナーのご両親と良好な関係が築け、交際相手として信頼されたなら、同棲の挨拶は半分終わったようなものです。

まとめ

同棲の挨拶で心がけたいマナー その2
  • パートナーのご両親と、事前に良好な関係を築いておく。
先に同棲の具体的な準備を進めないこと。

もくじ
同棲の挨拶で心がけたい30のマナー
ご両親への挨拶の前に大切なのは、良好な人間関係。 | 同棲の挨拶で心がけたい30のマナー

  1. 親への挨拶も同棲の一環。
    同棲するなら、パートナーのご両親に挨拶をしよう。
  2. ご両親への挨拶の前に大切なのは、良好な人間関係。
  3. 先に同棲の具体的な準備を進めないこと。
  4. 同棲の挨拶の基本的な流れ。
  5. あらかじめご両親の好みや考え方などを確認しておく。
  6. 同棲の挨拶のシミュレーションは必須。
  7. 同棲に反対されることが予想されるなら、前もって説得を考えておく。
  8. 事前に話を進めておくと、本番がスムーズ。
  9. 同棲の挨拶に行くなら、男性の場合、スーツがベスト。
  10. 同棲の挨拶で心がけたい身だしなみ。
  11. 挨拶に行く際の手土産に関するマナー。
  12. 同棲の挨拶の場所には、どこがいいのか。
  13. 「同棲」という言葉は使わないほうがいい。
  14. ご両親の前では、愛称や呼び捨てで呼ばないこと。
  15. 同棲の挨拶では、緊張をしてもいい。
  16. 同棲の挨拶で最も大切なのは、同棲の理由。
  17. 同棲の理由として不適切な4つのパターン。
  18. ご両親からの質問は、正直に答えるのが基本。
  19. パートナーの悪口は禁句。
  20. 挨拶中に心がけたい5つの話し方。
  21. 自宅で注意したい7つの振る舞い。
  22. パートナーを大切にしていることだけは、しっかり伝えること。
  23. パートナーを苦労させるような発言は控える。
  24. 食事にお酒が登場したときのマナー。
  25. 親への挨拶は、やりすぎくらいがちょうどいい。
  26. 結婚に関する質問は、曖昧に答えないこと。
  27. 同棲の挨拶は、両家に必要なのか。
  28. 離婚歴がある人に、同棲は必要なのか。
  29. 親同士の挨拶は必要か。
  30. 数回必要な同棲の挨拶を、1回で済ませてしまう方法とは。

同じカテゴリーの作品