人生の教科書



生き方
40代が考えておきたい、更年期への心構え。
生き方
人間は、変化のない生活が続くと、変化を嫌う傾向がある。
生き方
新しい友達を作るのに、年齢は関係ない。
生き方
上機嫌だから腰を振るのではない。
腰を振るから上機嫌になる。
生き方
部屋の中ばかりにいても、元気は出ない。
生き方
自分を否定するのは、悪いことではない。
生き方

60代がしておきたい
30のこと

お気に入り1 読んだ
12

自然と朝早くに目覚めてしまう。
さて、
どうするか。

自然と朝早くに目覚めてしまう。さて、どうするか。 | 60代がしておきたい30のこと

60代あたりから、生活リズムに大きな変化が現れます。

自然と、朝早くに目が覚めるようになるのです。

朝が弱い人でも、突然朝に強くなります。

寝るのが遅くても、まだ太陽が昇る前に目が覚めてしまうのです。

もはや目覚まし時計が、いらなくなります。

「病気なのかな」と思いますが、そうではありません。

年を取れば、誰にでも起こる現象です。

加齢に伴うホルモンバランスの変化によって、自然と朝早くに起きてしまうのです。

 

さて、自然と朝早くに目が覚めたとき、どうするかです。

もう一眠りするのもいいのですが、おそらくうまくいかないでしょう。

すっかり眠気が消え、寝ようとしても寝られないのです。

無理に寝ようとすれば、かえってストレスになります。

こういうときこそ、散歩に出かけましょう。

まだ外は薄暗いですが、のんびり散歩を楽しんでいるうちに、明るくなります。

太陽が昇り始める朝を楽しみながら散歩できれば、いい1日をスタートできるでしょう。

朝の澄み切った空気を吸いながら歩けば、気持ちも晴れやかになります。

もちろん健康にもいいですから、おすすめです。

目覚まし時計がいらない生活なんて、これまであったでしょうか。

年を取ったからこそ味わえる、楽しみ方なのです。

まとめ

60代がしておきたいこと その12
  • 自然と朝早くに目が覚めたときは、散歩に出かける。
次のページ >>
ウォーキングは、夫婦で楽しむのが一番。

もくじ
(60代がしておきたい30のこと)

同じカテゴリーの作品