人生の教科書



読み上げ動画・音声
生き方
週に1冊の本、1本の映画、1回の外食。
生き方
30代の生活が、繰り返しになっていませんか。
生き方
今度はあなたが、よき助言者になる番。
生き方
人間関係に挟まれる40代は、1人で遊ぶ時間が必要。
生き方
暇な時間を、作らない。
生き方
20代ほど、激動の10年間はない。

40代がしておきたい
30のこと

お気に入り5 読んだ
21

40代からは、
ウォーキング日課にしよう

40代は、体の衰えが目立ち始める時期です。

年齢に伴うホルモンの低下などによって、体にさまざまな衰えが出てきます。

おなかが出やすくなったり、筋力が低下したり、肌のつやや張りが衰え始めたりします。

「疲れやすくなった」という実感も増えることでしょう。

衰えだけではありません。

高血圧や高脂血症など、健康面の悪影響も目立ち始めます。

運動器が衰えた結果、段差で転んで骨折する人も、40代から急増します。

30代までは、運動を意識しなくても、若さで健康を維持できましたが、40代からは運動が必要です。

運動しない生活を送っていると、40代で一気に衰えが目立ちます。

たるんだおなかを引き締めて、健康を維持するためにも、ウォーキングを取り入れましょう。

ウォーキングは歩数で考えるのもいいのですが、あまりだらだら歩くだけでは、効果が低くなります。

効果を出すためには、ある程度、テンポのあるウォーキングが必要です。

目安として取り入れたいのは「1秒に2歩のペースを30分」です。

このペースを毎日続ければ、健康維持に効果的と言われています。

運動することは、気分をすっきりさせ、ストレス発散の効果もあります。

さらにウォーキングには、記憶力の向上に効果があることが確認されています。

若々しさと健康を維持するために、ウォーキングを日常に取り入れましょう。

40代がしておきたいこと その21

  • 1秒2歩ウォーキングを、
    1日30分
    れる
子供は、親であるあなたを見て、育っている。

もくじ
(40代がしておきたい30のこと)

同じカテゴリーの作品