人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

40代がしておきたい
30のこと

お気に入り6 読んだ
19

40代になれば考えたい、
老眼。

40代になれば考えたい、老眼。 | 40代がしておきたい30のこと

年を取ると、老眼になります。

老眼とは、年を取るとともに目の遠近調節機能が衰え、近くのものが見えにくくなる現象です。

パソコンのディスプレーが見えにくくなったり、本を読みにくくなったりします。

老眼が始まるのは一般的に、45歳前後です。

早い人では、30代後半から始まる人もいます。

「近くのものが見えにくくなったな」と思えば、老眼と考えたほうがいいでしょう。

 

しかし、老眼は厄介です。

老眼は、認めたくない心理が働きやすいからです。

老眼であることを認めれば、自分で老いを認めることになります。

近くが見えにくくなったにもかかわらず「疲れているせいだろう」と考え、ごまかしてしまいがちなのです。

特にプライドの高い人は、老眼であることを認めたくない傾向があります。

老眼を受け入れたくない気持ちがあるとはいえ、ほうっておけば、思わぬトラブルになることがあります。

仕事では、数字の見間違えによって、大きなミスを招くこともあります。

車の運転では、交通事故の危険性が高まります。

町では、人とぶつかりやすくなります。

トラブルが起こってからでは、遅いです。

場合によっては、人命にも関係します。

強がっていませんか。

近くを見るときに見えにくくなれば「気のせいだ」と強がらず、すぐ眼科に行きましょう。

老眼と診断されれば、医師の指示には素直に従い、老メガネなどの対応を考えましょう。

40代がしておきたいこと その19

  • 老眼の兆候があれば、
    無理をせず、
    眼科で診てもらう。
できないことも「自分の一部」と思って、受け入れる。

もくじ
(40代がしておきたい30のこと)

同じカテゴリーの作品