人生の教科書



仕事効率化
上司の自慢話や武勇伝は、驚くリアクションで対応すればいい。
生き方
悩みは、人に話すと、楽になる。
仕事効率化
成功に大切なことは、たった3つ。
本・人・経験。
モテたい
モテるためには、褒めればいい。
飲み会・宴会

飲み会が苦手な人が酒を楽しむ
30の方法

お気に入り3 読んだ
2

飲みの場では、
仕事の話は避けること。

飲みの場では、仕事の話は避けること。 | 飲み会が苦手な人が酒を楽しむ30の方法

あなたは、会社の人と飲みに行ったとき、仕事の話をするタイプですか。

仕事の話をしてもいいではないかという人もいれば、仕事の話をしないほうがいい人もいます。

どちらがいいのでしょうか。

個人の好みによるかと思いますが、実ははっきり答えがあります。

お酒の席で仕事の話はタブーです。

社員の仲がいいとか、チームワークがいいとか、そういう問題ではありません。

社外で社内の話をするのは、機密情報の流出の可能性があるからです。

周りには、ほかのお客さんもいますし、店員もいます。

とりわけ居酒屋では、他の会社の人が大勢ひしめいているので聞かれやすい状況です。

事実、私は居酒屋で、他の会社の人たちが、会社の内部情報を言っているのを耳にしたことがあります。

会社や上司の愚痴を聞いたこともありますし、新しい企画の話を耳にしたこともあります。

お酒が入っているせいで、大きな声で話をしているのです。

隣で聞いていて、他人事ながら「この会社は大丈夫なのか」と不安になったくらいです。

居酒屋で仕事の話をする人は、情報流出に対する意識が希薄であると、公言しているようなものです。

社外に出れば、仕事の話は慎むことが社会人としての基本です。

居酒屋で、社長自らが仕事の話をし始めるなら、その会社の経営は危ないと考えていいでしょう。

社長がその意識なら、社員の意識もかなり低いはずだからです。

仕事の話をするなら、仕事中にすればいいことです。

そのための業務時間です。

定時後の飲みの場でも仕事の話をするなら、息抜きの場ではなくなります。

せっかくの息抜きの場であるにもかかわらず、仕事の話をされると、夢から覚めてしまいます。

ストレス発散どころか、余計にストレスがたまります。

仕事を離れて、人間関係を深める場であると、考えましょう。

まとめ

飲み会が苦手な人が酒を楽しむ方法 その2
  • 居酒屋で、仕事の話は慎む。
次のページ >>
自分が飲むお酒を自分でつぐのは、普通のこと。
どんどん手酌をしてもいい。

もくじ
(飲み会が苦手な人が酒を楽しむ30の方法)

同じカテゴリーの作品