飲み会・宴会

飲み会が苦手な人が酒を楽しむ
30の方法

読んだ お気に入り3
2

飲みの場では、
仕事の話は避けること。

飲みの場では、仕事の話は避けること。 | 飲み会が苦手な人が酒を楽しむ30の方法

あなたは、会社の人と飲みに行ったとき、仕事の話をするタイプですか。

仕事の話をしてもいいではないかという人もいれば、仕事の話をしないほうがいい人もいます。

どちらがいいのでしょうか。

個人の好みによるかと思いますが、実ははっきり答えがあります。

お酒の席で仕事の話はタブーです。

社員の仲がいいとか、チームワークがいいとか、そういう問題ではありません。

社外で社内の話をするのは、機密情報の流出の可能性があるからです。

周りには、ほかのお客さんもいますし、店員もいます。

とりわけ居酒屋では、他の会社の人が大勢ひしめいているので聞かれやすい状況です。

事実、私は居酒屋で、他の会社の人たちが、会社の内部情報を言っているのを耳にしたことがあります。

会社や上司の愚痴を聞いたこともありますし、新しい企画の話を耳にしたこともあります。

お酒が入っているせいで、大きな声で話をしているのです。

隣で聞いていて、他人事ながら「この会社は大丈夫なのか」と不安になったくらいです。

居酒屋で仕事の話をする人は、情報流出に対する意識が希薄であると、公言しているようなものです。

社外に出れば、仕事の話は慎むことが社会人としての基本です。

居酒屋で、社長自らが仕事の話をし始めるなら、その会社の経営は危ないと考えていいでしょう。

社長がその意識なら、社員の意識もかなり低いはずだからです。

仕事の話をするなら、仕事中にすればいいことです。

そのための業務時間です。

定時後の飲みの場でも仕事の話をするなら、息抜きの場ではなくなります。

せっかくの息抜きの場であるにもかかわらず、仕事の話をされると、夢から覚めてしまいます。

ストレス発散どころか、余計にストレスがたまります。

仕事を離れて、人間関係を深める場であると、考えましょう。

まとめ

飲み会が苦手な人が酒を楽しむ方法 その2
  • 居酒屋で、仕事の話は慎む。
自分が飲むお酒を自分でつぐのは、普通のこと。
どんどん手酌をしてもいい。

もくじ
飲み会が苦手な人が酒を楽しむ30の方法
飲みの場では、仕事の話は避けること。 | 飲み会が苦手な人が酒を楽しむ30の方法

  1. 乾杯直後の表情が、大切だ。
  2. 飲みの場では、仕事の話は避けること。
  3. 自分が飲むお酒を自分でつぐのは、普通のこと。
    どんどん手酌をしてもいい。
  4. 1人用のメニューを頼むと、人も料理も、孤立しやすい。
  5. 本当に雰囲気を悪くさせるのは飲めない人ではない。
    飲めない人を責めている人だ。
  6. メモ用紙とボールペンがあると、話が盛り上がりやすい。
  7. 私が心がけている、お酌のタイミングを上手に確かめる方法。
  8. 普通のビールがおいしくなる、つぎ方。
  9. 会話の苦手な人が、話題の引き出しを手軽に増やす方法。
  10. 喉が渇いている状態で、いきなりお酒は飲まない。
  11. 上司から「お酒は飲めるか」と聞かれたときの、定番の答え方。
  12. 上司から「本音で話し合おう」という言葉は、うのみにしない。
  13. タバコを吸いすぎる姿は、退屈していると誤解されやすい。
  14. お酌をするなら、できるだけ女性のほうがおすすめ。
  15. いくら盛り上がるとはいえ、プライベートを打ち明けすぎるのは考えもの。
  16. 世代が違えば、学べることがたくさんあり、むしろ話は盛り上がる。
  17. 楽になってもらおうと、酔っている人の背中をさするのは、実は危険。
  18. どうしても飲み会が嫌な人は、仕事と割り切る。
  19. 1人取り残された人には、話を振ってフォローを入れる。
  20. どうしても緊張するなら、早めに酔うのが得策。
  21. 上司やお客様の前では、足を組まない。
  22. 出席しない理由を、しつこく尋ねると、嫌われる。
  23. 上司から説教を言われたときの、定番の決まり文句とは。
  24. 飲まないわけにもいかず、飲みすぎるわけにもいかない。
  25. 乾杯を、より上品に見える方法。
  26. 唐揚げのそばにレモンがあるからとはいえ、いきなりかけない。
  27. キャバクラに行くより、友達と男女交えて飲むほうが安上がり。
  28. 激臭と戦った2時間の思い出。
  29. 幹事も人間。
    負荷が集中しすぎると、過労で倒れる。
  30. 家に着くまでが宴会。

同じカテゴリーの作品