飲み会・宴会

悪酔いを防ぐ方法

  • 悪酔いを防ぐ基本は1つだけ。
    「適量を守りながら、
    ゆっくり飲むこと」
悪酔いを防ぐ方法

もくじ
  1. 悪酔いを防ぐ基本は1つだけ。
    「適量を守りながら、ゆっくり飲むこと」

    悪酔いを防ぐ方法はなんでしょうか。
    ・飲みすぎないこと
    ・一気飲みをしないこと

  2. 飲みすぎの防止は、自覚から始まる。

    飲みすぎを防ぐなら「自覚」が欠かせません。
    あなたは飲みすぎやすいタイプですか。
    お酒を飲んだとき、どんなふうになるでしょうか。

  3. 適量を守って楽しむお酒が、一番おいしい。

    「酔いすぎてしまった」
    悪酔いは、酔いすぎたときに起こります。
    ほろ酔い程度ならいいですが、べろんべろんに深酔いするのはよくありません。

  4. お酒と水分を一緒に取るようにする。

    お酒を飲むときは、水分も一緒に取るようにしましょう。
    もちろんお酒を楽しむのはいいですが、お酒ばかり飲むのは要注意です。
    お酒ばかり飲んでいると、肝臓に大きな負担がかかります。

  5. もともとお酒に弱い体質なら、適量範囲を狭めておく。

    世間一般では「純アルコール20グラム程度が適量」とされています。
    飲酒の適量を考える上で重要な指標です。
    それぞれのお酒に換算すると、次のとおりになります。

  6. 空腹や喉が渇いているときにお酒を飲むと、悪酔いしやすい。

    悪酔いを防ぐために、注意したい状態が2つあります。
    ・空腹のとき
    ・喉が渇いているとき

  7. たくさんお酒が飲めることが偉いのではない。
    節度を持ってお酒を飲めることが偉いのだ。

    「たくさんお酒を飲めるのはすごい」
    「たくさんお酒を飲める人は、肝臓が強い」
    「お酒は、飲めないより飲めたほうがいい」

  8. 飲酒は、物足りないくらいでやめるのが、ちょうどいい

    酒癖を直すために、必ず守りたいものがあります。
    それは「適量」です。
    「適量ならすでに意識している」

  9. ため込んでいるストレスが、酒癖の悪さにつながっていないか。

    酒癖が悪くなる、隠れた原因があります。
    それは「ため込んでいるストレス」です。
    ストレスは目に見えないため、自覚しにくく、厄介です。

  10. お酒の一気飲みほど、危険な飲み方はない。

    酒癖の悪い人に見られる飲み方があります。
    それは「一気飲み」です。
    「一気飲みはかっこいい」と思う人もいるでしょう。

  11. お酒の飲み方でかっこつけるのではない。
    仕事の結果でかっこつけるのだ。

    お酒の飲み方でかっこつけようとしていませんか。
    酒癖が悪い人は、お酒の飲み方でかっこつけようとするところがあります。
    「たくさん飲むことがかっこいい」

  12. 飲酒に集中するのではない。
    コミュニケーションに集中するのだ。

    酒癖を直すなら、どこに集中するかが大切です。
    新年会、忘年会、歓送迎会。
    合コン、パーティー、仲間同士の飲み会。

  13. 安酒は悪酔いしやすい。

    悪酔いを防ぐために注意したいお酒があります。
    それは「安酒」です。
    もちろん少し安いくらいなら、まだいいのです。

  14. 悪酔いをするのは、お酒の種類にあるのかもしれない。

    悪酔いの原因は、お酒の種類にあるのかもしれません。
    お酒の種類によって酔い方に違いが出ることがあります。
    「ビールは気持ちよく酔えるのに、日本酒は悪酔いする」という人がいます。

  15. 周りのペースに乗せられないように注意する。

    雰囲気とは怖い。
    周りがたくさん飲んでいると、自分もつられて飲んでしまいがちです。
    「雰囲気に合わせて、自分も飲んだほうがいいのではないか」という心理が働きます。

  16. お酒が好きな人の近くに座ると、飲みすぎやすくなる。
    お酒が苦手な人の近くに座れば、飲みすぎることもない。

    酒癖が悪いなら、席の位置にも注意しましょう。
    「席の位置はどこでもいいのではないか」
    そう思うかもしれませんが、席の位置は、酒癖の善しあしに影響する可能性があります。

  17. あらかじめ相談をしておき、お酒の予防線を張っておく。

    悪酔いを防ぐには、事前準備が大切です。
    飲み会で飲みすぎを防ぎたいなら、あらかじめ相談をしておくことです。
    同席する人に相談を持ちかけてみましょう。

  18. お酒で大失敗をしたら、記憶と後悔が鮮明なうちに一部始終を書き留めておく。

    あなたはお酒で大失敗を犯したことがありますか。
    酒癖が悪いなら、一度は赤恥や大失敗を経験したことがあるのではないでしょうか。
    ・飲みすぎて吐いてしまい、周りに迷惑をかけてしまった

  19. 筋トレ後の飲酒は、悪酔いの原因になる。

    筋トレ後の飲酒には注意しましょう。
    筋トレでしっかり体を動かした後は、疲れもピークで、喉も渇いているでしょう。
    汗をかいた後は、体が水分を欲しているため、失われた水分を補いたくなります。

  20. 二日酔いを迎え酒で紛らわせるほど、危険な飲み方はない。

    「迎え酒をすると、二日酔いが治る」
    一度は聞いたことのある言葉ではないでしょうか。
    迎え酒とは、二日酔いの不快感を発散させるために飲む酒のことをいいます。

  21. 寝酒・昼酒・迎え酒は、アルコール依存症の入り口。

    何の前触れもなく、突然アルコール依存症になることはありません。
    アルコール依存症は、小さな習慣から始まります。
    最初は小さな習慣であっても、それが常態化してエスカレートしていくことで、依存症に発展していきます。

  22. 酒癖を直す手がかりは、子供時代の熱中にある。

    酒癖が悪くなる原因の1つが「ため込んだストレス」です。
    日頃からストレスを解消していないと、ストレスがどんどんたまっていきます。
    ストレスは、目に見えないから厄介です。

  23. 飲酒量を把握しておかなければ、適量の調整も難しい。

    お酒を飲むときには、飲酒量を把握しながら楽しみましょう。
    どれだけ自分が飲んだのか、きちんと把握しておくことが大切です。
    「自分は今これくらい飲んでいる」と分かるから「あとこのくらいは飲んでも大丈夫」ということも分かります。

  24. 最初に飲むぶんだけ注文して、追加注文をしない。

    「今日はほどほどにしておこう」
    そう思っても、この「ほどほど」が難しい。
    飲み始めると、どれだけ飲んだか分からなくなることがあります。

  25. 悪酔いを防ぐなら、ちゃんぽんは避けたほうが安心。

    悪酔いを防ぐために、必ず避けたいお酒の飲み方があります。
    ちゃんぽんです。
    ちゃんぽんとは、別の種類の飲み物を混ぜることをいいます。

  26. 上手な嘘は、社交の知恵。
    「お酒に弱い」という嘘も、時には有効。

    「お酒を断る理由が見つからない」
    「お酒を勧められると、断りにくい」
    「上司からお酒を勧められると、断れない」

  27. 体調が悪いときは、無理にお酒を飲むのは控える。

    お酒を飲むとき、体調が悪いときがあります。
    ・頭痛がする
    ・胃がむかむかして、吐き気がする

  28. 悪酔い・二日酔い防止のサプリメントに頼る。

    悪酔い・二日酔いの対策として、市販のサプリメントを利用するのも1つの方法です。
    薬局に行くと、悪酔い・二日酔いを防止するサプリメントが販売されています。
    悪酔い・二日酔いを防ぐには「肝臓エキス」「オルチニン」「ウコン」「タウリン」「アラニン」などの成分が有効です。

  29. どれだけ酒癖の悪い人も、そもそもお酒を飲まなければ、醜態をさらすことはない。

    悪酔いを防ぐ究極の方法。
    それは、そもそもお酒を飲まないことです。
    お酒を飲むとおいしいでしょう。

  30. どうしてもお酒がやめられないなら、アルコール依存症を疑ってみる。

    「お酒の習慣がやめられない」
    「どうしても酒癖が直らない」
    「お酒を飲まないと、夜寝られない」

同じカテゴリーの作品