人生の教科書



飲み会・宴会

悪酔いを防ぐ方法

  • 悪酔いを防ぐ基本は1つだけ。
    「適量を守りながら、
    ゆっくり飲むこと」
悪酔いを防ぐ方法

もくじ

1
★0

悪酔いを防ぐ基本は1つだけ。
「適量を守りながら、ゆっくり飲むこと」

悪酔いを防ぐ方法はなんでしょうか。 ・飲みすぎないこと ・一気飲みをしないこと ・水分を取りながら、お酒を飲むこと ・お酒の種類に注意すること ・周りのペースに乗せられないこと もちろんどれも大切なポイントですが、基本はもっとシンプルです。 悪酔いを防ぐ基本は、1つだけです。 「適量を守りながら、ゆっくり飲むこと」 これだけなのです。 悪酔いを防ぐ方法は、これがすべてと言っても過言ではありません。   「悪酔いを防ぐには、適量を守ればいい」という声が聞かれます。 もちろん適量を守ることは大切ですが、落とし穴もあります。 いくら適量でも、短時間による飲酒はよくありません。 肝臓によるアルコールの分解処理が間に合わず、悪酔いにつながります。 一般的に適量は「純アルコール量20グラム程度まで」と言われています。 たとえば、アルコール度数5度のビールの場合、中瓶1本までなら許容範囲ですが、一気飲みをすれば肝臓に負担がかかります。 大量のアルコールが一気に肝臓に押し寄せると、肝臓が悲鳴を上げます。 いくら適量とはいえ、一気飲みには注意が必要です。 では、ゆっくり飲めばいいかというと、ここにも落とし穴があります。 いくらゆっくり飲むとはいえ、適量を超えるのはNGです。 ほろ酔いを通り越して、深酔いになります。 肝臓に大きな負担がかかり、有害物質アセトアルデヒドが発生します。 悪寒や吐き気など、悪酔いにつながります。 したがって、悪酔いを防ぐためには「適量を守りながら、ゆっくり飲むこと」が重要です。 悪酔いを防ぐなら、まずこの基本を押さえておきましょう。 基本ですが、最も重要なポイントでもあります。 お酒が弱い人から強い人まで、共通のポイントです。 お酒の理解には、専門用語が出てくることもありますが、無理に覚える必要はありません。 悪酔いを防ぐために、小難しいメカニズムを覚える必要はありません。 とにかく悪酔いを防ぐなら「適量を守りながら、ゆっくり飲むこと」の1つに尽きます。 悪酔いを防ぐだけでなく、二日酔いを防いだり酒癖を直したりするときにも通じる基本ポイントです。 もっとお酒を飲みたくても、適量を守りましょう。 喉がからからに渇いていても、ゆっくり飲みましょう。 適量を守りながら、ゆっくり飲むことさえできていれば、悪酔いをすることはないのです。 適量を守りながら、ゆっくり飲むようにする。

2
★0

飲みすぎの防止は、自覚から始まる。

飲みすぎを防ぐなら「自覚」が欠かせません。 あなたは飲みすぎやすいタイプですか。 お酒を飲んだとき、どんなふうになるでしょうか。 お酒を飲んだときの行動パターンは、人によってさまざまです。 「調子に乗ると、すぐ飲みすぎてしまう」 「周りの雰囲気に飲み込まれると、飲みすぎる」 「最初はちびちび飲んでいても、盛り上がってくると、お酒を飲みすぎやすい」 飲みすぎる傾向があるなら、きちんと自覚しておきましょう。 飲みすぎを認めるのは、自己管理能力の足りないように感じて、抵抗感があるかもしれません。 だらしない自分を責めているように感じて、あえて現実の自分を見ないようにしていることもあるでしょう。 しかし、きちんと飲みすぎを防ぎたいなら、自覚は大切なポイントです。 自覚をすることは、自分を知ることでもあります。 自分を知らずして、お酒と正しい付き合い方をするのは難しい。 お酒の場で、自分はどんな振る舞い方をしているか。 自分の様子を振り返って、飲みすぎる傾向があるなら、きちんと自覚しておきましょう。 お酒に関する自分の特徴や傾向を、あらかじめ把握しておくことです。 「自分はお酒を飲むと調子に乗りやすいから、しっかり注意しよう」 「自分はお酒に弱い体質だから、無理をするのは避けよう」 「自分の場合、酔うと酒癖が悪くなりやすいから、飲みすぎないようにしよう」 お酒を飲んだときの傾向を把握しておけば、対策や注意喚起をしっかり行えます。 自慢にならないことであってもかまいません。 恥になることであっても、自分の傾向や特徴を把握しておけば、それに合わせた対策を立てることができます。 飲みすぎを防ぐなら、きちんと自覚しておくことが大切です。 自覚すれば100パーセント飲みすぎを防げるわけではありませんが、少なくとも防ぎやすくなります。 自覚することなくして、飲みすぎの対策はできません。 飲みすぎの防止は、自覚することから始まるのです。 飲みすぎる傾向があるなら、あらかじめ自覚する。

3
★0

適量を守って楽しむお酒が、一番おいしい。

「酔いすぎてしまった」 悪酔いは、酔いすぎたときに起こります。 ほろ酔い程度ならいいですが、べろんべろんに深酔いするのはよくありません。 言葉遣いや態度が悪くなったり、醜態をさらしたりしてしまいます。 時には気持ち悪くなって吐いてしまうこともあります。 周りに迷惑をかけてしまえば、人間関係の悪化にもつながるでしょう。   なぜ酔いすぎてしまうのでしょうか。 酔いすぎるメカニズムは専門的で難しく感じますが、基本はシンプルです。 飲みすぎてしまうからです。 飲みすぎるから、酔いすぎてしまいます。 酔いすぎるのは、そもそも飲みすぎることが原因です。 「ほとんど飲んでいないのに泥酔した」ということはありません。 酔いすぎるのは、必ず飲みすぎが原因です。 当たり前のことではありますが、最重要ポイントなので押さえてきましょう。 さて、酔いすぎるデメリットは、理性や自制心を失うだけではありません。 「お酒の味まで分からなくなる」ということです。 どんなにおいしいお酒も、酔いすぎてしまえば台無しです。 感覚が麻痺して、おいしさが分からなくなります。 梅酒なら梅の味が分からなくなり、レモンサワーならレモンの味が分からなくなります。 ワインであろうと日本酒であろうと、深酔いすると、味が分からなくなる。 高価なお酒や貴重なお酒も、水のような感覚になってしまうでしょう。 これほどもったいないことはありません。 感覚が麻痺してしまうと、お酒に飲まれてしまうと、おいしさがゼロになります。   おいしくお酒を楽しみたいなら、きちんと適量を守りましょう。 もともとお酒に強い人なら、適量が少し多めでも許容範囲でしょう。 一方、もともとお酒に弱い人なら、適量の範囲を控えめにしておきましょう。 適量であれば、理性や失うことはありません。 感覚が残っているからこそ、お酒のおいしさを堪能できます。 お酒の強さには個人差があるため、自分の適量を把握して、限界を超えないことが大切です。 高価なお酒や貴重なお酒なら、なおさら適量を守ることです。 適量であれば、お酒をおいしく飲め、楽しい時間を過ごせます。 適量を守って楽しむお酒が、一番おいしいのです。 お酒をおいしく楽しみたいなら、きちんと適量を守る。

4
★0

お酒と水分を一緒に取るようにする。

お酒を飲むときは、水分も一緒に取るようにしましょう。 もちろんお酒を楽しむのはいいですが、お酒ばかり飲むのは要注意です。 お酒ばかり飲んでいると、肝臓に大きな負担がかかります。 ってアルコールを処理しきれず、悪酔いの原因になります。 特にアルコール度数の高い飲み物は、多くのアルコールが含まれているため、一口飲んだだけでも酔いやすくなるでしょう。 急激に血中のアルコール濃度が上昇して、悪い酒癖が出やすくなります。 急にたくさん飲むと、肝臓によるアルコールの分解が間に合わず、体調を崩したり吐き気を催したりします。 そこで、お酒を飲むときは、一緒に水分も取るようにしましょう。 水分量を増やすことで、血中のアルコール濃度を下げることができます。 肝臓への負担が軽くなり、悪い酔い・二日酔いのリスクも避けることができます。 そうすれば、アルコール量は同じまま、飲む量だけ増やすことが可能になります。 時間をかけてアルコールを取ることになるため、悪酔い・二日酔いのリスクを下げることができます。 もともとお酒の弱い人でも、安全性を保ちながら飲酒を楽しめます。 ●お酒と水分を交互に飲む たとえば、お酒を飲むときは、一緒にソフトドリンクも注文します。 お酒とソフトドリンクを交互に飲むようにすれば、スムーズに水分を摂取できます。 さらにペースを抑えたいなら、お酒・ソフトドリンク・水の順に一口ずつ飲んでいくのもいいでしょう。 考え方によっては、それぞれの飲み物を楽しむことができます。 途中で水を挟むことで、口の中をリフレッシュすることができ、お酒やソフトドリンクの味わいをより楽しみやすくなります。 ●ストレートより水割り 梅酒やウイスキーをグラスで注文するなら、ストレートより水割りです。 水割りも、できるだけ多めにしてもらうといいでしょう。 ロックも悪くありませんが、氷が溶けるまでに時間がかかるため、水割りのほうがいいでしょう。 少し水っぽくなりますが、一口ずつ丁寧に飲めば、十分おいしくいただけます。   水分を多く取ると、利用作用によってお手洗いの頻度が増え、アルコールが体の外に排出されやすくなります。 お手洗いの頻度が増えますが、有害なものが排出されているわけですから、悪いことではありません。 考え方によっては、むしろ健康的と言えます。 たっぷり水分を取ることで、スムーズな排出を促せます。 体に有害なものが残りにくくなり、悪酔いを防げます。 お酒を飲むときは、一緒に水分も取るようにする。

5
★0

もともとお酒に弱い体質なら、適量範囲を狭めておく。

世間一般では「純アルコール20グラム程度が適量」とされています。 飲酒の適量を考える上で重要な指標です。 それぞれのお酒に換算すると、次のとおりになります。 ・アルコール度数5パーセントの缶チューハイなら、1.5缶まで ・アルコール度数5パーセントのビールなら、中瓶1本まで ・アルコール度数15パーセントの日本酒なら、1合まで ・アルコール度数25パーセントの焼酎なら、0.6合まで ・アルコール度数43パーセントのウイスキーなら、ダブル1杯まで 純アルコール20グラムを上限とした飲酒を心がければ、比較的、安全な飲酒を楽しめます。 体調不良といった特別な事情がないかぎり、肝臓を痛めず、悪酔いや二日酔いを避けることができるでしょう。 では、世間一般の適量を守れば必ず安心かというと、ここに注意があります。 世間一般の適量とはいえ、絶対視するのは注意したほうがいいでしょう。 お酒の強さには個人差があるからです。 お酒に強い体質の人もいれば、弱い体質の人もいるように、アルコールの分解処理能力には個人差があります。 個人差にもずいぶん差があります。 少量のお酒で酔ってしまう人もいれば、大量に飲んでもなかなか酔わない人もいます。 一口飲んだだけで顔が真っ赤になる人もいれば、何杯飲んでも顔色が変わらない人もいます。 お酒に強い人ならまだいいですが、問題は、お酒に弱い人の場合です。 お酒に弱い人の場合、世間一般の適量に惑わされると、どうしても飲みすぎてしまいます。 たとえば、アルコール度数5パーセントのビールなら、中瓶1本が適量とされていますが、自分に当てはまるとは限りません。 もともとお酒に弱いなら、ビールの中瓶1本が、すでに飲みすぎになっているでしょう。 世間一般の適量は「絶対データ」ではなく「参考データ」と考えることです。 世間一般の適量は重要な参考データではありますが、だからといって信じ切るのはよくありません。 もともとお酒に弱い人は、普通の人よりアルコールにデリケートです。 世間一般の適量が通用しないでしょう。   ここで大切なのは、実際に自分が飲んだときの感覚です。 「自分はこれくらい飲むのがちょうどいい」 「これ以上飲むと、酔いすぎてしまう」 「この種類のお酒なら、ここまでにしておくのがいい」 何度かお酒を楽しんでいると「このあたりが限度」という感覚が分かってくるでしょう。 ほろ酔いと深酔いの境界ラインを確認しておきましょう。 もともとお酒に弱い体質なら、油断すると適量を超えやすいため、悪酔いもしやすいと考えることです。 「自分はお酒に弱い」という自覚があるなら、世間一般の適量範囲より狭めておくのが賢明です。 世間一般の適量より、自分の適量です。 もともとお酒に弱い体質でも、きちんと自分の許容範囲内であれば、悪酔いすることなく飲酒を楽しめます。 もともとお酒に弱い体質なら、適量範囲を狭めておく。

6
★0

空腹や喉が渇いているときにお酒を飲むと、悪酔いしやすい。

悪酔いを防ぐために、注意したい状態が2つあります。 ・空腹のとき ・喉が渇いているとき 空腹や喉が渇いているときは、栄養や水分の吸収力が普段より高い状態です。 空腹や喉が渇いているときにお酒を飲むと、アルコールの吸収が早くなり、血中のアルコール濃度が急上昇します。 肝臓によるアルコールの分解処理が追いつかず、不快物質アセトアルデヒドが発生して、不快感をもたらします。 また、空腹や喉が渇いているときは、食欲や渇望感が強いため、ごくごく勢いよくお酒を飲むことが多いでしょう。 空腹や喉の渇きを満たすには、大量のお酒が必要になります。 簡単に適量を超えてしまい、気づくと飲みすぎてしまいます。 一気に酔いが回ってふらふらになり、悪酔い・二日酔いの原因になってしまうのです。 そのため、空腹や喉が渇いているときにお酒を飲むときは、注意が必要です。 お酒が禁止というわけではなく、少し工夫をすればOKです。 ●空腹のとき 空腹なら、いきなりお酒を飲むのではなく、おつまみや軽食を軽く食べておきましょう。 少しおなかを満たしておけば、適度に血糖値が上昇して、気持ちが落ち着きます。 おなかを少し膨らませてからお酒を飲むと、酔いが緩やかになります。 飲みすぎだけでなく食べ過ぎも防げます。 ●喉が渇いているとき 風呂上がりや運動の後など、喉が渇いているときに飲むお酒は格別でしょう。 たしかにアルコールも水分の1つではあります。 喉が渇いているときは、お酒も格段においしく感じるはずです。 だからとはいえ、喉の渇きをお酒で潤すことほど危険な飲み方はありません。 喉が渇いているときは、一気に大量のお酒を飲むことになり、血中のアルコール濃度も急上昇します。 「喉が渇いていてお酒から飲みたい」と思っても、ぐっと我慢です。 喉が渇いているなら、水やソフトドリンクで喉の渇きを潤してから、お酒を飲むようにしましょう。 お酒を飲む順番を少し変えるだけですから、難しくないはずです。 喉の渇きが落ち着いてからお酒を飲めば、悪酔いしにくくなります。 喉が渇いているときは、水分を取ってからお酒を飲む。 おなかが減っているときは、少し食べてから、お酒を飲む。

7
★0

たくさんお酒が飲めることが偉いのではない。
節度を持ってお酒を飲めることが偉いのだ。

「たくさんお酒を飲めるのはすごい」 「たくさんお酒を飲める人は、肝臓が強い」 「お酒は、飲めないより飲めたほうがいい」 世の中には「たくさんお酒を飲めることが偉い」という風潮があります。 たしかにお酒は、飲めないより飲めたほうがいいでしょう。 お酒は、社交をスムーズにするために役立ちます。 「飲みニケーション」という言葉があるように、お酒にはコミュニケーションを活性化させる力もあります。 人付き合いの幅が広がり、人生の楽しみを増やせるでしょう。 お酒を交えて話をすれば、いつもより盛り上がりやすいもの。 ぐいぐいお酒を飲んでいる人がいれば、勇ましい姿に見えるでしょう。 どことなく仕事までできそうに見えるから不思議です。   だからとはいえ「たくさんお酒を飲めることが偉い」というわけではありません。 「たくさんお酒を飲めることが偉い」と思わないことです。 悪酔いをする人は「たくさんお酒を飲めることが偉い」と誤解している人が少なくありません。 「たくさんお酒を飲めることが偉い」と思っていると、調子に乗って飲みすぎてしまいます。 醜態をさらすことになれば、むしろ悪印象・低評価につながります。 二日酔いをすれば、翌日の仕事にも悪影響があります。 「お酒に酔うことは、元気の前借り」と思うことです。 そのときは元気になっていても、あくまで前借りしているにすぎません。 酔いが覚めてしらふに戻ったとき、脱力感と倦怠感にさいなまれます。 「こんなに苦しくなるくらいなら飲まなければよかった」と後悔することになるでしょう。 「たくさんお酒を飲めることが偉い」と思っていると、悪酔いするのも当然なのです。 さあ、意識改革を行いましょう。 たくさんお酒が飲めることが偉いのではありません。 節度を持ってお酒を飲めることが偉いのです。 「節度を持ってお酒を飲める」ということは「自己管理が行き届いている」ということ。 常識と礼節があり、社会人としてのマナーが備わっている証拠でもあります。 お酒が飲めることが偉いと考えるのはやめることです。 節度を持ってお酒を飲めることが素晴らしいと考えましょう。 周りがぐいぐいお酒を飲んでいても、自分のペースで飲みましょう。 きちんと適量の範囲を守ること。 相手に不快感を与えそうですが、健康が第一です。 たとえ上司からお酒を勧められても、適量を超えているなら、きちんと断ることが大切です。 上司に叱られそうですが、誤解です。 常識ある上司なら「きちんと断ることができる人」として評価してくれるでしょう。 圧力に負けず、雰囲気に惑わされず、節度を守ってお酒を飲める人にこそ、仕事を任せたくなります。 「たくさんお酒が飲めることが偉い」と考えるのではなく「節度を持ってお酒を飲めることが偉い」と考える。

8
★0

飲酒は、物足りないくらいでやめるのが、ちょうどいい

酒癖を直すために、必ず守りたいものがあります。 それは「適量」です。 「適量ならすでに意識している」 そう思う人もいるかもしれませんが、実際はどうでしょうか。 お酒を一口飲んだ瞬間から、酒癖が悪くなる人はいないでしょう。 往々にして酒癖が悪くなるのは、適量を超えたときです。 適量を超えると、酔いが回って本格的に酔ってしまい、理性や自制心が失われます。 いったん理性や自制心が失われると、適量が大切と分かっていても、どうでもよくなります。 自分にブレーキをかけることができなくなる。 お酒を飲んでいるうちに気分がよくなってきて、お酒の量が増えがちです。 「もう一口、もう一口」と続けていくうちに、気づくとお酒の適量を超えていて、飲み過ぎてしまいます。 酒癖が悪くなり、周りに迷惑をかける。 そして、後悔することになるのです。 そのため、酒癖を直すなら、きちんとお酒の適量を守るようにしましょう。 徹底して厳守を心がけること。 適量を超えなければ、酒癖が悪くなることもありません。 理性と自制心を保ててている範囲で飲めば、上手にお酒を楽しめます。 お酒を飲んでも、飲み込まれてはいけません。 酒癖を直すことも大切ですが、お酒の適量も意識しましょう。 一般的にお酒の適量は「純アルコール20グラム」が目安とされています。 純アルコール20グラムを、各種お酒で換算すると、以下の通りです。 ▼適量の目安 ・缶チューハイ(アルコール度数5パーセント)……1.5缶(520ミリリットル) ・ビール(アルコール度数5パーセント)……中瓶1本(500ミリリットル) ・ワイン(アルコール度数14パーセント)……4分の1本(180ミリリットル) ・日本酒(アルコール度数15パーセント)……1合(180ミリリットル) ・焼酎(アルコール度数25パーセント)……0.6合(110ミリリットル) ・ウイスキー(アルコール度数43パーセント)……ダブル1杯(60ミリリットル) ▲ アルコールの分解力は体質によって異なります。 アルコールの分解力が強い人もいれば弱い人もいて、個人差があります。 お酒に弱かったり酔いやすかったりする体質であれば、さらに制限を絞るといいでしょう。   迷ったら「少なめ」が無難です。 物足りない程度で終わらせておけば、適量を超えることはありません。 物足りなく感じますが、酒癖が悪くなることはありません。 悪酔いや二日酔いも確実に防げます。 飲酒は、物足りないくらいでやめるのが、ちょうどいいのです。 お酒の適量を厳守する。

9
★0

ため込んでいるストレスが、酒癖の悪さにつながっていないか。

酒癖が悪くなる、隠れた原因があります。 それは「ため込んでいるストレス」です。 ストレスは目に見えないため、自覚しにくく、厄介です。 もちろんストレスそのものが悪いわけではありません。 私たちの社会は、ストレス社会です。 生きていく上で、ストレスをゼロにするのは難しいでしょう。 仕事・勉強・人間関係があり、生きているかぎり、大なり小なりストレスを感じます。 ほとんどの人がストレスを感じながら生きているでしょう。 生きていく上で、もはやストレスを感じないで生きるのは不可能と言っても過言ではありません。 問題なのは、ストレスを感じることではありません。 ストレスをためてしまうことです。 ストレスを感じたまま解消しないでいると、どんどん蓄積されていきます。 勉強や仕事に頑張り続け、ストレス解消をないがしろにする。 睡眠不足でストレスをため続ける。 普段は理性と自制心で押さえ込めても、お酒を飲んだとき爆発してします。 自然と飲酒量が増え、酒癖も悪くなってしまうのです。 実際のところ、酒癖の悪い人は、普段からストレスをためている人が多く見られます。 勉強や仕事に頑張り続ける一方、ストレス解消をないがしろにした結果、お酒が入ったときに爆発するのです。 酒癖が悪い自覚があるなら、自分が抱え込んでいるストレスの原因を振り返ってみてください。 勉強や仕事に頑張るのはいいですが、ストレス解消をサボるのはよくありません。 「ストレス解消も、仕事の1つ」と考えましょう。 「自分はストレスをため込んでいない」と思っても、実際に酒癖が悪いなら、ため込んでいる可能性があります。 酒癖を直すために心がけたいのは「定期的なストレス解消」です。 普段からストレス解消を行い、ストレスをため込まないことが大切です。 趣味や運動を通して、定期的にストレスを解消してきましょう。 忘れてならないのは「睡眠」です。 睡眠不足になっていないでしょうか。 多忙な日々に追われ、ゆっくり寝る時間がないときもあるでしょうが、やはり睡眠不足はよくありません。 忙しいときもあるでしょうが、できるだけ7時間から8時間半の睡眠は確保しておきたい。 たっぷり睡眠を取ることも大切です。 十分な睡眠時間を確保するだけで、ストレスが解消されていきます。 お酒でストレスを解消させるのではなく、趣味・運動・睡眠を通して解消させていきましょう。 また、ストレスをためてから解消するのではなく、定期的にストレス解消の予定を入れておくことが大切です。 きちんとストレスを解消できれば、ためることもなくなるので、爆発することもなくなります。 お酒を飲んで酔うことがあっても、酒癖が悪くなることがなくなるのです。 定期的なストレス解消で、ストレスをため込まないようにする。

10
★0

お酒の一気飲みほど、危険な飲み方はない。

酒癖の悪い人に見られる飲み方があります。 それは「一気飲み」です。 「一気飲みはかっこいい」と思う人もいるでしょう。 「一気飲みをすると、盛り上がる」と思う人もいるでしょう。 「男なら一気飲みしかない」と思い込んでいる人もいるかもしれません。 ビール中瓶を、1本まるごと、一気に飲み干す。 場を盛り上げようと、一気飲みで周りを驚かせようとする人もいるかもしれません。 たしかに一気に飲み干す姿は、勇ましく見えます。 かっこよく見えたり、場が盛り上がったりすることもあるでしょう。 そばに部下や同僚がいるなら、かっこつけたい気持ちや尊敬されたい気持ちがあって、一気飲みをしたくなるかもしれません。 「たまにはいいよね」という安易な気持ちで、調子に乗りたくなることもあるでしょう。 ストレスをためていて「飲まなければやっていられない」という気持ちもあるかもしれません。 しかし、どんな事情であろうと、一気飲みは厳禁です。 一気飲みをすると、血中のアルコール濃度が急上昇します。 肝臓は丈夫な臓器であり、多くの代謝を担っていますが、1時間で処理できる能力には限界があります。 肝臓によるアルコールの代謝が間に合わず、アセトアルデヒドが発生して、めまいや吐き気といった体調不良の原因になります。 一気飲みの量によっては、急性アルコール中毒を引き起こす可能性があり、大変危険です。 「一気飲みは命に関わる」と言っても大げさではありません。 お酒の一気飲みほど、危険な飲み方はないのです。   お酒を飲むときに心がけたいのは、スローペースです。 ごくごく飲むのではなく、ちびちび飲むようにします。 一気に飲みたい気持ちがあっても我慢して、ちびちび飲むことを意識しましょう。 アルコールの摂取ペースが緩やかになると、肝臓による代謝もスムーズになります。 地味な飲み方ですが、一口の量が少なくても、じっくり味わえます。   もし周りから一気飲みを強要されても、きちんと断りましょう。 場を盛り上げるためとはいえ、調子に乗らないこと。 尊敬されたい気持ちがあっても、見栄を張らないこと。 かっこいいところを見せたい気持ちがあっても、ぐっと我慢です。 かっこいいところを見せるなら、お酒の飲み方ではなく、仕事の結果です。 一気飲みをしない。

11
★0

お酒の飲み方でかっこつけるのではない。
仕事の結果でかっこつけるのだ。

お酒の飲み方でかっこつけようとしていませんか。 酒癖が悪い人は、お酒の飲み方でかっこつけようとするところがあります。 「たくさん飲むことがかっこいい」 「一気飲みをすることがかっこいい」 「強いお酒を飲むことがかっこいい」 たしかにぐいぐいお酒を飲む様子は、勇ましい姿に見えるでしょう。 お酒に強いことには、ポジティブな印象があります。 「お酒に強いですね」と言われると、なんだか褒められたような気がするでしょう。 いいところを見せて、周りからの注目を集めたくなる。 かっこつけたい気持ちがあれば、豪快な飲み方をして、かっこつけたくなる人もいるかもしれません。 しかし、ここが注意ポイントです。 お酒の飲み方でかっこつけようとするのは危険です。 お酒の飲み方でかっこつけようとすると、あっという間に適量を超えてしまいます。 飲みすぎると、べろんべろんに酔ってしまい、理性や自制心を失います。 いくらお酒の飲み方がかっこよくても、酒癖が悪くて醜態をさらすことになれば、すべて台無しです。 悪印象・低評価につながります。 「あの人はお酒に強いけど、酒癖が悪いよね」とマイナスのほうが大きくなる。 かっこ悪い姿をさらしてしまうことになり、かえって逆効果なのです。   大切なのは、どこでかっこつけるかです。 お酒の飲み方でかっこつけるのはやめましょう。 かっこつけるなら、お酒の飲み方ではなく、仕事の結果です。 しっかり仕事をして、結果を出しましょう。 「来週まで」と言われた仕事は、今週中に仕上げます。 「明日まで」と言われた仕事は、今日中に仕上げます。 「アイデアを3つ出してくれ」と言われたら、その10倍は出しましょう。 上司から指示される前に、仕事を先回りして終わらせておきましょう。 期待は、応えるものではなく、超えるものです。 期待を超える仕事をして、上司を驚かせようではありませんか。 任された仕事は、責任感と使命感を持ってしっかりやり遂げましょう。 たとえ小さな仕事であっても、手抜きをせず、きちんと丁寧に仕上げます。 誰も見ていない仕事であっても、見ている人はきちんと見ています。 仕事で結果を出すことこそ、本当にかっこいいこと。 仕事で結果を出せば、必ず好印象・高評価につながるのは間違いありません。 「素晴らしいですね」と褒められ、職場の人から尊敬されるでしょう。 キャリアアップや収入アップにつながる可能性もあるでしょう。 ぐいぐいお酒を飲むより、仕事の結果を出すほうが、はるかにかっこいいのです。 お酒の飲み方でかっこつけるのではなく、仕事の結果でかっこつける。

12
★0

飲酒に集中するのではない。
コミュニケーションに集中するのだ。

酒癖を直すなら、どこに集中するかが大切です。 新年会、忘年会、歓送迎会。 合コン、パーティー、仲間同士の飲み会。 お酒が登場する場では、やはりお酒が楽しみの1つでしょう。 お酒が目の前にあれば、つい手が伸びます。 少し酔ったほうが、緊張も解け、話も弾みやすくなります。 特にお酒好きの人なら、お酒を水代わりに飲む人もいるでしょう。 「飲んで正解」「飲まなければ損」「たくさん飲んで楽しもう」という考え方になる。 仕事中はお酒を飲めません。 仕事中に飲めないお酒だからこそ、お酒が許される場では、普段我慢しているぶんだけ飲んでしまおうと思う。 「せっかくお酒が許される場なのだから、飲むことに集中しよう!」 お酒の場では、飲酒に集中することが多いのではないでしょうか。 しかし、ここに注意ポイントがあります。 飲酒に集中してしまうと、飲酒ペースも速くなります。 「もう少しだけ」「もう一口だけ」を繰り返し、ぐいぐい飲んで、適量を超えて飲んでしまいます。 気づくとべろんべろんに酔っていて、普通のコミュニケーションすら難しくなってしまうのが定番です。 酒癖も悪くなり、周りに迷惑をかけることになる。 お酒の場だからといって、飲酒に集中するのはよくないのです。 では、どこに集中するか。 飲酒に集中するのではありません。 コミュニケーションに集中しましょう。 目の前にいる相手と向き合って、とことん会話に集中しましょう。 相手のほうに体を向け、会話モードのスイッチをオンにしましょう。 たっぷり話をして、たっぷり話を聞きます。 にこにこしながら、明るく楽しく話をしましょう。 お酒の場だからこそできる話もあるでしょう。 普段はできない話をするのもよし。 たっぷりコミュニケーションを楽しみ、会話に花を咲かせましょう。 コミュニケーションに集中すると、お酒を飲む暇はなくなります。 お酒を飲むペースが緩やかになるので、酒癖が悪くなることもありません。 悪酔い・二日酔いをすることもありません。 集中の対象を変えるだけですから、難しくないはずです。 お酒は、社交を盛り上げるための補佐役と考えましょう。 メインは、あくまでコミュニケーション。 お酒の場であっても、飲酒よりコミュニケーションに集中するのが正解です。 飲酒よりコミュニケーションに集中する。

13
★0

安酒は悪酔いしやすい。

悪酔いを防ぐために注意したいお酒があります。 それは「安酒」です。 もちろん少し安いくらいなら、まだいいのです。 期間限定のバーゲンセールで安売りされていることもあるでしょう。 お店によっては、お酒が通常価格より安く販売されていることもあるはずです。 相場より1割や2割程度安いくらいなら問題はないでしょう。 しかし、安すぎるお酒には要注意です。 一般的に安酒は、悪酔いしやすい傾向があります。 原因は2つあります。 「添加物」「不純物」「コンジナー」です。 (原因1)添加物 安酒は、糖類や人工甘味料など、余計な添加物が含まれています。 一般的にお酒は、おいしいと感じる風味になるよう、何度も試験を繰り返された結果、バランスが調整されています。 ところが、安酒の場合、コスト削減のため、添加物のバランス調整が不十分になっていることがあります。 添加物の配合がアンバランスだったり、余計な添加物が入っていたりすると、味わいが不自然になります。 不快感の原因になり、悪酔いにつながることがあります。 (原因2)不純物 一般的にお酒を製造工程では、不純物の除去作業がきちんと行われています。 基本的にお酒の中の水とエチルアルコール以外は、すべて不純物として分けられます。 ところが安酒の場合、コスト削減のため、不純物の除去作業が不十分になっているケースがあります。 お酒に混じった不純物が混じっていると、肝臓でのアルコールの代謝が遅れます。 アルコールの代謝が遅れると、不快感の原因であるアセトアルデヒドが発生しやすくなり、悪酔いを引き起こすのです。 (原因3)コンジナー お酒の製造工程では、不純物が出されます。 この不純物は「コンジナー」と呼ばれますが、お酒に甘みやうま味をもたらすため、再利用されることがあります。 ところがお酒にコンジナーが含まれると、アルコールの代謝に加えコンジナーの処理が必要になるため、肝臓に負担がかかります。 肝臓がアルコールやコンジナーの代謝が不十分になり、アセトアルデヒドが発生しやすくなります。 結果として、悪い良いにつながることがあります。 § お酒の選び方は自由ですが、悪酔いを避けたいなら、安酒は避けておくのが無難です。 わざわざ安酒を選ぶのは、悪酔いをしにいくようなもの。 経済的なメリットはあるものの、体調不良になっては意味がありません。 悪酔いを防ぎたいなら、安酒を避けておくほうがいいでしょう。 安酒には注意する。

14
★0

悪酔いをするのは、お酒の種類にあるのかもしれない。

悪酔いの原因は、お酒の種類にあるのかもしれません。 お酒の種類によって酔い方に違いが出ることがあります。 「ビールは気持ちよく酔えるのに、日本酒は悪酔いする」という人がいます。 「日本酒は気持ちよく酔えるのに、ビールだと悪酔いする」という人もいます。 「ビールや日本酒はおいしく飲めても、チューハイだけは悪酔いする」という人もいます。 お酒の種類によって、気分や酔い方に違いを感じることはないでしょうか。 お酒には数多くの種類があり、風味はさまざまです。 どのお酒もアルコールが含まれている点は同じですが、お酒に含まれる添加物の違いによって感じ方が変わります。 おいしさの基準は、個人差があります。 他人が「おいしい」と感じても、自分は「まずい」と感じることもあります。 逆に他人が「まずい」と感じても、自分は「おいしい」と感じることもあります。 たとえば、お酒が好きな人でも梅が苦手なら、梅酒はまずく感じる可能性が高いでしょう。 ワインでも「白はおいしく飲めても、赤は悪酔いしやすい」という人もいるはずです。 製品に問題がなくても、お酒の風味が自分の好みや体質に合っていないと、悪酔いすることがあります。 そのため、悪酔いをすることがあれば、お酒の種類にも注意を向けてみてください。 お酒ごとの酔い方や感じ方の違いを確認しておきましょう。 気分の変化に注意を向けてみることが大切です。 「このお酒なら、気持ちよく酔える」 「このお酒は、悪酔いをすることが多い」 悪酔いしやすいお酒があればチェックしておきましょう。 あらかじめ避けておくことで、悪酔いを防げます。 悪い酔いしやすいお酒があれば、あらかじめ避けておく。

15
★0

周りのペースに乗せられないように注意する。

雰囲気とは怖い。 周りがたくさん飲んでいると、自分もつられて飲んでしまいがちです。 「雰囲気に合わせて、自分も飲んだほうがいいのではないか」という心理が働きます。 「飲め」と強要されているわけではありませんが、そう言われているような気がするもの。 しかもぐいぐい飲んでいる人がいれば、なおさらです。 「みんなが盛り上がっているから、もっと自分も飲んでしまおう」と、周りのペースに乗せられそうになります。 しかし、ここが大切な瞬間です。 うっかり油断して、周りのペースに乗せられると、飲酒量も増えてしまいがちです。 周りが飲んでいると、楽しくなってきて「今日は特別たくさん飲んでもいいかな」という気分になってくる。 飲んでいる人たちのペースに乗せられると、深酔い状態に陥ることになるでしょう。 気づけば、適量を超えていて、体調を崩すことになるのです。   周りが勢いよく飲んでいても、自分は自分のペースを守りましょう。 ぐいぐい飲んでいる人に合わせる必要はありません。 あくまで自分のペースを貫くこと。 ちびちび飲むのがマイペースなら、堂々とちびちび飲みましょう。 「酔い足りないよ」と言われたら「十分酔いを楽しんでいます」と言い返しましょう。 「のりが悪いね」と言われたら「のりが悪くてすみません」と謝っておけばいいでしょう。 周りからどう思われようと、気にしないことです。 「周りのペースに乗せられたら負け」と思うくらいでちょうどいいのです。   見ている人はきちんと見ています。 自分のペースで飲んでいれば「周りに流されず、自己管理が行き届いている人だ」と評価されるでしょう。 なかなか難しいときもありますが、できるだけ周りのペースに乗せられないように注意しましょう。 ●お酒があまりに飲めない人の近くに移動する ここで1つ簡単な対処法があります。 周りのペースに乗せられたくないなら、お酒が苦手な人や飲めない人の隣に席を移動しましょう。 飲み会の中にも、お酒の苦手な人や飲めない人がいるでしょう。 そうすれば、周りのペースに乗せられず、自分のペースでお酒を飲みやすくなります。 「あの人たちはぐいぐい飲んでいるけど、私たちはちびちび飲みましょう」と思えます。 ぐいぐい飲む人の近くにいるから、自分のペースを乱されます。 ちびちび飲む人の近くにいれば、自分のペースを守りやすくなるのです。 周りのペースに乗せられないように注意する。 お酒が苦手な人や飲めない人のそばに席を移動する。

16
★0

お酒が好きな人の近くに座ると、飲みすぎやすくなる。
お酒が苦手な人の近くに座れば、飲みすぎることもない。

酒癖が悪いなら、席の位置にも注意しましょう。 「席の位置はどこでもいいのではないか」 そう思うかもしれませんが、席の位置は、酒癖の善しあしに影響する可能性があります。   まず注意したいのは、お酒が好きな人の近くです。 「酒乱」「酒豪」「大酒飲み」と呼ばれる人がいれば、要チェックです。 お酒が好きな人は、飲み会が始まるやいなや、ぐいぐい飲み始めるでしょう。 飲み会には雰囲気があります。 お酒が好きな人の近くに座っていると、高いテンションが自分にも伝わってきます。 「お酒を飲みまくって楽しむ!」という雰囲気に飲み込まれるでしょう。 つい調子に乗ってしまい、いつの間にか飲みすぎることになる。 酒癖が悪くなって、醜態をさらすリスクが高まります。 翌日は二日酔いに苦しんで、後悔するかもしれません。 また、お酒が好きな人の近くに座れば、お酒を勧められることも多くなるでしょう。 「おいしいですよ。一口だけ飲んでみてください」と勧められると、やはり味が気になるもの。 「もう1杯飲みましょうよ」「もう1瓶いかがですか」と勧められると、断りにくくなります。 ぐいぐいお酒を飲む人は、アグレッシブです。 飲酒を強要してくることもあるかもしれません。 お酒が好きな人の近くに座ると、飲みすぎやすくなるのです。 では、座るなら、どの位置がいいのか。 おすすめの席は、お酒が苦手な人の近くです。 どんな飲み会でも、お酒が苦手な人は1人くらいはいるでしょう。 お酒が苦手な人は、お酒の飲み方も控えめです。 ちびちび飲んだり、ソフトドリンクを注文したりするでしょう。 控えめな飲み方なので、自分も落ち着いたペースでお酒を飲むことができます。 また、お酒な苦手な人は、ぐいぐいお酒を勧めてくることも少ないでしょう。 少なくとも強要してくることはないはずです。 飲みすぎたり酔いすぎたりすることを防ぐ効果があります。 そのため、酒癖が悪くならないように注意するなら、お酒が苦手な人の近くに座るのが得策です。 もちろん実際は、席の位置の調整が難しい状況もあるでしょう。 上司と部下の関係で、座る位置が自然と決まってくることもあるはずです。 あらかじめ座る席が決められている場合は難しいですが、状況が許すかぎり、調整してみてください。 お酒が苦手な人の近くに座れば、酒癖が悪くなることもないのです。 お酒が好きな人の近くに座るのは避け、お酒が苦手な人の近くに座る。

17
★0

あらかじめ相談をしておき、お酒の予防線を張っておく。

悪酔いを防ぐには、事前準備が大切です。 飲み会で飲みすぎを防ぎたいなら、あらかじめ相談をしておくことです。 同席する人に相談を持ちかけてみましょう。 「お酒が苦手なので心配です」 「悪酔いしない方法はないでしょうか」 「飲みすぎを防ぐ方法はないでしょうか」 相談しておけば「飲みすぎには注意したい」「悪酔いをしたくない」といった意図が伝わります。   ストレートに事情を話しておくのも悪くありません。 「明日も仕事があるので、深酒は避けておきたい」 「悪酔いしやすいタイプなので、お酒は控えめでお願いします」 「酔うと体調を崩しやすくなるので、早めに切り上げるかもしれません」 常識のある人なら、無理にお酒を勧めてくることはないでしょう。 たとえ事情を知らない第三者がお酒を勧めてきても、間に入って止めてくれます。 ●あらかじめお願いをしておく 状況が許されるなら、あらかじめお願いをしておくのも悪くありません。 ビジネスでは会議の前に根回しをすることがありますが、飲み会でも同じです。 事前に飲みすぎる心配があるなら、信頼できる人にお願いしておきましょう。 「私にお酒を勧めてくる人がいたら止めに入ってくれませんか」 あらかじめお願いしておけば、当日お酒を勧めてくる人がいたとき、止めに入ってくれるでしょう。 お酒を勧められたとき、なかなか自分では断りにくいもの。 第三者に入ってもらえば、お酒の飲みすぎを防げます。 あらかじめ根回しをしておくと「飲みすぎないように注意しよう」という心理も働きます。 酒乱や大酒飲みが参加する飲み会なら、強力な予防線になるはずです。 あらかじめ同席者に相談をしておき、お酒の予防線を張っておく。

18
★0

お酒で大失敗をしたら、記憶と後悔が鮮明なうちに一部始終を書き留めておく。

あなたはお酒で大失敗を犯したことがありますか。 酒癖が悪いなら、一度は赤恥や大失敗を経験したことがあるのではないでしょうか。 ・飲みすぎて吐いてしまい、周りに迷惑をかけてしまった ・上司や先輩に暴言を吐いてしまい、ひんしゅくを買った ・酔った勢いで服を脱いでしまい、赤恥をかいてしまった ・同僚と取っ組み合いの喧嘩になってしまった ・暴力を振るってしまい、大切な人を失ってしまった ・酒癖が悪くて大暴れをしてしまい、お店からクレームを受けた ・自分の秘密を話しすぎてしまい、会社で仕事がしにくくなった ・酔いつぶれて道路で寝てしまい、警察官から補導を受けた ・ひどい二日酔いで、翌日の仕事を休んでしまった どれもあってはならない失敗です。 お酒を飲みすぎて理性や自制心を失うと、自分でも信じられない醜態をさらしてしまいます。 特に酒癖が悪いなら「人生の汚点」と呼べるような大失敗があるかもしれません。 一度起こった出来事はやり直せません。 後からきちんと謝って、相手が許してくれたとしても「お酒で迷惑をかけた」という事実は消えません。 タイムマシンに過去に戻ることもできない。   もしお酒で失敗を犯したら、その直後が大切です。 お酒で大失敗をしたら、記憶と後悔が鮮明なうちに一部始終を書き留めておきましょう。 できるだけ詳細に書き留めておくのがポイントです。 たとえば「当時の状況」「後悔の念」「反省の気持ち」など、感情を込めて書き留めておくといいでしょう。 日記をつける習慣があるなら、一緒に書いておくといいでしょう。 なぜ書き留めるか。 きちんと覚えておくためです。 人間は忘れる生き物です。 羞恥心と罪悪感で、そのときは深く反省ができても、時間が経てば忘れることが多い。 忘れたころに、同じ失敗を繰り返してしまうのです。 同じ失敗を繰り返さないためにも、きちんと書き留めておきましょう。 そして飲みに行く直前に読み返します。 「そうだ。こんな大失敗があったよね。あのときは散々だった。本当にこりごり。二度とこんな醜態はさらしたくない!」 ありありと当時の状況を思い出せば、惨めで情けない気持ちがよみがえってくるでしょう。 注意喚起を促すことができ、飲みすぎを防ぐ抑止力になります。 どれだけ記憶力が悪くても、きちんと書き留めておけば、後から何度でも思い出せます。 飲みに行く直前に読み返せば、気持ちを引き締めることができ、お酒の飲みすぎを防げるのです。 飲みすぎの大失敗を書き留めておき、飲みに行く直前で読み返す。

19
★0

筋トレ後の飲酒は、悪酔いの原因になる。

筋トレ後の飲酒には注意しましょう。 筋トレでしっかり体を動かした後は、疲れもピークで、喉も渇いているでしょう。 汗をかいた後は、体が水分を欲しているため、失われた水分を補いたくなります。 「せっかくなら、おいしいお酒を楽しみながら水分補給をしたい!」 水分補給として、お酒に手が伸びやすいのではないでしょうか。 筋トレの後なら、普段よりお酒がおいしく感じられることでしょう。 しかし、筋トレ直後の飲酒には要注意です。 筋トレ直後は、疲労した筋肉を回復させるため、肝臓がフル稼働しています。 肝臓は、同時に複数の処理を行える強力な臓器ですが、それでも限界があります。 筋トレは、無酸素運動に分類されます。 筋トレを行うと、エネルギーを生み出すと同時に、疲労物質「乳酸」も大量に発生します。 この乳酸の分解処理のため、肝臓は大忙しの状態になります。 筋トレ直後にお酒を飲むと、大忙しの肝臓をますます酷使させてしまい、アルコールの分解能力が低下します。 アルコールの分解処理が不十分になり、不快物質アセトアルデヒドが発生しやすくなります。 筋トレによる疲労感に加え、アセトアルデヒドによる不快感が加わることで、悪酔いにつながってしまうのです。 「無酸素運動は、肝臓に負担をかける運動」ということを覚えておいてください。 筋トレ後は、お酒を飲みたくなっても控えておくのがいいでしょう。 特にアルコール度数の高いお酒は、それだけ肝臓への負担も大きくなります。 悪酔いを避けたいなら、筋トレ後の飲酒は控えておくのが安心です。   水分を補給するなら、お酒より、水やスポーツドリンクが適切です。 水は、シンプルで味気ないですが、水分補給の基本です。 スポーツドリンクなら、発汗によって体から失われた水分やミネラルを効率よく補給できます。 喉が渇いているなら、水やスポーツドリンクでも、十分おいしく感じられるでしょう。 筋トレ後にお酒を飲むなら、しばらく休憩を取って、体の疲れが取れてからにしましょう。 飲酒のタイミングを少しずらすだけで、悪酔いのリスクを下げることができます。 筋トレ後の飲酒は控える。

20
★0

二日酔いを迎え酒で紛らわせるほど、危険な飲み方はない。

「迎え酒をすると、二日酔いが治る」 一度は聞いたことのある言葉ではないでしょうか。 迎え酒とは、二日酔いの不快感を発散させるために飲む酒のことをいいます。 二日酔いで気分が悪いとき、再びお酒を飲むと、体調が回復したように感じます。 体がぽかぽか温まり、二日酔いの不快感が消えたように思えます。 テンションも上がり、元気が出てくることも少なくありません。 「迎え酒は二日酔いに効果がある」と実感する人も多いのではないでしょうか。 しかし結論から言うと、迎え酒で二日酔いが治ったように感じるのは、単なる気のせいです。 迎え酒で二日酔いが治ると感じるのは、アルコールによる作用によって、一時的に感覚が麻痺しているに過ぎません。 むしろ二日酔いを迎え酒で紛らわせるほど、危険な飲み方はありません。 楽になった実感があっても、肝臓は悲鳴を上げています。 例えるなら、ボクシングでノックアウトしている選手を、さらに殴りつけているようなもの。 ただでさえ体調が悪いとき、さらに負担をかける飲み方をすると、ますます肝臓に負担をかけます。 向かい酒の酔いが覚めた後、強烈な苦しみと後悔が待っているでしょう。   「迎え酒は、アルコール依存症の入り口」とも言われています。 二日酔いの苦しさを迎え酒でごまかす習慣ができると、飲酒量が一気に増えます。 二日酔いで苦しんではお酒を飲み、また二日酔いで苦しんではお酒を飲むことになります。 飲酒が常態化しやすいため、アルコール依存症のリスクが一気に高まるのです。 二日酔いの迎え酒は厳禁です。 たとえ少量のお酒でも控えましょう。 迎え酒の習慣があるなら、直ちに改善することをおすすめします。 迎え酒をしたくても、ぐっとこらえ、水やスポーツドリンクで済ませるのが得策です。 お酒による利尿作用で脱水気味になっているはずですから、しっかり水分を補ったほうが健康的です。 二日酔いで気分が悪くても、迎え酒はしない。

21
★0

寝酒・昼酒・迎え酒は、アルコール依存症の入り口。

何の前触れもなく、突然アルコール依存症になることはありません。 アルコール依存症は、小さな習慣から始まります。 最初は小さな習慣であっても、それが常態化してエスカレートしていくことで、依存症に発展していきます。 つまり、アルコール依存症には「入り口」があるのです。 「アルコール依存症の入り口」と呼ばれるお酒の飲み方が、3つあります。 「寝酒」「昼酒」「迎え酒」です。 どれか1つでも心当たりがあれば要注意。 すでにアルコール依存症の入り口に立っていると言えるでしょう。 (アルコール依存症の入り口1)寝酒 「就寝前にお酒を飲むと、寝入りがよくなる」という人もいるでしょう。 たしかにお酒を飲むと、ぼんやりした意識になるおかげで寝入りがよくなることもあります。 「お酒を睡眠薬代わり」と考える人もいるかもしれません。 しかし、基本的に寝酒は要注意です。 お酒で眠くなるのは、アルコールによる作用で意識が低下しているに過ぎません。 寝入りはよくても、脳の活動を低下させるため、浅い睡眠になります。 寝酒が習慣になると、今度はお酒がないと寝られない体質になってしまいます。 お酒がないと寝られない状態は、言い換えると、お酒に依存している状態です。 すでにアルコール依存症の入り口に立っていると言えます。 寝酒は、睡眠の質にも悪影響を与えます。 寝酒をすると、お酒による利尿作用でトイレに行きたくなり、夜中に目が覚めてしまいます。 「夜中にトイレで目が覚めてから眠れなくなった」という苦い経験がある人もいるでしょう。 寝付きがよくなるとはいえ、言い換えれば、それだけしかメリットがありません。 できるだけ寝酒は避けておくようにしましょう。 (アルコール依存症の入り口2)昼酒 昼酒とは、昼間からお酒を飲むことをいいます。 もちろんまれに昼酒を楽しむくらいなら、まだいいのです。 たとえば、お祭り・イベント・祝い事など、昼間にお酒を飲むシチュエーションもあるでしょう。 昼間から飲むお酒は、特別感があって格別です。 あくまで限られたシチュエーションであれば、昼間からお酒を飲むのも悪くありません。 自営業やフリーランスなど、時間が自由に使える職業なら、昼酒であっても、上司に怒られることはありません。 しかし、昼酒が毎日の習慣となると、事情は変わります。 毎日昼間からお酒を飲むと、飲酒量が一気に増えてしまいます。 思考力が低下して、集中力や記憶力も悪くなり、仕事の質や生産性が低下します。 毎日昼酒を飲んでいる習慣があるなら、すでにアルコール依存症のイエローカードです。 特別なシチュエーションを除いて、できるだけ昼酒は避けておくのがいいでしょう。 (アルコール依存症の入り口3)迎え酒 迎え酒とは、二日酔いの不快感を発散させるために飲む酒のことをいいます。 二日酔いで苦しいとき、お酒を飲むと一時的に治ったような気がします。 しかし、残念ですが、単なる気のせいです。 アルコールによる作用で、感覚が麻痺して、一時的に不快感がなくなっているだけです。 迎え酒は、肝臓をいじめる飲み方です。 迎え酒が習慣になると、二日酔いで苦しんではお酒を飲み、また二日酔いで苦しんではお酒を飲むことになります。 肝臓に大ダメージを与えることになり、アルコール依存症のリスクが高まります。 迎え酒は、いかなる事情があろうと厳禁です。 迎え酒をするくらいなら、水やスポーツドリンクを飲むほうが健全です。 § 寝酒・昼酒・迎え酒のいずれかの習慣が1つでもあるなら、イエローカードです。 ゆっくりではあるものの、少しずつアルコール依存症に向かっている状態のため、今すぐ改善に取りかかりましょう。 寝酒・昼酒・迎え酒の習慣がすべて当てはまるなら、完全にレッドカードです。 すでにアルコール依存症かもしれません。 「酒は百薬の長」と呼ばれますが、あくまで適量を守った場合のこと。 お酒は、少なからず体に負担をかける行為であることを覚えておいてください。 寝酒・昼酒・迎え酒は、アルコール依存症の入り口なのです。 いずれかの習慣があるなら、できるだけ早い改善をおすすめします。 寝酒・昼酒・迎え酒の習慣があるなら、今すぐ改善に取りかかる。

22
★0

酒癖を直す手がかりは、子供時代の熱中にある。

酒癖が悪くなる原因の1つが「ため込んだストレス」です。 日頃からストレスを解消していないと、ストレスがどんどんたまっていきます。 ストレスは、目に見えないから厄介です。 忙しいと、ストレスをため込んでいることさえ気づかないことがあります。 そして、お酒を飲んだとき、ため込んだストレスが吹き出します。 火山の噴火のように爆発してしまい、酒癖が悪くなってしまいます。 ため込んだストレスを発散させようとして、暴言や暴力など、醜態をさらすことになります。 そのため、普段からストレス解消を心がけ、ストレスをためないようにすることが大切です。 しかし、ストレスを解消とはいえ、見つけるのが難しいこともあるでしょう。 「ストレス解消法が見つけるのが難しい」 そんな人も多いのではないでしょうか。 趣味を見つけるとはいえ、無数にある中から自分に合った趣味を見つけるだけでも一苦労です。 趣味を見つける作業そのものが、ストレスになることもあるでしょう。   そんなとき、ぜひ思い出してほしいことがあります。 あなたが子供時代、熱中していたことです。 子供の頃を思い出してください。 あなたは子供の頃、熱中していたことは何でしょうか。 趣味やスポーツなど、時間を忘れて熱中していたことが1つくらいあるはずです。 打算や利害損得は関係なしに、純粋な気持ちで取り組んでいたでしょう。 にこにこしながら楽しんでいたでしょう。 人目を気にせず、ひたすら楽しむことに集中できていたでしょう。 親から「ほどほどにしなさい」と叱られるくらい夢中になっていたでしょう。 子供時代に楽しんでいた趣味は、純粋に心から楽しんでいたことが多いはずです。 それこそ、ストレス発散の手がかりです。 子供時代、熱中していたことを思い出し、再び楽しんでみましょう。 子供時代の記憶がよみがえるとともに、ストレス解消もスムーズにできるでしょう。 子供時代の趣味には、あなたのルーツが隠されています。 面白い気持ちや楽しい気持ちをたっぷり味わいましょう。 いったん途切れていた趣味でも、やり始めると、すぐコツを思い出せるでしょう。 昔の感覚と感動を思い出し、いつの間にか時間を忘れて熱中しているはずです。 子供時代に熱中していた趣味を思い出しましょう。 それこそ、ストレス発散に役立ちます。 子供の頃に戻って、再び熱中するだけでいい。 酒癖を直す手がかりは、子供時代の熱中にあるのです。 子供時代に熱中していたことを思い出し、ストレス解消に役立てる。

23
★0

飲酒量を把握しておかなければ、適量の調整も難しい。

お酒を飲むときには、飲酒量を把握しながら楽しみましょう。 どれだけ自分が飲んだのか、きちんと把握しておくことが大切です。 「自分は今これくらい飲んでいる」と分かるから「あとこのくらいは飲んでも大丈夫」ということも分かります。 「これくらい飲んだ」と把握しておけば、頭の中で適量をイメージできるので確認しやすくなります。 もし、自分がどれだけ飲んだのか把握できなくなれば、すでに酔いすぎている状態です。 すでに適量を超えている可能性が高いので、水やソフトドリンクに切り替えたほうがいいでしょう。 ●空っぽのグラスやボトルをテーブルから下げない 確実に飲酒量を把握するなら、空っぽのグラスやボトルをテーブルから下げないのも1つの工夫です。 グラスやボトルが空っぽになれば、普通はテーブルから下げますが、あえて下げないようにします。 テーブルから下げてしまうと、どれだけ飲んだか分からなくなることがあります。 きちんと覚えている自信があるならいいですが、お酒で酔っているときは、記憶が曖昧になることが多いでしょう。 確実に飲酒量を把握したいなら、テーブルから下げず置いたままにしておくと、確認しやすくなります。 お酒を飲みながら、飲酒量を把握しておく。

24
★0

最初に飲むぶんだけ注文して、追加注文をしない。

「今日はほどほどにしておこう」 そう思っても、この「ほどほど」が難しい。 飲み始めると、どれだけ飲んだか分からなくなることがあります。 飲んだお酒は、目の前から消えてなくなります。 たくさん飲んでも、飲んでいないような気がします。 しかもたくさん飲めば飲むほど、意識がぼんやりして、自制が利かなくなります。 まだ飲み足りない錯覚が生まれ、何度も追加注文をしてしまう。 気づくと、べろんべろんの泥酔状態になっているのです。 ここで、おすすめの方法があります。 最初に飲む分量を決めて、まとめて注文しておきましょう。 理性と自制心があるうちに「今日飲むのはこれだけだ」と決めて、最初に注文しておきます。 もちろん最初に飲むぶんを注文するときは「適量の範囲」がルールです。 そして、どんなことがあっても、その量以上は飲まないようにします。 こうすれば、意識がはっきりしているうちにお酒の量をコントロールできるため、飲みすぎることがなくなります。 たとえば「今日はビールを中瓶2本だけにしておこう」と決めているなら、最初に中瓶2本をまとめて注文します。 ビール2本はじっくり味わいながら飲むようにします。 酔い具合が足りず、もっとお酒を飲みたくなっても、気持ちを抑えて追加注文はしません。 そうすれば、ビールの飲みすぎを防げるようになります。 きちんと適量の範囲さえ守っていれば、悪酔いをしたり酒癖が悪くなったりすることはありません。 少なくとも泥酔や二日酔いになることはありません。 口元が寂しいなら、おつまみを食べたりソフトドリンクを飲んだりするようにしましょう。 カロリー控えめのおつまみなら、カロリーの取り過ぎの心配もありません。 お茶やウーロン茶といったソフトドリンクなら、血中のアルコール濃度を下げることができ、悪酔いの防止に役立ちます。 最初に飲むぶんだけ注文して、追加注文はしないようにする。

25
★0

悪酔いを防ぐなら、ちゃんぽんは避けたほうが安心。

悪酔いを防ぐために、必ず避けたいお酒の飲み方があります。 ちゃんぽんです。 ちゃんぽんとは、別の種類の飲み物を混ぜることをいいます。 ・ビールにウイスキーを混ぜて飲む ・カクテルに焼酎を混ぜて飲む ・ワインに日本酒を混ぜて飲む もちろん興味本位で飲むぶんにはいいでしょう。 好奇心の旺盛な人なら、ちゃんぽんでお酒を楽しむのも面白いと感じるはず。 自分で新しいお酒を造る感覚があります。 「どんな味になるのだろう」と興味本位でお酒を楽しむくらいなら悪くありません。 しかし、悪酔いを防ぎたいなら、ちゃんぽんは控えておくほうがいいでしょう。 ちゃんぽんを避けたほうがいい理由は2つあります。 「適量が分かりにくくなる」「風味が損なわれる」です。 (理由1)お酒の適量が分かりにくくなる お酒ごとに、アルコール度数も異なります。 種類が異なると適量が分からなくなり、アルコールを摂取しやすくなります。 ちゃんぽんによって、お酒の量は2倍に増え、アルコールの含有量が曖昧になります。 たとえば、アルコール度数5度のお酒に、アルコール度数25度のお酒を混ぜると、どのくらいが適量か分かりにくくなります。 (理由2)風味が損なわれる 異なるお酒を混ぜることで、お酒の風味が損なわれます。 おいしいお酒同士を混ぜ合わせたから、おいしいお酒になるとは限りません。 基本的にお酒は、単体で飲むとき、おいしくなるよう調整されて作られています。 単体ではおいしくても、ちゃんぽんで混ぜると、添加物同士が混ざり合って、香りや味わいが損なわれます。 風味が損なわれるだけでなく、おかしな味になって、まずくなることも少なくありません。 自分の好みではない味のため、頭痛や吐き気を催し、悪酔いにつながることがあります。 ●お酒を交互に飲むのも要注意 もう1つ注意したいのが、交互に飲む飲み方です。 お酒を混ぜず、交互に飲めば安心かというと、ここにも落とし穴があります。 交互にお酒を飲んだとしても、胃の中で混ざることになるため、結局はちゃんぽんと同じ状態になります。 適量の調整が難しくなり、飲みすぎの原因になってしまうのです。   ちゃんぽんは、悪酔いをしにいくようなものです。 お酒を飲むなら、ちゃんぽんは控え、1種類と決めて飲むようにしましょう。 「今日はこのお酒を飲む」と決めたら、一口ずつじっくり味わいます。 同時にいろんな種類のお酒を楽しむのもいいですが、悪酔いを防ぐなら、ちゃんぽんは避けたほうが安心です。 お酒を飲むなら、ちゃんぽんは避け、1種類と決めて飲むようにする。

26
★0

上手な嘘は、社交の知恵。
「お酒に弱い」という嘘も、時には有効。

「お酒を断る理由が見つからない」 「お酒を勧められると、断りにくい」 「上司からお酒を勧められると、断れない」 そんなときは「嘘」が役立つかもしれません。 悪酔いを防ぎたいなら「お酒に弱い」ということにしておきましょう。 普通にお酒を飲める体質であっても、あえて「お酒に弱い」ということにしておきます。 お酒に強くても「お酒に弱い」という嘘をつくのも悪くないでしょう。 もちろん正直であることは大切ですが、時には嘘も必要です。 嘘とはいえ、不快にさせたり迷惑をかけたりするものではありません。 お酒を勧められても「お酒に弱い」という嘘をつけば、相手を不快にさせることなく、さらりと断れます。 周りの人も「無理に勧められない」と気遣ってくれるでしょう。 お酒を自重しても、体質の問題として許してもらいやすくなります。 「あまりお酒を飲んでいないね」と言われても「お酒に弱いのです」と言っておけば、うまくかわせます。 たとえ上司から勧めでも「お酒に弱い」と嘘をつけば、上司の気分を害することなくうまくかわせるでしょう。 お酒の量が少なかったりペースが遅かったりしても、自然な様子に見てもらえます。 体質ですから、嘘がばれる心配もありません。 嘘は本来好ましくないことですが、時と場合に応じて、役立つ手段になるでしょう。 上手な嘘は、社交の知恵。 社交のためには、上手に嘘をつくほうがスムーズになることもあります。 ●「まったくお酒が飲めない」という嘘には注意する 「まったくお酒が飲めない」という嘘も悪くありませんが、注意が必要です。 まったくお酒が飲めないことにすると、一口もお酒を飲めなくなり、社交の妨げになります。 飲み過ぎ・悪酔いを防ぐためとはいえ、少し大げさと言えるでしょう。 嘘をつくなら「お酒に弱い」「お酒が苦手」など、許容範囲のある言い方のほうがスムーズです。 「少しなら飲める」ということにすれば、社交の場から仲間外れにされる心配もありません。 「お酒に弱い」と嘘をついて、適量を守りやすい環境を作っておく。

27
★0

体調が悪いときは、無理にお酒を飲むのは控える。

お酒を飲むとき、体調が悪いときがあります。 ・頭痛がする ・胃がむかむかして、吐き気がする ・生理痛がひどくて、微熱が続いている ・下痢気味で、立っているのさえつらい ・風邪を引いている、もしくは引きかけている 体調不良のときでも「意地でもお酒を飲んでやる」と考える人もいるでしょう。 「お酒で体調不良を治す」という考え方の人もいるかもしれません。 たしかにお酒には血行が促進されて、体を温める効果があるのも事実です。 酔いが回ると、ふわふわした感覚になり、不快感が紛れるように感じる人もいるでしょう。   また、仕事でお酒を飲まなければいけないシチュエーションもあるでしょう。 飲むことも仕事の1つ。 自分が上司やリーダーであれば、立場上なかなか断りづらく、出席せざるを得ないこともあるでしょう。   仕方ないシチュエーションはありますが、やはり体調が悪いなら、なるべくお酒を控えておくのが賢明です。 無理にお酒を飲むと、ますます体調が悪くなるでしょう。 すぐ治るはずの体調不良がますます悪化する可能性があります。 お酒で体調不良を治す考え方は言語道断。 一知的に体調が良くなるように感じるのは、アルコールによって感覚が麻痺しているにすぎません。 無理にお酒を飲めば、酔いが覚めた後、苦しみと後悔が押し寄せてくるでしょう。   「それくらい分かっている」と思うかもしれませんが、なかなかスムーズにできなことがあります。 思うのは簡単であっても、行動に移すのが難しい。 意地を張ったり雰囲気に流されたりすると、当たり前の判断ができなくなることがあります。 アルコールの分解に肝臓を酷使したり、利尿作用によって水分が失われたりします。 体調が悪いときは、各臓器の働きが低下しています。 肝臓の活動が低下しているときにお酒を飲むのは、肝臓をいじめているのと同じこと。 体調を改善するどころか、悪くなることにつながるでしょう。 基本的に飲酒は、体に負担をかけるものと考えてください。 「適度なら大丈夫」と言いますが、あくまで体への負担が小さいだけであり、問題に至っていないだけのことです。 飲酒量が増えるにつれて、負担も大きくなります。 飲酒が過度になると、体に負担をかけるだけでなく、精神にも悪影響を与えます。   仕事は、体が資本であることを思い出してください。 体調が悪くても、何とかお酒を飲もうという意気込みもいいですが、やはり体調管理が第一です。 無理にお酒を飲んで醜態をさらすことになれば、印象も評価も悪くなります。 もしお酒を勧められたら、正直に体調が優れないことを伝えましょう。 悪いことをしているわけではないのですから、きちんと事情を話せば、理解を示してくれるでしょう。   どうしても社交でお酒が避けられないなら、ごく少量に抑えておくのがいいでしょう。 コップ半分程度にしておき、無理に飲まないようにします。 口をつけるだけにして、場をしのぐのも悪くありません。 体調が悪いなら、無理にお酒を飲むのは控えましょう。 体調が悪いときは、無理をしない。

28
★0

悪酔い・二日酔い防止のサプリメントに頼る。

悪酔い・二日酔いの対策として、市販のサプリメントを利用するのも1つの方法です。 薬局に行くと、悪酔い・二日酔いを防止するサプリメントが販売されています。 悪酔い・二日酔いを防ぐには「肝臓エキス」「オルチニン」「ウコン」「タウリン」「アラニン」などの成分が有効です。 酵素の働きを活発にしたり、胆汁酸の分泌をスムーズにしたりなど、肝臓の働きを助ける効果があります。 食事で有効成分を摂取するのもいいですが、今度は食べ過ぎにつながる恐れがあります。 中でもオルニチンは、体内で作られる成分ではないため、体外から摂取する必要があります。 そんなときこそ、サプリメントが有効です。 悪酔い・二日酔いに効き目のある有効成分が、バランスよく配合されています。 小さな粒に有効成分がぎっしり詰まっているので、効率よく摂取できます。 悪酔い・二日酔いの対策として、選択肢の1つとしてサプリメントも検討してみてください。 お酒を飲むことが分かっているなら、前もってサプリメントを飲んでおくといいでしょう。 サプリメントに抵抗感を抱く人もいますが、用量用法を守っているぶんには安全なので、深刻になる必要はないでしょう。 世の中には、便利なサプリメントが数多く存在しています。 せっかく専用のサプリメントがあるのなら、使わない手はありません。 一般的なビタミン剤でもいいですが、専用のサプリメントのほうが効果的でしょう。 過度の使用には注意が必要ですが、大事な飲み会やパーティーなど、大事な場面では役立つはずです。 もちろんサプリメントを飲んだからといって、お酒の飲みすぎは要注意です。 サプリメントで肝機能が向上しても、飲みすぎては意味がありません。 市販のサプリメントは「悪酔い・二日酔いを絶対防ぐもの」ではなく「肝機能の働きを助ける程度」と考えるのが適切です。 処方箋は必要なく、一般的な薬局で販売されています。 薬局に行けば、数種類のサプリメントが販売されています。 粉末タイプや錠剤タイプ、効き目や持続性など、さまざまな種類があるので、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。 自己判断が難しいなら、薬剤師に相談すると、適切に案内してくれるはずです。 購入費用はかかりますが、それで悪酔い・二日酔いを防ぎやすくなるのなら、安いとも言えるでしょう。 絶対必要なものではありませんが「そういう選択肢もある」ということを頭に入れておいてください。 頼れるものには、素直に頼る。 悪酔い・二日酔いで支障を来すくらいなら、サプリメントに頼ったほうがいいとも言えるでしょう。 悪酔い・二日酔い防止のサプリメントに頼る。

29
★0

どれだけ酒癖の悪い人も、そもそもお酒を飲まなければ、醜態をさらすことはない。

悪酔いを防ぐ究極の方法。 それは、そもそもお酒を飲まないことです。 お酒を飲むとおいしいでしょう。 ストレス解消に役立っているのでしょう。 1日の終わりにお酒を飲むのが習慣になっている人も多いのではないでしょうか。 しかし、お酒を飲んでいるかぎり、少なからず悪酔いをするリスクがあります。 完全に悪酔いを防ぎたいなら、そもそもお酒を飲まなければいいのです。 お酒を飲まなければ、二日酔いをすることは100パーセントありません。 お酒を飲まなければ、悪酔いをしたり、体調を崩したりすることはありません。 間違いを起こすことも、周りに迷惑をかけることもありません。 「そもそもお酒を飲まない」という発想に変えてみてはいかがでしょうか。   「お酒を飲まなければ、ストレス発散できない」 そう思うかもしれませんが、本当にお酒でしかストレス解消ができないのか考えてみましょう。 「お酒はストレス解消に必要」というのは、思い込みかもしれません。 お酒でストレスを発散させるのではなく、別のことでストレスを発散させればいいのです。 知恵と工夫を振り絞れば、お酒がなくても、快適な生活を実現できます。 ストレス解消にお酒は有効であっても、ストレス解消の方法はお酒以外にもたくさんあります。 たとえば、運動です。 筋トレでも有酸素運動でもかまいません。 たっぷり運動すれば、気持ちのいい汗をかけます。 スポーツジムに入会して、仕事の帰りに立ち寄るようにすれば、ストレス解消にもなって健康的です。   趣味も素晴らしいストレス解消法です。 お酒に酔うのではなく、趣味で酔いましょう。 地味な趣味でも、自分が楽しければ十分です。 趣味に熱中すれば、お酒を飲んでいなくても、お酒を飲んでいるかのように心地よい時間を楽しめます。 たとえ自己満足の趣味であっても、それが自分にとって価値のあることなら、心から深い喜びを感じます。 趣味であれば、どれだけ熱中しようと、醜態をさらすことはありません。 吐くこともなければ、二日酔いをすることもないのです。   お酒を飲みたくなったら、野菜ジュースを飲むのもいいでしょう。 お酒で喉の渇きを潤すのは危険ですが、野菜ジュースなら、いくら飲んでも大丈夫です。 アルコールを飲み過ぎて体を壊した話はあっても、野菜ジュースを飲み過ぎて体を壊した話はありません。 忙しいと、なかなか野菜を食べる時間もないでしょう。 本来はきちんと野菜を食べるのが理想ですが、難しい場合は市販の野菜ジュースを飲んで、栄養を補いましょう。   知恵を振り絞って、お酒を飲まないような生活スタイルを心がけてみてください。 完全にお酒を排除するのは難しくても、お酒を飲む頻度なら減らせるはずです。 お酒を飲むのは、社交のときだけにしておくといった工夫も悪くありません。 どれだけ酒癖の悪い人でも、お酒を飲まなければ、醜態をさらすことはないのです。 そもそもお酒を飲まないようにする。

30
★0

どうしてもお酒がやめられないなら、アルコール依存症を疑ってみる。

「お酒の習慣がやめられない」 「どうしても酒癖が直らない」 「お酒を飲まないと、夜寝られない」 もしそんな状態が目立つなら、アルコール依存症かもしれません。 酒癖が少し悪い程度なら、個人的な努力で改善できます。 お酒がストレス発散になっているなら、お酒以外のストレス発散法を見つけることで、飲酒量を減らせます。 寝酒に頼っているなら、飲酒ではなく読書の習慣に変えることで、寝入りや睡眠の質が改善するでしょう。 しかし、単なる酒癖の問題ではなくアルコール依存症となると、話は違います。 酒癖とは違い、アルコール依存症は、世界保健機関(WHO)でも認められているれっきとした精神疾患です。 依存症や精神疾患を、自分で治すのは困難です。 個人的な努力だけで改善しようとしても、なかなかうまくいかなかったり、むしろ悪化させたりする可能性があります。 「ほうっておけば、何とかなるだろう」という安易な考えはよくありません。 基本的に依存症は、ほうっておくとエスカレートします。 どんどん飲酒の量も頻度も増えていき、仕事にも生活にも支障を来します。 アルコール依存症が悪化すると、最終的には命にも関わります。 いくら努力しても、お酒をやめられないなら、依存症の可能性を疑ってみてください。 いくら努力しても治らないなら、意地を張らず、素直に専門機関に頼るの正解です。   ここで、アルコール依存症に関するセルフチェックをご紹介します。 あくまで簡易的なセルフチェックですが、目安の1つとしてください。 ▼アルコール依存症の10のチェックポイント (1)朝酒・昼酒の習慣がある (2)お酒を飲まないと、スムーズに寝付けない (3)お酒を飲み始めると、いつも酔いつぶれるまで飲んでしまう (4)お酒を飲みすぎて、記憶がなくなることがある (5)飲酒が原因で、仕事や人間関係のトラブルを起こしたことがある (6)家族に隠れてでもお酒を飲もうとする (7)お酒を飲まないと、いらいらしたり汗が出たり手が震えたりする (8)二日酔いの不快感をなくすために、お酒を飲むことがある。 (9)「お酒の量を減らさないといけない」と思ったことがある (10)医師から「お酒を控えるように」と言われたことがある ▲ 上記に当てはまる項目が多くなるにつれて、アルコール依存症の疑いが高まります。 少なくとも5つ以上が当てはまるならイエローカードです。 依存症は、早期の治療が重要です。 治療が遅れれば遅れるほど、完治が難しくなります。 重度のアルコール依存症となると、入院が必要になるケースもあります。 最初は相談から始めてもかまいません。 疑わしいなら、今すぐ専門機関に診てもらうことをおすすめします。 アルコール依存症が疑いがあるなら、きちんと専門機関を受診する。

同じカテゴリーの作品