人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
食事マナー
食事は量ではない。
噛む回数と時間だ。
食事マナー
にらみ食いは、食べている食事に集中できていない証拠。
旅行
本場は、おいしくない?
体臭対策
からいものや熱いものを、食べすぎない。
ダイエット
見えるところにお菓子を置かない。
食べ物の写真も置かない。
暮らし
食事の取り分けをしない人は、実は甘えん坊だった。

テーブルマナーのすすめ

お気に入り0 読んだ
28

魚料理する苦手意識大半は、
ほかとはい、
練習しだいで克服できるもの

魚料理に対する苦手意識の大半は、ほかとは違い、練習しだいで克服できるもの。 | テーブルマナーのすすめ

は、グリーンピースが苦手です。

独特の食感といい、味といい、生理的に受け付けません。

無理に食べると、吐き気がします。

人なら誰しも、嫌いな食べ物の1つや2つ、あります。

嫌いな食べ物は、人それぞれです。

そんななか「魚料理は嫌い」という人がいます。

魚の味や食感が苦手なのかなと思います。

 

しかし、魚が嫌い人の言い分を聞くと、魚の肉は好きだと言います。

不思議な回答です。

 

では、何が苦手なのかというと、たいていみんな、同じことを言います。

「骨が嫌だ」というのです。

魚には骨があって食べにくいから、魚が嫌いになっているのです。

 

たしかに魚は、好き勝手な方法で食べようとすると、骨がうまく取れなくて苦労をします。

骨を取るのが面倒であったり、喉に刺さったりなど、しかし、骨が取りにくいだけで、すべての魚と魚料理を完全否定するのが、もったいないことです。

食生活の幅が狭くなり、人生の楽しみも制限されていまいます。

もともと生理的に受け付けないなら、どうしようもありません。

生理的に受け付けない苦手意識は、そう簡単に改善できるものではありません。

 

しかし、魚料理は違います。

魚への苦手意識の大半は、骨です。

それは練習によって克服できるものです。

本当に克服すべきは「骨の扱い方」です。

練習をすれば、きれいに骨が取ることができるようになります。

骨を上手に取れるようになると、自然と魚への苦手意識も小さくなります。

またある程度、骨がきれいに取れるようになると、かえって快感を味わえるようになる食材でもあります。

すぱっときれいに骨が取れる様子が、見た目も気持ちもすっきりして、快感なのです。

骨がきれいに取れるようになれば、おいしくいただけるようになり、魚も好きになれるのです。

魚に対する印象がよくなり、おいしく食べられるようになります。

魚料理に対する苦手意識の大半は、ほかとは違い、練習しだいで克服できるものなのです。

テーブルマナーのすすめ その28

  • 練習ねて、
    する苦手意識克服する
レストランの堅苦しい場所を使って、真面目な気持ちを伝える。

もくじ
(テーブルマナーのすすめ)

同じカテゴリーの作品