人生の教科書



読み上げ動画・音声
ファッション
テーブルマナーの美しさは、知的さに比例する。
食事マナー
テーブルマナーは集中して学んだほうが、身につきやすい。
食事マナー
欧米テーブルマナーは、面倒くさいようで、慣れてしまえば実は楽。
食事マナー
テーブルマナーの上級者への道のりは、短い。

テーブルマナーのすすめ

お気に入り1 読んだ
11

「楽方」中心えるなら、
野生動物わらない

  • ぜ、わざわざこんな面倒くさい食べ方をするのだろう」

西洋料理のテーブルマナーを学んでいると、ときどきそう思うことがあります。

そう思っていた時期がありました。

マナーを学ぶたびに「面倒だな。嫌だな」と思っていたのです。

 

しかし、テーブルマナーに触れているうちに「なぜテーブルマナーを学ぶのか」という理由に、はっと気づきました。

気づいたとき、楽な食べ方をしようとしている自分が、人間として急に恥ずかしくなったのです。

 

では、どういうことに気づいたのか。

それは、テーブルマナーでは「楽な食べ方」を中心に考えないということです。

「品性のある食べ方」を重視します。

なぜ品性を重視するかというと、それこそ「人間らしい文化の表現」だからです。

知性があり、品性がある人間だからこそ、美しさや品性を重視しながら食べることができます。

それが、ほかの野生動物の食べ方とは異なる点です。

「楽な食べ方」を中心に考えるなら、野生動物と変わりません。

ナプキンも使わず、直接手で持ってかぶりつくほうが、楽です。

ただ腹を満たすだけならそれでもいいでしょう。

 

しかし、そうではない。

いかに美しく、上品に食べられるか。

それが、野生動物と人間の違いです。

テーブルマナー全体において言えますが、手を汚さず美しく食べるのは、人間らしい文化の表現です。

すべて人間らしい知性をアピールするチャンスです。

バナナは、その典型です。

手で食べればいいところを、あえてナイフとフォークで食べる。

どう考えても、手に持って皮をむいて食べるほうが楽です。

誰に聞いても、そう思うでしょう。

 

しかし、ここがテーブルマナーが試される瞬間です。

あえてナイフとフォークを使って食べるからこそ、人間らしい品性がうかがえます。

バナナをナイフとフォークを使って食べるのは、地球上で唯一、人間だけです。

サルではできない。

知性と品性を兼ね備えた人間だからこそ、美しさや品性を表現しながら、食べようとするのです。

テーブルマナーのすすめ その11

  • 「楽方」中心ではなく
    「品性のある方」中心える
テーブルマナーで差をつけろ。

もくじ
(テーブルマナーのすすめ)

同じカテゴリーの作品