人生の教科書



食事マナー
料理を取りに行くたびに、皿を取り換えるのが正式。
食事マナー
気分転換には、ビュッフェがおすすめ。
食事マナー
ビュッフェで、できたばかりの料理を必ず食べられる時間帯とは。
食事マナー
ビュッフェは、新しい味の発見に出合いやすい。
食事マナー
同席者を待たず、先に食べ始めるのはマナー違反。
食事マナー
ビュッフェの本当の魅力とは、さまざまな料理を口にできること。
食事マナー

ビュッフェの
30の食べ方マナー

  • 「ビュッフェにマナーは必要なの?」
    そう思っている人こそ要注意。
ビュッフェの30の食べ方マナー

もくじ

1
★1

「ビュッフェにマナーは必要なの?」そう思っている人こそ要注意。

「ビュッフェ」という特殊なスタイルがあります。 料理台に並んだ料理から、好きなものを自由に取って食べる形式です。 料理を取るために、テーブルと料理台を頻繁に往復することになります。 好きな料理を自由にお代わりできるのが、嬉しい点です。 素晴らしい開放感がありますね。 その開放感があるためか、ビュッフェでは数多くのマナー違反を目にします。 西洋料理では料理が載った皿を勝手に交換するのはマナー違反ですが、ビュッフェでは友達同士で皿を交換する様子を見かけます。 また、西洋料理では静かに食事をするのがマナーですが、ビュッフェでは大声で騒いでいる人をよく見かけます。 ビュッフェだからマナーを破っていいわけではありません。 マナーは、日常で食事するときと同じです。 しかし、好きなものを食べ放題できるビュッフェ形式は、人の緊張を自然と緩ませてしまいます。 いま一度、自分を振り返ってみましょう。 「ビュッフェなら多少のマナー違反は許される」という思い込みはありませんか。 知らずのうちに、ビュッフェで態度が悪くなっていませんか。 レストランで西洋料理を食べるときのように、マナーはきちんと守ることが大切です。 「ビュッフェにマナーなんて必要なのか」 そう思っている時点で、マナーへの意識が低下している証拠です。 マナー違反が発生しやすいビュッフェだからこそ、マナーを意識する。

2
★3

好きな料理を好きな順に食べていける状態だからこそ、その人の内面が現れやすい。

ビュッフェスタイルは、食べ方が自由です。 どんな料理を、どんな順でも食べられます。 一般的な西洋料理と言えば、オードブルから始まり、メインディッシュ、最後にデザートという一連のコース順があります。 立食パーティーでは、何でも自由に食べられる状態になっているため、コース順を無視できます。 何気ないところですが、その人の内面が見えやすいところです。 何でも自由と聞けば、やはり食いしん坊には、まずデザートに目が向かうのではないでしょうか。 その気持ちはよく分かります。 しかし、いきなりデザートから食べるのは、一番悪い食べ方です。 甘いものから食べると、すぐ満腹になり、ほかの料理が食べられなくなりますね。 またある人は、少しでも元を取ってやろうと、単価の高そうな肉類ばかりを食べている人もいます。 欲望が丸出しで、品がありません。 好きな料理を好きな順に食べていける状態だからこそ、その人の内面が現れやすい。 では、どういう順で食べるのがいいのでしょうか。 自由に食べられる状態でも、きちんと「コースの順」を守るほうがスマートです。 コースの順を守って食べられる人は、常識があり、社会人としてしっかりしている印象を受けます。 自由な状態ではありますが、完全に自由すぎてはいけない。 ビュッフェとはいえ、コース順を意識して、オードブルから順番に取るようにしましょう。 自由に食べられる状態でも、コース料理の順を意識する。

3
★3

食べ放題という感覚は、捨てたほういい。

ビュッフェは、一応、食べ放題です。 どれだけ食べても、同じ料金です。 しかし「食べ放題」という感覚は、一度捨てておくことが大切です。 事実上、食べ放題ではありますが、忘れます。 ビュッフェを食べ放題として意識してしまうと、食べ方全体に品位がなくなるからです。 食べ放題という感覚になると「食べる」というより「詰め込む」という姿勢になってしまいがちです。 いかに早く食べるか、いかにたくさん食べるか。 そういうことに意識が向いてしまいます。 その反面、食事マナーが悪くなったり、味わって食べたりできなくなってしまうのです。 また、少しでも元を取ってやろうと思うと、知らない間に表情が険しくなり、会話が少なくなります。 食べ放題という意識になるからいけないのです。 食べ放題は、忘れましょう。 ビュッフェとは「好きなものを自由に選択できる食事スタイル」です。 そのスタイルを実現させるために、食事量の制限を取り払い、食べ放題になっています。 いかに早く、いかにたくさん食べるかを競うものではないのです。 「食べ放題」という意識を、捨てる。

4
★2

同席者を待たず、先に食べ始めるのはマナー違反。

ビュッフェに、1人で行ったことはありますか。 1人で行くことは、まれではないでしょうか。 ビュッフェに行くほとんどの場合、友達・家族・恋人など、誰かと一緒に行くことが多いはずです。 誰かと一緒に行くことが多いビュッフェでは、自然と破ってしまいがちなマナー違反があります。 席に着けば、最初に料理を取りに行きます。 ポイントは、料理を皿に取って、テーブル席に戻ってからです。 同席者を待たずに、先に食べてしまいやすいのです。 本来、誰かと一緒にレストランへ行ったなら、同時に食べ始めるのが当然のマナーですね。 しかし、食べ放題のビュッフェでは、豊富な料理が並んでいる開放感のためか、うっかりこの約束を破ってしまいやすい。 「まあ、いいか。先に食べ始めてしまおう」と考えてしまいやすいのです。 これはよくありません。 席に戻ってすぐ食べ始めたいところですが、我慢しましょう。 同席者が戻るまで待つのがマナーです。 食べる時間がもったいないと言っている場合ではありません。 同席者との仲を深めることが第一ですね。 同時に食べ始められるよう、同席者が戻るまで待つようにしましょう。 同席者が戻ってから、一緒に食べ始める。

5
★4

料理を取りに、同席者を残して先に席を立つのは、失礼になる。

キーワードは「共有」です。 一緒に時間を共有できるように、同席者とスピードを合わせることが大切です。 ビュッフェを楽しむために誰かと一緒にレストランへ食事に行けば、同時に食べ始めるのがマナーです。 一緒にレストランへ来たのですから、同時に食事を食べ始めたいですね。 そうすることで会話だけでなく、料理の味わいに感動する時間も「共有」できます。 また、食べ始めるときだけでなく、料理を取りに席を立つときも同じです。 自分が先に食べ終えたからとはいえ、料理を取ろうと、同席者を残して先に席を立つのはよくありません。 次の料理を取りに行くときも、できれば同席者と同時に席を立ちたいものです。 料理を選ぶときには、わくわくしますよね。 食事を選ぶ時間も共有できます。 迷う気持ちも共有できます。 すべての行動において、同席者と食事を進めるスピードをできるだけ合わせることが大切です。 食べ放題でスピードを争っていては、絶対に破ってしまうマナー違反です。 食べる量や早さを競うために、一緒にレストランへ来ているわけではありません。 あくまで、同席者と食事の時間を共有するために、レストランに来ているはずですね。 もし、同席者から「先に取りに行ってもいいよ」と言葉があれば別ですが、相手に合わせながら食事を進めるよう心がけましょう。 同席者と食事のスピードを合わせ、料理を取りに行くとき、同時に席を立てるようにする。

6
★0

テーブルの上に何気なく置かれている料理の「ある法則」とは。

ビュッフェに行く機会があれば、料理台に並べられた料理の順番に注目してみましょう。 適当に料理が並べられているわけではありません。 「ある法則」に気づきませんか。 実はきちんと配慮されたビュッフェでは、料理台を時計回りに、コース順で並べられているはずです。 ビュッフェ形式では料理台を時計回りに回っていくルールがあります。 並べ方も、時計回りでコース順になるように、配慮されているのです。 食べたい料理から取ってもいいですが、コースを意識した順に並べられているなら、順に従って取っていくほうがいいでしょう。 ルールを無視できる状況でも、きちんとルールに従って食べていくのがエレガントです。 ただし、仲間内の打ち解けた立食パーティーでは、無作為に料理が並んでいる場合もあります。 その場合も、自分でコース順を意識して食べていくようにしましょう。 テーブルは時計回りに回り、コースの順を意識して食べる。

7
★1

料理を取る際に注意したい5つのマナー。

(1)できるだけ左側から取る 西洋のテーブルマナーと同様、料理は「左側」から取っていくのが基本です。 おのおのが1つの料理を好きな場所から取っていくと、形が崩れやすくなりますし、見苦しくなります。 ナイフで切り取る形態のものは、左側から取るようにしましょう。 ただし、左側から取るのが難しい料理の場合は、この限りではありません。 (2)料理をぐちゃぐちゃにしない 皿の上に散乱している料理は、味も悪く見えてしまうものです。 料理は、みんなで取るものですから、できるだけ型崩れが起こらないよう、きれいに取りましょう。 (3)料理を容器などに入れて持ち帰らない ビュッフェで出される料理は、食べ放題です。 持参した容器などに入れて持ち帰るのはよくありません。 カジュアルな立食パーティーで、主催者から「残ったものは持ち帰っていいですよ」と言葉があれば、持ち帰っても結構です。 (4)専用カトラリーを使う それぞれの料理台に並ぶ料理は、取るために使う専用のカトラリーが用意されています。 フォークやスプーンなどです。 専用のカトラリーがあるのですから、きちんとそれを使うのがマナーです。 専用カトラリーで、ほかの料理を一緒に取るのはいけません。 自分が使っているナイフやスプーンなどで取るのは、言語道断です。 (5)一度取ったものを戻さない 一度皿に盛った後「ちょっと多く盛りすぎたかな」と思うことがあります。 たとえそう思ったとしても、料理を戻すのはよくありません。 どうしても食べられない場合を除いて、一度取ったものは責任を持って食べきるようにします。 料理を盛る際は、自分が食べられる料理や量をあらかじめ考えてから取るようにしましょう。 マナーを守りながら、料理を取る。

8
★1

皿に盛り付ける品数の目安。

皿に料理を盛る際、高度なセンスが必要になりそうですが、センスは不要です。 センスが必要とされるのは、プロの料理人が手の込んだ料理を作るときです。 一般的なビュッフェでうまく盛るためには「センス」ではなく「品数」がポイントです。 品数さえ間違えなければ、自然と整った盛り付けが演出できます。 目安にしておきたい、ルールをご紹介します。 ・オードブルは、2・3種類まで オードブルの鮮やかな色合いは、食欲をそそる意味があります。 そのため、一皿に複数盛ることに問題ありません。 むしろ異なる種類を盛るほうが、美しくなります。 しかし、多すぎると逆に色合いが損なわれてしまうため、2・3種類を目安に取るようにしましょう。 ・メイン料理は2種類まで メイン料理は、本来、1皿1品です。 多くても、2種類までにしましょう。 それ以上の品数を盛ろうとすると、皿が窮屈で見苦しくなります。 くれぐれも山盛りは控え、少量を心がけましょう。 2種類を取る場合に気をつけたいのは、温かい料理と冷たい料理です。 温度差のある料理は、別々の皿に分けるようにしましょう。 温度差のある料理を一緒の皿に載せてしまうと、温かいものは冷たくなり、冷たいものは温かくなり、料理の質が損なわれます。 ・ソースがあるものは、1皿1品 皿の上でソースが広がりやすい料理は、1皿1品にしましょう。 別の料理を一緒の皿に載せてしまうと、ソースが混ざって味が損なわれます。 さて、いかがでしょうか。 このルールを守れば、おおむねどんな状況でもうまく対応できるはずです。 もし対応に困ったときには、無難に「1皿1品」です。 品数が多くて見苦しくなることはあっても、少なくて見苦しくなることはありません。 また、どんな料理でも3種類までが限界です。 皿に載せる料理の目安を、覚えておく。

9
★0

料理台の前で立ち止まらない。

料理台には、おいしそうな料理がたくさんあって、どれから食べようか迷ってしまいます。 食いしん坊には、たまらないですね。 このシチュエーションで、よく起こりがちなトラブルがあります。 料理台の前で立ち止まってしまい、後ろの人に迷惑をかけてしまうことです。 おいしそうな料理であるほど、迷う時間もいつの間にか長くなってしまうのです。 迷う気持ちは分かりますが、料理台の前で立ち止まるのはマナー違反です。 1人が立ち止まると、後ろに並ぶ人たちの迷惑になります。 立ち止まるのは、料理を取るときだけです。 迷って立ち止まる時間は、できるだけ少なくするよう配慮したいところです。 この場合、列で並んで待っている間にどの料理を取ろうか、あらかじめ決めておくことが大切です。 自分の番が来るまでぼうっとしているのではなく、この時間を有効に使っておくのです。 料理台の前で迷って立ち止まらないよう、列で並んでいる間に、食べたい料理を決めておく。

10
★1

全体を把握しているからこそ、上手な配分ができるようになる。

試験に慣れている人は、試験開始と同時に、すぐ問題を解き始めません。 最初は問題を見渡し、全体を把握します。 問題文を軽く眺めれば、簡単そうか難しそうか、検討がつきます。 簡単そうな問題から先に取り組んで、難しそうな問題は後回しにするなど、上手な時間配分ができるようになります。 上手な時間配分は、全体を把握しているからこそできるようになります。 ビュッフェでも同じです。 皿を取って、目の前にある料理を次から次へと取っていくのはよくありません。 無計画すぎます。 最初はどのような料理が並んでいるのか、料理全体を把握します。 ここに3分くらい時間をかけます。 少し長いように感じますが、3分も時間があれば、全体が把握できるだけでなく、より食欲も湧いてきます。 ビュッフェとはいえ、コース料理と同じようにオードブルから始まって、メインディッシュ、最後にはデザートですね。 その流れにのっとって食べられるよう、食事の量やタイミングを考えます。 全体を把握することで、どの料理を、いつ、どのくらい食べるのか、計画が立てやすくなるのです。 食べ始める前に料理全体を眺めて、食べ方の計画を立てる。

11
★0

並び始める瞬間が、重要だ。

列に並び始める瞬間です。 列の最後尾に並び始めるタイミングが、ちょうど重なることがあります。 自分が先に並ぶか、それとも譲るか。 この瞬間は大切です。 おなかがすいているので、少しでも前に並んで、早く食べたいと思います。 こういうところで、その人の本性が現れやすくなります。 「われ先に」と言わんばかりに並ばれると、気分が悪くなります。 気分が悪くなると、食べる食事もまずく感じます。 逆に「お先にどうぞ」と言って譲る人は、お互いの気分がよくなります。 気分がよくなると、食事もおいしく感じるようになります。 ささいな差です。 しかし、このちょっとした差で、大きな違いを生んでしまうのです。 並び始める瞬間は大切です。 もし、誰かと並び始めるタイミングが重なれば、譲るようにしましょう。 年配者や女性に対してはもちろん、たとえ相手が男性でも、やはり譲り合う気持ちは必要です。 列に並ぶとき、1つ早いか遅いかの順番の違いは大きくありません。 大切なのは、気持ちです。 大勢の人が一度に参加するビュッフェですから、譲り合いは基本です。 譲り合いを大切にすれば、気持ちよく食事ができるのです。 ほかの人と並び始めるタイミングがバッティングすれば、相手に譲る。

12
★0

料理が並んでいるテーブルの前では、大声で話をしない。

料理台の前では、できるだけ会話を控えるようにするのがマナーです。 大きな声で会話をしていると、口からだ液が飛び、料理に混ざってしまうからです。 誰かのだ液が混じった料理は、誰もが取りたくなくなりますね。 どうしても知人友人と会話をしたければ、せめて小さな声を心がけるようにしましょう。 ささいなことですが、大きな配慮です。 料理が並んでいるテーブルの前では、できるだけ会話を控える。

13
★0

友達を使って、列の途中に割り込ませてもらわない。

「おいで。ここに入れてあげるよ」 料理を取ろうと列に並ぶ友達を見つけて、割り込ませようとする光景を目にします。 1人で待っているのも心細いためでしょうか。 話しかけられた友達も、長い順番待ちをスキップできるので、喜んで割り込ませてもらおうとします。 両者の気持ちは分かるのですが、よいマナーとは言えません。 自分が逆の立場になってみれば分かります。 自分の目の前にいる人が、友達を誘って割り込まれると、気分がよくありませんね。 早く料理を食べたいのを我慢して並んでいるのに、一部の人が違反しているわけです。 「なんだ、この人」と思われ、こういうところで、楽しい気分を害してしまうのです。 誰かの気分が悪くなることはしないことです。 知人が「入れてあげるよ」と誘ってきたとしても、割り込むのは控えるようにしましょう。 料理を取るまでに多少時間がかかりますが、きちんと最後尾に並ぶのがマナーです。 当たり前のようですが、これが最も気持ちのよい順番待ちです。 誘われたとしても、列に割り込むのはやめる。

14
★0

ビュッフェでは、あえてフォーマルすぎる格好は控えたい。

フォーマルなフランス料理店に向かう場合、きちんとした服装で向かうのがマナーです。 フォーマルすぎる格好で失礼になることはありません。 ただし、ビュッフェの場合は少し異なります。 ビュッフェの場合も、フォーマルな服装で向かっていけないわけではありません。 しかし、堅苦しすぎる格好は、場に合わないことがあります。 ビュッフェでは和気あいあいとした開放感がありますから、堅苦しい格好では不自然になり、浮いてしまうのです。 ビュッフェで心がけたい服装は「フォーマルな服装かどうか」ではありません。 「動きやすい服装かどうか」です。 ビュッフェでは、頻繁に立ったり座ったり歩いたりするので、動きやすい格好が第一です。 ビュッフェは、フォーマルすぎる格好は避けて「動きやすい格好」で行く。

15
★3

人込みを避ける配慮を忘れずに。

ビュッフェはご家族や友達など、大勢でいく場合が多いのではないでしょうか。 大勢で行くと、タイミングが重なりやすく、料理台に大勢が押し寄せることになります。 ホテルやレストランのビュッフェでは、多くのお客さんがいるでしょうから、料理台の周りに人だかりができやすいのです。 料理台に向かうタイミングにも、配慮が必要です。 もし料理台周りに人だかりができていれば、あえてタイミングをずらしましょう。 わざわざ人込みの中に向かうのもよくありません。 人同士がぶつかりやすくなり、危険です。 料理台が混雑している間は、テーブル席で飲み物を飲んだり、同席者と会話をしたりなどして、しばらく時間を置きます。 人がすいてきたタイミングを見計らってから料理を取りに行けば、自分も取りやすくなり、他のお客さんの迷惑にもなりません。 人が混んでいるときには、タイミングをずらして人込みが落ち着いてから、料理を取りに行く。

16
★1

料理を取りに何度も席を立つのは、マナー違反ではない。

ビュッフェスタイルでは、通常のレストランとは異なり、自分で料理を取りに行かなければいけません。 テーブルから料理台まで、何度も往復することになります。 当然、座ったり立ったり歩いたりなど、少し慌ただしくなります。 頻繁に席を立つのはよくないのではないかと思いますが、マナー違反ではありません。 むしろ何度も席を立つほど「ビュッフェスタイルを楽しんでいる」と姿に見られます。 もし、量に迷ったら、残さないようにするため少なめに盛ります。 足りなければ、また取りに行けばいいのです。 基本は「1皿1品」です。 同じ種類の料理を取りに行く場合は、同じ皿を使ってかまいませんが、種類が異なる料理の場合は、新しい皿を使いましょう。 少量を何度も取りに行くのがいいのです。 食事の量に迷ったら少なめに取り、足りなければまた取りに行く。

17
★1

ただ取り分けるだけでなく、量や色のバランスを考えて料理を取る。

「おや。きれいに盛り付けているなあ」 ある立食パーティーでのことです。 皿に料理をきれいに盛り付けている女性を見かけたことがありました。 単に料理台から料理を取っているだけですが、皿の上は量や色など、全体的に整っている盛り付けでした。 人間とは不思議なものです。 皿に料理がきれいに盛り付けられていると、その人に対して好印象を受けてしまいます。 きれいに盛り付けができることは、仕事を手際よくこなしたり、おいしい料理が作れたりするのだろうと、連想するからです。 立食パーティーで、皿への盛り付けは自由です。 しかし、自由だからこそ、その人の内面が見えやすい瞬間でもあります。 ただ料理を盛り付けるのではなく、できれば美しく彩りを考えながら料理を皿に取ってみましょう。 色や量など、全体的なバランスを考えながら盛り付けるのです。 美しい皿の状態は、いつの間にか自分の周りに好印象を与えます。 全体的な色や量など、バランスを考えながら盛り付ける。

18
★5

ビュッフェでは「皿を下げてほしい」という便利なサインがある。

フォーマルな立食パーティーでは、料理台周りを世話する給仕がいます。 料理台の上の料理を新しいものに入れ替えたり、テーブルの上に置かれている皿を下げたりする役目を持ちます。 料理の皿を下げてもらいたいとき、給仕にお願いすれば、すぐ下げてもらえます。 しかし、いちいち話しかけるのは手間です。 人によっては面倒だと思う人もいるでしょう。 実はわざわざ声を出さなくても、皿を下げてほしいことを伝えるサインがあります。 皿の上に、使用済みの紙ナプキンを置いておけばいいのです。 ビュッフェでのマナーの1つです。 食べ終わった食器は、まずカトラリーを皿の上に3時や5時の方向に並べておきます。 次に、使用済みの紙ナプキンを軽くたたんでから、皿の上に置きます。 その皿をテーブルの隅に移動させておけば、OKです。 皿の中に紙ナプキンを入れるのに抵抗感を覚える人もいるでしょうが、給仕には見分けやすいサインになります。 この皿の状態を見た給仕はテーブルに近づき、皿を素早く下げてくれます。 皿を下げてもらいたいときは、使用済みの紙ナプキンを軽くたたんでから、皿の上に置いて、テーブルの隅に移動させる。

19
★2

料理を取りに行くたびに、皿を取り換えるのが正式。

立食パーティーで、同じ皿を使っていると、問題が発生します。 どうしても前の料理のソースなどが残ってしまい、次の料理を盛り付けるとき、味が損なわれてしまうのです。 ソースや水分が含まれた料理では、ありがちです。 ほかの料理の味が混ざってしまいますし、見た目もよくありません。 こうした場合、どうすればいいのでしょうか。 料理を取りに行くたびに、新しい皿に取り換えればいいのです。 カジュアルなビュッフェなら、同じ皿を何度も使い回していいのでしょう。 しかし、フォーマルなビュッフェでは、料理を取りに行くたびに新しい皿に取り換えるのが、正式なマナーです。 まだ使える皿を交換するのは、申し訳なく思いますが、マナー違反には当たりません。 むしろ種類の異なる料理を同じ皿で取り分けるほうが、よほど不作法です。 料理を提供する側としても、少しでもおいしく料理を頂いてもらいたいと願っています。 料理を取りに行くたびに新しい皿を使えば、料理の味を壊さずに食べることができるようになります。 料理を取りに行くたびに、新しい皿に取り換える。

20
★2

食べ終わった食器を重ねて片付けるのは、よくない。

ビュッフェでありがちなマナー違反があります。 「食べ終わった後の皿を重ねてしまうこと」です。 食べた後の皿をそのまま置いていると、テーブルの領域を広く取られます。 そこで皿を何枚か重ねて、テーブルの上をすっきりさせようとする人がいます。 重ねられた皿は、明らかに食べ終わっていることが見て分かりますし、給仕にとっても食器を下げやすくなるだろうと思います。 しかし、これはよくありません。 テーブルの上は、表舞台です。 いくら使い終わった皿とはいえ、食事を口にする表舞台で皿を重ねるのは品がありません。 乱暴に皿を重ねることで、皿に傷がついてしまうこともあります。 歓談している相手から、食器を乱暴に扱っている印象につながることもあるでしょう。 給仕が片付ける際、皿を重ねるのはいいのですが、客が自ら進んで重ねるのは好まれることではないのです。 では、食べ終わった食器はどうすればいいのでしょうか。 まず食べ終わった食器は、カトラリーを皿の上に、3時や5時の方向に向けて並べます。 次に、使用済みの紙ナプキンを軽くたたんでから、皿の上に置きます。 その皿をテーブルの隅に置いておけばOKです。 給仕は、カトラリーの状態や位置などから、明らかに下げてもらいたいことが確認できます。 食べ終わった皿を、自分から進んで重ねないようにする。

21
★2

ビュッフェの本当の魅力とは、さまざまな料理を口にできること。

ビュッフェでの食べ方を見ると、個人の思想がよく現れます。 甘いものから食べようとする人もいれば、単価の高そうなものばかりを狙って食べる人もいます。 ビュッフェは、どのような食べ方でもできます。 しかし、ちょっと待ってください。 あらためてビュッフェの一番の魅力とは何でしょうか。 食べ放題も魅力ですが、もっと大切な魅力があります。 ビュッフェの本当の魅力とは「さまざまな料理を楽しめること」です。 あらゆる料理の中で、数多くの料理を自由に食べられるのは、ビュッフェだけです。 アラカルトも料理を選択できますが、ビュッフェにはかないません。 豊富な種類の料理を、幅広く楽しむのがいいのです。 そのビュッフェだからこそできることです。 おなかをいっぱいにさせるより、さまざまな料理を楽しんで、気持ちを満足させることです。 それこそ、ビュッフェを存分に堪能していると言えるでしょう。 さまざまな料理を口にして、おなかより気持ちを満足させる。

22
★0

デザートビュッフェは、誕生日会の会場としてはうってつけ。

ビュッフェは、世界のどこでも有名な料理形式です。 ビュッフェの中でも、一風変わったメニューがあるのも面白みの1つです。 最も有名なのは「デザートビュッフェ」です。 その名のとおり、さまざまなデザートが中心になっているビュッフェです。 ケーキ、フルーツ、ジュース、お菓子など、デザートに関するものが膨大に並んで食べ放題なのです。 私は、ときどきデザートビュッフェにいくことがあります。 渋谷に90分でデザートが食べ放題のお店があります。 食べすぎが体に悪いのは承知ですが、ストレス発散には絶大な効果があるので、たまに行くことがあります。 ただでさえ開放感があるビュッフェですが、デザートビュッフェの場合は、さらに開放感があります。 これは経験してみないと分かりません。 童話『ヘンゼルとグレーテル』でお菓子の家が登場しますが、あの子供たちの気持ちが分かります。 大人でも童心に返れます。 何度かデザートビュッフェを経験するうちに、気づくことがありました。 誕生日会がよく開かれているのです。 デザートビュッフェに向かうと、会場のどこかで誕生日会が開かれているのを目にします。 「なるほど。デザートビュッフェで誕生日会はいいアイデアだな」 和気あいあいとしたビュッフェ会場は、誕生日会らしく盛り上がりやすくなります。 雰囲気そのものが開放的です。 開放感あふれるデザートビュッフェを会場にすれば、盛り上がりやすくなるのです。 参加する人、祝ってもらう人のお互いにとって、盛り上がりやすくなる場所なのです。 誕生日会を、デザートビュッフェで開く。

23
★2

ビュッフェで少しでもたくさん食べる、2つの方法。

本来、ビュッフェでは、食べ放題を意識しないほうがベターです。 食べ放題を意識すると、食べ方が乱暴になりやすいからです。 しかし、そうは言っても「思いきり食べるのを楽しみたい」と思うときもあるでしょう。 マナーという点からは外れますが、たくさん食べるのが目的なら、それなりの工夫もあります。 胃の大きさは人それぞれであり、食べる量も最初から決まっていると思われがちです。 しかし、食べ方を少し工夫するだけで、いつもよりたくさん食べられるようになります。 (ポイント1)炭水化物は後回しにする いきなり炭水化物から食べ始めるのは、おすすめしません。 炭水化物を食べると、血糖値が急上昇して、すぐ満腹感が得られるからです。 ご飯類、麺類、デザート類などの炭水化物が多い料理は、後回しにするのでいいでしょう。 最初は、炭水化物の少ない料理から食べ始めるのがおすすめです。 肉類、野菜類、スープ類などです。 満腹感を抑えながら、たくさんの料理を食べることができるようになります。 (ポイント2)食事の終盤はデザートで追い込む 食事の終盤に「もう食べられない」と思えば、甘いデザートを食べましょう。 すると、胃が不思議な活動を始めます。 満腹の状態で甘い物を食べると、胃の中のものが、腸に押し出す動きをします。 その結果、胃の空間ができ、もう一食くらいは食べられる余裕が生まれるのです。 炭水化物の少ない料理から食べ始め、最後はデザートで締めくくる。

24
★0

ビュッフェに行くときは、香水をつけないくらいの配慮をしたい。

ビュッフェで食事の際、私はこんなトラブルを経験したことがあります。 ビュッフェでは、料理台の前を列に並んで、順番に取っていくスタイルですね。 列が、前へ前へと進みます。 私も料理を取ろうと、列に並んで待っていたときのことです。 前に並んでいる人の香りが、真後ろの私を直撃して、ひどい目に遭ったことがありました。 「どぎつい香水だ」 どぎつい香水の香りというのは、食欲を一気に減退させます。 これからおいしそうな食事を取って食べようと心を躍らせているとき、どぎつい香水で台無しになってしまったのです。 同じようなトラブルを経験した人は、多いのではないでしょうか。 ビュッフェでは、椅子に座ってする食事とは異なり、席を頻繁に立ったり動き回ったりします。 ほのかな香りでも、レストラン内に広がりやすい。 しかも料理を取ろうと列に並んだとき、自分の香水の香りが後ろに並んでいる人の食欲の妨げになっていることもあります。 自分がよいと感じる香りとはいえ、他人はどう感じるか分かりません。 ビュッフェに向かうとき、できるだけ香水は控えるようにしましょう。 つけてはいけないわけではありませんが、可能なら、つけないのがベストです。 さまざまな料理が並ぶがゆえに、香りも入り交じりやすくなります。 ビュッフェでは、いつも以上に香りに対する配慮を心がけるようにしましょう。 ビュッフェのときは、香水をつけないようにする。

25
★1

気分転換には、ビュッフェがおすすめ。

ビュッフェには、独特のわくわくとした心の高揚があります。 通常、レストランでも料理といえば、一品をオーダーするのが普通ですね。 コース料理をオーダーしたとしても、5種類前後の料理です。 しかし、ビュッフェでは、数多くの料理を堪能できます。 何十種類もの料理を一度に堪能ができる、という贅沢があります。 数多くの料理スタイルの中でもビュッフェだけです。 普段の食卓でも、これほどの料理がずらりと並ぶことはありません。 数多くの食事が並び、どれを食べようか迷いますね。 わくわくした心の高揚といい、数多くの料理といい、なかなか普段の生活では味わえない感覚です。 夢の中にいるような光景ですね。 ビュッフェの素晴らしい点は、ここです。 「非現実的な時間を味わえる」 これなのです。 言い方を変えれば、気分転換にこれほどうってつけの時間はありません。 味を想像したり料理に迷ったりなど、普段にはない贅沢な気持ちを味わえます。 そのことで、普段の生活のストレスを忘れることができます。 夢が見られる時間なのです。 ビュッフェで、気分転換をする。

26
★1

ビュッフェは、新しい味の発見に出合いやすい。

ビュッフェでは、好きなものを自由に食べられます。 おや、ちょっと待ってください。 別に「好きなもの」に限定しなくてもいいではありませんか。 自由に食べられる状況なら、好きなもの以外を食べてもいいのです。 数多くの料理が並ぶビュッフェでは、ときおり味が想像しにくい料理が並んでいることがあります。 食べたことのない料理や珍しい料理です。 無難に食べないのもいいのですが、せっかくのビュッフェなのですから、ぜひ挑戦してみましょう。 ビュッフェだからこそ、普段はあまり口にしないものを、わざと口にしてみるのです。 「おいしいな」 いい意味で、裏切られることがあります。 口にしてみると、想像していた味とは違い驚くことがあります。 「今まで自分は見た目だけで味を判断していた」 その誤りに気づくチャンスです。 自分の味覚の幅を広げられます。 ビュッフェは、新しい味の発見に出合いやすい。 自分の味覚を広げられるチャンスになるのです。 ただし、1つ注意があります。 残さず食べるのがマナーですから、味が想像しにくい料理を口にする場合、苦手な味でも食べられる程度の少量で試してみましょう。 最初からたくさん取るのはおすすめしません。 好みの味でなくても、責任を持って最後まで食べましょう。 おいしいなら、おかわりすればいいのです。 味が想像できないものに挑戦するときは、最初は少量を心がける。

27
★1

過度な空腹状態で行くのは避ける。

「食べ放題だ。しっかりおなかをすかせておこう」 ビュッフェに行くことが決まれば、おなかをしっかりすかせてから向かう人が多いのではないでしょうか。 空腹になれば、たくさん食べられるはずですから、ビュッフェもいっそう楽しめるのではないかと思います。 一定料金でいくらでも食べられるのですから、そう考えるのは自然です。 しかし、過度の空腹でビュッフェに向かうと、意外な展開があります。 食欲を満たすことに集中してしまい、勢いのある食べ方になります。 おいしいはずの料理。 しかし、流し込むように勢いよく食べているため、味わいが感じられにくくなるのです。 同席者との会話もなく、黙々とした食べ方になってしまう。 ひたすら食べてばかりの時間になってしまいがちです。 せっかくの食事ですから、ご家族や友達と歓談を楽しみながら食事をしたいですね。 そのためにも、過度の空腹状態は逆効果になってしまいがちです。 「たくさん食べたけど味はよく分からなかった。特に会話もなかった」 そうならないように、注意しましょう。 過度の空腹状態で、ビュッフェに向かうのはやめる。

28
★3

他人の分の料理を勝手に取ってくるのは、親切なようで不親切。

ビュッフェでは、自分が食べる料理を、自分が料理台まで取りに行くスタイルです。 取りに行くとき、ふと思うことがあります。 「取りに行くついでに、ほかの人の料理も一緒に取ってきてあげれば、取りに行く手間が省け、喜ばれるのではないか」 しかし、ここが要注意です。 気を利かせて他人の分まで皿に料理を取ってこようとするのは、ありがちなマナー違反です。 他人の料理の好き嫌いが分かりませんから、どの料理をどのくらい食べられるかなど、他人の場合は分かりにくいのです。 食べられない料理や食べられない量の場合は、料理を残してしまうことになりますね。 これは相手に恥をかかせてしまうことになります。 また、複数の皿を同時に手に持つことになりますから、料理をこぼしたり落としたりする危険もあります。 相手から「取ってきてほしい」とお願いがあった場合は別ですが、勝手に他人の分まで持ってくるのは、控えるほうがベターです。 自分で責任を持って、食べられる料理を、食べられる量だけ取るようにします。 勝手に他人の分の料理を、取ってこないようにする。

29
★0

使い終わった食器に給仕が気づかないときは、直接お願いしたほうが早い。

セルフサービスの会場でないかぎり、使い終わった食器やコップは、給仕がタイミングを見て片付けてくれます。 そのためにも、給仕から見て「食べ終わった。飲み終わった」とすぐ分かるような皿の状態にしておくことが大切です。 やはり第1は、残さずきれいにしておくことです。 しかし、状況によっては「食べ終わった、飲み終わった」と、なかなか気づいてもらえない場合があります。 片付けるのは給仕の仕事ですからほうっておけばいいと思いますが、そういうわけにもいかないのです。 ビュッフェは食べ放題で、1皿1品が基本です。 食事を進めるにつれ、下げてくれない皿がテーブルの大半を占有してしまうことがあります。 いつまでも下げてくれない皿がテーブルの上を占領し始めると、会話もしづらくなりますね。 ほかの人がテーブルを使う際も、邪魔になります。 もし、給仕がなかなか下げてくれないときには、直接お願いして、食器を下げてもらうようにしましょう。 いつまでも下げてくれない皿を気になるくらいなら、給仕にお願いしたほうが早い。 テーブルがすぐきれいに片付き、相手との会話に専念できます。 給仕が使い終わった食器に気づいてもらえないときは、直接お願いする。

30
★1

ビュッフェで、できたばかりの料理を必ず食べられる時間帯とは。

ビュッフェの料理は、出来立ての料理と冷めている料理の差が激しいのが難点です。 人気のある料理は回転も速いため、すぐ補充され、出来立ての料理にありつける可能性も高くなります。 その一方で回転の悪い料理は、なかなか交換されず、新鮮味が失われています。 料理の回転を速くすればいいのですが、レストラン側としても経営ですから、なかなか難しいところです。 ビュッフェですから、こればかりはタイミングの問題で、解決が難しいと思われます。 しかし、実はある時間帯なら、必ずできたばかりの料理を食べることができます。 朝、営業を開始した直後です。 たとえば、朝のビュッフェが9時から始まるとすれば、9時ちょうどに向かいます。 ランチビュッフェが12時からなら、12時ぴったりに向かいます。 サービスが始まる時間には、当然出来上がったばかりの料理が並ぶはずです。 必ずできたばかりの料理にありつけるのです。 ビュッフェサービスが始まった直後に、お店に向かう。

同じカテゴリーの作品