人生の教科書



読み上げ動画・音声
食事マナー
あなたのマナーは、3世代続く。
食事マナー
マナー違反もマナーになる場合がある?

テーブルマナーのすすめ

お気に入り0 読んだ
30

食事サーブする経験すると、
マナー大切さを痛切じる

婚して、幼い子供が食べた食器洗いを経験すると、マナーの大切さを痛切に感じます。

食事をサーブされる側から、する側です。

子供はマナーを知らないため仕方ないのですが、とにかくめちゃくちゃです。

子供たちは、嫌いなものを食べ残します。

食事中、トイレで席を立ちます。

ナイフとフォークの使い方がめちゃくちゃです。

カトラリーで遊んで、食器を叩く音がうるさい。

一生懸命に食事を作って、サーブをする側としては、ため息をついてしまいます。

普段、マナーが守られているときは気づきません。

給仕のように食事をサーブする立場になると、礼儀や作法の大切さを痛切に感じます。

まだマナーを知らない子供たちに食事をサーブしていると「テーブルマナーはやはり必要だ」と痛感するのです。

子供だから許せます。

しかし、大人の場合はいけません。

マナーを知らない人は、大きくなった子供と変わりありません。

知らず知らずのうちに、食事をサーブしてくれた人や作ってくれた人を不快にさせています。

子供場合は「仕方ないね」で済みますが、大人の場合は済まされません。

一度サーブされる側ではなく、する側に回ってみることです。

マナーの根本的な大切さを、痛切に感じます。

テーブルマナーのすすめ その30

  • サーブされるではなく、
    するになり、
    マナー根本的大切さにづく
まとめ

もくじ
(テーブルマナーのすすめ)

同じカテゴリーの作品