人生の教科書



読み上げ動画・音声

テーブルマナーのすすめ

お気に入り3 読んだ
1

かっこいい経験が、
意識一変させた

がテーブルマナーを身につけようと思ったきっかけは、憧れでした。

19歳のころ、単身でアメリカに留学をして、およそ3年半、海外生活を体験しました。

アメリカでは西洋料理の本場です。

今まで日本の生活では、箸を使った食事が多かったのですが、急にナイフとフォークを使う機会が増えました。

最初は違和感がありましたが、すぐ慣れてきました。

また、外食が好きで近場に洋食レストランもたくさんあったので、友達と一緒に頻繁に食事にいったものです。

そこで衝撃を受けたのです。

数多くのテーブルマナーの達人たちを目にしました。

テーブルマナーが整っている人は、めちゃくちゃかっこいいのです。

私はそれまで「テーブルマナーなんて面倒。堅苦しいだけだ」と思っていました。

 

しかし、その考えを吹き飛ばしてしまうほど、かっこいいのです。

これまでの私が考える食事とは「腹を満たすだけ」が目的でした。

 

しかし、テーブルマナーがしっかり決まれば、美しくてかっこいい。

その姿に、憧れました。

単に食事をしているだけですが、かっこいい。

  • 「あんなふうにかっこよく食事がしたいな」

そういう憧れが、テーブルマナーを学びたいという原動力へと変わりました。

テーブルマナーのすすめ その1

  • テーブルマナーのかっこいいて、
    れる

同じカテゴリーの作品