人生の教科書



食事マナー
フォーマルなレストランで、頼りがいのある男性に見られる方法。
食事マナー
案内されたテーブル席に座るときは、左側から。
食事マナー
給仕にとって「おいしい」ほど、嬉しい褒め言葉はない。
睡眠
朝に行動できれば、その日1日は楽になる。
食事マナー

テーブルマナーのすすめ

お気に入り1 読んだ
6

ルールはルール。
面倒なことを嫌がらない人が、
かっこいい。

ルールはルール。面倒なことを嫌がらない人が、かっこいい。 | テーブルマナーのすすめ

極端に言ってしまえば、テーブルマナーは面倒くさいルールばかりです。

最初は、誰もが面倒だと思います。

  • 「食べるときくらいルールを気にせず、自由に食べたい!」

 

しかし、面倒なことを嫌がっているのは、わがままを言い張る子供と同じです。

 

たしかに自由は大切ですが、自由しかないのは秩序がありません。

多くの人が共存する社会では、面倒でも守らなければいけないマナーがあります。

周りの人に迷惑をかけないからこそ、自分も共存できるわけです。

フォーマルなレストランでも同じです。

法律があるわけではありませんが、守るべきルールがあります。

大声を出さない。

食事は、できるだけ残さない。

食事中は、できるだけ中座しない。

給仕を呼ぶときは、手を挙げる。

食事中はナプキンを膝の上に置き、中座の際は椅子の上に置く。

そのほかにも数多くあります。

そういう面倒なことを嫌がらない人が、かっこいい。

ルールというのは、相手や周りの人に迷惑をかけないためにあります。

ルールを守っている姿が相手に安心感を与え「この人とは長いお付き合いができそうだ」と好印象を抱かれるのです。

まとめ

テーブルマナーのすすめ その6
  • ルールを守れる人になる。
「マナー、マナー」と言っているのは、まだ慣れていない証拠。

もくじ
(テーブルマナーのすすめ)

同じカテゴリーの作品