子育て

子供の
「外遊び」のすすめ

5
19

どんなにテレビが進化しても、
現実世界の刺激にはかなわない。

どんなにテレビが進化しても、現実世界の刺激にはかなわない。 | 子供の「外遊び」のすすめ

2010年は、これまでの常識を覆すテレビが登場しました。

3Dの映像を映し出すテレビの登場です。

従来のテレビといえば、平面に映し出された映像を見る形態が中心でした。

これまでにも、3Dによる映画やテレビがありましたが、いくつかの大きな問題がありました。

  • 高価
  • 目が疲れやすい
  • 専用のメガネをかける必要がある

技術が発展途上であったため、一部の施設の利用などに限られ、庶民の暮らしまで広まることはありませんでした。

 

しかし、技術は進歩しました。

今や、専用のメガネはもう不要です。

そのうえ、一般市民でも手に入れられる価格まで下がりました。

そうした理由から「2010年は3Dテレビの元年になるのではないか」と言われています。

20世紀中ごろに白黒テレビが登場して以来、目覚ましい進化です。

白黒テレビの後、カラーテレビが登場。

薄型テレビや大型テレビが登場。

今回、ついに3Dテレビが登場です。

3Dのテレビなら、従来のテレビとは異なり、立体感のある映像が見られるため、左右の目で見る映像の合成処理が行われます。

脳の健康面においてもいいのではないか、と思われます。

実際はどうでしょうか。

 

たしかに2Dの映像しか見られなかったテレビに比べれば、はるかに脳にはいいでしょう。

 

しかし、まだ足りないことがあります。

触覚・嗅覚・味覚の再現です。

3Dテレビの登場によって「音」と「映像」に関しては、現実味を帯びた画像を再現できるようになりました。

ですが、まだ本当の現実には追いついていません。

現実の世界は、五感を伴って感じられる世界です。

360度から聞こえる小鳥たちの声を聞きながら、野道にある草花を見つけ、手でつまんで、鼻でにおいを嗅いでみる。

そうした五感を通した刺激は、現在のテレビ技術ではできません。

もちろん人間の科学技術の進歩は、とどまることを知りません。

ゆくゆくは肌触り・におい・味まで体感できるスーパーテレビが登場する日が来ることでしょう。

現時点では「そんなまさか」と思いますが、それを実現させてきたのが、これまでの人類の歴史です。

 

しかし、登場するとしても、まだはるか先の話と考えていいでしょう。

私たちが生きている間にお目にかかれるとは限りません。

その日を待つのは、あまりに気の長い話だと思いませんか。

今育てている子供が成人になり、老人になります。

もしかしたら、亡くなってしまった後かもしれません。

進化したテレビの登場を待つより、今すぐ外に出て遊んで経験を積むほうが、はるかに成長が早いのです。

子供の「外遊び」のすすめ(19)
  • 進化を遂げたテレビの登場を待つより、現実世界で体感する。
エアコンは、人の生活を便利にする。
しかし、頼りすぎると不便にする。

もくじ
子供の「外遊び」のすすめ
どんなにテレビが進化しても、現実世界の刺激にはかなわない。 | 子供の「外遊び」のすすめ

  1. 外遊びには、子供が生きる力に必要な要素がすべて備わっている。
    外遊びには、子供が生きる力に必要な要素がすべて備わっている。
  2. 家の中のゲームだけでは、生きる力を身につけられない。
    家の中のゲームだけでは、生きる力を身につけられない。
  3. 自信は、外で遊んでいれば、自然と身につく。
    自信は、外で遊んでいれば、自然と身につく。
  4. とりあえず行動していれば、自然と話は広がっていく。
    とりあえず行動していれば、自然と話は広がっていく。
  5. 現代は豊かだ。<br>それをわからせるには、野外キャンプの体験が一番。
    現代は豊かだ。
    それをわからせるには、野外キャンプの体験が一番。
  6. 進んだ現代社会だからこそ、昔の遊びを教える価値がある。
    進んだ現代社会だからこそ、昔の遊びを教える価値がある。
  7. 力任せでは勝てない昔のゲームでは、慣れた大人ほど有利になれる。
    力任せでは勝てない昔のゲームでは、慣れた大人ほど有利になれる。
  8. 四季のある日本だからこそ、特に外遊びはおすすめ。
    四季のある日本だからこそ、特に外遊びはおすすめ。
  9. なぜ大都会ほど、大自然があるのか。
    なぜ大都会ほど、大自然があるのか。
  10. 自然の音を聞くと、子供は強く育つ。
    自然の音を聞くと、子供は強く育つ。
  11. 旅行が難しいなら、せめて日帰りのピクニックくらいならできるはず。
    旅行が難しいなら、せめて日帰りのピクニックくらいならできるはず。
  12. 犬と散歩しているときに、口喧嘩は起こらない。
    犬と散歩しているときに、口喧嘩は起こらない。
  13. 畑仕事を手伝わせると、不思議と味覚が研ぎ澄まされる。
    畑仕事を手伝わせると、不思議と味覚が研ぎ澄まされる。
  14. スポーツは、体の運動だけではない。<br>脳の運動でもあった!
    スポーツは、体の運動だけではない。
    脳の運動でもあった!
  15. 団体競技はどれも、頭を鍛える頭脳ゲームだ。
    団体競技はどれも、頭を鍛える頭脳ゲームだ。
  16. 免疫力を高めるためには、清潔すぎてはいけない。
    免疫力を高めるためには、清潔すぎてはいけない。
  17. 部屋の中は、刺激が限定されやすい。
    部屋の中は、刺激が限定されやすい。
  18. 「スクリーンで見る立体」と「現実世界の立体」は、脳には似て非なるもの。
    「スクリーンで見る立体」と「現実世界の立体」は、脳には似て非なるもの。
  19. どんなにテレビが進化しても、現実世界の刺激にはかなわない。
    どんなにテレビが進化しても、現実世界の刺激にはかなわない。
  20. エアコンは、人の生活を便利にする。<br>しかし、頼りすぎると不便にする。
    エアコンは、人の生活を便利にする。
    しかし、頼りすぎると不便にする。
  21. 国語の読解力は、経験が豊富なほどイメージが鮮やかになる。
    国語の読解力は、経験が豊富なほどイメージが鮮やかになる。
  22. 体験を優先すると、必ず後で追い上げる力になる。
    体験を優先すると、必ず後で追い上げる力になる。
  23. 立って歩けるようになれば、外遊びをしてもいい時期。
    立って歩けるようになれば、外遊びをしてもいい時期。
  24. 子供が泥んこになって帰ってくるのは、一生懸命に外で遊んで帰ってきた証拠。
    子供が泥んこになって帰ってくるのは、一生懸命に外で遊んで帰ってきた証拠。
  25. 真っ暗闇だからこそ、あらゆる怪物をイメージさせられる。
    真っ暗闇だからこそ、あらゆる怪物をイメージさせられる。
  26. なぜ、ウォーキングマシンは、続きにくいのか。
    なぜ、ウォーキングマシンは、続きにくいのか。
  27. 門限があるから、遊びの密度が濃くなる。
    門限があるから、遊びの密度が濃くなる。
  28. 私たちには「新しい刺激に触れて、自分の領域を広げたい」という野心と冒険心が眠っている。
    私たちには「新しい刺激に触れて、自分の領域を広げたい」という野心と冒険心が眠っている。
  29. 子供の持ち物に名前さえ書いておけば、迷子になっても怖くない。
    子供の持ち物に名前さえ書いておけば、迷子になっても怖くない。
  30. 成長のために「遠くへ行ってみたい」と思う子供。<br>安全のために「遠くへ行くな」という親。<br>この矛盾が問題だ。
    成長のために「遠くへ行ってみたい」と思う子供。
    安全のために「遠くへ行くな」という親。
    この矛盾が問題だ。

同じカテゴリーの作品