子育て

子供の
「外遊び」のすすめ

2
27

門限があるから、
遊びの密度が濃くなる。

門限があるから、遊びの密度が濃くなる。 | 子供の「外遊び」のすすめ

私が小学生のころは、遊びに門限がありました。

夕方の6時ごろです。

6時を過ぎると、親からひどく叱られるので、いつも時間を気にしながら遊んでいました。

自転車で10分ほどの距離にある友達の家に遊びに行き、6時までしか時間がないので、かなり一生懸命に遊んでいました。

室内で遊ぶなら、部屋に時計があるのでいいですが、大半はやはり外で遊ぶことが多いものでした。

神社で野球をしたり、かくれんぼをしたり、鬼ごっこをしたりします。

そのため、私は親からいつも防水の頑丈な時計を持たされ、時間になったら帰ってくるように言われていました。

時計を持参する小学生も珍しかったと思います。

 

しかし、今になって思えば、この制限時間がよかった。

制限されているがゆえに「一生懸命に遊ぼう」という気持ちに拍車がかかりました。

「野球なら、6時までに何試合できるか」

「もっと楽しむためにはどうすればいいのか」

「制限時間内に、ほかの遊びはできないか」

遊びの仕方を工夫しようとします。

怠けがなくなり一生懸命になるようになります。

遊んでいる最中に「休んでいる暇などない!」と思ってしまいます。

最初から遊びが濃かったのではなく、時間を意識していたからこそ遊びが濃くなっていました。

その時間内に、何とかやれるだけの遊びはやっておこうと思っていました。

子供に門限を設けないのは、よくありません。

子供が遊びに夢中になると、いつまでも遊び続けます。

そもそも子供が夜遅くまで遊び続けるのは危険です。

夜になると視界が悪くなり、交通事故に遭う危険が高まります。

子供に外遊びをさせるときには、時計を持参させ門限を作るほうがいい。

時間を意識させるのに早すぎることはありません。

過剰なタイムプレッシャーはストレスになりますが、適度なプレッシャーは頭を活性化させるよい刺激へと変わるのです。

子供の「外遊び」のすすめ(27)
  • 子供に門限を守らせるため、時計を持たせる。
私たちには「新しい刺激に触れて、自分の領域を広げたい」という野心と冒険心が眠っている。

もくじ
子供の「外遊び」のすすめ
門限があるから、遊びの密度が濃くなる。 | 子供の「外遊び」のすすめ

  1. 外遊びには、子供が生きる力に必要な要素がすべて備わっている。
    外遊びには、子供が生きる力に必要な要素がすべて備わっている。
  2. 家の中のゲームだけでは、生きる力を身につけられない。
    家の中のゲームだけでは、生きる力を身につけられない。
  3. 自信は、外で遊んでいれば、自然と身につく。
    自信は、外で遊んでいれば、自然と身につく。
  4. とりあえず行動していれば、自然と話は広がっていく。
    とりあえず行動していれば、自然と話は広がっていく。
  5. 現代は豊かだ。<br>それをわからせるには、野外キャンプの体験が一番。
    現代は豊かだ。
    それをわからせるには、野外キャンプの体験が一番。
  6. 進んだ現代社会だからこそ、昔の遊びを教える価値がある。
    進んだ現代社会だからこそ、昔の遊びを教える価値がある。
  7. 力任せでは勝てない昔のゲームでは、慣れた大人ほど有利になれる。
    力任せでは勝てない昔のゲームでは、慣れた大人ほど有利になれる。
  8. 四季のある日本だからこそ、特に外遊びはおすすめ。
    四季のある日本だからこそ、特に外遊びはおすすめ。
  9. なぜ大都会ほど、大自然があるのか。
    なぜ大都会ほど、大自然があるのか。
  10. 自然の音を聞くと、子供は強く育つ。
    自然の音を聞くと、子供は強く育つ。
  11. 旅行が難しいなら、せめて日帰りのピクニックくらいならできるはず。
    旅行が難しいなら、せめて日帰りのピクニックくらいならできるはず。
  12. 犬と散歩しているときに、口喧嘩は起こらない。
    犬と散歩しているときに、口喧嘩は起こらない。
  13. 畑仕事を手伝わせると、不思議と味覚が研ぎ澄まされる。
    畑仕事を手伝わせると、不思議と味覚が研ぎ澄まされる。
  14. スポーツは、体の運動だけではない。<br>脳の運動でもあった!
    スポーツは、体の運動だけではない。
    脳の運動でもあった!
  15. 団体競技はどれも、頭を鍛える頭脳ゲームだ。
    団体競技はどれも、頭を鍛える頭脳ゲームだ。
  16. 免疫力を高めるためには、清潔すぎてはいけない。
    免疫力を高めるためには、清潔すぎてはいけない。
  17. 部屋の中は、刺激が限定されやすい。
    部屋の中は、刺激が限定されやすい。
  18. 「スクリーンで見る立体」と「現実世界の立体」は、脳には似て非なるもの。
    「スクリーンで見る立体」と「現実世界の立体」は、脳には似て非なるもの。
  19. どんなにテレビが進化しても、現実世界の刺激にはかなわない。
    どんなにテレビが進化しても、現実世界の刺激にはかなわない。
  20. エアコンは、人の生活を便利にする。<br>しかし、頼りすぎると不便にする。
    エアコンは、人の生活を便利にする。
    しかし、頼りすぎると不便にする。
  21. 国語の読解力は、経験が豊富なほどイメージが鮮やかになる。
    国語の読解力は、経験が豊富なほどイメージが鮮やかになる。
  22. 体験を優先すると、必ず後で追い上げる力になる。
    体験を優先すると、必ず後で追い上げる力になる。
  23. 立って歩けるようになれば、外遊びをしてもいい時期。
    立って歩けるようになれば、外遊びをしてもいい時期。
  24. 子供が泥んこになって帰ってくるのは、一生懸命に外で遊んで帰ってきた証拠。
    子供が泥んこになって帰ってくるのは、一生懸命に外で遊んで帰ってきた証拠。
  25. 真っ暗闇だからこそ、あらゆる怪物をイメージさせられる。
    真っ暗闇だからこそ、あらゆる怪物をイメージさせられる。
  26. なぜ、ウォーキングマシンは、続きにくいのか。
    なぜ、ウォーキングマシンは、続きにくいのか。
  27. 門限があるから、遊びの密度が濃くなる。
    門限があるから、遊びの密度が濃くなる。
  28. 私たちには「新しい刺激に触れて、自分の領域を広げたい」という野心と冒険心が眠っている。
    私たちには「新しい刺激に触れて、自分の領域を広げたい」という野心と冒険心が眠っている。
  29. 子供の持ち物に名前さえ書いておけば、迷子になっても怖くない。
    子供の持ち物に名前さえ書いておけば、迷子になっても怖くない。
  30. 成長のために「遠くへ行ってみたい」と思う子供。<br>安全のために「遠くへ行くな」という親。<br>この矛盾が問題だ。
    成長のために「遠くへ行ってみたい」と思う子供。
    安全のために「遠くへ行くな」という親。
    この矛盾が問題だ。

同じカテゴリーの作品