子育て

子供の
「外遊び」のすすめ

お気に入り0 読んだ
24

子供が泥んこになって帰ってくるのは、
一生懸命に外で遊んで帰ってきた証拠。

子供が泥んこになって帰ってくるのは、一生懸命に外で遊んで帰ってきた証拠。 | 子供の「外遊び」のすすめ

外遊びをし始めるようになると、あらゆるものが気になって仕方ありません。

川の中の魚を捕まえようとしたり、畑の中で虫を捕まえたりしていると、着ている服はすぐ汚れます。

まさに「泥んこ」です。

私が子供のころは、泥んこになって家に帰ってくると、なぜか祖父や祖母が喜んでいました。

時には、靴があまりに汚れすぎて、はだしで家に帰ったこともあるくらいです。

汚れすぎて、靴を履いている場合ではありませんでした。

田舎に住んでいただけに、川や畑は有り余るほどあり、汚れる環境は揃っていました。

水口家の敷地内には、川が通っているくらいです。

服を汚して帰ると、親は不思議なリアクションを取ります。

「おっ。たくさん遊んで帰ってきたね!」

なぜか、喜びます。

普通なら、服が汚れれば洗濯の手間が増えるので、子供を叱ることもあるでしょう。

なぜ、親は喜んでいたのか不思議ですが、自分が大人になってから分かりました。

服が汚れていることは、子供が外で一生懸命に遊んで帰ってきた証拠だからです。

汚そうとすると、たくさん体を動かすことになります。

それが汚れた服や靴から、一目で分かります。

親にはこれほど嬉しいことはありません。

子供が泥んこになって帰ってきたとき、あなたはどのようなリアクションをしていますか。

いま一度、自己チェックしてみましょう。

もし、汚い服で帰ってきたとき、子供を叱ってしまうとどうなるでしょうか。

子供は外に出て遊ぶとき「服を汚したら親に叱られる」と不安になり、思いきり体を動かして遊べなくなります。

川の中に気になる魚がいても「汚れるからやめよう」と思うでしょう。

畑の中にはいりたくても「汚したら叱られるからやめておこう」となります。

これではせっかく外で遊んでいても、十分に生かしきれていません。

子供は毎日遊んで泥んこになるほど遊びができて上等です。

親は、子供が泥んこになって帰ることを許してあげましょう。

むしろ「よく遊んできたね。偉い」と褒めてあげるくらいでいい。

子供はもっと褒めてもらいたいと思い、外遊びに積極的になるはずです。

それが、多くの刺激に触れる経験になり、脳の発育によい影響を及ぼすのです。

まとめ

子供の「外遊び」のすすめ その24
  • 泥んこになって帰ってくる子供を、歓迎する。
真っ暗闇だからこそ、あらゆる怪物をイメージさせられる。

もくじ
子供の「外遊び」のすすめ
子供が泥んこになって帰ってくるのは、一生懸命に外で遊んで帰ってきた証拠。 | 子供の「外遊び」のすすめ

  1. 外遊びには、子供が生きる力に必要な要素がすべて備わっている。
  2. 家の中のゲームだけでは、生きる力を身につけられない。
  3. 自信は、外で遊んでいれば、自然と身につく。
  4. とりあえず行動していれば、自然と話は広がっていく。
  5. 現代は豊かだ。
    それを分からせるには、野外キャンプの体験が一番。
  6. 進んだ現代社会だからこそ、昔の遊びを教える価値がある。
  7. 力任せでは勝てない昔のゲームでは、慣れた大人ほど有利になれる。
  8. 四季のある日本だからこそ、特に外遊びはおすすめ。
  9. なぜ大都会ほど、大自然があるのか。
  10. 自然の音を聞くと、子供は強く育つ。
  11. 旅行が難しいなら、せめて日帰りのピクニックくらいならできるはず。
  12. 犬と散歩しているときに、口喧嘩は起こらない。
  13. 畑仕事を手伝わせると、不思議と味覚が研ぎ澄まされる。
  14. スポーツは、体の運動だけではない。
    脳の運動でもあった!
  15. 団体競技はどれも、頭を鍛える頭脳ゲームだ。
  16. 免疫力を高めるためには、清潔すぎてはいけない。
  17. 部屋の中は、刺激が限定されやすい。
  18. 「スクリーンで見る立体」と「現実世界の立体」は、脳には似て非なるもの。
  19. どんなにテレビが進化しても、現実世界の刺激にはかなわない。
  20. エアコンは、人の生活を便利にする。
     しかし、頼りすぎると不便にする。
  21. 国語の読解力は、経験が豊富なほどイメージが鮮やかになる。
  22. 体験を優先すると、必ず後で追い上げる力になる。
  23. 立って歩けるようになれば、外遊びをしてもいい時期。
  24. 子供が泥んこになって帰ってくるのは、一生懸命に外で遊んで帰ってきた証拠。
  25. 真っ暗闇だからこそ、あらゆる怪物をイメージさせられる。
  26. なぜ、ウォーキングマシンは、続きにくいのか。
  27. 門限があるから、遊びの密度が濃くなる。
  28. 私たちには「新しい刺激に触れて、自分の領域を広げたい」という野心と冒険心が眠っている。
  29. 子供の持ち物に名前さえ書いておけば、迷子になっても怖くない。
  30. 成長のために「遠くへ行ってみたい」と思う子供。
    安全のために「遠くへ行くな」という親。
    この矛盾が問題だ。

同じカテゴリーの作品