人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

子供の
「外遊び」のすすめ

お気に入り0 読んだ
24

子供が泥んこになって帰ってくるのは、
一生懸命に外で遊んで帰ってきた証拠。

子供が泥んこになって帰ってくるのは、一生懸命に外で遊んで帰ってきた証拠。 | 子供の「外遊び」のすすめ

外遊びをし始めるようになると、あらゆるものが気になって仕方ありません。

川の中の魚を捕まえようとしたり、畑の中で虫を捕まえたりしていると、着ている服はすぐ汚れます。

まさに「泥んこ」です。

私が子供のころは、泥んこになって家に帰ってくると、なぜか祖父や祖母が喜んでいました。

時には、靴があまりに汚れすぎて、はだしで家に帰ったこともあるくらいです。

汚れすぎて、靴を履いている場合ではありませんでした。

田舎に住んでいただけに、川や畑は有り余るほどあり、汚れる環境は揃っていました。

水口家の敷地内には、川が通っているくらいです。

服を汚して帰ると、親は不思議なリアクションを取ります。

  • 「おっ。たくさん遊んで帰ってきたね!」

なぜか、喜びます。

普通なら、服が汚れれば洗濯の手間が増えるので、子供を叱ることもあるでしょう。

なぜ、親は喜んでいたのか不思議ですが、自分が大人になってから分かりました。

服が汚れていることは、子供が外で一生懸命に遊んで帰ってきた証拠だからです。

汚そうとすると、たくさん体を動かすことになります。

それが汚れた服や靴から、一目で分かります。

親にはこれほど嬉しいことはありません。

子供が泥んこになって帰ってきたとき、あなたはどのようなリアクションをしていますか。

いま一度、自己チェックしてみましょう。

もし、汚い服で帰ってきたとき、子供を叱ってしまうとどうなるでしょうか。

子供は外に出て遊ぶとき「服を汚したら親に叱られる」と不安になり、思いきり体を動かして遊べなくなります。

川の中に気になる魚がいても「汚れるからやめよう」と思うでしょう。

畑の中にはいりたくても「汚したら叱られるからやめておこう」となります。

これではせっかく外で遊んでいても、十分に生かしきれていません。

子供は毎日遊んで泥んこになるほど遊びができて上等です。

親は、子供が泥んこになって帰ることを許してあげましょう。

むしろ「よく遊んできたね。偉い」と褒めてあげるくらいでいい。

子供はもっと褒めてもらいたいと思い、外遊びに積極的になるはずです。

それが、多くの刺激に触れる経験になり、脳の発育によい影響を及ぼすのです。

子供の「外遊び」のすすめ その24

  • 泥んこになって帰ってくる子供を、
    歓迎する。
真っ暗闇だからこそ、あらゆる怪物をイメージさせられる。

もくじ
(子供の「外遊び」のすすめ)

同じカテゴリーの作品