人生の教科書



子育て

子供に礼儀と行儀をしつける
30の方法

お気に入り6 読んだ
19

子供が心を開くかどうかは、
親の聞き方しだい。

子供が心を開くかどうかは、親の聞き方しだい。 | 子供に礼儀と行儀をしつける30の方法

子供が自分から学校であったことを話すとき、世間は「積極的な子供」と言います。

逆に、なかなか自分から話してくれないときには、世間は「消極的な子供」と言います。

 

しかし、本来、すべての子供は積極的です。

幼い時期は、親に甘えたいです。

親にかまってもらいたいと思う気持ちが特に大きな時期です。

その時期には、子供は学校であったことや興味のあることなど、親に話しかけるはずです。

報告したり質問したりなどです。

たくさん話をして、自分のことを理解してもらおうとします。

 

しかし、ときどき消極的な子供がいます。

本来すべての子供は積極的であるはずですが、なぜでしょうか。

おそらく親は、子供の話を否定しているからではないでしょうか。

「今日学校でA君と遊んだよ」と子供が話しかけたとき「そんなことしていないで勉強しなさい」と否定する返事をしている。

「新しいゲームが発売された」と子供が話しかけたとき「くだらない」と否定していませんか。

「なぜ空は青いの」と子供が質問してきたとき「そんなこと考えなくていい!」と言って、打ち消していませんか。

子供からの話をあれこれ否定していると「どうせ話しかけても無駄だ」と悲観するようになり、親に話しかけなくなります。

子供が心を開くかどうかの鍵は、子供ではなく、親にあります。

親が子供の話を否定せずに、きちんと聞いてあげられる姿勢があるかどうかです。

あなたの話し方は、いかがでしょうか。

少し、自分を振り返る時間を作ってみましょう。

子供が「今日ね……」と話し始めたときのあなたの反応です。

否定的な反応になっていませんか。

 

たしかに子供のすることですから、大人である親から見れば「くだらない」と思えることもあるでしょう。

 

しかし、子供のころはどんなことでも勉強です。

大切なことも無駄なことも両方含めて、あらゆる経験が成長になります。

親は子供がどんなにくだらない話をしても、まず肯定してあげましょう。

受け止めてあげましょう。

「おう。そうかそうか」とシンプルな相槌を打つだけで結構です。

親が子供の話を興味深く聞く姿勢があれば、子供は自分から話をする積極的な性格を維持し続けるはずです。

まとめ

子供に礼儀と行儀をしつける方法 その19
  • 子供の話を否定せずに、
    聞く。
無駄をしないのは、最も無駄。

もくじ
(子供に礼儀と行儀をしつける30の方法)

同じカテゴリーの作品