子育て

子供に礼儀と行儀をしつける
30の方法

読んだ お気に入り6
19

子供が心を開くかどうかは、
親の聞き方しだい。

子供が心を開くかどうかは、親の聞き方しだい。 | 子供に礼儀と行儀をしつける30の方法

子供が自分から学校であったことを話すとき、世間は「積極的な子供」と言います。

逆に、なかなか自分から話してくれないときには、世間は「消極的な子供」と言います。

 

しかし、本来、すべての子供は積極的です。

幼い時期は、親に甘えたいです。

親にかまってもらいたいと思う気持ちが特に大きな時期です。

その時期には、子供は学校であったことや興味のあることなど、親に話しかけるはずです。

報告したり質問したりなどです。

たくさん話をして、自分のことを理解してもらおうとします。

 

しかし、ときどき消極的な子供がいます。

本来すべての子供は積極的であるはずですが、なぜでしょうか。

おそらく親は、子供の話を否定しているからではないでしょうか。

「今日学校でA君と遊んだよ」と子供が話しかけたとき「そんなことしていないで勉強しなさい」と否定する返事をしている。

「新しいゲームが発売された」と子供が話しかけたとき「くだらない」と否定していませんか。

「なぜ空は青いの」と子供が質問してきたとき「そんなこと考えなくていい!」と言って、打ち消していませんか。

子供からの話をあれこれ否定していると「どうせ話しかけても無駄だ」と悲観するようになり、親に話しかけなくなります。

子供が心を開くかどうかの鍵は、子供ではなく、親にあります。

親が子供の話を否定せずに、きちんと聞いてあげられる姿勢があるかどうかです。

あなたの話し方は、いかがでしょうか。

少し、自分を振り返る時間を作ってみましょう。

子供が「今日ね……」と話し始めたときのあなたの反応です。

否定的な反応になっていませんか。

 

たしかに子供のすることですから、大人である親から見れば「くだらない」と思えることもあるでしょう。

 

しかし、子供のころはどんなことでも勉強です。

大切なことも無駄なことも両方含めて、あらゆる経験が成長になります。

親は子供がどんなにくだらない話をしても、まず肯定してあげましょう。

受け止めてあげましょう。

「おう。そうかそうか」とシンプルな相槌を打つだけで結構です。

親が子供の話を興味深く聞く姿勢があれば、子供は自分から話をする積極的な性格を維持し続けるはずです。

まとめ

子供に礼儀と行儀をしつける方法 その19
  • 子供の話を否定せずに、聞く。
無駄をしないのは、最も無駄。

もくじ
子供に礼儀と行儀をしつける30の方法
子供が心を開くかどうかは、親の聞き方しだい。 | 子供に礼儀と行儀をしつける30の方法

  1. 幼いときに身につけた習慣は、大人になってからも変わりにくい。
  2. 「お行儀よくしましょう」という言い方では、子供は行儀よく行動できない。
  3. 子供に、礼儀や行儀を教えるなら、10歳までの時期が大切。
  4. 初めは、礼儀や行儀の理屈を抜きにしつけてもいい。
  5. そもそも礼儀や行儀は「頭」で覚えるのではなく「体」で覚えるもの。
  6. 子供が100点や1等賞を取ったときも喜ぶ。
    取れなくても喜ぶ。
  7. 親が子供から感謝されるのは、ずっと後になってから。
  8. ご近所から褒められた経験が、子供の意識を変える。
  9. 正義のために生きるヒーロー番組は、子供の礼儀や行儀に好影響を与える。
  10. 子供が駄々をこねても気軽に応じないほど、精神的に強くなる。
  11. お金や物質などのご褒美を与えればいいわけではない。
    子供が一番見たいのは、親が喜ぶ姿。
  12. 親が喜び上手なら、子供は自然と努力をする。
  13. お小遣いを無条件に与えていると、子供の金銭感覚は養われない。
  14. きちんとしたしつけのためには「優しさ」と「厳しさ」両方の教育方法が必要。
  15. 優しさと厳しさは、偏りすぎてはいけない。
    バランスが大切。
  16. 子供から尊敬されるという願いは、今のところ、捨てておいたほうがいい。
  17. 子供にプラス発想を教えるには、親がプラス発想をするだけでいい。
  18. 子供にとって、学生服を着ることほど難しいことはない。
  19. 子供が心を開くかどうかは、親の聞き方しだい。
  20. 無駄をしないのは、最も無駄。
  21. 挨拶をしないのは、れっきとした無視行為。
  22. 子供の言葉に耳を傾ければ、自然と素直になる。
  23. 親は、子供の勇気を出す手助けをするだけでいい。
  24. 成功であれ失敗であろうと、勇気を出して行動すれば、褒めることができる。
  25. 夫が仕事に精を出せば出すほど、発生しやすい矛盾点がある。
  26. 「親は何のために働いているのか」を、きちんと子供に話す。
  27. 子供が何かに熱中し始めたら、とことん熱中させてあげること。
  28. 親になった今だからこそ、マナー教室に通う価値がある。
  29. 親が子供に対して礼儀がないと、子も親に対して礼儀がなくなる。
  30. しつけは「従順期」「反抗期」「反省期」の3段階を経る。

同じカテゴリーの作品