執筆者:水口貴博

子どもに礼儀と行儀をしつける30の方法

28

親になった今だからこそ、マナー教室に通う価値がある。

親になった今だからこそ、マナー教室に通う価値がある。 | 子どもに礼儀と行儀をしつける30の方法

子どもは、親の礼儀や行儀を見習います。

真似によって、コピーします。

本来、親の礼儀や行儀がしっかりしていれば、ある程度は自然と子どもにも身につくはずです。

逆を言えば、親より礼儀や行儀がよくなることもありません。

親がやっていないことは、真似のしようがないからです。

親に追いつくことはできても、それ以上の礼儀や行儀は、どうすればいいのかわかりません。

もちろん子どもが多くの出会いの中で、親以上にしっかりした手本を見つけて、目標とすることはあるでしょう。

しかし、まだだいぶ先の話です。

子どもが幼い時期は、やはり親が一番の手本です。

すると、あることに気づきませんか。

親は子どもに礼儀や行儀のしつけをすることも大切ですが、それ以上に親が礼儀や行儀を整えることが、さらに大切です。

多くの礼儀や行儀が整っている親だからこそ、子どもも見習うべき点を多く見つけられ、コピーできるはずです。

「この年で今さらマナー教室なんて意味がない」と思っていませんか。

逆です。

今さらだからこそ、マナー教室に通う価値があります。

親になってからも、礼儀や行儀などのマナーを磨くことはできます。

マナーは、自分のためだけでなく、子どものためにもなるはずです。

そう思えば「今さらマナー教室なんて」という考えが一転するのではないでしょうか。

なにより、技能を高めようと親が奮起している姿は、子どもにとっての前向きな刺激になるはずです。

「親が頑張っているなら、自分も頑張らなければ」と思い、親を誇らしく思うでしょう。

大人でも、まだまだ自分を磨くことはできます。

大人である親が輝くからこそ、子どもも輝くのです。

子どもに礼儀と行儀をしつける方法(28)
  • 今さらだからこそ、マナー教室に通う。
親が子どもに対して礼儀がないと、子も親に対して礼儀がなくなる。

子どもに礼儀と行儀をしつける30の方法

  1. 幼いときに身につけた習慣は、大人になってからも変わりにくい。
  2. 「お行儀よくしましょう」という言い方では、子どもは行儀よく行動できない。
  3. 子どもに、礼儀や行儀を教えるなら、10歳までの時期が大切。
  4. 初めは、礼儀や行儀の理屈を抜きにしつけてもいい。
  5. そもそも礼儀や行儀は「頭」で覚えるのではなく「体」で覚えるもの。
  6. 子どもが100点や1等賞を取ったときも喜ぶ。
    取れなくても喜ぶ。
  7. 親が子どもから感謝されるのは、ずっと後になってから。
  8. ご近所から褒められた経験が、子どもの意識を変える。
  9. 正義のために生きるヒーロー番組は、子どもの礼儀や行儀に好影響を与える。
  10. 子どもが駄々をこねても気軽に応じないほど、精神的に強くなる。
  11. お金や物質などのご褒美を与えればいいわけではない。
    子どもが一番見たいのは、親が喜ぶ姿。
  12. 親が喜び上手なら、子どもは自然と努力をする。
  13. お小遣いを無条件に与えていると、子どもの金銭感覚は養われない。
  14. きちんとしたしつけのためには「優しさ」と「厳しさ」両方の教育方法が必要。
  15. 優しさと厳しさは、偏りすぎてはいけない。
    バランスが大切。
  16. 子どもから尊敬されるという願いは、今のところ、捨てておいたほうがいい。
  17. 子どもにプラス発想を教えるには、親がプラス発想をするだけでいい。
  18. 子どもにとって、学生服を着ることほど難しいことはない。
  19. 子どもが心を開くかどうかは、親の聞き方しだい。
  20. 無駄をしないのは、最も無駄。
  21. 挨拶をしないのは、れっきとした無視行為。
  22. 子どもの言葉に耳を傾ければ、自然と素直になる。
  23. 親は、子どもの勇気を出す手助けをするだけでいい。
  24. 成功であれ失敗であろうと、勇気を出して行動すれば、褒めることができる。
  25. 夫が仕事に精を出せば出すほど、発生しやすい矛盾点がある。
  26. 「親は何のために働いているのか」を、きちんと子どもに話す。
  27. 子どもが何かに熱中し始めたら、とことん熱中させてあげること。
  28. 親になった今だからこそ、マナー教室に通う価値がある。
  29. 親が子どもに対して礼儀がないと、子も親に対して礼儀がなくなる。
  30. しつけは「従順期」「反抗期」「反省期」の3段階を経る。

同じカテゴリーの作品

2:26

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION