子育て

子供に礼儀と行儀をしつける
30の方法

16
12

親が喜び上手なら、
子供は自然と努力をする。

親が喜び上手なら、子供は自然と努力をする。 | 子供に礼儀と行儀をしつける30の方法

私の母は、喜ぶのが上手な人だと思います。

母は自分のことをどう思っているのかはわかりませんが、母の喜ぶ顔は見ていて元気になります。

私は小学生のころから走るのが速くて、いつも1等賞を取っていました。

そのたびに母は大喜びしていました。

生まれつき足が速かったので、速く走ろうという練習や苦労もあまりしていません。

高校1年の冬から、大学受験に向け本格的に勉強を始めました。

テストの点がいいときは、わざとらしく母に見せました。

テストの内容にもよりますが、たいてい80点以上取れれば、母は喜んでくれます。

たとえ100点でなくても喜んでくれるところが、母のいいところです。

80点くらいは、当たり前に勉強していれば普通に取れる点数です。

 

しかし、母が喜んでくれると「よし。もっと頑張って母を喜ばせてあげよう」と思います。

そうすると、だんだん勉強にも力が入るようになりました。

そのうち90点が取れるようになると、母はもっと大喜びです。

最初は、母の喜ぶ顔を見たかったからですが、このころから勉強に対する姿勢も変わります。

勉強は、すればするほどできることです。

内容がわかると、勉強はもっと楽しくなります。

いつしか、自分の楽しみのために勉強をするようになりました。

勉強によって、知識が増える喜びを感じるようになりました。

事の発端は、母の喜ぶ姿でした。

母の喜ぶ顔が見たいので、難しい勉強も楽しんでできるようになり、勉強そのものが本当に楽しくなっていきました。

HappyLifeStyleでは、勉強したことや感じたことの積み重ねをウェブサイトで公開しています。

その原点は、今になって思えば、はるか昔に母から褒められたところから始まっているような気がします。

親は、子供を褒めるだけでいい。

100点でなくても80点でも、まず大喜びします。

高得点で褒めるのは当たり前ですが、並々の点数でも、まず褒めてあげましょう。

認めてあげましょう。

すると、子供は親から認められたことが嬉しくて、自然と勉強するようになるのです。

子供に礼儀と行儀をしつける方法(12)
  • 子供がテストで並の点数をとっても、親は喜ぶ。
お小遣いを無条件に与えていると、子供の金銭感覚は養われない。

もくじ
子供に礼儀と行儀をしつける30の方法
親が喜び上手なら、子供は自然と努力をする。 | 子供に礼儀と行儀をしつける30の方法

  1. 幼いときに身につけた習慣は、大人になってからも変わりにくい。
    幼いときに身につけた習慣は、大人になってからも変わりにくい。
  2. 「お行儀よくしましょう」という言い方では、子供は行儀よく行動できない。
    「お行儀よくしましょう」という言い方では、子供は行儀よく行動できない。
  3. 子供に、礼儀や行儀を教えるなら、10歳までの時期が大切。
    子供に、礼儀や行儀を教えるなら、10歳までの時期が大切。
  4. 初めは、礼儀や行儀の理屈を抜きにしつけてもいい。
    初めは、礼儀や行儀の理屈を抜きにしつけてもいい。
  5. そもそも礼儀や行儀は「頭」で覚えるのではなく「体」で覚えるもの。
    そもそも礼儀や行儀は「頭」で覚えるのではなく「体」で覚えるもの。
  6. 子供が100点や1等賞を取ったときも喜ぶ。<br>取れなくても喜ぶ。
    子供が100点や1等賞を取ったときも喜ぶ。
    取れなくても喜ぶ。
  7. 親が子供から感謝されるのは、ずっと後になってから。
    親が子供から感謝されるのは、ずっと後になってから。
  8. ご近所から褒められた経験が、子供の意識を変える。
    ご近所から褒められた経験が、子供の意識を変える。
  9. 正義のために生きるヒーロー番組は、子供の礼儀や行儀に好影響を与える。
    正義のために生きるヒーロー番組は、子供の礼儀や行儀に好影響を与える。
  10. 子供が駄々をこねても気軽に応じないほど、精神的に強くなる。
    子供が駄々をこねても気軽に応じないほど、精神的に強くなる。
  11. お金や物質などのご褒美を与えればいいわけではない。<br>子供が一番見たいのは、親が喜ぶ姿。
    お金や物質などのご褒美を与えればいいわけではない。
    子供が一番見たいのは、親が喜ぶ姿。
  12. 親が喜び上手なら、子供は自然と努力をする。
    親が喜び上手なら、子供は自然と努力をする。
  13. お小遣いを無条件に与えていると、子供の金銭感覚は養われない。
    お小遣いを無条件に与えていると、子供の金銭感覚は養われない。
  14. きちんとしたしつけのためには「優しさ」と「厳しさ」両方の教育方法が必要。
    きちんとしたしつけのためには「優しさ」と「厳しさ」両方の教育方法が必要。
  15. 優しさと厳しさは、偏りすぎてはいけない。<br>バランスが大切。
    優しさと厳しさは、偏りすぎてはいけない。
    バランスが大切。
  16. 子供から尊敬されるという願いは、今のところ、捨てておいたほうがいい。
    子供から尊敬されるという願いは、今のところ、捨てておいたほうがいい。
  17. 子供にプラス発想を教えるには、親がプラス発想をするだけでいい。
    子供にプラス発想を教えるには、親がプラス発想をするだけでいい。
  18. 子供にとって、学生服を着ることほど難しいことはない。
    子供にとって、学生服を着ることほど難しいことはない。
  19. 子供が心を開くかどうかは、親の聞き方しだい。
    子供が心を開くかどうかは、親の聞き方しだい。
  20. 無駄をしないのは、最も無駄。
    無駄をしないのは、最も無駄。
  21. 挨拶をしないのは、れっきとした無視行為。
    挨拶をしないのは、れっきとした無視行為。
  22. 子供の言葉に耳を傾ければ、自然と素直になる。
    子供の言葉に耳を傾ければ、自然と素直になる。
  23. 親は、子供の勇気を出す手助けをするだけでいい。
    親は、子供の勇気を出す手助けをするだけでいい。
  24. 成功であれ失敗であろうと、勇気を出して行動すれば、褒めることができる。
    成功であれ失敗であろうと、勇気を出して行動すれば、褒めることができる。
  25. 夫が仕事に精を出せば出すほど、発生しやすい矛盾点がある。
    夫が仕事に精を出せば出すほど、発生しやすい矛盾点がある。
  26. 「親は何のために働いているのか」を、きちんと子供に話す。
    「親は何のために働いているのか」を、きちんと子供に話す。
  27. 子供が何かに熱中し始めたら、とことん熱中させてあげること。
    子供が何かに熱中し始めたら、とことん熱中させてあげること。
  28. 親になった今だからこそ、マナー教室に通う価値がある。
    親になった今だからこそ、マナー教室に通う価値がある。
  29. 親が子供に対して礼儀がないと、子も親に対して礼儀がなくなる。
    親が子供に対して礼儀がないと、子も親に対して礼儀がなくなる。
  30. しつけは「従順期」「反抗期」「反省期」の3段階を経る。
    しつけは「従順期」「反抗期」「反省期」の3段階を経る。

同じカテゴリーの作品