子育て

子供に礼儀と行儀をしつける
30の方法

読んだ お気に入り7
2

「お行儀よくしましょう」という言い方では、
子供は行儀よく行動できない。

「お行儀よくしましょう」という言い方では、子供は行儀よく行動できない。 | 子供に礼儀と行儀をしつける30の方法

親がしつけるとき、よく口にしがちな言葉があります。

 

「お行儀よくしましょう」です。

 

多くの親たちが、子供に対して口にしているのを見かけます。

品行方正のある子供に育ってもらいたい思いから、親としては「お行儀よくしましょう」と言います。

 

しかし、言われた子供はどうでしょうか。

おそらくとっさに理解できず、ぼうっとするはずです。

子供の立場になって考えてみれば、理由はすぐ分かります。

生まれて、まだほんの数年です。

何が行儀よくて、何が悪いことなのか、よく分かっていません。

もちろんある程度の年齢になれば、まだ話は通じますが、幼い子供に対しては理解の難しい話です。

それは「行儀の善しあし」を分かる年ごろになってから、通じる言い方です。

まだ行儀の善しあしがよく分かっていない子供に、何が行儀よくて悪いのかを議論するのは、早すぎます。

親がいくら「お行儀よくしましょう」と言っても、子供は何をどうすればいいのか分からない。

だから、困り果ててしまいます。

 

では、どうするか。

「行儀の善しあし」という教え方ではなく「行儀のいい動き」を教えます。

型です。

難しい理屈は抜きにして「こういうときにはこうするものだ」という「行儀のいい動き」を教えます。

  • 靴を脱いだら、揃える
  • ご飯粒は残さず食べる
  • 食事が終われば、食器を台所まで持っていく
  • 人と会ったら挨拶をする
  • お礼は「ありがとう」ではなく「ありがとうございます」と教える

「そういうものだ」という一連の動きの流れをセットとして、叩き込みます。

子供の理解力に余裕があれば、理由を付けて教えてもいいですが、なくても結構です。

子供としては、別に行儀よく行動しているつもりはありません。

ただ単に、親から言われたとおりに行動しているだけです。

 

しかし、それだけで自動的に行儀のよい子へと成長できます。

難しくはありませんね。

初めは、そこからでいいのです。

まとめ

子供に礼儀と行儀をしつける方法 その2
  • 理屈抜きで、行儀のいい動きを叩き込む。
子供に、礼儀や行儀を教えるなら、10歳までの時期が大切。

もくじ
子供に礼儀と行儀をしつける30の方法
「お行儀よくしましょう」という言い方では、子供は行儀よく行動できない。 | 子供に礼儀と行儀をしつける30の方法

  1. 幼いときに身につけた習慣は、大人になってからも変わりにくい。
  2. 「お行儀よくしましょう」という言い方では、子供は行儀よく行動できない。
  3. 子供に、礼儀や行儀を教えるなら、10歳までの時期が大切。
  4. 初めは、礼儀や行儀の理屈を抜きにしつけてもいい。
  5. そもそも礼儀や行儀は「頭」で覚えるのではなく「体」で覚えるもの。
  6. 子供が100点や1等賞を取ったときも喜ぶ。
    取れなくても喜ぶ。
  7. 親が子供から感謝されるのは、ずっと後になってから。
  8. ご近所から褒められた経験が、子供の意識を変える。
  9. 正義のために生きるヒーロー番組は、子供の礼儀や行儀に好影響を与える。
  10. 子供が駄々をこねても気軽に応じないほど、精神的に強くなる。
  11. お金や物質などのご褒美を与えればいいわけではない。
    子供が一番見たいのは、親が喜ぶ姿。
  12. 親が喜び上手なら、子供は自然と努力をする。
  13. お小遣いを無条件に与えていると、子供の金銭感覚は養われない。
  14. きちんとしたしつけのためには「優しさ」と「厳しさ」両方の教育方法が必要。
  15. 優しさと厳しさは、偏りすぎてはいけない。
    バランスが大切。
  16. 子供から尊敬されるという願いは、今のところ、捨てておいたほうがいい。
  17. 子供にプラス発想を教えるには、親がプラス発想をするだけでいい。
  18. 子供にとって、学生服を着ることほど難しいことはない。
  19. 子供が心を開くかどうかは、親の聞き方しだい。
  20. 無駄をしないのは、最も無駄。
  21. 挨拶をしないのは、れっきとした無視行為。
  22. 子供の言葉に耳を傾ければ、自然と素直になる。
  23. 親は、子供の勇気を出す手助けをするだけでいい。
  24. 成功であれ失敗であろうと、勇気を出して行動すれば、褒めることができる。
  25. 夫が仕事に精を出せば出すほど、発生しやすい矛盾点がある。
  26. 「親は何のために働いているのか」を、きちんと子供に話す。
  27. 子供が何かに熱中し始めたら、とことん熱中させてあげること。
  28. 親になった今だからこそ、マナー教室に通う価値がある。
  29. 親が子供に対して礼儀がないと、子も親に対して礼儀がなくなる。
  30. しつけは「従順期」「反抗期」「反省期」の3段階を経る。

同じカテゴリーの作品