子育て

子供の才能を伸ばす
30の習慣

5
12

単に否定するしつけで終わらせない。
代替案を与えながらしつける。

単に否定するしつけで終わらせない。代替案を与えながらしつける。 | 子供の才能を伸ばす30の習慣

子供の行動が消極的なら、行動を封印するような言葉を無意識に使っていることがあります。

「ダメ」

「やめなさい」

「してはいけない」

どれも行動をやめさせる言葉です。

「しつけ」を施す際には、もちろん必要です。

人を傷つけたり迷惑をかけたりするようなことは「してはいけません」と断固として伝える必要があります。

事実、やってはいけないことは厳しく伝えるのも親の務めです。

 

しかし、です。

いつもこうした言葉ばかりを浴びていると、自然と体がこわばります。

いくらしつけ上で大切とはいえ、あまりに「ダメ」という否定語ばかりなら困ります。

使いすぎてしまうと、子供は何をやっていいのかわからなくなるからです。

「あれもダメ。これもしてはいけない」と何でもかんでも制限してしまうと、金縛りのように動けなくなります。

行動を抑えられ、消極的になってしまいます。

 

では、どうすればいいのでしょうか。

否定する言葉の表現を、ほんの少し変えてみましょう。

代替案を提示する言い方です。

 

たとえば「Aをしてはいけない」という言い方を「AではなくBのようにすればいいよ」と言えばいい。

この言い方なら、Aという行動を制限する代わりに、Bという行動を別に作っています。

きちんと逃げ道がありますね。

きちんと代替案を提示しているので、子供にしつけながら、行動が制限されることはありません。

「AよりBのほうが楽しいよ」

「Aはよくないよ。Bのやり方にしましょう」

「Aはかっこ悪いよ。Bのほうがかっこいいよ」

いろいろ言い方を工夫できることでしょう。

それぞれの家庭やお子さんに応じて工夫してみましょう。

子供の才能を伸ばす習慣(12)
  • 代替案を提示するしつけ方をする。
子供の見方や感じ方を、最大限尊重する。

もくじ
子供の才能を伸ばす30の習慣
単に否定するしつけで終わらせない。代替案を与えながらしつける。 | 子供の才能を伸ばす30の習慣

  1. 子供の才能発揮は、マズローの5段階欲求説が鍵を握る。
    子供の才能発揮は、マズローの5段階欲求説が鍵を握る。
  2. 愛情の注がれた子供は、自然と才能を伸ばしていく。
    愛情の注がれた子供は、自然と才能を伸ばしていく。
  3. 子供に約束を守りなさいという前に、親がきちんと約束を守る。
    子供に約束を守りなさいという前に、親がきちんと約束を守る。
  4. 子供に完璧を求めすぎない。
    子供に完璧を求めすぎない。
  5. 子供の悪いところではなく、いいところを見る。
    子供の悪いところではなく、いいところを見る。
  6. 子供の成長を喜ぶと、子供の伸びはもっとよくなる。
    子供の成長を喜ぶと、子供の伸びはもっとよくなる。
  7. 子育て上手な親は演技がうまい。<br>見ていないふりをしながら、しっかり見る。
    子育て上手な親は演技がうまい。
    見ていないふりをしながら、しっかり見る。
  8. 社会のルール・マナー・常識などの勉強を、すべて学校任せにしない。
    社会のルール・マナー・常識などの勉強を、すべて学校任せにしない。
  9. 子供の「やってみたい」という言動を、親はできるだけ支える。
    子供の「やってみたい」という言動を、親はできるだけ支える。
  10. 夢中になって本を読むとき、その先に才能の可能性があるのかもしれない。
    夢中になって本を読むとき、その先に才能の可能性があるのかもしれない。
  11. 成功した親に育てられると、子供も成功しやすくなる。
    成功した親に育てられると、子供も成功しやすくなる。
  12. 単に否定するしつけで終わらせない。<br>代替案を与えながらしつける。
    単に否定するしつけで終わらせない。
    代替案を与えながらしつける。
  13. 子供の見方や感じ方を、最大限尊重する。
    子供の見方や感じ方を、最大限尊重する。
  14. 子供の才能を伸ばすとき、親はエジソンの母を見習うべし!
    子供の才能を伸ばすとき、親はエジソンの母を見習うべし!
  15. さまざまな経験を積むことは、自分の向き・不向きを知るきっかけになる。
    さまざまな経験を積むことは、自分の向き・不向きを知るきっかけになる。
  16. 心より技能を重視すると、才能は伸び悩む。
    心より技能を重視すると、才能は伸び悩む。
  17. 何事も「楽しさ」から教えることが肝心。
    何事も「楽しさ」から教えることが肝心。
  18. 特定分野で、親より秀でた子供に嫉妬しない。
    特定分野で、親より秀でた子供に嫉妬しない。
  19. 子供の「旺盛な好奇心」を、学校の勉強以上に重視する。
    子供の「旺盛な好奇心」を、学校の勉強以上に重視する。
  20. 失敗は、成功の対義語ではなく同義語であると、子供に教えてあげる。
    失敗は、成功の対義語ではなく同義語であると、子供に教えてあげる。
  21. 「やりたいことをやる」という教育方針を貫く。
    「やりたいことをやる」という教育方針を貫く。
  22. 親がプラス発想だと、子供もプラス発想になる。
    親がプラス発想だと、子供もプラス発想になる。
  23. 子供が親を理解するのではなく、親が子供を理解してあげないといけない。
    子供が親を理解するのではなく、親が子供を理解してあげないといけない。
  24. 私たちの元をたどれば、同じ親にたどり着く。
    私たちの元をたどれば、同じ親にたどり着く。
  25. 短所があるから、子供は伸びる。
    短所があるから、子供は伸びる。
  26. わが子はわが子。<br>他人の子と比べる必要はない。
    わが子はわが子。
    他人の子と比べる必要はない。
  27. 才能に制限時間を設けないほうが、伸びやすくなる。
    才能に制限時間を設けないほうが、伸びやすくなる。
  28. 子供は、親が思いもしない方向へ育っていくもの。
    子供は、親が思いもしない方向へ育っていくもの。
  29. 勉強ができない分野があってもいい。<br>大切なことは「得意分野」があること。
    勉強ができない分野があってもいい。
    大切なことは「得意分野」があること。
  30. 「学ぶ楽しさ」から「生かす楽しさ」へスイッチを促す。
    「学ぶ楽しさ」から「生かす楽しさ」へスイッチを促す。

同じカテゴリーの作品