子供の才能を伸ばす
30の習慣

25
9

短所があるから、
子供は伸びる。

短所があるから、子供は伸びる。 | 子供の才能を伸ばす30の習慣

子供は短所があるから、才能が伸びます。

「短所? 長所の間違いではないのか」

いいえ、間違いではありません。

たしかに伸びるといえば長所が思い浮かびますが、そうとも限りません。

長所がさらに伸びるためのエネルギーとして、短所が必要です。

短所とは、いわばコンプレックスです。

ほかの人より出来や評判が悪かったりする部分があると、それを補おうとする力が強くなります。

短所を隠したり補ったりすることで、逆に長所になるというのはよくある話です。

たとえば、生まれつき記憶力が悪い人もいれば、運動神経が鈍い人もいますね。

生まれつき記憶力が悪ければ、成績が伸び悩み、なかなか勉強がはかどらないことでしょう。

一方、生まれつき運動神経が鈍い人は、時間をかけているにもかかわらず、なかなか上達しません。

しかし、それでもいい。

スポーツがダメでコンプレックスなら、せめて勉強で見返してやればいい。

逆に勉強がダメなら、スポーツで見返してやろうという気持ちに変えればいい。

コンプレックスでためたストレスを、別のところで発揮すればいい。

親は子供の短所に過剰反応する必要はありません。

あらゆるコンプレックスは、反動力へと変わります。

発明家トーマス・エジソンは、周囲の人との協調性がないという弱点があったからこそ、1人で集中できる力を発揮しました。

作曲家ベートーベンは、難聴に悩んでいたからこそ音への執着が強くなり、『第九』のような素晴らしい名曲を生みました。

細菌学者の野口英世は、幼いころ、左手にひどいやけどを負い、コンプレックスになっていました。

いじめられた経験が反動で、勉強で見返してやろうと努力した結果、黄熱病の研究で成果を上げました。

研究の末、黄熱病で亡くなりますが、功績がたたえられます。

ガーナ共和国の2004年11月発行の1000円札に、肖像として採用されています。

苦手な部分やダメな部分があってもいい。

ダメならダメで、他の分野で見返してやろうという力へ変わります。

短所があるからこそ、子供は伸びるのです。

子供の才能を伸ばす習慣(25)
  • 子供の短所を、長所を伸ばす反動に使う。
わが子はわが子。
他人の子と比べる必要はない。

子供の才能を伸ばす30の習慣
子供の才能を伸ばす30の習慣

  1. 子供の才能発揮は、マズローの5段階欲求説が鍵を握る。
    子供の才能発揮は、マズローの5段階欲求説が鍵を握る。
  2. 愛情の注がれた子供は、自然と才能を伸ばしていく。
    愛情の注がれた子供は、自然と才能を伸ばしていく。
  3. 子供に約束を守りなさいという前に、親がきちんと約束を守る。
    子供に約束を守りなさいという前に、親がきちんと約束を守る。
  4. 子供に完璧を求めすぎない。
    子供に完璧を求めすぎない。
  5. 子供の悪いところではなく、いいところを見る。
    子供の悪いところではなく、いいところを見る。
  6. 子供の成長を喜ぶと、子供の伸びはもっとよくなる。
    子供の成長を喜ぶと、子供の伸びはもっとよくなる。
  7. 子育て上手な親は演技がうまい。<br>見ていないふりをしながら、しっかり見る。
    子育て上手な親は演技がうまい。
    見ていないふりをしながら、しっかり見る。
  8. 社会のルール・マナー・常識などの勉強を、すべて学校任せにしない。
    社会のルール・マナー・常識などの勉強を、すべて学校任せにしない。
  9. 子供の「やってみたい」という言動を、親はできるだけ支える。
    子供の「やってみたい」という言動を、親はできるだけ支える。
  10. 夢中になって本を読むとき、その先に才能の可能性があるのかもしれない。
    夢中になって本を読むとき、その先に才能の可能性があるのかもしれない。
  11. 成功した親に育てられると、子供も成功しやすくなる。
    成功した親に育てられると、子供も成功しやすくなる。
  12. 単に否定するしつけで終わらせない。<br>代替案を与えながらしつける。
    単に否定するしつけで終わらせない。
    代替案を与えながらしつける。
  13. 子供の見方や感じ方を、最大限尊重する。
    子供の見方や感じ方を、最大限尊重する。
  14. 子供の才能を伸ばすとき、親はエジソンの母を見習うべし!
    子供の才能を伸ばすとき、親はエジソンの母を見習うべし!
  15. さまざまな経験を積むことは、自分の向き・不向きを知るきっかけになる。
    さまざまな経験を積むことは、自分の向き・不向きを知るきっかけになる。
  16. 心より技能を重視すると、才能は伸び悩む。
    心より技能を重視すると、才能は伸び悩む。
  17. 何事も「楽しさ」から教えることが肝心。
    何事も「楽しさ」から教えることが肝心。
  18. 特定分野で、親より秀でた子供に嫉妬しない。
    特定分野で、親より秀でた子供に嫉妬しない。
  19. 子供の「旺盛な好奇心」を、学校の勉強以上に重視する。
    子供の「旺盛な好奇心」を、学校の勉強以上に重視する。
  20. 失敗は、成功の対義語ではなく同義語であると、子供に教えてあげる。
    失敗は、成功の対義語ではなく同義語であると、子供に教えてあげる。
  21. 「やりたいことをやる」という教育方針を貫く。
    「やりたいことをやる」という教育方針を貫く。
  22. 親がプラス発想だと、子供もプラス発想になる。
    親がプラス発想だと、子供もプラス発想になる。
  23. 子供が親を理解するのではなく、親が子供を理解してあげないといけない。
    子供が親を理解するのではなく、親が子供を理解してあげないといけない。
  24. 私たちの元をたどれば、同じ親にたどり着く。
    私たちの元をたどれば、同じ親にたどり着く。
  25. 短所があるから、子供は伸びる。
    短所があるから、子供は伸びる。
  26. わが子はわが子。<br>他人の子と比べる必要はない。
    わが子はわが子。
    他人の子と比べる必要はない。
  27. 才能に制限時間を設けないほうが、伸びやすくなる。
    才能に制限時間を設けないほうが、伸びやすくなる。
  28. 子供は、親が思いもしない方向へ育っていくもの。
    子供は、親が思いもしない方向へ育っていくもの。
  29. 勉強ができない分野があってもいい。<br>大切なことは「得意分野」があること。
    勉強ができない分野があってもいい。
    大切なことは「得意分野」があること。
  30. 「学ぶ楽しさ」から「生かす楽しさ」へスイッチを促す。
    「学ぶ楽しさ」から「生かす楽しさ」へスイッチを促す。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION