執筆者:水口貴博

子どもの才能を伸ばす
30の習慣

27
8

才能に制限時間を設けないほうが、
伸びやすくなる。

才能に制限時間を設けないほうが、伸びやすくなる。 | 子どもの才能を伸ばす30の習慣

期末テストまであと3週間。

仕事の納期は、3カ月。

今年も残り1カ月。

学校の勉強にしろ何にしろ、世の中には「制限時間」があることばかりです。

学生生活は無限というわけではなく、有限です。

限られた時間の中で、進めなければいけない授業があり、カリキュラムがあり、スケジュールがあります。

したがって、おのずから時間も制限されるようになります。

この制限があるというのは、素晴らしい一面もあります。

制限時間があるからこそ、予定を立てやすくなり、集中力ややる気も出ます。

タイムプレッシャーは、人の心も体も引き締めるという効果があります。

しかし、制限時間があるからこそ、逆に失われることがあります。

「落ち着ける時間」です。

緊張や焦りを感じる時間が増えることで、落ち着ける時間が少なくなります。

時間ばかりを気にしていると、自分の気持ちややりたいことを見失ってしまいやすくなります。

学校の勉強や資格取得の勉強など、制限時間を設けたほうが効率が上がるものがあるのはたしかです。

しかし、すべてに制限時間を設けたほうがいいわけではありません。

才能には制限時間を設けないほうが、成果は上がります。

たとえば、子どもが自由にすることには制限時間を設けないほうが、才能は伸びやすくなります。

時間がたっぷりあるからこそ、自分の気持ちに正直に従った行動をしやすくなるからです。

悩むときには、気が済むまで悩み抜くことです。

わからないときには、気が済むまで調べ尽くすことです。

この徹底が重要です。

時間を気にせず、徹底できる環境というのは大切です。

ときを忘れ、自分の気持ちに集中するということです。

自分の気持ちを感じる時間があるからこそ、好きなことを見つけ、好きなだけ打ち込むことができるようになります。

「時間にとらわれない時間」があるのは、素晴らしいことです。

ゆったりした時間の中で、子どもは自分のペースで物事を考えやすくなります。

時間に流されることなく、自分の気持ちに集中ができるようになります。

のびのびした環境が、子どもの才能が伸びやすくなります。

子どもの才能を伸ばす習慣(27)
  • 子どもの才能に、制限時間を設けないようにする。
子どもは、親が思いもしない方向へ育っていくもの。

子どもの才能を伸ばす30の習慣
子どもの才能を伸ばす30の習慣

  1. 子どもの才能発揮は、マズローの5段階欲求説が鍵を握る。
    子どもの才能発揮は、マズローの5段階欲求説が鍵を握る。
  2. 愛情の注がれた子どもは、自然と才能を伸ばしていく。
    愛情の注がれた子どもは、自然と才能を伸ばしていく。
  3. 子どもに約束を守りなさいという前に、親がきちんと約束を守る。
    子どもに約束を守りなさいという前に、親がきちんと約束を守る。
  4. 子どもに完璧を求めすぎない。
    子どもに完璧を求めすぎない。
  5. 子どもの悪いところではなく、いいところを見る。
    子どもの悪いところではなく、いいところを見る。
  6. 子どもの成長を喜ぶと、子どもの伸びはもっとよくなる。
    子どもの成長を喜ぶと、子どもの伸びはもっとよくなる。
  7. 子育て上手な親は演技がうまい。<br>見ていないふりをしながら、しっかり見る。
    子育て上手な親は演技がうまい。
    見ていないふりをしながら、しっかり見る。
  8. 社会のルール・マナー・常識などの勉強を、すべて学校任せにしない。
    社会のルール・マナー・常識などの勉強を、すべて学校任せにしない。
  9. 子どもの「やってみたい」という言動を、親はできるだけ支える。
    子どもの「やってみたい」という言動を、親はできるだけ支える。
  10. 夢中になって本を読むとき、その先に才能の可能性があるのかもしれない。
    夢中になって本を読むとき、その先に才能の可能性があるのかもしれない。
  11. 成功した親に育てられると、子どもも成功しやすくなる。
    成功した親に育てられると、子どもも成功しやすくなる。
  12. 単に否定するしつけで終わらせない。<br>代替案を与えながらしつける。
    単に否定するしつけで終わらせない。
    代替案を与えながらしつける。
  13. 子どもの見方や感じ方を、最大限尊重する。
    子どもの見方や感じ方を、最大限尊重する。
  14. 子どもの才能を伸ばすとき、親はエジソンの母を見習うべし!
    子どもの才能を伸ばすとき、親はエジソンの母を見習うべし!
  15. さまざまな経験を積むことは、自分の向き・不向きを知るきっかけになる。
    さまざまな経験を積むことは、自分の向き・不向きを知るきっかけになる。
  16. 心より技能を重視すると、才能は伸び悩む。
    心より技能を重視すると、才能は伸び悩む。
  17. 何事も「楽しさ」から教えることが肝心。
    何事も「楽しさ」から教えることが肝心。
  18. 特定分野で、親より秀でた子どもに嫉妬しない。
    特定分野で、親より秀でた子どもに嫉妬しない。
  19. 子どもの「旺盛な好奇心」を、学校の勉強以上に重視する。
    子どもの「旺盛な好奇心」を、学校の勉強以上に重視する。
  20. 失敗は、成功の対義語ではなく同義語であると、子どもに教えてあげる。
    失敗は、成功の対義語ではなく同義語であると、子どもに教えてあげる。
  21. 「やりたいことをやる」という教育方針を貫く。
    「やりたいことをやる」という教育方針を貫く。
  22. 親がプラス発想だと、子どももプラス発想になる。
    親がプラス発想だと、子どももプラス発想になる。
  23. 子どもが親を理解するのではなく、親が子どもを理解してあげないといけない。
    子どもが親を理解するのではなく、親が子どもを理解してあげないといけない。
  24. 私たちの元をたどれば、同じ親にたどり着く。
    私たちの元をたどれば、同じ親にたどり着く。
  25. 短所があるから、子どもは伸びる。
    短所があるから、子どもは伸びる。
  26. わが子はわが子。<br>他人の子と比べる必要はない。
    わが子はわが子。
    他人の子と比べる必要はない。
  27. 才能に制限時間を設けないほうが、伸びやすくなる。
    才能に制限時間を設けないほうが、伸びやすくなる。
  28. 子どもは、親が思いもしない方向へ育っていくもの。
    子どもは、親が思いもしない方向へ育っていくもの。
  29. 勉強ができない分野があってもいい。<br>大切なことは「得意分野」があること。
    勉強ができない分野があってもいい。
    大切なことは「得意分野」があること。
  30. 「学ぶ楽しさ」から「生かす楽しさ」へスイッチを促す。
    「学ぶ楽しさ」から「生かす楽しさ」へスイッチを促す。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION