子育て

子供の才能を伸ばす
30の習慣

6
26

わが子はわが子。
他人の子と比べる必要はない。

わが子はわが子。他人の子と比べる必要はない。 | 子供の才能を伸ばす30の習慣

子供の能力を伸ばすときに、比べて競争させる方法があります。

よその子を意識しながら、競争させる方法です。

事実、競争が必要とされる場面があるのもたしかです。

他人を意識するからこそ、怠けようとする心が引き締まります。

厳しい試練に耐えることができますし、負けん気ややる気も出ることでしょう。

競争するのは、能力の伸びを早くする方法の1つであるのはたしかです。

そういう学習方法を早くから取り入れている、幼稚園や小学校もあります。

能力を伸ばすことには大変有効な比較や競争です。

 

しかし、才能を発見したり伸ばしたりすることに直接つながるかというと、疑問です。

才能を見つけたり伸ばしたりするとき、他人と比べるのは本末転倒です。

才能は、常に「自分の中」にあります。

自分の中から掘り起こして、育てていきます。

内側にありますから、他人と比べたりするのはナンセンスです。

他人と比べても、逆に気になって、周りの行動に流されます。

よその子は、よその子です。

父も違えば、母も違います。

好みも性格も違います。

向き・不向きも違うでしょうし、得意・不得意の違いなどもさまざまです。

よその子と比べると、才能は伸びるどころかつぶれます。

他人との競争の中で、子供は自分が本当にやりたいことを発見しにくくなります。

競争で他人を意識しすぎるからこそ、自分の好きなことややりたいことが余計にわからなくなります。

しかも競争という猛スピードの中です。

自分のことを考える時間もなければ、心の余裕もありません。

限られた範囲の能力を引き伸ばすために有効な手段の1つですが、受験のように限られた時間内に限られた勉強をするときだけです。

才能のように、個人の持ち味が違う分野に関しては、比較や競争も不要なのです。

子供の才能を伸ばす習慣(26)
  • よその子と比較せず、わが子はわが子らしく育てる。
才能に制限時間を設けないほうが、伸びやすくなる。

もくじ
子供の才能を伸ばす30の習慣
わが子はわが子。他人の子と比べる必要はない。 | 子供の才能を伸ばす30の習慣

  1. 子供の才能発揮は、マズローの5段階欲求説が鍵を握る。
    子供の才能発揮は、マズローの5段階欲求説が鍵を握る。
  2. 愛情の注がれた子供は、自然と才能を伸ばしていく。
    愛情の注がれた子供は、自然と才能を伸ばしていく。
  3. 子供に約束を守りなさいという前に、親がきちんと約束を守る。
    子供に約束を守りなさいという前に、親がきちんと約束を守る。
  4. 子供に完璧を求めすぎない。
    子供に完璧を求めすぎない。
  5. 子供の悪いところではなく、いいところを見る。
    子供の悪いところではなく、いいところを見る。
  6. 子供の成長を喜ぶと、子供の伸びはもっとよくなる。
    子供の成長を喜ぶと、子供の伸びはもっとよくなる。
  7. 子育て上手な親は演技がうまい。<br>見ていないふりをしながら、しっかり見る。
    子育て上手な親は演技がうまい。
    見ていないふりをしながら、しっかり見る。
  8. 社会のルール・マナー・常識などの勉強を、すべて学校任せにしない。
    社会のルール・マナー・常識などの勉強を、すべて学校任せにしない。
  9. 子供の「やってみたい」という言動を、親はできるだけ支える。
    子供の「やってみたい」という言動を、親はできるだけ支える。
  10. 夢中になって本を読むとき、その先に才能の可能性があるのかもしれない。
    夢中になって本を読むとき、その先に才能の可能性があるのかもしれない。
  11. 成功した親に育てられると、子供も成功しやすくなる。
    成功した親に育てられると、子供も成功しやすくなる。
  12. 単に否定するしつけで終わらせない。<br>代替案を与えながらしつける。
    単に否定するしつけで終わらせない。
    代替案を与えながらしつける。
  13. 子供の見方や感じ方を、最大限尊重する。
    子供の見方や感じ方を、最大限尊重する。
  14. 子供の才能を伸ばすとき、親はエジソンの母を見習うべし!
    子供の才能を伸ばすとき、親はエジソンの母を見習うべし!
  15. さまざまな経験を積むことは、自分の向き・不向きを知るきっかけになる。
    さまざまな経験を積むことは、自分の向き・不向きを知るきっかけになる。
  16. 心より技能を重視すると、才能は伸び悩む。
    心より技能を重視すると、才能は伸び悩む。
  17. 何事も「楽しさ」から教えることが肝心。
    何事も「楽しさ」から教えることが肝心。
  18. 特定分野で、親より秀でた子供に嫉妬しない。
    特定分野で、親より秀でた子供に嫉妬しない。
  19. 子供の「旺盛な好奇心」を、学校の勉強以上に重視する。
    子供の「旺盛な好奇心」を、学校の勉強以上に重視する。
  20. 失敗は、成功の対義語ではなく同義語であると、子供に教えてあげる。
    失敗は、成功の対義語ではなく同義語であると、子供に教えてあげる。
  21. 「やりたいことをやる」という教育方針を貫く。
    「やりたいことをやる」という教育方針を貫く。
  22. 親がプラス発想だと、子供もプラス発想になる。
    親がプラス発想だと、子供もプラス発想になる。
  23. 子供が親を理解するのではなく、親が子供を理解してあげないといけない。
    子供が親を理解するのではなく、親が子供を理解してあげないといけない。
  24. 私たちの元をたどれば、同じ親にたどり着く。
    私たちの元をたどれば、同じ親にたどり着く。
  25. 短所があるから、子供は伸びる。
    短所があるから、子供は伸びる。
  26. わが子はわが子。<br>他人の子と比べる必要はない。
    わが子はわが子。
    他人の子と比べる必要はない。
  27. 才能に制限時間を設けないほうが、伸びやすくなる。
    才能に制限時間を設けないほうが、伸びやすくなる。
  28. 子供は、親が思いもしない方向へ育っていくもの。
    子供は、親が思いもしない方向へ育っていくもの。
  29. 勉強ができない分野があってもいい。<br>大切なことは「得意分野」があること。
    勉強ができない分野があってもいい。
    大切なことは「得意分野」があること。
  30. 「学ぶ楽しさ」から「生かす楽しさ」へスイッチを促す。
    「学ぶ楽しさ」から「生かす楽しさ」へスイッチを促す。

同じカテゴリーの作品