人生の教科書



子育て

子供の才能を伸ばす
30の習慣

お気に入り2 読んだ
18

特定分野で、
親より秀でた子供に嫉妬しない。

特定分野で、親より秀でた子供に嫉妬しない。 | 子供の才能を伸ばす30の習慣

子供が好きなことを楽しんで続けていると、親より知識が上回ることがあります。

いくら子供であろうと、一点に集中して勉強や練習などを積み重ねた結果、著しい上達を遂げることができます。

宇宙の勉強に没頭した結果、親より星の成り立ちに詳しくなるでしょう。

サッカーの練習をしていれば、親よりうまくなるのは時間の問題です。

1つのことに集中していると、子供が先生になれる特定分野ができています。

もちろん親より上回るのは特定分野であって、範囲もまだ狭いですが「誰にも負けないぞ」というほど力を持ってしまいます。

すると、子供は少し偉そうになります。

  • 「こうすればいい、そうすればいい」

  • 「こんなことも知らないの?」

  • 「これくらいは当たり前だよ」

子供が先生です。

親と子の立場が逆転です。

そういうとき、2種類の親に別れます。

  • 褒めると「調子に乗るな」と言って、叱る
  • もっと褒めて、調子に乗せる

あなたはどちらでしょうか。

親としては自分の立場がなくなり、プライドに傷がつきますが、それくらいで動揺する必要はありません。

子供に調子に乗らせると、態度が大きくなり社会的にもよくないと思います。

逆です。

もっと褒めて、さらに調子に乗せます。

子供は「これはこうです、ああです」と偉そうになったことを、親は大げさに褒めるくらいでかまいません。

  • 「そうなのか。それは知らなかった。すごいな。もっと教えてくれ」

すると子供は「親から認められた。嬉しい。もっと頑張るぞ」とやる気の炎を燃やします。

親に認められることほど嬉しいことはありません。

どんどん調子に乗っていきます。

それが親の仕事です。

親は演技上手になりましょう。

子供は親にもっと褒めてもらいたいと頑張りますし、親はそういう頑張る子供をもっと褒めてあげましょう。

子供は親におだてられながら、才能を伸ばしていくのです。

まとめ

子供の才能を伸ばす習慣 その18
  • 調子に乗って叱るのではなく、むしろもっと調子に乗らせる。
次のページ >>
子供の「旺盛な好奇心」を、学校の勉強以上に重視する。

もくじ
(子供の才能を伸ばす30の習慣)

同じカテゴリーの作品