子育て

子供の才能を伸ばす
30の習慣

8
10

夢中になって本を読むとき、
その先に才能の可能性があるのかもしれない。

夢中になって本を読むとき、その先に才能の可能性があるのかもしれない。 | 子供の才能を伸ばす30の習慣

幼いころ、家族全員で動物園に出かけたことがありました。

実家から車で40分ほどのところにある、愛媛県の砥部とべ動物園です。

この砥部とべ動物園には、普通の動物園と少し違った特徴があります。

園内には、子供たちが自由に本を見たり読んだりできる「読書スペース」があります。

子供向けの多種多様な本が置いてありました。

私はそのスペースを見つけ、何気なく本を見ていると、気になる1冊を見つけました。

ほんの数ページですが、ぱらぱらめくっただけで、何か夢中にさせるものがありました。

その私が夢中になった本こそ「エジソンの伝記」です。

はるか昔、エジソンなる偉大な人物がいて、素晴らしい功績を残したのだと知り、感動しました。

「光る電球はエジソンが作ったのか」

どきどきしながら本を読んでいました。

なぜ面白いのか、自分でもそれはまだはっきりしない感覚です。

たしかなことは、吸い込まれるように読んでしまったということです。

動物を見るために、動物園に来ました。

にもかかわらず、私はそのほとんどの時間を、読書に費やしてしまいました。

親としてはわざわざ週末に時間を作って、お金を払い、家族全員で動物園にきました。

決して本を読みに来たわけではありません。

せっかく来た動物園で、読書ばかりしていれば「動物園に来たんだから動物を見なさい」という小言も言いたかったことでしょう。

 

しかし、親はそっとしてくれました。

「そのへんで動物見てくるから、貴博はここで好きなだけ本を読んでいなさい」

家族全員、反対する者はいませんでした。

特に寛大だったのは祖父でした。

「子供が夢中になっている。何かその先に才能のような物があるのではないか」

長く生きている祖父だからこそ、直感のようなものが働いたのでしょう。

驚くべきことに動物園からの帰りに本屋に寄って、その本を買ってくれました。

もちろん家に帰ってからも夢中になって読みました。

そのときのことは、今でもはっきり覚えています。

今になって思えば、そのときの時間が自分の基本的な一部を作ったのはたしかです。

何か作ったり、創造したりする点に、自分の才能のようなものを見いだしていたのです。

子供の才能を伸ばす習慣(10)
  • 子供が夢中になっていることを、邪魔しないようにする。
成功した親に育てられると、子供も成功しやすくなる。

もくじ
子供の才能を伸ばす30の習慣
夢中になって本を読むとき、その先に才能の可能性があるのかもしれない。 | 子供の才能を伸ばす30の習慣

  1. 子供の才能発揮は、マズローの5段階欲求説が鍵を握る。
    子供の才能発揮は、マズローの5段階欲求説が鍵を握る。
  2. 愛情の注がれた子供は、自然と才能を伸ばしていく。
    愛情の注がれた子供は、自然と才能を伸ばしていく。
  3. 子供に約束を守りなさいという前に、親がきちんと約束を守る。
    子供に約束を守りなさいという前に、親がきちんと約束を守る。
  4. 子供に完璧を求めすぎない。
    子供に完璧を求めすぎない。
  5. 子供の悪いところではなく、いいところを見る。
    子供の悪いところではなく、いいところを見る。
  6. 子供の成長を喜ぶと、子供の伸びはもっとよくなる。
    子供の成長を喜ぶと、子供の伸びはもっとよくなる。
  7. 子育て上手な親は演技がうまい。<br>見ていないふりをしながら、しっかり見る。
    子育て上手な親は演技がうまい。
    見ていないふりをしながら、しっかり見る。
  8. 社会のルール・マナー・常識などの勉強を、すべて学校任せにしない。
    社会のルール・マナー・常識などの勉強を、すべて学校任せにしない。
  9. 子供の「やってみたい」という言動を、親はできるだけ支える。
    子供の「やってみたい」という言動を、親はできるだけ支える。
  10. 夢中になって本を読むとき、その先に才能の可能性があるのかもしれない。
    夢中になって本を読むとき、その先に才能の可能性があるのかもしれない。
  11. 成功した親に育てられると、子供も成功しやすくなる。
    成功した親に育てられると、子供も成功しやすくなる。
  12. 単に否定するしつけで終わらせない。<br>代替案を与えながらしつける。
    単に否定するしつけで終わらせない。
    代替案を与えながらしつける。
  13. 子供の見方や感じ方を、最大限尊重する。
    子供の見方や感じ方を、最大限尊重する。
  14. 子供の才能を伸ばすとき、親はエジソンの母を見習うべし!
    子供の才能を伸ばすとき、親はエジソンの母を見習うべし!
  15. さまざまな経験を積むことは、自分の向き・不向きを知るきっかけになる。
    さまざまな経験を積むことは、自分の向き・不向きを知るきっかけになる。
  16. 心より技能を重視すると、才能は伸び悩む。
    心より技能を重視すると、才能は伸び悩む。
  17. 何事も「楽しさ」から教えることが肝心。
    何事も「楽しさ」から教えることが肝心。
  18. 特定分野で、親より秀でた子供に嫉妬しない。
    特定分野で、親より秀でた子供に嫉妬しない。
  19. 子供の「旺盛な好奇心」を、学校の勉強以上に重視する。
    子供の「旺盛な好奇心」を、学校の勉強以上に重視する。
  20. 失敗は、成功の対義語ではなく同義語であると、子供に教えてあげる。
    失敗は、成功の対義語ではなく同義語であると、子供に教えてあげる。
  21. 「やりたいことをやる」という教育方針を貫く。
    「やりたいことをやる」という教育方針を貫く。
  22. 親がプラス発想だと、子供もプラス発想になる。
    親がプラス発想だと、子供もプラス発想になる。
  23. 子供が親を理解するのではなく、親が子供を理解してあげないといけない。
    子供が親を理解するのではなく、親が子供を理解してあげないといけない。
  24. 私たちの元をたどれば、同じ親にたどり着く。
    私たちの元をたどれば、同じ親にたどり着く。
  25. 短所があるから、子供は伸びる。
    短所があるから、子供は伸びる。
  26. わが子はわが子。<br>他人の子と比べる必要はない。
    わが子はわが子。
    他人の子と比べる必要はない。
  27. 才能に制限時間を設けないほうが、伸びやすくなる。
    才能に制限時間を設けないほうが、伸びやすくなる。
  28. 子供は、親が思いもしない方向へ育っていくもの。
    子供は、親が思いもしない方向へ育っていくもの。
  29. 勉強ができない分野があってもいい。<br>大切なことは「得意分野」があること。
    勉強ができない分野があってもいい。
    大切なことは「得意分野」があること。
  30. 「学ぶ楽しさ」から「生かす楽しさ」へスイッチを促す。
    「学ぶ楽しさ」から「生かす楽しさ」へスイッチを促す。

同じカテゴリーの作品