人生の教科書



読み上げ動画・音声

プラス思考になる
30方法

お気に入り20 読んだ
29

やらなくてもいいことがはっきりすると、
元気てくる

なたはいつも「やらなければならないこと」ばかり考えていませんか。

自分で自分を追い込み、自分に鞭を打っていませんか。

「やらなければならないこと」ばかりを考えていると、だんだん気分が滅入ってきてしまいます。

やらなければならないことが少なければいいですが、量が多すぎると圧倒されてしまい、元気がなくなってしまうのです。

受験勉強で大変なのは、覚えなければならない量です。

範囲が広いため、覚えなければならない量が途方もなくあります。

「やらなければならないこと」に圧倒されて、気持ちが暗くなってしまうのです。

受験勉強の敵は、難しさより量の多さにあります。

「~しなければならない」というmustの意味合いが強いだけに、考えるだけで重たく感じてしまうのです。

それがたくさんあれば、なおさらです。

 

しかし、ここで気分を軽くするために、逆の発想をしてみましょう。

やらなければならないことを考えるのではなく「やらなくてもいいこと」を考えるのです。

自分にとって必要のない物を考えて、消去法でどんどん消します。

自分の背中から荷物を下ろすような感じで、やらなくていいことがはっきり分かってくると、精神的な重みもいくぶん軽くなります。

テスト勉強では「範囲」が重要です。

どこからどこまでをやる必要があり、どこからがやる必要がないのかというラインを分けて、明確にすることが大切なのです。

やらなくてもいいところをはっきりさせておくとそれだけ、やるべきことに焦点が絞られていくのです。

プラス思考になる方法 その29

  • やらなくてもいいことを、
    はっきりさせる
自分の元気+友達の元気=お互いの幸せ。

もくじ
(プラス思考になる30の方法)

同じカテゴリーの作品