プラス思考

プラス思考になる
30の方法

お気に入り23 読んだ
29

「やらなくてもいいこと」がはっきりすると、
元気が出てくる。

「やらなくてもいいこと」がはっきりすると、元気が出てくる。 | プラス思考になる30の方法

あなたはいつも「やらなければならないこと」ばかり考えていませんか。

自分で自分を追い込み、自分に鞭を打っていませんか。

「やらなければならないこと」ばかりを考えていると、だんだん気分が滅入ってきてしまいます。

やらなければならないことが少なければいいですが、量が多すぎると圧倒されてしまい、元気がなくなってしまうのです。

受験勉強で大変なのは、覚えなければならない量です。

範囲が広いため、覚えなければならない量が途方もなくあります。

「やらなければならないこと」に圧倒されて、気持ちが暗くなってしまうのです。

受験勉強の敵は、難しさより量の多さにあります。

「~しなければならない」というmustの意味合いが強いだけに、考えるだけで重たく感じてしまうのです。

それがたくさんあれば、なおさらです。

 

しかし、ここで気分を軽くするために、逆の発想をしてみましょう。

やらなければならないことを考えるのではなく「やらなくてもいいこと」を考えるのです。

自分にとって必要のない物を考えて、消去法でどんどん消します。

自分の背中から荷物を下ろすような感じで、やらなくていいことがはっきり分かってくると、精神的な重みもいくぶん軽くなります。

テスト勉強では「範囲」が重要です。

どこからどこまでをやる必要があり、どこからがやる必要がないのかというラインを分けて、明確にすることが大切なのです。

やらなくてもいいところをはっきりさせておくとそれだけ、やるべきことに焦点が絞られていくのです。

まとめ

プラス思考になる方法 その29
  • 「やらなくてもいいこと」を、はっきりさせる。
自分の元気+友達の元気=お互いの幸せ。

もくじ
プラス思考になる30の方法
「やらなくてもいいこと」がはっきりすると、元気が出てくる。 | プラス思考になる30の方法

  1. 楽しいことをしなくても、楽しいことを考えているだけで、次第に明るい気分になる。
  2. いつも元気な人と一緒にいよう。
  3. 人の集まっているところには、元気も集まっている。
  4. 非日常的なことが起こると、テンションが上がる。
  5. 「やることリスト」でテンションを上げよう。
    精神的に身軽になると、元気になる。
  6. 簡単なことから始めると、調子がよくなる。
  7. 人間は「人(ひと)」の「間(あいだ)」にいないと、元気になれない。
  8. 人生はすべて、本番ばかりで成り立っている。
  9. 短い言葉のほうが、心によく突き刺さる。
  10. 「多すぎる」や「長すぎる」には要注意。
  11. インプットをしすぎていませんか。
  12. 「スピード」を意識すると、気分が上がる。
  13. 隠し事は、できるだけ少なくする。
  14. 元気がなくても、体を動かしていると元気になってくる。
  15. どきどきすることに飛び込めば、テンションが上がる。
  16. ときどき苦しい経験しておくほうが、人生は健全。
  17. 1人で行動すると、テンションが上がる。
  18. 得意なことより、好きなこと。
  19. 我慢しない道を選ぼう。
  20. お金がかかると考えると元気が減る。
    投資と考えると、元気が出る。
  21. 「元気になる」とは「元」の「気」に戻すこと。
  22. 我慢をしていると、さらに嫌いになってしまう。
  23. 「面倒」と思い始めることが、心の老化の始まり。
  24. 不安定が、一番安定している状態。
  25. 明るい服を着ると、気分も明るくなる。
  26. 恥をかく経験がその人を強くさせ、人生を変えてしまう転機になる。
  27. 自分の表情によって、周りの状況が変わっていく。
  28. 損得より、楽しいかどうか。
  29. 「やらなくてもいいこと」がはっきりすると、元気が出てくる。
  30. 自分の元気+友達の元気=お互いの幸せ。

同じカテゴリーの作品