人生の教科書



読み上げ動画・音声

アマチュアプロ
30

お気に入り8 読んだ
6

アマチュアは、
多種多様げる
プロは、
専門のみに

種多様に幅を広げる」という戦術は、アマチュアが手をつける典型的な失敗例です。

  • 「Aもできます。Bもできます。Cもできます。何でもできます」

できることを増やし、守備範囲が広くなれば、自分の器の大きさも表現できると思います。

多くの人からの人気を集められると信じています。

 

しかし、幅を広げ始めると、勝負で負けてしまいます。

あらゆる勝負は「単一戦」です。

スポーツ・食品・仕事など、何でもそうです。

ラーメン屋なら、ラーメンだけに集中しなければなりません。

  • 「味噌ラーメン・豚骨ラーメン・しょうゆラーメンがあります。最近、チャーハンも始めました」

多種多様なメニューを揃えるのは、売れないラーメン屋の特徴です。

豊富なメニューは、どの味も未完成で終わってしまい、中途半端になります。

種類の違うメニューのため、作る手間も時間もかかり、完成度も低くなります。

メニューは多いけれど、どれもおいしくなくなります。

おいしいラーメンを作るためには、メニューをできるだけ少なくすることです。

理想は、専門店にすることです。

豚骨ラーメンなら、豚骨ラーメンだけに絞って、仕事に専念します。

世界一おいしい豚骨ラーメンを目指して集中すれば、必ず差別化されます。

それが本当の売れるラーメン屋の特徴です。

売れるラーメン屋ほど、メニューが少ないです。

これだけは絶対に誰にも負けないことが1つでもあれば、オンリーワンになり、商売は繁盛するのです。

アマチュアとプロの違い その6

  • 守備範囲くして、
    集中する

同じカテゴリーの作品