人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
就職活動
悪口や批判が事実でも、書かないほうがいい。
仕事効率化
アマチュアは、話してばかりで行動しない。
プロは、黙って行動する。
就職活動
成績を批判されたときの答え方。
仕事効率化
アマチュアは、戦ってから勝つ。
プロは、戦わずして勝つ。

アマチュアプロ
30

お気に入り6 読んだ
14

アマチュアは、
批判をふさぐ
プロは、
批判ける

アマチュアは、批判の声に耳をふさぐ。プロは、批判の声に耳を傾ける。 | アマチュアとプロの30の違い

でも、初めから完璧な人はいません。

 

しかし、できるだけいい結果を出すためには、100パーセントに近づけるという努力は必要です。

100パーセントへは、クレームの内容を反映させていくことで、次第に近づけていけます。

もし、経営者がお客様からのクレームに耳を傾けなくなったら、失墜の始まりです。

お客様からのクレームは、悪いところを直してほしいという訴えです。

  • 「値段が高い」

  • 「サービスが悪い」

  • 「もっと営業時間を長くしてほしい」

クレームとはいえ、実現の難しい批判内容もあることでしょう。

 

たしかにクレームを言われれば、誰でも気分を害します。

耳をふさぎたくなります。

無視をしたくなります。

 

しかし、クレームで報告される内容をほったらかしにしていると、事態はさらに悪化します。

1人のお客様が不快に感じたことは、ほかのお客様も同じように感じているはずです。

要望は後回しにしてもいいですが、クレームだけは後回しにしてはいけません。

むしろ、最優先です。

悪い評判は、すぐ広がります。

印象が悪くなれば、店に足を運ばなくなってしまうのは時間の問題です。

そうなってからでは遅いです。

手遅れになる前に対処して、改善しなければなりません。

クレームに耳を傾けるかどうかは、会社の存続に関わる姿勢です。

クレームが1つでもあったら、今すぐ改善に取りかかることです。

たとえ、厳しい批判でも、経営者は耳を傾けることが必要です。

その改善が、100パーセントに近づく近道になるのです。

アマチュアとプロの違い その14

  • 批判に、
    ける
アマチュアは、短期的に考える。
プロは、一生を捧げる。

もくじ
(アマチュアとプロの30の違い)

同じカテゴリーの作品