人生の教科書



読み上げ動画・音声

アマチュアプロ
30

お気に入り7 読んだ
21

アマチュアは、
って
プロは、
仕事をしながら

ロもアマチュアも、どちらも読書をよくしています。

どちらも、勉強家です。

 

しかし、読書の仕方には、アマチュアとプロとで大きな差が見られます。

プロは、座って本を読みません。

立ちながら、本を読んでいます。

座って読書するほど暇ではないので、仕方なく立ちながら本を読んでいます。

二宮金次郎がなぜ優秀になれたのかというと、仕事をしながら本を読んでいたからです。

読書は、座らなくてもできます。

実は、座って読書をしていると、時間の無駄が発生します。

座っている時間には、別のことができなくなるからです。

二宮金次郎は、まきを運ぶ時間に何か別のこともできないかと考え、読書を思いつきました。

まきを背負い、立って歩きながら、数多くの本を読みました。

そうすることで、仕事と読書を同時に進めました。

アマチュアは、仕事の時間と読書の時間が別々です。

仕事が終わってから本を読み、本を読み終わってから仕事を再開します。

そのため、より多くの時間を要します。

 

しかし、プロは、仕事と読書を同時にしています。

同時にしているので、時間が短縮できます。

その差が、アマチュアとプロの差になっています。

「本を読む時間がないんです」と不満を漏らす人がいます。

忙しいのは、みんな、同じです。

そこで愚痴を言うのは、普通です。

そういう人は「本とは座って読むものだ」と思っています。

そういうまったりしたスピードでは、プロにどんどん差をつけられます。

忙しいなら、忙しい仕事をしながら本を読めばいい。

読書は座らなくてもできます。

二宮金次郎のように、歩きながら読書もできます。

プロは電車で移動しながら、本を読んでいます。

電車の中で読みにくいと思うかもしれませんが、電車で読むほうが頭の中に入ります。

仕事をしながら本を読む人が、プロになれる人です。

わずかな時間とはいえ、つなげれば、大きな読書時間になるのです。

アマチュアとプロの違い その21

  • 仕事をしながら読書する

同じカテゴリーの作品