人生の教科書



仕事効率化

アマチュアとプロの
30の違い

お気に入り14 読んだ
26

アマチュアは、
最新を購入し、
すぐ買い換える。
プロは、
一流品を購入し、
長く愛用する。

アマチュアは、最新を購入し、すぐ買い換える。プロは、一流品を購入し、長く愛用する。 | アマチュアとプロの30の違い

最新の道具には、優秀な機能が搭載されています。

最新の機能を使えば、今の業務は劇的に向上して、プロに近づけるだろうと思っています。

最新の機種が発売されるのが待ち遠しくて、いつもいらいらしているのがアマチュアの特徴です。

発売されると同時に飛びつきます。

自分の実力をつけるため、道具に頼りがちです。

アマチュアが、なかなか上達しない理由はそこです。

道具を買い換えれば、どうなるでしょうか。

使い方を、1から学び直さなければなりません。

道具を購入するために、お金もかかります。

よりによって、最新の道具ほど高額です。

慣れたころにタイミングよく、また最新の道具が登場して、買い換える悪循環です。

「慣れる時間」と「費用」を考慮すれば、最新の道具が必ずしも最良の選択とは限りません。

最新を追いかけ、道具を買い換えたため、むしろ仕事の効率が悪くなることさえあります。

この悪循環を繰り返しているかぎり、アマチュアは永遠にアマチュアです。

プロは、同じ道具を何年も使い続けます。

持っている道具は、ほんの1つか2つです。

持つものが少ない代わりに、手にするものは一流品です。

長年にわたって愛用します。

注意していただきたいのは「最新」ではなく「一流品」ということです。

最新は、時代に流されます。

しかも登場したばかりなので、うまく機能するかどうかも分かりません。

最新とはいえ、欠陥があるかもしれません。

実績がないので、どのくらい効率がよくなるのかも不明です。

 

しかし、一流品は、時代が移り変わっても、頻繁に変わるものではありません。

もちろん一流品ですから、高額です。

 

しかし、値段が高くても、長く使うなら必ず元は取れます。

長年使うため、道具は十分に使いこなせ、本来の業務に集中することができるようになります。

業務の効率がよくなるだけでなく、買い換える必要がないため、節約にもなります。

少々効率がよくなる道具が登場しても、深呼吸して、頭を冷やす時間を設けてください。

プロは、最新ではなく、一流品を長く愛用するのです。

まとめ

アマチュアとプロの違い その26
  • 一流品を、
    長く愛用する。
アマチュアは、強さという思い上がりがある。
プロは、弱さの自覚がある。

もくじ
(アマチュアとプロの30の違い)

同じカテゴリーの作品