人生の教科書



読み上げ動画・音声
仕事効率化
「できるか」と聞かれたときの最高の返事。
仕事効率化
仕事ができる人ほど、あえて、学校に通わない。
仕事効率化
虚勢を張るのも、仕事の1つ。
就職活動
就職活動の本当の差は、できるかできないかではなく、やるかやらないか。
スキル
充電もしないで、携帯は動かない。
睡眠も取らないで、人間は動かない。
スキル
失敗したら勉強できる、と考えよう。

アマチュアプロ
30

お気に入り13 読んだ
1

アマチュアは、
完璧にできないとかって、
める
プロは、
完璧にできないとかっていても、
完璧目指

の中に、完璧はありません。

仕事でも完璧を目指せばいいのですが、残念ながら、完璧にするのは不可能です。

「完璧にできました」という人がいれば、嘘を言っているようなもの。

そもそも人間が、完璧ではない動物です。

完璧ではない動物が、完璧な仕事を果たすのは、最初から無理難題なのです。

 

では、完璧が不可能なら最初から諦めていいかというと、そうではありません。

ここが、プロとアマチュアの違いが表れるところです。

アマチュアは、完璧にできないと分かって、諦めるのが特徴です。

「無理です」「不可能です」などの言い訳で、不完全な仕事を正当化させます。

 

では、プロはどうするか。

完璧にできないと分かっていても、完璧を目指すのがプロです。

100点が無理でも、できるだけ100点に近づけます。

100点に近づけば近づくほど、1点を上げるのに膨大な時間と労力が必要ですが、それに屈せず挑戦します。

1点でなくてもいいのです。

0.1点でもいい。

0.1点でも立派な前進です。

プロの世界では、もはや0.1点の争いの世界になります。

わずかな差であっても、それが勝負の勝敗を分けることがあります。

お金をいただいているかぎり、仕事をするときにはプロ意識が必要です。

完璧にできないと分かっていても、できるだけ完璧を目指すことです。

それが、プロ意識です。

プロに求められる姿勢なのです。

アマチュアとプロの違い その1

  • 完璧にできないとかっていても、
    完璧目指

同じカテゴリーの作品