人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

アマチュアプロ
30

お気に入り12 読んだ
18

アマチュアは、
保守的
プロは、
挑戦的

アマチュアは、保守的。プロは、挑戦的。 | アマチュアとプロの30の違い

マチュアは、ある程度成果が出れば、現状に満足し始めます。

アマチュアとはいえ、実力はあります。

手にしている名誉、地位、肩書などを得られることでしょう。

もちろんお金もです。

持てば持つほど「手放したくない」という欲求が大きくなります。

「手に入れたい」という欲求より「失いたくない」という欲求のほうが強くなります。

写真を撮るまでは、失うのが怖くありませんが、1枚でも思い出の写真ができると、急に捨てにくくなります。

執着心が出てきます。

写真に限った話ではなく、お金も名誉も地位も肩書など、すべてそうです。

所有するものが多くなればなるほど、失うのが怖くなります。

当然、輝いていることほど、捨てにくいです。

どうなるのかというと「保守的」になってしまいます。

攻撃より、防御に力を入れ始めます。

新しいことに挑戦することが怖くなり、守るばかりになります。

改革に向けた仕事は控えるようになり、失敗しないような無難な仕事を選び始めます。

現状維持をし始めると、それ以上の成長は見込めません。

保守的になるということは、挑戦をやめてしまうことです。

現状維持には、成長も向上もないということです。

新しいことに挑戦しなければ、新しい刺激がなく、成長も得られません。

成長が停滞してしまうのは、保守的になるのが原因です。

こうなると、永遠にアマチュア止まりです。

 

しかし、プロは違います。

プロは、常に自己成長を求めます。

ある程度のリスクを覚悟で、挑戦し続けるのがプロです。

知識や技術などの向上に、余念がありません。

新しいことに挑戦するからこそ、新しい刺激が得られ、成長ができます。

もちろん挑戦することで失敗し、何かを失うこともあるでしょう。

それでも挑戦し続けるのが、最も安定です。

挑戦するのをやめたら、誰かに追い抜かれるからです。

大勢の人が「われこそ一番!」と思い、必死になって争っています。

足を止めたら、すぐ抜かれます。

それが勝負の世界です。

だからプロは、プロでい続けるために、挑戦だけは忘れません。

見るのは前だけであり、後ろは振り向かないのです。

アマチュアとプロの違い その18

  • 挑戦をする
アマチュアは、稼いだお金を貯蓄に回す。
プロは、稼いだお金を自己投資に回す。

もくじ
(アマチュアとプロの30の違い)

同じカテゴリーの作品