人生の教科書



仕事効率化

アマチュアとプロの
30の違い

お気に入り13 読んだ
25

アマチュアは、
悪条件のとき、
批判をする。
プロは、
悪条件のときほど、
にやにやする。

アマチュアは、悪条件のとき、批判をする。プロは、悪条件のときほど、にやにやする。 | アマチュアとプロの30の違い

アマチュアは、都合の悪い条件があると、何かと批判し始めます。

  • 「これではきちんとした仕事ができない」

  • 「もっと環境を整えるべきだ」

  • 「こんな悪条件にした人は誰だ」

アマチュアは、仕事をする前に、批判します。

あげくには、犯人捜しを始めます。

アマチュアにとって、仕事前の批判は、定常業務です。

目につく、あらゆる批判を、口にしてからようやく仕事に取りかかります。

なぜそうするのかというと、あらかじめ「逃げ道」を作るためです。

もし失敗したときは、ほかに原因をなすり付けることができ、自分の評価を落としにくくなります。

そういう深層心理が「仕事前に批判ばかりする」という態度に出ています。

 

しかし、プロは条件が悪くても批判しません。

むしろ、ほほ笑みます。

内心「やった!」と喜んでいます。

条件が悪いほど、にやにやします。

条件が悪くなればなるほど、実力の差を見せつけやすいからです。

大学受験で差が出るのは、簡単な問題が出たときではありません。

簡単な問題なら、みんなが高得点を取ってしまい、勉強ができる人とできない人とが区別されません。

偏差値のばらつきも小さくなります。

差は、難しい問題が出題されたときにできます。

勉強ができない人は難問に解答できませんが、本当に学力のある人は回答できてしまいます。

悪条件ほど、実力の差を見せつけられます。

本当に実力のある人は、悪条件こそ好条件です。

プロは、どんな条件であろうと、実力を発揮できる自信があります。

プロのゴルファーほど、天気が快晴であろうと雨が降ろうと風が吹こうと、安定したスコアを叩き出します。

豊富な経験があるため、雨の強さや風の強さも計算に入れることができ、常に高スコアです。

条件の悪さを批判しません。

プロは、悪条件のときほど、にやにやするのです。

まとめ

アマチュアとプロの違い その25
  • 悪条件を、
    歓迎する。
アマチュアは、最新を購入し、すぐ買い換える。
プロは、一流品を購入し、長く愛用する。

もくじ
(アマチュアとプロの30の違い)

同じカテゴリーの作品