人生の教科書



読み上げ動画・音声

アマチュアプロ
30

お気に入り15 読んだ
27

アマチュアは、
さというがりがある
プロは、
さの自覚がある

マチュアは、プライドが高い。

そのプライドの高さが、1人ですべてをこなすという仕事の姿勢に表れます。

自分は、強いと思っています。

「私なら何でもできる」という自信があります。

その意気込みは素晴らしいですが、事実は異なります。

1人の人間では、限界があります。

1人が発揮できる力と時間には、限界があります。

もちろんアマチュア1人とはいえ、それなりの仕事結果を出します。

 

しかし、1人の力には限界があります。

プロは、弱さの自覚があります。

大きな夢を達成しようとするときに、1人の人間が一生でできる仕事量は少ないことに、気づいています。

1人で頑張るのもいいですが、それでは仕事も限界があります。

ましてや、人生は短いです。

弱さを自覚することで、別の手段を考えます。

それが「協力」です。

プロには「自分の命は有限である」という自覚があります。

有限だからこそ、限られた時間に最大の結果を出せるように、他人の協力を求めます。

プロには「1人の力は限界がある」という自覚があります。

限界があるからこそ、より多くの人から協力を得て、大きな力を発揮しようとします。

多くの人と協力して、大きな仕事を短時間で完成させてしまいます。

アマチュアには、強さのおごりがありますが、プロほど弱さを自覚して、他人の協力を積極的に借りようとするのです。

アマチュアとプロの違い その27

  • 自分自覚して、
    積極的協力める
アマチュアは、自分以外の人になろうとする。
プロは、自分のすべてを生かしきろうとする。

もくじ
(アマチュアとプロの30の違い)

同じカテゴリーの作品