人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

アマチュアプロ
30

お気に入り9 読んだ
3

アマチュアは、
してばかりで行動しない
プロは、
って行動する

なたが、親しい友達と1時間ほど話をした場面を思い浮かべてください。

たった1時間とはいえ、話をした後には、多少の疲れを感じるはずです。

話をするだけとはいえ、意外に時間も体力も使います。

人生は、時間も体力も、限りがあります。

人生も有限。

若さも有限。

有限です。

事実であり、曲げようのない真実です。

その限りある時間と体力を、最大限に有効活用した人が、プロになれます。

自分が持ち合わせている資源の量を自覚して、一番大切なことに集中させることが大切です。

アマチュアとプロは、有限である資源の使い方に、違いがはっきり現れます。

アマチュアは、よく話します。

時間と体力が有限という自覚が薄いからです。

  • 「時間も体力も無限にある。そのうち何とかなるだろう」

アマチュアは、どこか、気の緩みがあります。

人生は有限であり、若さも有限という意識が弱い。

もちろん時には友達と雑談をして楽しむのもいいでしょう。

友達との交友を深めたり、休憩したりなどの気分転換も必要です。

 

しかし、本当にプロになりたければ、何か1つに集中する覚悟を決めることです。

何か1つに専念するためには、必要な物以外を思いきり切り捨てる決断が必要です。

無駄を省いて、1つに絞って集中することです。

しゃべりに時間とエネルギーを費やすと、肝心の技術の向上に費やす時間と体力がなくなります。

どんなに話しても、技術が向上するわけではありません。

一流の選手ほど寡黙です。

寡黙だから、一流になれました。

しゃべらずに節約した時間と体力は、すべて練習や勉強に投入します。

その決断が、プロには必要です。

結果を出すのは、行動だけです。

無駄な雑談はせず、自分の仕事に専念しているのです。

アマチュアとプロの違い その3

  • があるなら、
    行動する
アマチュアは、できない言い訳をする。
プロは、できる方法を考える。

もくじ
(アマチュアとプロの30の違い)

同じカテゴリーの作品