アマチュアとプロの
30の違い

11
10

アマチュアは、
すぐ答えを見る。
プロは、
まず自分で考える。

アマチュアは、すぐ答えを見る。プロは、まず自分で考える。 | アマチュアとプロの30の違い

「円周率πは、3.05より大きいことを証明せよ」

2003年度、日本最高学府である東京大学の入試で出題された数学問題です。

東京大学の数学問題では、数学の教師でも苦しむような問題が出題されることで有名です。

1行のシンプルな問題文です。

しかし、シンプルだからこそ、難問です。

私たちは、当たり前のことほど考えることがありません。

空気はなぜ目に見えないのかという当たり前の事実は、普段考えることはありません。

「円周率とは3.14」と当たり前のように覚えていた人には、度肝を抜かれる問題です。

「なぜ円周率は、3.14なのか」と考えたことがない人が、ほとんどです。

まさに、自分で考える力があるかどうかを試そうとする、絶好の良問です。

普段からわからないことがあれば、すぐ人に聞く習慣のある人は、ここで詰まります。

わからないことがあったとき、すぐ答えを見る勉強法をしてきた人は、考える力がないからです。

考える力がないので、何をどうすればいいのか見当もつきません。

途方に暮れます。

しかし、普段から「なぜ、どうすれば」を考えながら数学問題に取り組む人は、何らかの糸口が見えてくるはずです。

「そもそも円周率とはなんなのか」

「円を証明するにはどうすればいいのか」

「こうすれば証明できるのでは」

さまざまな角度から考察して、円周率が3.05より大きいことを証明しようとします。

「円とは何か」という原点に返って、あらためて考え直す必要があります。

プロフェッショナルに要求されるのは「考える力」です。

さまざまな角度から見て、希望の光を探します。

もちろんどんな人でも、考える限界があるのもたしかです。

一生懸命に考えて、わからないときには、答えを見てもいいでしょう。

そのときも、回答を見て終わりにするのではありません。

深く納得するまで何度も読み返し、体と頭に染み込ませます。

まず、自分で考える習慣を持つことです。

人生では、難問ばかりです。

数学の問題では、あらかじめ正解が用意されています。

しかし、社会では正解が用意されていない難問ばかりです。

受験勉強が難しいのは、社会で必要な「考える力」を身につけさせるためです。

難しく大変だと言われている受験勉強は、無駄ではありません。

社会で通用するような、考える力を身につけ、状況に応じた難問を解いていけるような準備を、受験時代からしているのです。

アマチュアとプロの違い(11)
  • 自分が考える習慣を、身につける。
アマチュアは、応用に飛びつく。
プロは、基本に忠実。

アマチュアとプロの30の違い
アマチュアとプロの30の違い

  1. アマチュアは、完璧にできないとわかって、諦める。<br>プロは、完璧にできないとわかっていても、完璧を目指す。
    アマチュアは、完璧にできないとわかって、諦める。
    プロは、完璧にできないとわかっていても、完璧を目指す。
  2. アマチュアは「すごいだろ」と自慢して手を抜く。<br>プロは「まだまだです」と油断しない。
    アマチュアは「すごいだろ」と自慢して手を抜く。
    プロは「まだまだです」と油断しない。
  3. アマチュアは、話してばかりで行動しない。<br>プロは、黙って行動する。
    アマチュアは、話してばかりで行動しない。
    プロは、黙って行動する。
  4. アマチュアは、できない言い訳をする。<br>プロは、できる方法を考える。
    アマチュアは、できない言い訳をする。
    プロは、できる方法を考える。
  5. アマチュアは、木を見て森を見ない。<br>プロは、森を見て木を見る。
    アマチュアは、木を見て森を見ない。
    プロは、森を見て木を見る。
  6. アマチュアは、多種多様に幅を広げる。<br>プロは、専門のみに絞る。
    アマチュアは、多種多様に幅を広げる。
    プロは、専門のみに絞る。
  7. アマチュアは、感情を軸にして計画を立てる。<br>プロは、効率を軸にして計画を立てる。
    アマチュアは、感情を軸にして計画を立てる。
    プロは、効率を軸にして計画を立てる。
  8. アマチュアは、仕事をする。<br>プロは、仕事をしない。
    アマチュアは、仕事をする。
    プロは、仕事をしない。
  9. アマチュアは、現在を起点に考える。<br>プロは、未来を起点に考える。
    アマチュアは、現在を起点に考える。
    プロは、未来を起点に考える。
  10. アマチュアは、欲に振り回された食事をする。<br>プロは、健康につながる食事をする。
    アマチュアは、欲に振り回された食事をする。
    プロは、健康につながる食事をする。
  11. アマチュアは、すぐ答えを見る。<br>プロは、まず自分で考える。
    アマチュアは、すぐ答えを見る。
    プロは、まず自分で考える。
  12. アマチュアは、応用に飛びつく。<br>プロは、基本に忠実。
    アマチュアは、応用に飛びつく。
    プロは、基本に忠実。
  13. アマチュアは、上達すれば、基本を卒業する。<br>プロは、どんなに上達しても、基本を卒業しない。
    アマチュアは、上達すれば、基本を卒業する。
    プロは、どんなに上達しても、基本を卒業しない。
  14. アマチュアは、批判の声に耳をふさぐ。<br>プロは、批判の声に耳を傾ける。
    アマチュアは、批判の声に耳をふさぐ。
    プロは、批判の声に耳を傾ける。
  15. アマチュアは、短期的に考える。<br>プロは、一生を捧げる。
    アマチュアは、短期的に考える。
    プロは、一生を捧げる。
  16. アマチュアは、関係のあることだけをする。<br>プロは、関係のないこともする。
    アマチュアは、関係のあることだけをする。
    プロは、関係のないこともする。
  17. アマチュアは、リズムを無視した不規則な生活を送る。<br>プロは、リズムに従った規則正しい生活を送る。
    アマチュアは、リズムを無視した不規則な生活を送る。
    プロは、リズムに従った規則正しい生活を送る。
  18. アマチュアは、保守的。<br>プロは、挑戦的。
    アマチュアは、保守的。
    プロは、挑戦的。
  19. アマチュアは、稼いだお金を貯蓄に回す。<br>プロは、稼いだお金を自己投資に回す。
    アマチュアは、稼いだお金を貯蓄に回す。
    プロは、稼いだお金を自己投資に回す。
  20. アマチュアは、後ろを振り返る。<br>プロは、絶対に後ろを振り返らない。
    アマチュアは、後ろを振り返る。
    プロは、絶対に後ろを振り返らない。
  21. アマチュアは、座って本を読む。<br>プロは、仕事をしながら本を読む。
    アマチュアは、座って本を読む。
    プロは、仕事をしながら本を読む。
  22. アマチュアは、締め切りを守らない。<br>プロは、絶対に締め切りを守る。
    アマチュアは、締め切りを守らない。
    プロは、絶対に締め切りを守る。
  23. アマチュアは、家族や友人を削って時間を作る。<br>プロは、家族や友人との時間だけは削らない。
    アマチュアは、家族や友人を削って時間を作る。
    プロは、家族や友人との時間だけは削らない。
  24. アマチュアは、義務で仕事をする。<br>プロは、喜びのために仕事をする。
    アマチュアは、義務で仕事をする。
    プロは、喜びのために仕事をする。
  25. アマチュアは、悪条件のとき、批判をする。<br>プロは、悪条件のときほど、にやにやする。
    アマチュアは、悪条件のとき、批判をする。
    プロは、悪条件のときほど、にやにやする。
  26. アマチュアは、最新を購入し、すぐ買い換える。<br>プロは、一流品を購入し、長く愛用する。
    アマチュアは、最新を購入し、すぐ買い換える。
    プロは、一流品を購入し、長く愛用する。
  27. アマチュアは、強さという思い上がりがある。<br>プロは、弱さの自覚がある。
    アマチュアは、強さという思い上がりがある。
    プロは、弱さの自覚がある。
  28. アマチュアは、自分以外の人になろうとする。<br>プロは、自分のすべてを生かしきろうとする。
    アマチュアは、自分以外の人になろうとする。
    プロは、自分のすべてを生かしきろうとする。
  29. アマチュアは、戦ってから勝つ。<br>プロは、戦わずして勝つ。
    アマチュアは、戦ってから勝つ。
    プロは、戦わずして勝つ。
  30. アマチュアは、ライバルを敵にする。<br>プロは、ライバルを仲間にする。
    アマチュアは、ライバルを敵にする。
    プロは、ライバルを仲間にする。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION