人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
仕事効率化
アマチュアは、応用に飛びつく。
プロは、基本に忠実。
仕事効率化
臨機応変の正体は、暗記だった。

アマチュアプロ
30

お気に入り10 読んだ
11

アマチュアは、
すぐえを
プロは、
まず自分える

  • 周率πは、3.05より大きいことを証明せよ」

2003年度、日本最高学府である東京大学の入試で出題された数学問題です。

東京大学の数学問題では、数学の教師でも苦しむような問題が出題されることで有名です。

1行のシンプルな問題文です。

 

しかし、シンプルだからこそ、難問です。

私たちは、当たり前のことほど考えることがありません。

空気はなぜ目に見えないのかという当たり前の事実は、普段考えることはありません。

「円周率とは3.14」と当たり前のように覚えていた人には、度肝を抜かれる問題です。

「なぜ円周率は、3.14なのか」と考えたことがない人が、ほとんどです。

まさに、自分で考える力があるかどうかを試そうとする、絶好の良問です。

普段から分からないことがあれば、すぐ人に聞く習慣のある人は、ここで詰まります。

分からないことがあったとき、すぐ答えを見る勉強法をしてきた人は、考える力がないからです。

考える力がないので、何をどうすればいいのか見当もつきません。

途方に暮れます。

 

しかし、普段から「なぜ、どうすれば」を考えながら数学問題に取り組む人は、何らかの糸口が見えてくるはずです。

  • 「そもそも円周率とはなんなのか」

  • 「円を証明するにはどうすればいいのか」

  • 「こうすれば証明できるのでは」

さまざまな角度から考察して、円周率が3.05より大きいことを証明しようとします。

「円とは何か」という原点に返って、あらためて考え直す必要があります。

プロフェッショナルに要求されるのは「考える力」です。

さまざまな角度から見て、希望の光を探します。

もちろんどんな人でも、考える限界があるのもたしかです。

一生懸命に考えて、分からないときには、答えを見てもいいでしょう。

そのときも、回答を見て終わりにするのではありません。

深く納得するまで何度も読み返し、体と頭に染み込ませます。

まず、自分で考える習慣を持つことです。

人生では、難問ばかりです。

数学の問題では、あらかじめ正解が用意されています。

 

しかし、社会では正解が用意されていない難問ばかりです。

受験勉強が難しいのは、社会で必要な「考える力」を身につけさせるためです。

難しく大変だと言われている受験勉強は、無駄ではありません。

社会で通用するような、考える力を身につけ、状況に応じた難問を解いていけるような準備を、受験時代からしているのです。

アマチュアとプロの違い その11

  • 自分える習慣を、
    につける
アマチュアは、応用に飛びつく。
プロは、基本に忠実。

もくじ
(アマチュアとプロの30の違い)

同じカテゴリーの作品