仕事効率化

仕事に集中する
30の工夫

お気に入り4 読んだ
15

同種類の仕事をついでに引き受けると、
仕事は増えるどころか減る。

同種類の仕事をついでに引き受けると、仕事は増えるどころか減る。 | 仕事に集中する30の工夫

あなたの仕事を減らす不思議な方法を、1つ紹介します。

 

「他人の同種類の仕事を、ついでに引き受けること」です。

 

他人の仕事を引き受けますから、一見すると、仕事は増えそうです。

 

たしかに若干ですが、仕事量は増えます。

 

しかし、同種類の仕事は、思ったよりスムーズに進みます。

ミカンジュースを作るときは、ミカンが10個でも20個でも、さほど手間はかからないです。

頭のスイッチを切り替える必要もないので、早く片付きます。

仕事の負担は、ほとんど同じです。

次が肝心です。

他人の仕事を肩代わりすれば、今度はあなたが助けられるようになります。

「さっき仕事をしてもらったから、今度は私が代わりに何か仕事をしてあげよう」

仕事をしてもらったからには、多少なりとも、負い目があります。

また、あなたからの仕事のお願いも、助けてくれたお礼として、喜んで引き受けてくれることでしょう。

そもそも、同種類の仕事をついでに引き受ける分には、あなたには特に仕事の難易度や量に大きな変化はありませんでした。

同じ種類の仕事は、まとめて片付けたほうが早くて、質も高くなります。

 

しかし、ついでに仕事をしたおかげで、今度はあなたの仕事を助けてもらえるようになります。

自分の面倒な仕事を、他人にお願いしやすくなります。

結果として、あなたの仕事が減ります。

他人の仕事を助ける人の仕事は、増えるどころか、減っていきます。

たくさん仕事を引き受けているはずなのに、仕事はなぜか減っていきます。

また人間関係も向上して、仕事が楽しくなるに違いありません。

他人の仕事を助ける人は、助けられる人になります。

たくさんの人をあなたの味方に付けることができ、自分の仕事を他人に任せることができるようになるのです。

まとめ

仕事に集中する工夫 その15
  • 同じ種類の仕事は、ついでに引き受ける。
休憩は疲れたときに入れるのではなく、仕事の区切りに入れる。

もくじ
仕事に集中する30の工夫
同種類の仕事をついでに引き受けると、仕事は増えるどころか減る。 | 仕事に集中する30の工夫

  1. 定時というタイムリミットを、強く意識する。
  2. やる気があるうちに、仕事を片付ける。
  3. 「いつでもいいよ」と言われた仕事ほど、すぐ取りかかる。
  4. 「仕事リスト」を作ってから、仕事を始める。
  5. 無駄な会議は、徹底的に廃止する。
  6. デジタル機器を、優秀な秘書にする。
  7. 部下同士の仕事を交代させると、人間関係がよくなる。
  8. 同じ種類の仕事は、まとめて片付ける。
  9. 例外を、1つも作らない。
  10. 言葉は省略をしてもいいが、適度さを守る。
  11. とにかく仕事に着手する。
  12. 仕事中に割り込まれる要因を排除する。
  13. 「始業時間前」と「昼休み」は、仕事に専念できる時間。
  14. 将来像を、上司に伝えておく。
  15. 同種類の仕事をついでに引き受けると、仕事は増えるどころか減る。
  16. 休憩は疲れたときに入れるのではなく、仕事の区切りに入れる。
  17. 読み終わったメールは、保存ではなく、削除する。
  18. 思わぬ仕事に対応できるよう、あらかじめ準備を整えておく。
  19. 仕事は、一気に片付ける癖をつける。
  20. コーヒーを飲むと、仕事に集中できる。
  21. すぐ片付く仕事から着手する。
  22. 仕事中の水分は、控える。
  23. 定時で帰って、十分に睡眠時間を取る。
  24. 大きな仕事は、短く区切ってから進める。
  25. チームミーティングを開かない。
  26. 最初の90分間を、最大限に活用する。
  27. 着手している仕事が未来にどうつながるのかを、把握する。
  28. 仕事の一部を、他人にお願いする。
  29. パンよりご飯のほうが、集中力が継続する。
  30. 仕事を逃れる努力より、仕事を済ませる努力のほうが小さい。

同じカテゴリーの作品