ストレス対策

ストレスとうまく付き合う
30の方法

読んだ お気に入り3
19

目覚まし時計をやめるだけで、
ストレスは少なくなる。

目覚まし時計をやめるだけで、ストレスは少なくなる。 | ストレスとうまく付き合う30の方法

「リリリ」

目覚まし時計に叩き起こされると、なんともいえない不快感がありませんか。

朝から誰かに怒鳴られている感じがして、お世辞にも寝起きがいいとは言えません。

眠気に加え、精神的なストレスも加わります。

その一方で、朝の日光で自然と目覚めると、ストレスがなく、気持ちよく起きられます。

目覚ましのない生活は、気持ちのいいことでしょう。

仕事や学校のある日に目覚ましなしで起きるのは難しいですが、休日くらいは目覚ましなしで起きてみるのはいかがでしょうか。

「朝に起きる」とはいえ、目覚ましで叩き起こされるのか、朝日によって自然に目覚めるのかは、雲泥の差があります。

もちろん気持ちよく朝をスタートさせたいですね。

目覚ましなしの生活を、週に1日でも2日でもよいですから、取り入れましょう。

まとめ

ストレスとうまく付き合う方法 その19
  • 目覚ましなしで起きる日を作る。
「やれ!」と言われてからの行動は、ストレスが大きくなる。

もくじ
ストレスとうまく付き合う30の方法
目覚まし時計をやめるだけで、ストレスは少なくなる。 | ストレスとうまく付き合う30の方法

  1. ストレス発散、癒しより「ストレスの少ない生き方」のほうが大切。
  2. ストレスに悩んでいる人に限って、睡眠時間が短い。
  3. 睡眠時間を削るということは、命を削るということ。
  4. おしゃれを捨てると、ストレスも減る。
  5. 「大変だ、大変だ」と思っているから、本当に大変に感じてくる。
  6. ポイントを押さえると、ストレスが減る。
  7. 早く片付ければ、ストレスから早く解放される。
  8. 朝はストレスの少ない時間帯。
  9. シャワーよりお風呂にする。
  10. 食べる量を減らすと、疲れも少なくなる。
  11. 汗をかくのは、サウナよりジョギングのほうがいい。
  12. シンプルは、疲れにくいポイント。
  13. 「怒り」を「学び」に変えると「ストレス」から「成長」に変わる。
  14. ストレスは、所有することから始まる。
  15. かっこいいことより、好きなことをする。
  16. 同じことを繰り返していると、疲れてくる。
  17. たまには他人に甘えてみませんか。
  18. 目を閉じて深呼吸をすれば、楽になる。
  19. 目覚まし時計をやめるだけで、ストレスは少なくなる。
  20. 「やれ!」と言われてからの行動は、ストレスが大きくなる。
  21. 迷っていると、体を動かしていないのに疲れてしまう。
  22. 流されるままに付き合う人間関係は、温かいように思え、実は冷たいこと。
  23. 「真面目に終わる話」から「笑いで終わる話」へ。
  24. 「どっちでもいい」という口癖をやめるだけで、ストレスは少なくなる。
  25. ごみが散らかっていると、気も散ってしまう。
  26. 難しい専門用語を使っていると、人間関係も難しくなる。
  27. 外を歩いてウォーキングをしたほうが、ストレス解消の効果がより高くなる。
  28. 人間関係の勉強をサボってきたから、今、つけが回ってきている。
  29. 焦りがあると、できることもできなくなる。
  30. 誘いを断れば、ストレスが減り、時間が増え、お金も節約できる。

同じカテゴリーの作品