人生の教科書



気力

落ち込まない人になる
30の方法

お気に入り37 読んだ
7

今の自分が存在できているのは、
つらい過去のおかげだと気づこう。

今の自分が存在できているのは、つらい過去のおかげだと気づこう。 | 落ち込まない人になる30の方法

私には、中学3年のときにいじめられた経験があります。

陰で悪口を言われたり、机に落書きをされたりです。

当時は、悔しくて、情けない思いでいっぱいでした。

過去を消したいとさえ思いました。

 

しかし、今では「いじめられてよかった」と思っています。

ほかの人がなかなかできない経験ですから、できて得をしています。

きれい事で言っているのではなく、本当にそう思っています。

その経験がなければ、いじめられる人の気持ちは分からず、今の自分は間違いなく存在していないからです。

落ち込みを克服しようとする知恵も、いじめられた経験から生まれました。

いじめられた経験があるからこそ、今このようにして落ち込みに関する文章を書くことができています。

つらい経験だけではありません。

すべての過去は、私の栄養になっています。

どれ1つとして無駄な経験はありません。

だから感謝しかありません。

今、私は過去に対して、恨みや後悔はありません。

すべてが「ありがたい」と思えてなりません。

今がうまくいっているのは、すべてそうした過去のおかげだからです。

今が素晴らしいと今を認めれば、過去をすべて感謝したことになります。

素晴らしい車は、それを作った人も素晴らしいように、今が素晴らしいのは、それを作った過去が素晴らしいのです。

今の自分が存在していることは、過去が土台になっていることに気づくことです。

素晴らしい現実は、素晴らしい過去のおかげなのです。

まとめ

落ち込まない人になる方法 その7
  • つらい過去に、
    感謝する。
「これでよかった」と考えると、過去への印象が変わる。

もくじ
(落ち込まない人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品