人生の教科書



失恋・別れ
悲しいときこそ、静かな音楽を聴いて気分を静める。
プラス思考
明るい服を着ると、気分も明るくなる。
プラス思考
笑う気分ではないときは、笑えないことを笑えばいい。
モテたい
いつも気持ちが一定である。
自分磨き
気分屋には、気分屋なりのいいところがある。
プラス思考
落ち込んだときは、空を見よう。
空は、世界中とつながっている。
気力

落ち込まない人になる
30の方法

お気に入り11 読んだ
9

暗い気分のときには、
暗い音楽を聴くと、
心は落ち着く。

暗い気分のときには、暗い音楽を聴くと、心は落ち着く。 | 落ち込まない人になる30の方法

落ち込んでいるときには、音楽を聴くと回復に向かいます。

私は落ち込んだときには、いつも音楽を聴いて元気を取り戻すタイプですが、効果のある音楽を分けると2とおりに分かれます。

その2とおりも、まったく正反対の音楽です。

どちらの曲を聴くかは、そのときの気分しだいによります。

元気を出すために、明るく元気のある曲を聴いて気分を高めるのは、いうまでもありませんね。

元気な曲を聴いて、心も元気にさせる方法です。

 

しかし、意外なことに、暗く悲しい曲を聴くことも効果があります。

私は落ち込んだとき、バッハの『G線上のアリア』という曲をよく聴きます。

哀愁が漂うメロディーですが、不思議と心が落ち着くのです。

元気が出るより、不安定な心が安定します。

心理学では、心が暗くなっているときには、同じように暗い曲を聴くことで「同調効果」が生まれ、心は安定するといいます。

心が暗いときに無理をして明るい曲を聴くとギャップが生まれ、そのギャップが違和感につながります。

あえて、暗い気分のときに暗い曲を聴くと、心と音楽が合い、落ち着くのです。

落ち込んだときに元気のある曲を聴くこともいいのですが、逆に暗い気分のときには暗い曲を聴いてみてはどうでしょうか。

元気が出るわけではありませんが、心はとても落ち着いてきます。

まとめ

落ち込まない人になる方法 その9
  • 暗い気分のときには、
    暗い音楽を聴いてみる。
落ち込んだあなたは、頑張った証拠。

もくじ
(落ち込まない人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品