人生の教科書



生き方
鍵のかかった密室から脱出する方法。
入ってほしくない部屋があるときは、どうすればいい?
自分磨き
怠け癖を克服する鍵は、精神論ではなく、方法論にある。
告白
告白せずして、告白できる方法がある。
プラス思考
悩むことは進化の前触れ。
自分磨き
方法は、活用するにつれて強力になる。
気力

落ち込まない人になる
30の方法

お気に入り29 読んだ
26

気づくと、
元気になれる。

気づくと、元気になれる。 | 落ち込まない人になる30の方法

「手に入れること」と「気づき」は、まったく異なるように思えますが、本質は同じです。

どちらも、本人の元気につながることだからです。

  1. 手に入れることで、元気になる
  1. すでに存在している幸せに気づいて、元気になる

結果としては、どちらも同じ元気につながります。

 

しかし、私たちは物質的な欲求に偏っているようです。

手に入れて、初めて元気になり、幸せになれると思っています。

 

しかし、この方法で生きていくことは、時間とお金がかかります。

「新しいものを手に入れること」は、物質的な制限の問題もあります。

机を手に入れ、家具を手に入れ、人形を手に入れ、喜んで元気になります。

次から次へとたくさん手に入れていくと、ついには部屋が物でいっぱいになります。

自分の部屋は、寝る場所さえなくなってしまうでしょう。

食事をして元気になるということもあります。

だからとはいえ、たくさん食べればいいわけではありません。

食べすぎると太ってしまい、逆に病気になります。

得ると幸せになれる方法では、狭くなったり、重くなったり、病になったりします。

そのうえ、物質的欲求を満たす方法は、限界があります。

 

しかし「気づくこと」に関しては、どれだけたくさん気づいても邪魔にはなりません。

どれだけたくさん気づいても重くならず、邪魔にならず、病になるということもありません。

  • 「私には健康がある」

  • 「友達がいる」

  • 「携帯もあるし、机もある」

  • 「そして命がある」

得ることで幸せを感じようとするのではなく、すでにある幸せに「気づくこと」によって元気になるのです。

落ち込まない人は、すでにある幸せを振り返る習慣があります。

「あれも欲しい、これも欲しい」という考えではなく「私はすでに幸せに囲まれている」という気づきによって幸せになっています。

すでにあるのですから、特別なことがなくても、日頃から元気なのです。

まとめ

落ち込まない人になる方法 その26
  • 得ることより、
    気づいて、
    元気になる。
素直な人は、落ち込まない。

もくじ
(落ち込まない人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品